« LIVE鑑賞~角松敏生 Close out 2019 & Ring in The New Season@中野サンプラザ | トップページ | LIVE鑑賞~武藤彩未 Live-Together for White Eve-2019@渋谷duo »

2019年12月18日 (水)

LIVE鑑賞~フィロソフィーのダンス Glamorous 4 Tour ファイナル@新木場コースト

フィロソフィーのダンス Glamorous 4 Tour2019/12/17(火)@新木場STUDIO COAST


B6dc1843407b6bb1eee8e2d508da9de7scaled

フィロのス2019年末ツアーは11月初日さいたま新都心から開催(参戦済み)し、全国を駆け回りファイナル東京で過去最大規模となる新木場コーストにて平日開催。12月の平日に場所が新木場開催でサラリーマンにはかなり厳しい状況のなか、若者を中心にフロア満員状態の集客であった。


かく言う筆者もベテランサラリーマンであるが、なんとか午後半休を確保しフロアにスーツ姿は厳しいので私服に着替えてから開場時間18時過ぎに到着。すると開場が押しており結果ちょい遅れでも問題なし。今回通常の倍の価格のプレミアチケットは200枚ちょっとの販売だったようだが、特典会参加、グッズ付き、最前入場可能、ということでFC先行抽選でハズレ。通常入場になりB200番台であったが入場すると、当然最前エリアや高台最前は埋まっていたもののまだ全体の3割も入ってないくらいだったので1Fフロアは見送り、2F途中の階段で待機。ここなら前方に障害もなく全体を見渡せて視界良好。フロアはディスコサウンドがかかっており、徐々に人が埋まっていく様を見つつ開演を待つこと30分以上。開演も15分ほど押して今かといったテンションになったところで、SEと照明が開演間近を知らせる流れになり、ステージにかかった幕に4人のシルエットが映し出され、いよいよ最高のライブが始まる!


幕が開くと、広いステージに赤の新衣装が鮮やかなフィロのスの4人に豪華なミュージシャンが控える。初日と同様、「アイドル・フィロソフィー」「アイム・アフター・タイム」と続き冒頭からテンション爆上げ。そして次の曲が初見だったのだが、後で調べたところフィロのス最初のオリジナル楽曲「プラトニック・パーティー」。まだファン歴2年の筆者はライブで聴いたことないアルバム未収録楽曲がまだ認識できてなかったのでその場ではこの曲をやった意味がわからなかったが、ここにこの曲を持ってくる意味は後に知ることになる。


冒頭7曲をMCなしで一気に畳みまくり既に汗だく。最初のMCで今回のバンドメンバー紹介。お馴染みのメンバー以外に特筆は、Drums:小笠原拓海、Bass:千ヶ崎学のリズム隊。現在の山下達郎ツアーメンバーである小笠原拓海は、今回タイトなドラミングで派手さは控えめに全体のグルーヴを支える役割に徹した印象。そこに、現在KIRINJIメンバーでありNegiccoや坂本真綾などのサポートも務める千ヶ崎学が結構はじけた演奏をしていて良かった。普段あまり見ないスラップやアップライトベースも駆使したり大忙し。チガちゃんベースは楽しんでやってる感あるからいいよね。


曲によってはショートバージョンだったり曲間なしでどんどん繋げる展開で早くも終盤ながら既に10曲以上披露したところで、メンバーから決意表明的なMC。お決まりの流れで、あんぬ、まりり、ハルちゃんときて最後はおとはすになり全員感動的な話の中で、きっちり笑いをとるおとはすが素晴らしい。フィロのスに入るまでは引きこもり的な内向的なおとはすが、立派なアイドルになってみんなを幸せにする存在になったからアイドルって凄いよなー。


終盤の展開は過去フィロのス史上最高の展開と思ったのが、新曲「シスター」をバンドサウンドで極上に仕上がって「ベスト・フォー」で高揚し、天才・宮野弦士のギターカッティングがこれでもかとドヤっとアピールした「すききらいアンチノミー」からの「ダンス・ファウンダー」の流れが素晴らしく会場盛り上がりはピークに。その勢いのまま「ライブライフ」で更に高まり本編終了。


アンコールは、奥からメンバー登場で「ジャスト・メモリーズ」。ハルちゃん最高の歌を聴かせてくれる名曲であるが、聴く度に4声コーラスが分厚く美しくなって染みるわ。最後は多幸感に溢れた状態で「ハッピー・エンディング」。


良いライブを観させてもらったわー、と思ったら最後に発表が。「2020年 フィロソフィーのダンス ソニーミュージックよりメジャーデビュー決定!」この感動の中、あんぬは号泣しながら「諦めないで続けて良かった~」と。おとはすは、「アイドルで一番になる!世界にフィロのスを届ける!」と言いながらジャンプした姿に萌えー。そして全員涙ながらに挨拶している中、バックで流れていた「はじめまして未来」のオケに反応して歌い始めるサプライズあり。そんなこんなで2時間あまりのライブは終了。2020年、更に飛躍するであろうフィロのスをこれからも見届けますよ。


フルバンド・セットメンバー:
 
Guitar&Keyboard:宮野弦士
Guitar:朝井泰生
Drums:小笠原拓海
Bass:千ヶ崎学
Percussion:早藤寿美子
Keyboards:福田裕彦
Trumpet:織田祐亮
Sax&Flute:藤田淳之介
Trombone:小池隼人

セットリスト:
01.アイドル・フィロソフィー
02.アイム・アフター・タイム
03.プラトニック・パーティー
04.フリー・ユア・フェスタ
05.イッツ・マイ・ターン
06.ヒューリスティック・シティ
07.スーパーヴィーニエンス

08.バイタル・テンプテーション
09.ライク・ア・ゾンビ
10.ダンス・オア・ダンス

11.シスター
12.ベスト・フォー
13.すききらいアンチノミー
14.ダンス・ファウンダー
15.ライブ・ライフ

EN.ジャスト・メモリーズ
EN2.ハッピー・エンディング

EN3.はじめまして未来






|

« LIVE鑑賞~角松敏生 Close out 2019 & Ring in The New Season@中野サンプラザ | トップページ | LIVE鑑賞~武藤彩未 Live-Together for White Eve-2019@渋谷duo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LIVE鑑賞~角松敏生 Close out 2019 & Ring in The New Season@中野サンプラザ | トップページ | LIVE鑑賞~武藤彩未 Live-Together for White Eve-2019@渋谷duo »