2016年7月 3日 (日)

LIVE鑑賞~Perfume 6th Tour 2016 「COSMIC EXPLORER」@幕張メッセ

Perfume 6th Tour 2016 「COSMIC EXPLORER」』2016/6/16(木)@幕張メッセ国際展示場


News_xlarge_perfume_jkt_cosmicexplo

2016年4月にアルバム『COSMIC EXPLORER』を発売し、その全国ツアーが5月から開始。そして関東は、初の幕張メッセ展示場でのスタンディングライブを実施。


この参戦日は平日で16:30開場ということで、比較的若い客層が中心か。事前に発券したチケットはあくまでもブロックしかわからず中に入らないと位置がわからないまま入場待機。16:30にAブロックから整理番号順に入場。自分はBブロックだったので、ほどなくして入場。中に入ると、展示場3ホールぶちぬきで中央にステージがあり、その周りに各ブロックが分かれており、両サイド奥には今回特別に設置されたスタンド指定席がかすかに見える。


Bブロックは縦長になっているステージ部分のエンドステージを囲む位置。真ん中のメインステージ寄りに既に人が埋まっていたが、回り込むとまだステージ前の最前エリアが空いていたので取り急ぎ最前を確保。メインからは離れるが肉眼で見える距離だし、エンドに来た際には最接近できる位置なので、これはかつてない距離感かもしれないと、早くもテンション上がる。


とはいえ、まだ17時手前くらいだったのでここから1時間半以上たちっぱなしで待機するのである。。。。


18:30を割と過ぎて、まだかまだかと会場がざわつき始めた頃に暗転。スクリーンに映像が流れ、メインステージに映像とセットがリンクし始めてPerfume3人の映像が絡み合い本人が遂に登場!てっきりアルバム1曲目から始まると思いきや、昨年の武道館で観た登場とまた違う迫力で始まる「STORY」にヒートアップ。

更に新曲攻めかと思いきや、冒頭で「Dream Fighter」も挟み込みこちらの想定をどんどん裏切る展開が楽しくてしようがない。

怒涛のパフォーマンスから最初のMCに入り、この幕張メッセの広い会場でのスタンディングライブがメンバー念願のライブであったと。うん、待ち時間はつらいけど良ポジションだったので、この盛り上がり方は今までにない味わいで良いね。

そして、ライブで披露しなくなった楽曲を寄せ集めた<よせあつメドレー>に入る。シングルのカップリングだったり初期楽曲だったりと確かにマニアックだったり懐かしかったり感慨深いものあり。特に名曲「イミテーションワールド」がサビだけでも超久々に観れて感激。

中盤も新曲と過去名曲を入り交ぜて飽きさせない展開が続き、一旦3人が引き下がる。そしてアルバム1曲目「Navigate」とともに再び3人登場。まさにここから後半戦開始といったところか。


そして昨年の武道館公演で好評だった<3569(すごろく)コーナー>をまさかの再現。候補曲にはライブ定番の楽曲がゾロリとあり、これがワクワク度が増すがこれによって今回観れないのかと残念になる。これを続けられたら、全公演観たくなっちゃうよね。

この日は、「ジェニーはご機嫌ななめ」「ポリリズム」「チョコレイトディスコ」と、偶然にも人気で初めの頃の初期ライブ定番曲ばかり。その場で曲ごとの立ち位置から、つなぎの構成を3人で打ち合わせて、更にはいつもの<PTAのコーナー>まで盛り込む。今回は流れから考えて冒頭に入れることにして、そこから楽曲につなげることに決定。

<PTAのコーナー>が始まると3人が各ステージに分かれて、初めて目の前のエンドステージにメンバーが来る!来たのはゆかちゃん!いやー、下から見上げる間近のゆかちゃんはおみ足が素晴らしい!いつになく張り切ってフリをやりきったのは言うまでもない。そして初期アイドル系楽曲に多かった掛け声が盛り上がる「ジェニーはご機嫌ななめ」は楽しいね。

エンディングも「Puppy love」で弾けて、「STAR TRAIN」でしっとりと終わる絶妙なシメ。今回はアンコールなしでここまで約3時間。最後に映像が流れて、秋の追加ドーム公演が発表。名古屋、大阪、福岡とあるが東京は??まだまだPerfumeから目が離せないし、改めてPerfumeライブって楽しいなと思わせられた内容であった。



セットリスト:

01.STORY
02.FLASH
03.Dream Fighter
04.Next Stage with YOU
05.Relax in the City

<よせあつメドレー>
06.透明人間
07.Spending all my time
08.不自然なガール
09.Twinkle Snow Powdery Snow
10.コンピューターシティ
11.イミテーションワールド

12.Sweet Refrain
13.TOKIMEKI LIGHTS
14.Baby Face
15.NIGHT FLIGHT

16.Navigate
17.Cosmic Explorer
18.Pick Me Up
19.Cling Cling
20.Miracle Worker

<3569(すごろく)コーナー>
<PTAのコーナー>
21.ジェニーはご機嫌ななめ
22.ポリリズム
23.チョコレイトディスコ

24.Puppy love
25.STAR TRAIN

| | コメント (0)

2015年10月 7日 (水)

LIVE鑑賞~Perfume LIVE 3:5:6:9 day5&8@日本武道館

Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP「LIVE 3:5:6:9」』2015/9/26(土)&9/30(水)@日本武道館


Tumblr_nu2d9jbwjp1rgnr4fo3_r1_400

Perfume結成15周年&メジャーデビュー10周年記念イベントが9/21から行われており、日本武道館では9/22~9/30までライブイベントを行う。

そのday5とday8に当たる武道館単独公演の模様をレポ。

9/26は単独初日ということで事前情報もないまま会場入り。会場に入ると前週まで行われていたステージングと全く異なり、アリーナ中央に円形センターステージのみで360度どこからでも鑑賞できるセット。アリーナにも客席があり、スタンド席は1階、2階とも満席状態なので収容は13000人と武道館最大級レベル。人気も上がりライブ会場も大きくなりすぎたPerfumeであるが、この武道館でセンターステージだと非常に観やすいのを実感。

この日の座席は2階南前列なので、360度観れる中でも一番観やすいと思われる位置かと。3人の表情が肉眼でよく観えるし、ステージ全体像もわかるので、アリーナ席からでは見えないステージライティングもバッチリ。

定刻から若干押して17時過ぎにライブ開始。ステージ周りに柱が立ち光るごとにカウントされ中央から3人がせり上がって登場。いきなり「FAKE IT」で武道館がダンスフロアと化す。そのままの勢いで「NIGHT FLIGHT」から「Pick Me Up」まで続き冒頭からイケイケ。

そしていつもの3人の挨拶から、のっちの単独MC。この日は今までよりもグダグダ感はなく、いい感じのテンションで進行。続いて今回の目玉である<3569(すごろく)コーナー>に入る。ライブタイトルにもある、3:5:6:9=すごろく、ということでその場で出た目で楽曲が決まる、その日だけのセットリスト。10面体という変形のすごろくがステージに登場し、3人と、その日のアリーナ席のお客からランダムに選んですごろくを転がす。

候補楽曲は各公演共通で、

彼氏募集中
スウィートドーナツ
エレクトロ・ワールド
Twinkle Snow Powdery Snow
シークレットシークレット
ねぇ
レーザービーム
微かなカオリ
未来のミュージアム
1mm

この日は、やはり「シークレットシークレット」「エレクトロ・ワールド」「Twinkle Snow Powdery Snow」の流れが絶妙。特に個人的にお気に入りだったのに2008年「GAMEツアー」以降、フルで披露してなかった「Twinkle~」が観れて良かった。

中盤に入り、ステージに3つの高台が出てきて「GAME」、からのプロジェクション・マッピングが素晴らしい「STORY」、からの3人がステージ三方向に分かれ2階席まで台がせり上がり観客を煽る「Party Maker」でテンションMAX。

<PTAのコーナー>では、あ~ちゃんの自由度がまたまた高まり、秋恒例となりつつある「いなほー」から「モンブラン」から「団子」から「芋掘り」をさせられ、更に「運動会」で「玉入れ」までさせられる。

TRFからのB'zの定番に加え、日本武道館にちなんで「ジャパン」コールを盛り込みたかったようで郷ひろみ「2億4千万の瞳」がラインナップに加わった次第。

後半は、定番楽曲となり「Dream Fighter」をディスコ2曲で挟み、最後は「Puppy love」で上下上上下上下下!(他の日では曲順が若干変わっていたようである)

アンコールはシックな衣装に着替えて登場。のっち、かしゆか、あ~ちゃんとそれぞれ思いを述べ、新曲「STAR TRAIN」を披露して終了。



9/30は2階席南後方席。ポジションは南側で良かったが、さすがに後方になるとステージが遠く感じるが見えない距離ではないかな。巨大モニターもスピーカーと被って見えない部分もあったが、初日でよく観えたからいいとしよう。

この日の3569(すごろく)は、前回と被ったのが「未来のミュージアム」だけでうまい具合に残りの曲を引き当ててくれた。やはりインディーズ時代の「スウィートドーナツ」「彼氏募集中」が観れたのが感動。特に「彼氏募集中」は個人的にライブでは初めて観る楽曲で、3人とも恥ずかしくてやりたくない体だったが、いざ披露すると開き直って堂々とセリフを言い切るのっち、好対照で照れながら言うゆかちゃんがなんとも萌えポイント。あとは、「ねぇ」の、ゆか様降臨ウォーキングは盛り上がった。

ツアーはあと地元・広島2日残すのみで武道館では最終となったこの日、3人それぞれこのアニバーサリー企画を思い切り楽しんでやりきっている感じが伝わり、観客もデビューから10年で男女年齢問わず多くの人々がPerfume好きになり、原点回帰から最新のPerfumeまでを一気に観れた内容で大満足でしょう。これからももちろん応援し続けますよ!



セットリスト(9/26):
01.FAKE IT
02.NIGHT FLIGHT
03.コンピューターシティ
04.Pick Me Up

<3569(すごろく)コーナー>
05.未来のミュージアム
06.1mm
07.シークレットシークレット
08.エレクトロ・ワールド
09.Twinkle Snow Powdery Snow

10.GAME
11.STORY
12.Party Maker

<PTAのコーナー>

13.ワンルーム・ディスコ
14.Dream Fighter
15.チョコレイト・ディスコ
16.Puppy love

EN.STAR TRAIN


セットリスト(9/30):
01.FAKE IT
02.NIGHT FLIGHT
03.コンピューターシティ
04.Pick Me Up

<3569(すごろく)コーナー>
05.ねぇ
06.微かなカオリ
07.スウィートドーナツ
08.未来のミュージアム
09.彼氏募集中

10.GAME
11.STORY
12.Party Maker
13.Dream Fighter

<PTAのコーナー>

14.ワンルーム・ディスコ
15.チョコレイト・ディスコ
16.Puppy love

EN.STAR TRAIN

| | コメント (0)

2015年9月25日 (金)

LIVE鑑賞~Perfume FES!!2015 三人祭@日本武道館

『「Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP」day2 Perfume FES!! 2015 ~三人祭~2015/9/22(火・祝)@日本武道館


Logo_02


Tumblr_nu2d9jbwjp1rgnr4fo1_r1_1280


2015年9月21日で、結成15周年&メジャーデビュー10周年という区切りを迎えたPerfume。その9月21日から延べ10日間に渡って記念イベントが続き、この日は毎年行われている対バン形式の「Perfume FES」で今回は3人組のユニットやバンドを集めて行われた。

休日とあって、早めの14時くらいに会場前到着したが周辺には既に人がいっぱい。とはいえ、まだグッズ売り場にはそれほど人は並んでなく程なくパンフレット、T-シャツなどを購入(その1時間後には長蛇の列になっていたようだが)。

会場入りも割とスムースで速やかに着席。この日はステージとほぼ対面になる2階席最前列だが、さすが武道館で2階席でも最前なのでステージ全体が肉眼でもしっかり見える好位置。

開演時間16:45ぴったりに客電が落ちライブ開始。早速Perfumeの3人が登場しイベントの経緯などのちょっとしたトークを総合司会役のグランジ遠山校長と行う。

時間がかつかつらしいのでどんどん進行していくのだが、まず1組目はNegicco

11846663_931566460223287_55359465_2


Perfumeとは11年前のイベント共演からのつながりで、お互い3人組地方アイドルの雄としてリスペクトしてきた間柄。ここ1年で「MUSICJAPAN」での共演など交流が深まった経緯もあっての出演か。トップバッターで初の武道館のステージという緊張が隠せないほどのプレッシャーもあっただろうが、ネギの3人は見事にその役目を果たした。

1曲目から、通常のライブでは後半にもってくる「圧倒的なスタイル」からスタート。なんとラインダンスの場面でPerfumeの3人も登場しPerfume×Negiccoの6人のラインダンスに歓喜!当然、2階席でまだ立って観る人が少ないなか、お隣2人と同行者の4人でラインダンスしましたよ!

2曲目はこれまたライブ冒頭で盛り上がる「トリプル!WONDERLAND」。今日はネギライト使用禁止なのでいつものノリが出しにくいが、会場規模が既に圧倒的な状態になってたのでこれまでと違ったテンションになったよ。

最後は最新曲「ねぇバーディア」を、時が過ぎゆくのを噛みしめながら見入ってしまった。いやー3曲では短すぎるが、今後のNegicco単独武道館公演を見据えて、今回はこの辺でガマンでしょう。

ライブ後のアフタートークで、あ~ちゃんとNegiccoとの絡みが微笑ましい。ネギトークはぽんちゃに基本まかせていたが、最後にNao☆ちゃんが「砂糖醤油」と言うところを「しょうゆじょうゆ」と言い間違えたところに萌えポイント!


Negiccoセットリスト:
01.圧倒的なスタイル
02.トリプル!WONDERLAND
03.ねぇバーディア


2組目は、空想委員会。Perfume大好きという想いが出演に結びついたが、いまだにPerfumeクイズに答えられず握手はお預けでした。

3組目は、WEAVER。同じ事務所ということで過去フェスでの共演などの交流もあり、「シークレットシークレット」のカバー演奏中にPerfume3人が登場し、ピアノ演奏共演といったシーンもあり。

4組目は、凛として時雨。圧倒的な音圧による激しい演奏であったが、アフタートークでは音楽業界随一のパフュヲタであるドラマーのピエール中野キルユーの、いかにPerfumeが大好きかトークが熱すぎで面白すぎ。

5組目は、フジファブリック。Perfumeのみんなが大好きというバンドでこれまたお互いがリスペクトしている間柄だという。「モテキ」挿入歌である「夜明けのBEAT」でPerfume3人が生歌とダンスで共演する貴重な演奏あり。

そして最後はもちろん、Perfume登場。いやー、ここまで約3時間半待ったよー。2階席から見下ろすレーザー光線の世界は煌びやか。その「レーザービーム」からの「GLITTER」のイントロが続き、思わず「キターーーー!」って感じ。久々にこの続けての2曲はテンション上がるわー。続いてこれまたお気に入りの「NIGHT FLIGHT」でもうノリノリっす。

短めにまとめた<PTAのコーナー>を挟み、武道館をダンスフロア化させる「FAKE IT」からの、定番「チョコレイト・ディスコ」。もうここまで来たら万が一Perfume目当てでない客でもノリノリでしょう。

最後は出演者全員による「Puppy love」で、会場全体による「上下上上下上下下」は圧巻.Negiccoメンバーも観客煽ってたし、ピエール中野のエアードラムもよくわからないけど凄かった。

いやー、Perfumeが好きな3人組、Perfumeを好きな3人組、どの組み合わせも素晴らしくて楽しいFESであった。そして、Perfume単独ライブを見届けて盛大に祝いましょう。



Perfumeセットリスト:
01.Pick Me Up
02.レーザービーム
03.GLITTER
04.NIGHT FLIGHT

<PTAのコーナー>

05.FAKE IT
06.チョコレイト・ディスコ

07.Puppy love (出演者全員)

| | コメント (0)

2014年11月17日 (月)

LIVE鑑賞~Perfume NY公演ライブ・ビューイング

『「Perfume WORLD TOUR 3rd」ニューヨーク公演ライブ・ビューイング』2014/11/16(日)池袋サンシャイン

1620430_874619382563170_66820257059

シンガポール、ロンドンに続き今回のワールドツアーのライブ・ビューイング対象は初のアメリカ上陸でツアー最終日であるニューヨーク公演。遂に来たね、ニューヨーク!

アルバム「LEVEL3」の冒頭さながら、視覚、聴覚を刺激する映像と音圧と3人のダンスで3曲目「Cling Cling」まで畳みかけるような展開。続いて一瞬暗転した間に早着替えを行って「ワンルームディスコ」に入る流れはPERFECT!

MCでは今回も観客から同時通訳者をピックアップするものの、3人とも極力英語での挨拶を行い、がんばって英語覚えたんだなーと感心。

中盤は、神曲「SEVENTH HEAVEN」でバックの煌びやかな映像と相まって神々しいステージでこちらが感極まる感じ。そして「Spending all my time」から「GAME」への流れは今回のポイントの一つ。海外盤remixに乗せてまたも映像美を駆使して観客の度肝を抜く。そして「GAME」では光る剣によるパフォーマンスを久々に観れてテンション上がったわ。

海外でも行うPTAのコーナーで観客の一体感も高まり、後半はノリノリ楽曲の連発。こちらも映画館のスクリーンでドアップで3人をローアングル鑑賞してるわけで自然と高まってくるね。

アンコールは激しい「FAKE IT」から、観客が一体となる「MY COLOR」でシメて終了。最後に1人1人が日本語と英語で挨拶。あーちゃんは涙をこらえながらアメリカのファンの熱さに感謝を述べ、のっちは笑顔で喜び、そのあーちゃんの言葉を聞きながらそっと涙を流すかしゆかがとても印象的だった。やはり世界進出でアメリカ、ニューヨーク公演を成功できたことに感極まるものがあったのであろう。Perfume万歳!


セットリスト:
01.Enter the Sphere
02.Spring of Life
03.Cling Cling
04.ワンルームディスコ

05.ねぇ
06.SEVENTH HEAVEN
07.Hold Your Hand
08.Spending all my time(DV&LM Remix)
09.GAME
10.Dream Fighter

P.T.A.のコーナー

11.Party Maker
12.GLITTER
13.チョコレイト・ディスコ
14.ポリリズム

EN1.FAKE IT
EN2.MY COLOR

| | コメント (0)

2014年9月21日 (日)

LIVE鑑賞~Perfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」@代々木第一体育館

Perfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」』2014/9/20(土)@国立代々木競技場第一体育館

10340007_793359404022502_2005654312

Perfume2年半ぶりのアリーナツアーは、8月の広島を皮切りに全国主要都市で開催され、最後は代々木4DAYSにて完結。9/21最終日はちょうどメジャーデビュー10周年の記念日に当たり集大成ライブになることは間違いないが、この9/20ものっち26歳誕生日という特別な日であり盛り上がること必至であった。

そしてこの代々木第一体育館という場所でライブってのがポイント。2009年5月に行った「ディスコ!ディスコ!ディスコ!」以来5年ぶりにPerfumeが戻ってきた。ライブ中のMCでも、あーちゃんが言っていたが、2008年に念願の武道館公演を達成し次の目標が明確でなく、アルバムも出ていないのに単独アリーナ公演を行うことになり、3人が戸惑いながら行ったライブであったとか。そのためか、この伝説の公演は当時WOWOWで放映されたのみで映像商品化されていない。いやー、内容はかなり良いからいつか商品化して欲しいですな。(ライブ記事はコチラ

昨年の東京ドームを観た後だけに、この代々木第一体育館は15000人収容の大きい会場なんだが、ステージの距離が近く観やすいし音圧も迫力あって音が分散することないので会場としても今のPerfumeを観るにはベストかな(もちろん距離が近いライブハウスで観たいが普通ではもう観れないので)。

待ちきれないまま盛り上がる観客の歓声の中、17時過ぎにメインステージに映像が流れ白幕が降りPerfume3人が登場。ステージセットに衣装でわかる最新曲「Cling Cling」からスタート。そしてアルバム「LEVEL3」楽曲を挟み込み暗転してる間の恒例早着替えで「レーザービーム」へと続く。この冒頭の一連の流れで観客の心を鷲掴みするよね。

今回のツアーはアルバムを引っ提げたツアーではなく最新シングルを中心に新旧取り揃えた内容というから、バラエティな選曲で楽しませてくれる。メインステージから中央花道を通りアリーナセンターステージへ。「恋は前傾姿勢」とかシングルカップリング曲でライブで観るのは初めてかな?そんな曲もあり、メンバーが一度下がり音と映像で繋ぐ恒例の中田ヤスタカmixの後、さあなにがあるか?

花道から何故かのっちだけ登場したが場面展開がないまま、のっちもまた引っ込んでしまい無音状態に。後に伝説になりそうなリフタートラブルによりメンバーが下から登場できず、一旦センターステージに3人登場。本来は映像が切り替わって3人が下から登場する流れだったらしいが、あーちゃんのMCで繋ぎ仕切り直しで「エレワ」。その後曲中衣装替えもあり、あのピアノイントロが流れた。キター!神曲「SEVENTH HEAVEN」。WORLDTOURでは披露しているが、近年日本ではなかなか披露してくれない名曲に涙もの。

そして「PTAのコーナー」は、今日ののっちの誕生日を祝う特別なロング・バージョン。「はーい、26歳が通りますよ」と花道をファッションショーのようにウォーキングするのっちが愛おしい。これまた本当ならリフトで誕生ケーキが上がってくるところがそれは中止(笑)。代わりに観客全員がロウソクに見立てて両手を挙げ、のっちが息を吹き替えウェーブのように火が消えていく演出あり。

ドSあーちゃんに両手を延々と振り回されて体があったまったところでノリノリなナンバーが続く。「Party Maker」でクラブ状態となったところで、これまた神曲「GLITTER」で中央からレーザー光線とともに神々しい3人のダンスを崇める。

ちょっと懐かしい「セラミックガール」からの「ジェニー」からの「チョコレイト・ディスコ」で古くからのファンは特に大盛り上がり。本編最後は多くの人の手の映像で作り上げた「Hold Your Hand」で締め。

アンコールは今までなかったアリーナエンドステージから登場。今回のツアーでまだ披露してなかったという鉄板曲「ポリリズム」で大フィーバー。やっぱりこれ聴かないと物足りない感じになっちゃうもんね。

その後、代々木で毎回行われていたというメインステージまでの、かけっこ対決。今日は誕生日ということで3回目となるのっちと初日にそののっちに勝ったかしゆかとのリベンジ対決。両者本気で走った競争であったが、かしゆかが圧倒的勝利。

最後は初期Perfumeラストを飾った名曲「wonder2」。確か、前回代々木のときは「願い」で締めたが今回は原点に戻って「wonder2」を持ってきたのかな。

最後は長めの挨拶を含んだMCでこれからアメリカに乗り込む決意を語り3時間ライブが終了。

最後にスポンサーであるチョコラBBローヤル2が全員に配られる粋なおもてなしもあり満足のライブであった。

セットリスト:

01.Cling Cling
02.Handy Man
03.Clockwork
04.レーザービーム

05.いじわるなハロー
06.I still love U
07.恋は前傾姿勢

08.エレクトロ・ワールド
09.DISPLAY
10.SEVENTH HEAVEN

~PTAのコーナー~

11.Party Maker
12.GLITTER
13.セラミックガール
14.ジェニーはご機嫌ななめ
15.チョコレイト・ディスコ

16.Hold Your Hand

EN1.ポリリズム
EN2.wonder2

| | コメント (0)

2013年12月27日 (金)

LIVE鑑賞~Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」 @東京ドーム

Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」 supported by チョコラ BB』2013/12/24,25@東京ドーム

61wegwm3jml

2010年11月以来、約3年ぶりとなるPerfume東京ドーム公演。今回は大阪2DAYSと東京はクリスマス2DAYSの4公演。

前回の東京ドームは、Perfume自身もファンも一つの到達点を噛みしめていたライブであったが、今回は更に高みを極めたステージであった。

12/24は2階席中央、12/25は3塁側スタンド席で観戦したのだが、セットリストは固定。MCも基本は一緒だが、初日はのっちが最初に観客を煽るパターンで2日目はかしゆかが担当するとか微妙な違いを入れる。

初日は会場全体を見渡せたこともあり、ステージの世界感をちょっと俯瞰的に鑑賞することができ、レーザー光線を上から見て、2日目は下から見上げる状況でいろんな角度で観れて楽しめた。観る度にその映像、照明の技術が進化してより幻想的な世界が極められている。そんなセットの中で登場するPerfumeを観て興奮しないわけがない。

冒頭からアルバム『LEVEL3』の世界を3次元化したステージは圧巻。シングル楽曲がEDMMIXされた音もそのままにグイグイ来る。ただし、ハコが大きいためか、音圧がちょっと物足りないかな、武道館クラスまでであれば音圧はもっと迫力あったのだろうけど。

その雰囲気がピークになったのは「Party Maker」からの「Spending all my time」あたりかな。とにかくかっこいいPerfumeが堪能できた流れ。

中盤の「エレクトロ・ワールド」からはいつもの会場が揺れる盛り上がりで、「ジェニー」からはゴンドラに乗ってスタンド周りを1周。2日目のときは最接近してきてサンタコスののっちを下から拝める絶好のポジ。いやー、かわいかったなー。

ライブで是非観たかった「だいじょばない」はやはりダンスの極みを見せられた感あり。アンコールは待たされることなく始まる「Dleam Land」で天使の羽を付けた3人が再びステージの球体に消えていく様がとても幻想的で、また彼女達は更なる高みを目指して旅立っていくのかと思われる演出であっという間の約3時間のステージが終了。

1499655_712800552078388_997565351_n


セットリスト:
01.Enter the Sphere
02.Spring of Life(Album-mix)
03.Magic of Love(Album-mix)
04.1mm
05.Clockwork
06.ポイント

07.ふりかえるといるよ
08.Sleeping Beauty
09.Party Maker
10.Spending all my time(Album-mix)
11.コンピューターシティ

12.エレクトロ・ワールド
13.ジェニーはご機嫌ななめ
14.ワンルームディスコ

15.未来のミュージアム

~PTAのコーナー~

16.だいじょばない
17.ポリリズム
18.チョコレイト・ディスコ(2012-Mix)

19.MY COLOR

EN1.Dleam Land

| | コメント (0)

2013年7月 7日 (日)

LIVE鑑賞~Perfume イギリス公演ライブ・ビューイング

『「Perfume WORLD TOUR 2nd」イギリス公演ライブ・ビューイング』2013/7/6(土)4:00@新宿バルト9

51a9svcywll 41ds3kskrkl

Perfumeワールドツアー2ndは、前回のアジアから飛躍してヨーロッパツアー。そして前回のシンガポール公演に続きこのイギリスはロンドン公演も映画館でのライブ・ビューイングで鑑賞することになった。

ロンドンの生中継ということで日本での開始時間は朝の4時!夜のディレイ中継での上映もあったが、ここはやはり生の時間を共有したいよね!ってことで夜中に新宿入りし身を清めて仮眠した後、3時過ぎに映画館へ向かう。この時間にぞろぞろと人が集まる映画館ってなんか凄いよね。

前回も前列でスクリーンを見上げる距離であったが、今回は最前列になってしまい、まさに前方に遮るものなしで画面いっぱいには超特大Perfumeの3名を拝むことに。まー、首はかなり疲れたけど実際のライブ以上に綺麗に大きく映し出された映像を観る機会もなかなかないから良いっすよ。

4時を過ぎて現地会場が映し出されると、そこはそこそこ大きいライブハウスであったようだがもうすし詰め状態。

暗い中3人が登場し、始まったのは「Spending all my time」に合わせ、カンヌのなんかのフェスで披露された最新テクノロジーによる本人たちの衣装にスクリーン投影し様々な映像が映し出されるという進化系Perfume。

その後も3曲続けて勢いある楽曲が続きロンドンっ子も世界各地のライブ・ビューイングも大盛り上がり。

MCになり、いつも通りの挨拶をすると英語ヴァージョンでも自己紹介など行う。が、シンガポール同様、観客から同時通訳を募り日本語MCで進行するという、いつものPerfumeはどこへ行っても同じで安心。

ちなみに御馴染みの会場観客グループ分けでは、現地で食べて超美味しかったという“フィッシュ&チップス”に掛けて、“フィッシュ”チームと“チップス”チームに分けて掛け声で盛り上がる。

これまた御馴染みの「P.T.A.のコーナー」もロンドンであろうが基本スタンスは変わらず。trfもB'zも知ってるか微妙だが、いつもの流れは変わらず、ただし現地向けでクイーン「We Will Rock You」の挟み込みは盛り上がったはず。

楽曲はGlobal Compi収録楽曲と移籍後の楽曲が中心であるが、久々に観る「SEVENTH HEAVEN」に選択式アンコールで現地の支持が高かった「GLITTER」が観れたのは自分得。時間制約とかあったのか、100分くらいのセットで日本でのライブを観てるとやや物足りない時間ではあったが、必要充分な楽曲を詰め込みMC少な目という内容だからそれほど不満なし。

しかし大画面で見る、のっちのおみ足、脇、汗、目力は最強武装にほかならない。

セットリスト:
01.Spending all my time
02.Magic of Love
03.レーザービーム
04.ポリリズム

05.Spring Of Life
06.SEVENTH HEAVEN
07.スパイス

08.だいじょばない
09.エレクトロ・ワールド

P.T.A.のコーナー

10.FAKE IT
11.Dream Fighter
12.チョコレイト・ディスコ(2012-Mix)
13.MY COLOR

EN.GLITTER

| | コメント (0)

2012年11月25日 (日)

LIVE(ビューイング)鑑賞~Perfume@シンガポール公演

『「Perfume WORLD TOUR 1st」シンガポール公演ライブビューイング』2012/11/24(土)@シネマサンシャイン池袋

20120810_perfume2_v

Perfume初の海外ツアー最終公演であるシンガポール公演が日本全国の映画館でライブビューイングが行われるということで、若者に混じって初映画館観戦。

時差が約1時間ほどあるので日本時間の20時開演ということでその30分前に入場。映画館は20代男女を中心とした若者でいっぱい。正直、初ライブビューイングでどう対応していいのかよくわからなかったが、ライブが始まって映画館の観客も総立ちになり、大スクリーンに向かってその場にPerfumeの3人がいるかのように声援やら歓声やらが生ライブさながらに行われ、最初は感覚に戸惑いを隠せなかったが、3曲くらい進むともう気持ちはシンガポールに飛んでいた感じ。

白のワンピース衣装で3人が登場するやいなや「NIGHT FLIGHT」が始まり立て続けに初期楽曲を披露。会場はライブハウス規模で観客はオールスタンディングのすし詰め状態。スクリーンの映るセンターカメラはステージ下ということもありややローアングルの映像で、かしゆかの脚!のっちの脚!が堪能できる素晴らしいアングル。

そしてMCではあーちゃん、冒頭こそ英語で挨拶したが途中から普通に日本語メインになっちゃって。途中で日本語、英語(シングリッシュ)の堪能な素晴らしい観客のウメちゃんにより同時通訳がなされコミュニケーションも難なく進行していった。

「レーザービーム」では日本の大会場さながらのレーザービームが使用され楽曲の世界観もバッチリ。そして早着替えで白から赤の衣装に様変わりした3人は、ここから映像美とともに音の高みを極めていく。

「Butterfly」からの「edge」への展開が目と耳への刺激を高め素晴らしい展開であった。

中盤では、おなじみのP.T.A.のコーナーをシンガポールでもやっちゃうんですね。この海外だからといって変に内容を変えずいつも通りのPerfumeライブをやっている姿は誰もが納得の展開。ちょっと取り上げる曲をワールドワイド仕様にしたくらいかな。

その後の「FAKE IT」がこちらの映画館もクラブ状態になる盛り上がり。こうなると「チョコレイト・ディスコ」からの「ポリリズム」で会場は最高潮。

アンコールでは冒頭にあーちゃんから、海外進出に至る苦悩や決意を表し涙ぐむ場面も。そして下積み時代を共にした徳間から世界進出へのユニバーサル移籍第1弾シングル「Spring Of Life」からの、事前にフリ入れ指導のあった「心のスポーツ」と続く。この曲で3人が交差するときにじゃれあう様がなんとも可愛らしく良かった。

最後に重大発表ということで、PerfumeT-シャツをはちきれんばかりに着てドラえもんが登場。2013年春の映画「映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」の主題歌がPerfumeの新曲「未来のミュージアム」になることが発表。

これで終わるのも何かというので、最後に「MY COLOR」で微笑ましく終了。

とりあえずアジアツアーは大成功ということで、今度は欧米か?

News_large_perfume_spendingallmytim

セットリスト:
01.NIGHT FLIGHT
02.コンピューターシティ
03.エレクトロ・ワールド

04.レーザービーム
05.Spending all my time
06.love the world
07.Butterfly
08.edge
09.シークレットシークレット

10.Dream Fighter

P.T.A.のコーナー

11.FAKE IT
12.ねぇ
13.チョコレイト・ディスコ(2012-Mix)
14.ポリリズム

EN1.Spring Of Life
EN2.心のスポーツ
EN3.MY COLOR

| | コメント (0)

2012年5月13日 (日)

LIVE鑑賞~Perfume@日本武道館2012

Perfume 3rd Tour 「JPN」追加公演』2012/5/8(火)@日本武道館

News_thumb_perfume_springoflife_nor

今年の1月でのさいたまスーパーアリーナ公演で発表された、武道館追加公演4DAYSの初日に参戦。

武道館公演といえば、2008年11月に、それまでのライブハウス公演を飛び出してPerfume初の武道館公演を行って以来、3年半ぶりという。あの時は、こんな広い会場でライブができるという喜びと不安でいっぱいだったと思われるが、SSAや東京ドームを経験してしまうと武道館はなんとも身近で観やすい会場だと自分もPerfumeメンバーも思った次第。

実際、2階席から観てもステージがはっきり見え、センターステージまで来ると表情もわかってしまう距離感だもんね。

18:30開演でやや押しでスタートしたライブ。基本「JPN」ツアーの追加公演なので構成はほぼSSAで観た内容と同一。

異なるのは、ツアー途中発売した新曲「Spring of Life」「コミュニケーション」が要所で加わり、アンコール2曲が削られたくらい。

MCもケツが厳しく決まっている武道館だけに時間制限ありの短め(?)なMC。相変わらず、のっちのソロMCは前置きとかあまり考えず勢いに任せた面白い展開。この日の会場は蒸し暑いのと観客の熱気からかかなりの高温状態。なんでも武道館はこの時期冷房を入れられないとか?

冒頭のイケイケな楽曲展開で最初のMCに入った時点で3人とも汗だく状態。そしてのっちは「暑い暑い」を連呼。その表情は暑くて顔が赤らんでいてなんともいい感じ。アイドルの汗、大好物ですから!

そして、武道館初日ということでぶったまげたのは、音圧のデカさ。ちょっとやりすぎな重低音で前半は歌がよく聴き取れませんでした。武道館が完全なクラブ状態。

なので個人的一番の見所であった「GLITTER」はレーザービームの波状攻撃こそ今回の方が勝っていたが、音のバランス的には残念だったかな。もうちょっと低音抑え目で観たかった。

あとは、これまた個人的お気に入りの最後の楽曲「心のスポーツ」で、かしゆかのふくれっ面にやられたことを前回記述したが、今回は曲の最後になんと「アッカンベー」を披露。これまた意外なやりとりにやられました。。。

セットリスト:
01:The Opening
02.レーザービーム
03.VOICE
04.エレクトロ・ワールド
05.ワンルーム・ディスコ

06.Have a Stroll
07.時の針
08.微かなカオリ
09.スパイス

10.「JPN」SPECIAL

11.GLITTER
12.メドレー~
 シークレットシークレット
 不自然なガール
 Take me Take me
 Baby cruising love
 575
  I still love U
 love the world
  シークレットシークレット

13.コミュニケーション
14.ポリリズム
~PTAのコーナー~
15.FAKE IT
16.ねぇ
17.ジェニーはご機嫌ななめ
18.チョコレイト・ディスコ
19.MY COLOR

EN1.Spring of Life
EN2.心のスポーツ

| | コメント (0)

2012年1月30日 (月)

LIVE鑑賞~Perfume@さいたまスーパーアリーナ2012

Perfume 3rd Tour 「JPN」』2012/1/28(土)&1/29(日)@さいたまスーパーアリーナ

Zap2_g5658637w

注:2012年4月までのツアー中ですが、ツアー内容などの記事記載がありますので閲覧にはご注意ください。

待望のPerfumeライブであるが、前回の“東京ドーム”から1年2ヶ月ぶり。全国ツアーでいくと2年3ヶ月ぶり(その間にFC限定ライブハウストゥワーなんてのもあったが)だから、久しぶりのツアーライブといった感じ。

東京近辺というと大抵、横浜アリーナだったのだが、今回は初のさいたまスーパーアリーナにPerfume見参。横浜が15000人強に対し、さいたまは今回スタジアムモードだったので25000人強を収容。2日開催したらもう東京ドーム1日分を超えるわけですな。

しかしこの土日は晴れていたのだが、気温も低く強風が吹き荒れていたので体感温度は氷点下レベル。

そんな中、グッズ購入で開場時間の16時から並んだのだが、東京ドームの時に比べれば列も割とすぐ進み30分かからないくらいでほぼ品切れなく、パンフ、T-シャツ、チョコレート(缶バッチ入り)が購入できた。

会場外ではPerfumeコスプレをした可愛らしい女性達(女性でない人もいっぱいいたが・・)が撮影会みたいなこともやっていてブレイク前とは会場の雰囲気もだいぶ変わったかな。

会場セッティングは前述の通りスタジアムモードで縦長。メインステージから花道があり横長のセンターステージ。メインと対極のアリーナ後方からスタンド席は遠すぎて見づらいかな。

さて、ライブ内容に入ると、、、

アルバム『JPN』の「The Opening」が流れメインステージの暗い中からギンギラした衣裳で3人が登場。この時点でもう観客をロックオン。そして曲名の通り会場中がレーザービームが飛び交う「レーザービーム」からスタート。そして「VOICE」からの、今回はやってくれました、「エレクトロ・ワールド」からの「ワンルーム・ディスコ」と、怒涛のアゲアゲチューンが連発。もうこの時点で3回は鳥肌立ったー。

そして一発目のロングMCに突入。3人の挨拶のち、のっち単独の自由なMCのち、恒例の観客いじりでセンターステージまで足を運ぶ。

このセンターステージではアルバム『JPN』楽曲が続き、周辺の観客は満足。

「スパイス」終了で暗転し、モニターには「music by 中田ヤスタカ」の文字が出てきてまだ聞いたことのないテクノチューンが流れる。幾何学的な映像が音に合わせ流れ、しばらくすると3人の映像が流れ、いつの間にか1人1人画面の中から出てきたように登場。これがクールでかっこよい。

この後のMCで土曜日は、あーちゃんが2011年日本でいろいろあったことを語り涙する場面があり、日曜日はかしゆかのジョジョ話とのっちのさいたまにちなんだウナギ話(客の反応がいまいちで話がすぐ終わってしまったが、、さいたまの浦和はうなこちゃんで有名なウナギの名所で間違いないっすよ)などあり。

そしてこの後、個人的最高にテンションが上がった「GLITTER」のパフォーマンス。センターステージで3人が分散して、それぞれ緑のレーザーが包み込むまさに音と映像美がハマった内容。こういう時のPerfumeはホントかっこいい。鳥肌立ちっぱなし。

そして「シークレットシークレット」のイントロが流れて歓声が上がり、さあ歌に行くかと思いきやすぐ「不自然なガール」に移る。これは「YOYOGI DISCO MIX」の再来かと思わせるメドレー。最後はちゃんと「シークレットシークレット」に戻るところが憎いね。

もはやスタンダード曲と化してきた「ポリリズム」のポリループでやはりまたテンションが上がったところで恒例の「PTAのコーナー」時間の都合かいつもより短縮された展開だったが、新曲にちなんだ新しいフリの指導もあり。いつもアレがこの曲で使われるのかと気づくのがまた楽しい。

そしてアルバム未収録であるが、シングル「ねえ」のカップリングであった「FAKE IT」が流れ、これがダンスフロア向け楽曲であったことを気づかされる。こういう曲をちゃんと取り上げるのがまた憎いね。

後半はまたおなじみの観客一体型楽曲が続き、新曲「MY COLOR」で新しく覚えたフリで会場は一体化。

本編終了後、アンコールは意外なところから登場。なんと後方右手アリーナ入口から3人が登場し後方にあった小さいステージへ移動。まさかの登場にステージから遠かった後方の観客も急に3人が近くで観れて感激状態。

このステージでは1曲しか披露しなかったのだが、センターステージへ移動する際に3人でかけっこを行い、あーちゃんが2日連続で勝利。本当かどうかわからんけどスポンサーの氷結1年分(2年分?)をゲット。

そして観客一体型楽曲「Puppy love」で盛り上がり、もう最後まで来てしまった感があるがアルバム『JPN』で個人的にも一番好きな楽曲がまだやってないぢゃん。と思ったらやってくれました「心のスポーツ」。この曲は最初に聴いたときからライブで一体化して盛り上がるだろうなと思っていたら、PTA指導された新しいフリをここで使うのか、というフリで観客一体型の楽曲で間違いないということで認識。

さらにこの曲のライブで発見したポイントがあり、「心のスポーツなんだけど運動不足なの」というフレーズの中で「~なの」の部分でのかしゆかのお悩み表情に激烈萌えたー。これは「イミテーションワールド」をせつない表情で唄うのっち以来の衝撃!

そして最後までギュンギュンハートを鷲掴みにされながら過ぎた2時間半強はあっという間で終了。もう終わりかよー、と思ってたら土曜日の最後にモニターに追加公演発表が。

5/8,9,11,12の4日間で日本武道館、5/26ツアー最終がなんと沖縄での野外公演。2012年はPerfumeのパフォーマンスが活発な予感がしてならない。

セットリスト:
01:The Opening
02.レーザービーム
03.VOICE
04.エレクトロ・ワールド
05.ワンルーム・ディスコ

06.Have a Stroll
07.時の針
08.微かなカオリ
09.スパイス

10.「JPN」SPECIAL(仮)

11.GLITTER
12.メドレー~
 シークレットシークレット
 不自然なガール
 Take me Take me
 Baby cruising love
 575
 love the world
 シークレットシークレット

13.ポリリズム
~PTAのコーナー~
14.FAKE IT
15.ねぇ
16.ジェニーはご機嫌ななめ
17.チョコレイト・ディスコ
18.MY COLOR

EN1.Dream Fighter
EN2.Puppy love
EN3.心のスポーツ

| | コメント (1)