2012年7月16日 (月)

LIVE鑑賞~PafeOke-パフェオケ-デビュー・コンベンション

PafeOke-パフェオケ- デビュー・ライブ・コンベンション』2012/7/12(木)@南青山Future SEVEN

Pafeoke

TBS「音旅~聴ままにクラシック」のに出演し、美しい音色とビジュアルで話題となった弦楽アンサンブル集団がPafeOke-パフェオケ-。

その中から、ビジュアル・実力を兼ね備えた選抜メンバー4人がユニットとしてこのたび、9月5日にシングル「Asian Breeze」でデビューというのでそのお披露目会に参加。

ヴァイオリン×3、チェロ×1というシンプルな編成で、クラシックをベースとした確かな演奏を軽快なポップサウンドをバックに繰り広げる。4人がそれぞれ違った個性のルックスということもあり誰がセンターに来ても申し分ないステージ。その魅せる姿も魅力の一つ。

例えとして合ってるかどうかだが、10年前に日本でも人気の出た海外弦楽ユニット、ボンドを彷彿させるかな。

Chihiro

相愛大学音楽部卒業。そのルックスはもはやアイドル並み。とにかく鎖骨が美しかった!

Chihiro

Ayano

相愛大学音楽部卒業。プロフィールに記載はなかったが、Chihiroの1つ下の妹。でもAyanoの方がお姉さんっぽい?その見つめられたら動けなくなりそうな瞳にやられそう。

Ayano

Mai

東京音楽大学音楽部卒業。黒髪が美しいクールビューティー。「ルパン三世」イントロの早弾きが素晴らしかった。

Mai

Kei

桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学研究科卒業。リーダーでもある彼女は全員を見守るしっかりした立ち位置。美しい音色とステージングでした。

Kei

セットリスト:
01.四季 SHIKI
02.Asian Breeze
03.HOPEFUL
04.上を向いて歩こう
05.ルパン三世 Theme of the Lupin the third

| | コメント (0)

2008年8月10日 (日)

松田理奈に魅せられて

松田理奈 2ndアルバム発売披露コンベンション』8/4@代々木上原・MUSICASA

Main_new

デビュー時にも同様のコンベンションに参加させてもらったのだが、そのときはかなりの緊張の中の演奏で(演奏自体は問題ないようであったが)、マイクを向けると何をしゃべっているのかわからない状態だった。

今回も緊張はしていたようだが、それを感じさせない堂々とした演奏を披露。次のアルバムの中から冒頭2曲など、演奏曲は3曲だけであったが特にタイトル曲「カルメン幻想曲」は圧巻。クラシックに精通してなくても、この曲の一部はだいたいの人は耳にしたことがあるはずだが、全ての弦の端から端まで使って演奏するテクニックが素晴らしい。

ご本人は話すのは苦手としきりに言うが、デビュー時に比べたら全然問題なし。話し始めると宇宙語のような不思議ちゃん発言もあったが、むしろそのギャップがたまらない。

これだけのルックスと演奏力なのでマスメディアが放っておかないはずなのだが、あくまでもCDとコンサートを通じて売っていくスタイルは変わらないよう。

ということで、2年ぶりとなる2ndアルバムが9/17に発売ということで注目。コンサートやオフショットも収録した初回限定DVD付きがおすすめ。

カルメン幻想曲(初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:松田理奈
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2008/09/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちなみに1stアルバムがこれ。このときに比べてちょっとスリムになり、よりかわいさが増した感じをもったかな。

ドルチェ・リナ~モーツァルト:2つのヴァイオリン・ソナタ他~(初回限定盤)(DVD付)

| | コメント (0)

2008年1月31日 (木)

18歳のミューズ~南紫音

南 紫音(みなみ しおん) デビュー・コンベンション』1/30(水)@原宿某所

ヴァイオリン作品集/南紫音 Debut Recital (+dvd)(Ltd) ヴァイオリン作品集/南紫音 Debut Recital (+dvd)(Ltd)

プロフィール:
1989年北九州市生まれ。3歳よりヴァイオリンを始める。2004年イタリア・ナポリにて行われた第13回アルベルト・クルチ国際ヴァイオリン・コンクールで15歳にして優勝。2007年3月のロン・ティボー・ガラコンサートで金聖響指揮新日本フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー交響楽団と、ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番を共演。
現在、西南女学院高等学校3年に在学中。

この春、(おそらく)音大生として上京予定。好きな食べ物は、とんこつラーメン・ゆで卵(8分茹で。このタイミングが重要だとか)。

2008年よりユニバーサル・ミュージックは新たに“クラシック&ジャズ”の新レーベルを設立。それが「UCJジャパン」レーベルで、その第1弾アーティストとして3/12にデビューするのがこの南紫音。

冒頭にレーベル設立発表がありその後、彼女が登場して3曲を披露。2曲はピアノ伴奏ありで、優雅な演奏。使用楽器は、日本音楽財団からレンタル中の、ストラディヴァリウス(1700年製作)「ドラゴネッティ」という、普通では触れることすら許されない名器(のはず)。1曲は無伴奏で情感溢れる演奏を披露。正直、正統なクラシックには精通していないので評価するにはおこがましいが、その演奏は見るものを引き付ける魅力がある。本人も言っていたが、激しい楽曲の方が感情を入れられるので好きなようで、そのルックスからアイドル的扱いをされそうだが、実力派として申し分なし。

演奏中は、時折鬼気迫る迫力があるが、普通にしている分にはかわいらしい女子高生である。ちなみに、ルックスは清潔感ある清楚なルックス。

演奏楽曲:

1.シューマン:3つのロマンスより第2番 作品94の2
2.イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第4番より第3楽章
3.ブラームス:スケルツォ(F.A.E.ソナタより)

改めて、このジャンルは才色兼備な方々が多くいらっしゃると思った。個人的にお気に入りの美人ヴァイオリニストは、こんな感じ。

宮本笑里(えみり)

ヴァイオリン作品集/宮本笑里 Smile (Hyb)

奥村愛

愛の悲しみ

吉田恭子

Passion~華麗なるポロネーズ

松田理奈

ドルチェ・リナ~モーツァルト:2つのヴァイオリン・ソナタ他~

   

| | コメント (0)