2017年12月16日 (土)

LIVE鑑賞~脇田もなり “WINGSCAPE”Release Party @VARIT

脇田もなり Up and Coming “WINGSCAPE” Release Party!!』2017/12/15(金)@六本木VARIT


20a1d07e3943f731dd594d09b5184401

今年の9月に初のワンマンライブを生バンドで鑑賞できてこの上ない幸せを感じていたところで12月にも生バンドでのワンマンライブが行われるということで師走の金曜日ながら有休取って駆け付けましたよ。


六本木駅と六本木一丁目駅の間くらいにある、今まで行ったことのない界隈に恐る恐る行ってみると会場近くに人だかりがあったので発見。ほどなくして入場すると最前列は既に埋まっていたので下手側最前エリアで待機。前回のclubasiaも300人近くがすし詰め状態だったようだが今回の開場はその半分くらいで狭い狭い。チケットも完売だったようなので今回もすし詰め状態になるであろう。


開場中に流れる音楽は、冗談伯爵の新井俊也がDJとして担当。角松敏生「初恋」とか挟んできてやるなーとか思ったりして、洋邦のシティポップを中心としたセンス良い楽曲が続き1時間ほどの待機も音楽で楽しめる。


19:30を過ぎていよいよもなりちゃんとバンドメンバー登場。もなりちゃんは白いブラウスに赤いスカート!最近髪を切って完璧なショートボブがまたキャワイいいこと。1曲目から「IN THE CITY」で人々で密着した会場が早速盛り上がる。


やっぱり生バンドがいいなーと思った瞬間は、「Cloudless Night」でのブイブイベースにイントロでの鍵盤の入りとか。「祈りの言葉」や「夜明けのVIEW」のようなしっとり系の楽曲でのテンポの強弱の付け方とか。生ならではのグルーヴが感じられて良いですな。もちろん、そこで歌い上げるもなりちゃんのヴォーカル力があってのこそのライブだし。


前回の掛け声は「アイム」→「オンリー」だったけど、今回からはバンド名にもなった「Up(アップ」→「Coming(カミン)」で行くことになりました。相変わらず、このやり取りをしていて満足そうなもなりちゃんがまたキャワイい。


新曲「WINGSCAPE」はブラジリアンフュージョン風ということで、もなりちゃんも何か楽器を使おうと思ったらしく笛(?)を買ったらしいが肝心なライブで忘れるという。。そこで何かしらパーカッションを借りてやってみようと思い、ギターのしまだんが持っていたシェーカーを使えないかと。試しに振って見たら何やらリズムがおかしい・・・どうやらもなりちゃん、楽器でリズムが取れないらしい。結局シェーカーは後半にしまだんが使用するのであえなく却下となり歌へ入る。原曲はイントロからコーラスが入るところを観客がカバーする事前イベントの指示あり、イントロから大合唱で盛り上がる。


アンコールでは黒のブラウスに最初と違う赤いスカートに着替えもなりちゃん登場。残る1曲「Boy Friend」をこれまた観客大合唱で盛り上がり終演。楽曲数の関係もあり2時間弱のライブではもう物足りないね。年明け1/28もなり生誕祭ライブは下北沢とのことだが、2018年はもう1,2ステージ上がったところで観てみたいものだ。


24991309_513104179071300_16624990_2






Vocal : 脇田もなり
Guitar : しまだん(Healthy Dynamite Club)
Bass : 越智俊介(Shunske G & The Peas / CICADA)
Keyboards : KAYO-CHAAAN(Healthy Dynemite Club)
Drums : 山下賢(Mop of Head / Alaska Jam)

DJ:新井俊也(冗談伯爵)

セットリスト:

01.IN THE CITY
02.IRONY
03.赤いスカート

04.Cloudless Night
05.EST! EST!! EST!!!
06.ディッピン
07.祈りの言葉

08.LED
09.夜明けのVIEW
10.あのね、、、
11.泣き虫レボリューション
12.I'm with you
13.WINGSCAPE

EN.Boy Friend

| | コメント (0)

2017年11月26日 (日)

イベント報告~脇田もなり「WINGSCAPE」リリースイベント@HMV 新宿ALTA

脇田もなり「WINGSCAPE」リリース記念ミニ・ライブ&特典会』2017/11/25(土)@HMV record shop 新宿ALTA店


D36fc81b54104e2cb7fc98dc5b42d48b_e1


早くも4thシングルが11/22発売ということで連日都内近郊でリリイベが行われていたが、都合が付けられたのが6回目のイベントである新宿のみ。新宿ALTAは、一旦人混みの新宿界隈を通るものの駅から近くビル内も売り場も空いているので割と快適な会場である。


1時間前に最新シングルとアルバム1枚購入で特典券3枚確保。イベントスペースには既にいつもの勇者が数人いたが、2列目付近を確保。30分ほどしてもなり御一行様到着で16:45頃にもなりちゃん登場。リハで「赤いスカート」を披露。今日のもなりちゃんはモスグリーンのフワっとした衣装に黒タイツ。ちょっと前に髪を切って安定のサラサラボブヘアがキャワいい。


17時になり、ミニライブ開始で衣装はそのままで登場。今日は昼に町田で一本イベント済ませて来てるので、やや疲れ気味な発言がMCでもあったが歌は申し分なし。毎回来てる人も多くいるのでセトリを変えて行うのだが、今回はいきなりテンション上げていこうということで「Boy Friend」から開始。続けてしっとりと「祈りの言葉」へ移行で上げ下げが激しいのでもなりちゃんも大変だろうがそこはプロということで軽快に進行。

続いてライブでは以前から披露していたがようやく音源として収録された「LED」を披露。最後は表題曲の「WINGSCAPE」。実はこのイベントまでに音源を敢えて聴かない、というか聴く機会がないままに参上。なのでライブで初めてちゃんと聴いたのでインパクトとしてかなり良かった。もなりちゃん曰く「ラテンフュージョン??あ、ブラジリアンフュージョン風な感じ♪」ということでイントロはもうデオダード「スカイスクレイパー」でしょ!他にも小ネタがいろいろ含まれており、そんな良質なバックトラックに乗って笑顔で歌うもなりちゃんに観客もノリノリ。


その後の特典会では、ジャケットと特典ポストカードにサインと写メ。フュージョン好きなんで今回の曲ももちろん良かったよ♪と。次回は12月の六本木ライブでお会いしましょう。


セットリスト:

1.Boy Friend(Extended mix)
2.祈りの言葉
3.LED
4.WINGSCAPE

| | コメント (0)

2017年9月18日 (月)

イベント報告~「脇田もなりのハイボールアワー!vol.2」@渋谷MeWe

脇田もなりのハイボールアワー!vol.2』2017/9/17(日)@渋谷MeWe


News_xlarge_crea_monari_02


「脇田もなりのハイボールアワー!vol.2」@渋谷MeWe

2017年9月17日(日)
第一部 16時~
第二部 20時~
料金:3,000円
※完全予約制 25人限定 ※座席は20席のため5名は立見となりますがご了承ください。
歌 & バーテンダー:脇田もなり



第一回のハイボールアワーは日程が合わず不参加で。そもそも25名までしか入場できなかったので恐らくは当たらなかったであろうこのイベント。今回は2部構成で間口が広がったこともあってか第一部に入り込み、雨が滴る中、会場前に集まる。


事前に連絡のあった整理番号順に並び16時に入場。入口で前料金\3000を支払い、20名しか座れない座席に着く(残り5名は立ち見ならぬ、立ち飲みになる)。バーカウンターに5名。中央テーブルに10名。窓際テーブルに各4名といった配分で、最後の方に入場したので窓際テーブルに着席。


そして、カウンター内には可愛らしい、もなりバーテンダーがいるではないか。早速猛者が次々とカウンターに並びハイボールならぬ、<もなりボール>を頼んでいく。手書きメニューには、<もなりボール>を始め、<もなりサワー>やノンアルコールももちろんOK。

Dsc_0070_2


バーテンダーもなりはサービス満点で、20番目くらいにオーダーしたのにまだ慣れない感じで一生懸命ハイボールを作ってくれる姿にキュンキュン来ましたわ。そして頼む前からウイスキーを濃い目で入れてくれてありがとう(笑)!


Dsc_0073_2


そしてこれが<もなりボール>。


Dj6m50juiaelxqp


自分はこの後、<もなりボール>をもう一杯お代わりし、この店で銀河一美味しいと言われる<ウーロンハイ>を飲んで終わりであったが、最高で6杯飲んだ猛者がいたようである。他にも牛すじ豆腐などつまみも美味かったし、普通に飲みに行っても良い感じの店であった。


全員にドリンクが行き渡ったら、もなりちゃん乾杯の発生でそのもなりちゃんが全員と一人一人乾杯。いやー、この上ない幸せ。


そしてライブ前半が始まり、アルコールが入った観客は最初から大盛り上がり。そのノリにもなりちゃんが満面の笑みで歌うのでこっちの顔もユルユル。


二度目のバータイムもひっきりなしに<もなりボール>を求める輩が集まり列が途切れない。ふとすると、初対面に近い周りの仲間同士でも会話が盛り上がる状況に。


ライブ後半前にも、もなりちゃんがテーブル周りにやって来て、楽しいひと時がいつまでも続いてほしい限り。後半のライブも大盛り上がりで締めて、clubasiaワンマンライブでは時間制約もあって捌ききれなかった物販もあり、ようやくタオルとクリアマリンボトルを購入。最後の特典会ではボトルにサインいただきました!12月の六本木ライブ絶対来てね!ともなりちゃんに言われましたので絶対行きたいけどキャパ狭いらしいから要注意で。





セットリスト:

01.IN THE CITY
02.あのね、、、
03.EST! EST!! EST!!!
04.ディッピン

05.IRONY
06.夜明けのVIEW
07.赤いスカート

EN.Boy Friend

| | コメント (0)

2017年9月 9日 (土)

LIVE鑑賞~脇田もなり「I am ONLY」Release Party @clubasia

脇田もなり「I am ONLY」Release Party』2017/9/8(金)@clubasia


0b85c1dbdf1d2f24f2da03318b6dd2d5_0c

昨年9月に歌手活動再開してからちょうど1年経ち、遂にソロワンマンライブを生バンドで開催することになったもなりちゃん。ここに至るまで多くの苦難や不安があったもなりちゃんが、素敵な人々との出会いもあってたどり着いたこの場所を見逃すわけにはいかない。


会場のclubasia周辺には入場待ちの人だかりが出来ており、開場時間までしばし整列して待つ。整理番号が早めだったので下手側最前を確保。この場所がいかに神ってたかは後ほど。


開演まで1時間近く待つことになるのだが、会場ではDJ:yukaによる洒落たBGMが流れており、これを聴いているだけで時間が潰せる内容。洋邦かつ新旧織り交ぜた選曲はセンス良く客を飽きさせない展開で、後に満員状態の後方からDJプレイに歓声が上がるほどの盛り上がりとなる。


そうこうして約5分ほど押しでステージ後方にスクリーンが現れ、今度はVJ:サリー久保田による「I am ONLY」スペシャルMVが「IN THE CITY」バックトラックに乗せて流れる。バンドメンバー登場でいよいよ、もなりちゃん登場。白のフワっとした天使のような可愛らしい衣装が眩しすぎる!


1曲目はベースのスラップから始まるあの曲「Cloudless Night」。いきなりブイブイ言わせてくるなこりゃ。これぞ生バンドのグルーヴを実感ですわ。続いて、これまたグルーヴィーな「IRONY」でテンション上がる上がる。そして、ただでさえ最前で距離が近いのに、上手下手それぞれにお立ち台があり、ここに頻繁にもなりちゃんが来るわけで、下手お立ち台に来たらもう目と鼻の先でヤバいヤバい。


MCでは、観客とのコール&レスポンスということで、もなり「アイム」→客「オンリー!」のやり取りを何回も行うことに。後半は不意打ちでこれを入れてくるが客も即座に対応。このやり取りが面白く調子に乗ったもなりちゃんが、低音、高音、スローなどいろんなヴァージョンで振ってくるが全部対応させていただきましたよ。そしてこの「アイム」って振ってくるもなりちゃんがとてつもなくキャワいい。


その勢いで「泣き虫レボリューション」でコール&レスポンスで盛り上がったところで、ゲストの長谷泰宏を呼び込みバンド演奏が続き、モスグリーンのシックな衣装に着替えたもなりちゃん登場。そして長谷さんが出てきたということは、、で「祈りの言葉」を披露。改めてもなりちゃんの歌の表現力の素晴らしさを体感。

続いては長谷さんとのデュオでアコースティックカバーを3曲披露。この3曲がどれも素晴らしく聴かせてくれた内容で、最初は以前も披露されたBONNIE PINKの「Tonight,the Night」。出だしの英語の部分で洋楽カバーと思わせる表現力が良い。

https://www.youtube.com/watch?v=7ZAEyMFko7A


2曲目は初披露の男性曲カバーということで、いろいろ調べたら七尾旅人の「サーカスナイト」。原曲を知らなかったが、これがまた良い曲でもなりちゃんの新境地を開いた絶品。こういうミディアムR&Bバラードを歌えたら楽曲の幅が広がる感じ。

https://www.youtube.com/watch?v=U8kr_ws3bGY


最後は、もなりちゃんが歌を歌うきっかけになったというYUKI「JOY」。伸び伸びと歌う様がもうもなりちゃんの曲なのでは?と思わせるハマり具合。

再びバンドメンバー登場でギターカッティングで「I'm with you」きた!2回目のお色直しでグッズT-シャツを可愛らしくアレンジした衣装でもなりちゃん登場。ここからは後半戦でアルバム楽曲を怒涛の披露。特筆は、「赤いスカート」がPOPな楽曲ながらベースが協調されてグルーヴィー楽曲に発展し、もなり歌い出しで鍵盤との阿吽の掛け合いから始まる「夜明けのVIEW」はより切なさを感じさせる生バンドならではの演奏となり良かった。

最後は「Boy Friend」で再び観客との掛け合いで盛り上がり、アンコールはデビュー曲「IN THE CITY」をタオル回しを取り入れ披露。いやー、盛り上がった。燃え尽きた。2時間あっという間だった。


この日発表があったのは、11/22にシングル「WINGSCOPE」を発売。そして12/15に六本木VARITにワンマンライブ開催(1/7に大阪でもライブ)。2017年はもなりイヤーで毎月何かしらあるので目が離せないですな。






Vocal : 脇田もなり
Guitar : しまだん(Healthy Dynamite Club)
Bass : 越智俊介(Shunske G & The Peas / CICADA)
Keyboards : KAYO-CHAAAN(Healthy Dynemite Club)
Drums : 山下賢(Mop of Head / Alaska Jam)

Guest : 長谷泰宏 (ユメトコスメ)
DJ : yuka
VJ : サリー久保田

セットリスト:

01.Cloudless Night
02.IRONY

03.EST! EST!! EST!!!
04.泣き虫レボリューション
05.祈りの言葉

~アコースティックカヴァーコーナー with 長谷泰宏
06.Tonight,the Night (BONNIE PINK)
07.サーカスナイト (七尾旅人)
08.JOY (YUKI)

09.I'm with you
10.ディッピン
11.あのね、、、

12.赤いスカート
13.夜明けのVIEW

14.Boy Friend

EN.IN THE CITY

| | コメント (0)

2017年8月15日 (火)

イベント報告~脇田もなり「I am ONLY」リリースイベント@ディスクユニオン北浦和

脇田もなり「I am ONLY」リリース記念ミニ・ライブ&特典会』2017/8/13(日)@ディスクユニオン北浦和店


News_xlarge_wakitamonari_art201705


7/26発売のもなりちゃん1stアルバムリリイベはまだまだ続き、後からこのユニオン北浦和での開催が発表され歓喜。遂にもなりちゃん埼玉降臨!


この日の15時くらいに最寄りの北浦和駅を通る京浜東北線が人身事故があり、ファンはもちろん、もなりちゃん自身の到着が危ぶまれたが、なんとかタクシーなど使って16時過ぎには現地到着したとのこと。


まだ客もまばらな16時過ぎに、白のフワっとワンピースを着たもなりちゃん登場。いつもなら1曲で済ますリハを2曲披露。ちょっと出音か自分の声に不安があったのかな。こちらは何の問題もなくお得な感じ。しかし、到着が遅れたからかリハが終わったらもう開演時間間近で慌てて一旦バックヤードに。そうこうするうちにお客も集まってきてイベントを迎える。


ほぼ定刻16:30に再度もなりちゃん登場。今回は着替えることなく白の衣装のままで可愛らしい感じ。ノリ良い「IRONY」から始まり、今回は「夜明けのVIEW」でしっとりと、最後は「泣き虫レボリューション」でシメ。


その後の特典会で、(個人的に)最寄りなこの北浦和に来てくれてありがとうという気持ちで、でもよく停まる京浜東北線がこんな時にまた停まってご迷惑をかけてごめんなさいと伝えました。



セットリスト:

リハ1.赤いスカート
リハ2.IN THE CITY

01.IRONY
02.ディッピン
03.夜明けのVIEW
04.泣き虫レボリューション

| | コメント (0)

2017年7月30日 (日)

イベント報告~脇田もなり「I am ONLY」リリースイベント@HMV 新宿ALTA

脇田もなり「I am ONLY」リリース記念ミニ・ライブ&特典会』2017/7/30(日)@HMV record shop 新宿ALTA店


518stwgsv5l_sx425_


昨年秋にもなりちゃんソロデビューから待ちに待って遂に1stアルバムが7月26日発売ということで連日リリースイベントが各所行われていたが、最近平日稼働が難しくなってしまったのでリリース週最終の日曜日のこの日のみ参戦。


12時手前に現地入りしてまずはレジにてアルバムとシングル1枚購入で特典券3枚確保。この時点で客は数人来ていたくらいでほどなくして人が徐々に集まってきたので前方位置を確保してしばし待つ。


12時40分頃にもなりちゃん現地入り。この時はキャップ被りでダークグリーンスカートに体にフィットした黒の服でラフだけどいい感じの服装。このまますぐリハで1曲歌って「またね!」と下がり、13時まで待機。


13時になって、もなりちゃん白T-シャツにデニムスカートに着替えて登場。発売週リリイベはこの日が最後で既に何回かこなしていたのだが、何故か緊張気味だというもなりちゃん。1曲目は個人的お気に入りでもある「IRONY」から。複雑なメロディを見事歌いこなした「ディッピン」から、しっとり聴かせる「祈りの言葉」と来て、なんとなく大人しい雰囲気な会場に渇を入れるかのごとく、

もなり「次が最後の曲だけど、、、、みんなが盛り上がったらもう1曲やるかも?」
観客「ウォーーーー」

ノリ良い「泣き虫レボリューション」で会場が温まったところでもう1曲「Boy Friend」でコール&レスポンス。5曲も聴けて良かった。


その後、特典会ではサインに写メにステッカーをもらい、もなりちゃんには9/8のワンマンライブ行くからねーと告げて、充実した日曜の昼間でした。


セットリスト:
01.IRONY
02.ディッピン
03.祈りの言葉
04.泣き虫レボリューション
05.Boy Friend(Extended mix)

| | コメント (0)

2017年6月25日 (日)

イベント報告~脇田もなり「I’m with you」リリースイベント@タワーレコード池袋

脇田もなり「I’m with you」リリース記念ミニ・ライブ&特典会』2017/6/21(水)@タワーレコード池袋店


News_xlarge_wakitamonari_jkt201706


今年2月の2ndシングル発売から4か月で3rdシングル発売で、発売日のリリイベに参戦。今回はシングル1形態のみの発売だったが、7月26日発売の1stアルバム事前前金予約で特典券付与ということで、発売前日にシングル購入とアルバム予約をしに行ったが、アルバム予約はイベント当日のみで特設コーナーで受付ということがどこにも記載なくてちょっと混乱。


ということで、当日18時半に特典券確保して6Fのイベントスペースに到着。アルバム予約でもたついたこともありリハを観られなかったのが残念だったが、まだそれほど客は集まってなかったので前方3列目付近で待機。


19時になってもなりちゃん登場。両肩が空いた赤いフワフワの衣装が激カワで会場から「可愛いー」と声が上がる。1曲目は「赤いスカート」から。相当緊張していたというもなりちゃんだが、この曲で2回ほど歌詞が飛んでしまったが、もなりちゃんの笑顔が観れればこっちは満足ですよ。


この日に解禁された「I'm with you」のMVについて、今回も「みんな1日10回は観てPV数上げてね♪」って、はいわかりました!高速道路を使って実際もなりちゃんが車を運転する映像があり都会の疾走感が表現されたMVにご満悦。かなり安全運転でドキドキだったとか。


2曲目は「est est est」。最後は表題曲「I'm with you」の3曲でミニライブは終了。その後は特典会に移り、1枚でサイン。2枚で更にポスタープレゼント。3枚で更に2ショット撮影。1人1人じっくり対応していただくので時間はかかるが、それを眺めているのも楽しい流れ。

サインはだいたいEPサイズジャケットに書いていただくのが主流であるが、ポスターでも自分の持ち込みの他のものでもOK。撮影も携帯カメラに限らずデジカメなどでもOKというかなり自由なスタイル。個人的に仕事環境がいろいろ変わるタイミングだったということもありメッセージで「がんばってください」と書いてもらい、一生励みにしますよ!


7/26発売で1stアルバムのリリースイベントも発売後にある予定だし、いろいろなライブも決まっているようなので夏場はもなりちゃん大忙しでしょう。

| | コメント (0)

2017年4月 8日 (土)

LIVE鑑賞~星野みちる 脇田もなり”VIVID SOUND LIVE vol.1”@LOUNGE NEO

『VIVID SOUND LIVE vol.1 星野みちる 脇田もなり2017/4/7(金)@渋谷LOUNGE NEO


E09ddab36d769afadb00a9904169c839_50

このライブの案内を見て、絶対このライブ楽しいだろうと思って、観たら予想以上に楽しくてVIVIDさん、今後も定期的によろしくですって感じ。


同レーベルの星野みちると脇田もなりのツーマンライブが発表され、過去ライブイベントで共演はあったもののツーマンはおそらく初めてかな、と思いこれは内容が良さそうだなと判断。5組以上出演するイベントだと本人の持ち味が見いだせないまま終わったり、異種混合な内容で疲れることもしばしばあるので参戦にためらうこともあるが、今回は申し分ないだろうと。


18:45頃入場で、ここは昨年11月に一度入ったことあるのでわかってはいたがあくまでもラウンジなので作りが変形でステージが低く奥に行くとほぼ見えない。既に前方エリアは埋まっていたのだがなんとかステージ上の頭が見える位置に移動。


DJはせはじむが既に会場を軽快なサウンドで温めており、19時開演でみちる師匠登場。いつもの緩いトークと客との掛け合いでライブスタート。


最初はもなりちゃんからでファンキーな「Cloudless Night」から開始。この日のもなりちゃんはネイビーなニットシャツに赤チェックスカート。いつもの笑顔たっぷりな表情にこちらも顔が緩む。曲はノンストップで続き、「赤いスカート」「あのね、、、」と一気に3曲披露して、みちる師匠にバトンタッチ。この間も曲はノンストップで続き、このDJスタイルで1時間ほど2人が交互に歌い続ける流れ。


みちる師匠は、「私がオバさんになっても」の終盤で歌詞を忘れるもむしろ観客が盛り上がるフックとなり、再びもなりちゃんにバトンタッチ。


次の3曲はまだ音源化されてなく一部ライブで披露済の新曲。「Irony」はまさに80年代前半の角松敏生ディスコサウンドといったテイストで個人的一番のお気に入り。この日初披露だった「est est est」もメロウな良曲。


再びみちる師匠パートで「SWEET 19 BLUES」から始まり、POPな楽曲から鍵盤弾き語りのバラードまで披露するバラエティな内容。いやー、弾き語りしっとりと耳に入り込んで良かったですよ。


もなりちゃん最後のパートも一気に進み、最後の「Boy Friend」で定番のコールも入り、その勢いでみちる師匠最後のパートへ。


(あえての)弱いコールから始まり師匠に注意されるプレイから始まる「腰抜け男子にアイラビュー」でのコールも最高潮。そして新曲「流れ星ランデブー」も披露。


アンコールでは、みちる&もなりの共演でお互いの曲をそれぞれ披露。「IN THE CITY」も「恋のファンフェアー」もそれぞれ元曲が良いのでこの貴重な共演を観れて幸せ。


16178663_363231967391856_7764021296


61zjc19vvyl







セットリスト:
脇田もなり
01.Cloudless Night
02.赤いスカート
03.あのね、、、

星野みちる
3曲

脇田もなり
04.Irony
05.LED
06.est est est

星野みちる
4曲

脇田もなり
07.I'm with you
08.Boy Friend(Extended mix)

星野みちる
4曲

EN1.IN THE CITY(with 星野みちる)
EN2.恋のファンフェアー(with 脇田もなり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

イベント報告~脇田もなり「Boy Friend」リリースイベント@ディスクユニオン新宿中古センター

脇田もなり「Boy Friend」リリース記念ミニ・ライブ』2017/2/26(日)@ディスクユニオン新宿中古センター


Eb7eb656f58ad25d625585fbcc8a04c0_c8


昨年11月に満を持してソロデビューしたもなりちゃん。その後、数々のライブイベントに出演して1stシングルの布教に努めたわけだが、その短いライブの中で新曲が加えられ次なるリリースが期待されていた中で2ndシングルが2月15日に発売。そのリリースイベントが東京では新宿で2回行われ最終のディスクユニオン新宿中古センターに参戦。


12時半頃に店に到着すると入口入ってすぐ正面に臨時スペースを設けており、そこに20名ほど集まっていた。すぐに前方付近を確保したら、そこには既にもなりちゃんの姿が(入口からは隠れて見えなかった)。どうやらちょうどリハをしている最中で、まだ出音のチェック中であった。なかなか音の調整がうまく行かず難航したおかげでじっくりリハのもなりちゃんを拝めることに。


しばしその場で待つこと15分。気づいたら店の入り口まで人が集まってきたため通常開放しない横の売り場まで人が埋まるほどになっていた。

13時になってもなりちゃん登場。赤のトレーナーに黒のキャップといういつものラフスタイル。狭いスペースながらお立ち台に乗って奥の客にもアピール。その狭さならではの客との距離がかなり近いのでしょっちゅう目が合ってドキドキもの。

1曲目は今回のシングル収録「赤いスカート」。軽快なサウンドに手拍子が高まり最初からノリノリ。曲が終わって、もなりちゃんから「実は写真撮影OK。でも最初からOKって言っちゃうとみんなバシバシ撮るのに集中しちゃうから」って。なんて自由で素敵な空間なんだ。確かに撮影はさせていただいたが、せっかく間近で堪能できるのに肉眼で観ないわけにはいかないので撮影は控えめに、その場を楽しませていただきました。

2曲目は1stシングル「IN THE CITY」。もう何度もライブで聴かせていただきフリも自然と出てくるまでに。2枚シングル発売で持ち曲は5曲ほどであるが、新曲もいくつか準備していてそろそろワンマンライブなんかやりたいなーと。期待してますよ。

最後は表題曲「Boy Friend」。この曲は「Boy Friend」の歌詞を観客がコールする掛け合いがあり、一応お店に声出しOKの許可をとって精一杯の大声を出す練習から。練習ではもなりちゃんからダメ出しくらったが、曲が始まったらみんな今日一の大声で大盛り上がり。

その後は特典会に移り、15分ほど店外通路で待って順番に。特典券3枚:商品にサイン+ポスタープレゼント+2ショット写メのコースなので、アナログ盤ジャケにサインをいただきつつじっくりもなりちゃんと会話。直接話すのは去年の11月ライブ以来なので3か月ぶりでごめんなさいといったところ。

おそらく今年中にはワンマンライブなど更なる活動が期待されるので楽しみである。

| | コメント (0)

2016年11月21日 (月)

LIVE鑑賞~脇田もなり”KUJIRA vol.3”@LOUNGE NEO

『LOUNGE NEO 14th Anniversary JaccaPoP presents ”KUJIRA vol.3”』2016/11/20(日)@渋谷Glad/LOUNGE NEO


Cxoaa5xuaaaj3jl


普段はこの手のクラブイベント的なものは、どういう過ごし方すればよいのかよくわからないので遠慮していたが、脇田もなりちゃんが出演するというので参戦。

まず、2会場あってこれだけの出演者がどこでどう出演するのかわからんかったが、3日前くらいにタイムテーブルが発表。15時開演だが、もなりちゃんの出番は18:20とか。

とりあえず、ちょい早めの16:30にNEOに到着。なるほど、GladとNEOって同じ建物でフロアが違うだけだったのね。で、5FにあるNEOに入るとフロアが狭いので既に客がいっぱいで暑い。。

2組ほど流して、Faint-Starから鑑賞。エレクトリックなサウンドに無機質な表情とフリであったが、MCになると2人の絶妙な掛け合いがベテラン臭を感じる。次に出てくる西恵利香が会長である”西会”なるものがあって、Faint-Starは西会メンバーだとか。何かあると、会長にシメられる!みたいな小話を挟み盛り上がる。


そして次が西恵利香の登場。そんな西さんは、Faint-Starはもう(傘下で定着したんで)いいと。次に西会に入れようと企んでいるのが、脇田もなり!もなり人気はアーティスト界隈でも盛り上がっているようだ。西さんは、安定の歌唱力と畳みかけるMCであっという間にフロアを盛り上げていくので観ていて自然と音に乗っていける。


いよいよ目当てである、脇田もなり登場。この時点でフロア観客はピークになっていたと思われ歓声も大音量。「IN THE CITY」のイントロが流れ、登場したもなりちゃんは、黒のニット帽に黒のパーカーというラフスタイル。客の盛り上がりもあり、もなりスマイル全開で軽快に歌い上げる。

続いて、イックバルのカバー「Cloudless Night」。来年にもなりちゃん参加のこのイックバルのシングルが発売される告知もあり、低音がビシバシ来るこの楽曲はフロアで聴くと全身に染みるわ。

MCで、この後登場するSAWAとの久々の再会について、喜びのエピソードを語ったり、今回も「IN THE CITY」のMVは一日5回は観てね♪のお約束あり。

最後は「あのね、、、」で3曲20分ほどの短いステージは終了。続いてすぐ仮谷せいらのステージが始まってしまったが、申し訳ないけどもなりちゃん物販へ。昨日のイベントから、「IN THE CITY」T-シャツが販売されて、最初は赤と白の2色のみだったのが、今日からネイビーも販売開始。今日はファンが分散されていたのか?CDかT-シャツ購入でサイン会だったが、それほど混雑なく、ゆっくりともなりちゃんと会話できる感じで行って良かったわ。


Cxhawdjviaa8ijl


その後、客の入替もあって最前近くまで移動。ツインテールに赤の和洋折衷のような衣装で登場したSAWAは最初からEDMサウンドで盛り上げる。最近のSAWAさんはこんな激しかったのか。

MCでは、これまた脇田もなりネタを出してきて、SAWAさんがもなりを探す旅に出ようと画策していた矢先に今日、もなりによく似た子がいて・・・どう見ても”もなりもなり”してるし。と思ってたら「SAWAさ~ん♪」とやってきて「この子、もなり感が強い・・・」という感動の(?)再会エピソードが大爆笑。またサワーソニックなどでもなりちゃんと共演よろしくです。


最後は会場をGladに移動して東京女子流。NEOのステージ進行が押していたので開始には間に合わなかったが、ちょうど大好きな「加速度」を披露中。さすがに満員で入れないかと思ったが後方が若干空いていて、段差があるGladは後ろでも割と観やすいので良い。

今月発売の新曲「ミルフィーユ」や定番の「ヒマワリと星屑」「Attack Hyper Beat POP」も観れて久々の女子流であったが、こういう間近な距離で観る女子流は良いと再認識。ちょっと観ないうちに大人になった新井ひとみは、歌もダンスもキレがあって表現力が素晴らしかった。

F66d3c7e




イベント自体はまだまだ22時くらいまで続くようだったが女子流終わって20:30頃で離脱。

| | コメント (0)