« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月18日 (日)

LIVE鑑賞~はじめてのツーマン~武藤彩未×Kaede(Negicco)~@代官山UNIT

『はじめてのツーマン~武藤彩未×Kaede(Negicco)~』2019/8/17(土)@代官山UNIT


Dsc_9363_fixw_640_hq

Kaede_art201904_fixw_640_hq

2015年12月23日、当時の一推し女性ソロアイドル武藤彩未が活動休止最後のライブを行い自分はしばし傷心に駆られたもので、昨年12月に3年ぶりにステージに立ったのだがそこには個人的都合で立ち会えず、その後のライブもことごとく都合が合わなかったのでもう彩未ちゃんとは縁がないのかな、と思っていたところ7月に入って急に「Kaedeさんとツーマンライブやります!」がTwitterに上がり、諸々予定が入りそうな日程ではあったが最優先でチケット確保。実に3年半ぶりに彩未ちゃんに会えるかと思うと心躍る気持ちで日々過ごしていたわけで。


ライブ当日は台風一過で快晴猛暑。雨女(?)で有名な彩未ちゃんもKaedeコラボのおかげか?良い天気となったわけ(Negiccoは確かに常に天候に恵まれている印象)。会場前には入場列が長々とできており、整理番号は2ケタ台だったから早めに入れるかと思いきや、チケット3社くらいが同時発行している番号なので3倍の人数分になるからこれは結構後ろのほうになってしまうと。入場すると既にフロアの半分近く埋まっており既に観辛い環境。ところが人が埋まって来て少しずつ前方へ移動すると前方下手側奥が空いておりスルっと前方へ。斜めからであるが最前3列目くらいの位置まで確保できてこれでよく観える状況に。


18時になってライブ開始。最初はKaedeからで、その姿は普段Negiccoで見慣れている衣装とは違い赤い柄のワンピースで少し伸びた髪を後ろでまとめてかわいらしい感じ。冒頭はオケで歌唱し、途中から鍵盤担当で佐藤優介が登場しピアノに合わせて歌唱するスタイル。この佐藤さん、Kaedeライブではお馴染みらしく何も喋らなく淡々と鍵盤を奏でるだけなのだがその様相が癒し担当でもあるらしい。落ち着いた歌声に合ったゆったり、しっとりした楽曲が続き、KaedeのMCもゆったりしてるので緩やかに時が進む感じ。ソロ活動は今年4月から始まったばかりでまだ自主制作に近いスタイルでミニアルバム出したりしているようだが、10月にシングル発売も決定。Kaedeお気に入りの堂島孝平プロデュースにより台湾で撮影されたというアー写、ジャケ写も良い感じ。そして最後の披露がこのシングルに収録されるエビ中楽曲カバーの「蛍の光」アカペラ歌唱。ここにKaedeの今後のソロ活動の強い意気込みを感じた。


Kaede_jkt201910_fixw_640_hq

続いてはお待ちかねの武藤彩未の登場。何せ3年半ぶりのご対面だからこっちがDOKIDOKIしてきたが、登場してきた彩未ちゃんは、紺と黒のシックな衣装で長くなった髪を後ろでまとめて大人っぽい雰囲気。そりゃ3年経って今23歳だから大人になったよね。あれ?背が高くなったか?と思ったが足元を見ると黒のヒール、というか厚底がかなり高い靴を履いてらっしゃる。通常彩未ソロコンだとステージに高台が設置されるのだが、本日は背の高いKaedeに気を遣ってか台はなしで自身が高く調整してきたとのこと。


最初に続けて2曲披露で、懐かしの彩未定番曲「桜ロマンス」「宙」で一気に彩未ワールドに引き込まれていく。特に「宙」のイントロで高揚感が増す感じ、思い出してきた。中盤では浅香唯「セシル」からの斉藤由貴「悲しみよこんにちは」と、お得意の80年代アイドルカバー曲を披露。初見の観客も多かったと思われ、客層に合った選曲を短い時間ながら入れてくるところは彩未気遣いだろうか。そしてその2曲が「スケバン刑事」3代目からの初代という流れは何か意図があったかどうかは定かでない(南野陽子楽曲まではカバーアルバムに入ってないから披露できず?)。


続いて披露した楽曲「この指に止まって」は初めて聴く曲だと思ったら、復帰後の新曲で既にライブで何回か披露していた模様。なかなかの良曲でまた聴きたいなと。そしてこの日初披露の新曲を次に披露。このように音源を出す前にライブで徐々に新曲披露し観客とともに曲を育てて最終音源化に持って行くスタイルになったようだ。今回は角松敏生など多くのバックミュージシャンを務める小林信吾が作った曲とか。


最後はこれも定番「彩りの夏」で久々の彩未コールにテンション上がったわ。アンコールは彩未ちゃんとKaede2人登場。コラボでNegicco「圧倒的なスタイル」彩未ちゃんの「OWARI WA HAJIMARI」の2曲をコラボで歌い上げ、どちらも会場盛り上がり楽曲で満員のUNITが揺れた感じで終演。


それにしても彩未ちゃんは3年のブランクを感じさせない歌唱力と表現力でこちらも3年半ぶりだったのにもうあの頃と同じテンションに持って行かれた。MCも、ややせっかちな喋りで時折噛んだりするところも懐かしく親しみ溢れるステージであった。そして80年代アイドルなど古き良き音楽も好きな彩未ちゃんが遂にレコードプレーヤー入手してレコードデビューしたようで、いつか彩未ちゃん音源もアナログ発売することが目標の一つになって今後期待します!



セットリスト:

Kaede's SET LIST
01.あの娘が暮らす街
02.キラキラ
03.あたらしい歌
04.カエデの遠距離恋愛
05.あなたは遠く
06.スウィート・リグレット
07.飛花落葉
08.クラウドナイン
09.蛍の光

AYAMI MUTO's SET LIST
01.桜ロマンス
02.宙
03.風のしっぽ
04.セシル<浅香唯>
05.悲しみよこんにちは<斉藤由貴>
06.この指に止まって
07.音のような言葉 ※新曲
08.彩りの夏

AYAMI MUTO×Kaede
EN1.圧倒的なスタイル
EN2.OWARI WA HAJIMARI




| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

LIVE鑑賞~DATE THE POP Special edition~SUMMER DATE~@日比谷野外音楽堂

『DATE THE POP Special edition~SUMMER DATE~』2019/8/12(月・祝)@日比谷野外音楽堂


Ebvqtbu8awedtf

出演!
OA:MONSTERGIRLFRIEND
神宿
TaskhaveFun
ときめき宣伝部
フィロソフィーのダンス

世の中がお盆休みに入った休日に何やら野音でアイドルが集まるライブイベントがあるというので日程も良かったので申込。座席自由で整理番号発行されていたが開場時間の15時過ぎに到着すると既に呼び出し入場は終わっていてすぐ入場。最前Aブロックはもちろん埋まっていたがBブロックはまだまばらな状況。とりあえずCブロック最前に着席するが、この時間はまだ直射日光が厳しくこのまま待機していると熱中症的なものになりそうだったので時々木陰に移動しつつ待機。


16時になってオープニングアクトでMONSTERGIRLFRIEND登場。この時一層日差しが強くなり正直よくステージ見えなかったが、3曲ほど披露。続いて神宿、ときめき宣伝部と続く。この頃には日も隠れてだいぶ涼しくなってきてアルコールも少々回り野外ならではの心地よさも感じられるようになった。


18時手前でTaskhaveFun登場。前日のイベントで3人中2人が体調不良で欠席ということで心配されたが3人とも登場で元気いっぱいパフォーマンス。「3WD」など全身使ったパフォーマンスだから猛暑には厳しいと思うが観客一体となって盛り上がって良かった。最後に披露した新曲「逆光」はこれまでの勢いあるTask楽曲と異なり、しっとりとしたアイドル楽曲で良かったからまた聴きたくなる感じ。


 18:35ちょうど日没時間に本命のフィロソフィーのダンス登場。夕暮れ時の野音で観るフィロのスは極上と想定していたが、屋根のない自然いっぱいの環境で解放感ある中にフィロのスの極上な音楽が体感できてまさに思惑通り。前半はダンスナンバーを4曲続け一気に会場のテンションを上げて、後半3曲は夜の野外に相応しいメロウなナンバー3曲で締めるという、アイドルの域を超えたパフォーマンスが素晴らしかった。特にラストの「ヒューリスティック・シティ」は野音で聴くには最高の一曲で、野外の開放感ながらこの場所は東京の真ん中であることを再認識する都会的なナンバー。この曲を聴くと、マリリに会いたくなってしまうのでその後の特典会は久々にマリリにご対面。マリリ自身思い入れが強い「ヒューリスティック・シティ」に共感できてよかったー。近い将来、フィロのス単独ライブをこお日比谷野音で観れる日も近いかなと実感した次第でした。


フィロソフィーのダンス セットリスト:

1.ダンス・オア・ダンス
2.好感度あげたい!
3.ライブ・ライフ
4.ダンス・ファウンダー
5.アイム・アフター・タイム
6.フリー・ユア・フェスタ
7.ヒューリスティック・シティ

Ebwulinwwai8ycb





| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

イベント報告~脇田もなり「RIGHT HERE」リリースイベント@HMV record shop新宿ALTA

脇田もなり「RIGHT HERE」リリース記念ミニ・ライブ&特典会』2019/8/11(日)@ HMV record shop新宿ALTA


D78cq6ouyaajovm

脇田もなり3rdアルバムリリースイベントも10回以上行われこの日が最終日。世間一般夏休み週に入った日曜日ということとリリイベ最終日で多くの人が集まった。


個人的には"ヒラゲ日"以来2回目の参戦であるが、その時はグリーンの衣装でシックな印象だったもなりちゃん。この日は白のワンピースに白のエスパドリーユで眩しいくらい美しかった。1曲目に披露した「恋をするなら」は個人的にライブ初見の楽曲であるがアルバムを聴きこんでお気に入りの一つだったのでテンション上がる。今回の場所は新宿であるが90年代渋谷系なこの楽曲が懐かしさもありイマドキでもある良い感じでもなりちゃんにピッタリ。


通常リリイベだと4曲披露して終了であるが最終日ということでアンコールが起き、それに応えて再びもなりちゃん笑顔で登場。グルーヴィーな「Thinkin' about U」まで聴けて満足。


その後の特典会も長蛇の列で大盛況。アルバムの感想と次回ライブへの期待を告げ、今回はCDジャケにサイン&写メを頂いた。次回は9/23渋谷クラブクアトロでお会いしましょう!




セットリスト:

リハーサル.ハイウェイ

1.恋をするなら
2.やさしい嘘
3.WHERE IS...LOVE
4.エスパドリーユでつかまえて

EN.Thinkin' about U




| | コメント (0)

2019年8月 5日 (月)

LIVE鑑賞~TOKYO IDOL FESTIVAL 2019(3日目)

『TOKYO IDOL FESTIVAL 2019』2019/8/4(日)@お台場・青海周辺エリア


Logo

前日朝から晩までフル参戦していろいろ披露もあり、午前のお目当ても少なかったからこの日は昼から参戦。気温は前日より更に上昇していたらしく朝からいたらヤバかったであろう。この日もSMILEGARDENが中心で、入場後すぐに浴衣美女からかけ水をサービスしてもらい(その後も、計3回水鉄砲をいただき、いろいろと気持ち良かった)、熱帯雨林状態の会場に向かった。


この日のラインナップは以下で。


A応P(SMILE GARDEN)
SUPER☆GiRLS(SMILE GARDEN)
フィロソフィーのダンス(SMILE GARDEN)
≠ME(SMILE GARDEN)
IDOL SUMMER JAMBOREE Day3(SMILE GARDEN)
青春高校3年C組アイドル部(SMILE GARDEN)
アップアップガールズ(仮)(SMILE GARDEN)
=LOVE(SMILE GARDEN)
Dancingdia(フィロソフィーのダンスxpredia)(SMILE GARDEN)
EMPiRE(HOT STAGE)
まねきケチャ(HOT STAGE)
さくら学院(HOT STAGE)
AKB48 TIF2019選抜(HOT STAGE)


午後から入ったのだが、移動は一回だけでほぼSMILE内で過ごしていたので意外と数こなした感あり。半分くらいは木陰で涼みながらモニター鑑賞だったり、途中かき氷食べたりうまいこと熱さ対策はできたかと。トピックは以下抜粋。



フィロソフィーのダンス@SMILE GARDEN 12:55-

Unitphilosophy

3日間で全ステージ出演したフィロのス。この日は真昼間の野外で夏曲を披露。各ステージに合った最高の楽曲を最高のパフォーマンスで魅せてくれたフィロのスは素晴らしい!

セットリスト:
1.夏のクオリア
2.ダンス・オア・ダンス
3.ダンス・ファウンダー
4.ベスト・フォー

 

≠ME@SMILE GARDEN 13:15-

Unitme
指原莉乃プロデュースで=LOVEの妹分ユニットとなる≠ME(ノットイコールミー)の初ライブに立ち会う。思えば2年前のTIFのイコラブ初ライブも観たが最初って本当に緊張でよくわからない状態で出ると思うけどその感じがたまらんのよね。ちょうど最前付近エリア端で観ていたら、日傘を持って指原Pが登場。続いてイコラブメンバーも妹分を観に関係者エリアに出て来てこれが間近だったのでテンション高まってきた。


2年前のイコラブ同様、持ち曲がないのでイコラブ楽曲を4曲披露。最後にオリジナルの「≠ME」を披露。これがアイドル鉄板曲な良曲でさすが指原P。セトリも指Pが考えてイコラブ盛り上がり曲を良い感じに組み込んでいた。センターの冨田菜々風は緊張のMCだったがパフォーマンスはセンター感あったので他のメンバー含めて今後が楽しみ。


セットリスト:
1.スタート!
2.届いてLOVE YOU
3.部活中に目が合うなって思ってたんだ
4.探せダイヤモンドリリー
5.≠ME

 

青春高校3年C組アイドル部@SMILE GARDEN 14:00-

Unitseishun
正直、最初は木陰でモニター越しにながら見していたのだが何やら楽曲がアイドル好きオヤジにささるテイストで最終的にはしっかり観てしまったのが青春高校。「青春のスピード」は甘酸っぱい感をつく良曲。よく確認したらこれまた秋元康プロデュースでテレ東番組から生まれたアイドルグループとか。センター持田優奈は存在感あるし今後気になる存在になりそう。

セットリスト:
1.青春のスピード
2.サンダルガール
3.チャイムの途中で
4.大っ嫌いロミオ様
5.青春のスピード


=LOVE@SMILE GARDEN 14:50-

Uniteqlove
妹分ノイミーの初ライブ後だけに気合の入ったパフォーマンスであったイコラブ。1曲目から「部活中~」持ってこられたらハジけるよね。「手遅れ~」の野口衣織の目力もヤバかったし、絶対的アイドルの斉藤なぎさは暑さで顔が紅潮した感じがまたキャワいいし。改めてシメで聴いた「=LOVE」も名曲だなーと。


セットリスト:
1.部活中に目が合うなって思ってたんだ
2.探せダイヤモンドリリー
3.手遅れcaution
4.いらないツインテール
5.=LOVE


AKB48 TIF2019選抜@HOT STAGE 18:55-
(加藤玲奈、篠崎彩奈、西川怜、向井地美音、込山榛香、武藤十夢、岩立沙穂、柏木由紀、久保怜音、佐々木優佳里、谷口めぐ、福岡聖菜、岡田奈々、川本紗矢、村山彩希、山内瑞葵)



7ebbe9acs

チーム8を除くAKB48純選抜16人によるHOTSTAGEトリのステージ。岡田奈々、向井地美音、村山彩希を中心とし曲ごとにセンター交代。楽曲も古き良きシングル曲から劇場公演曲まで持ってきた意外性あるセトリ。ツインテール久保怜音はキャワいいし、お団子ヘア山内瑞葵もステージ映えしてキラキラしてたし、ベテラン柏木由紀はサイドにいながら観客アピールはさすがだし良きAKBが観れた感じ。


セットリスト:
1.RIVER
2.フライングゲット
3.言い訳Maybe
4.LOVE修行
5.only today
6.Seventeen
7.恋人いない選手権
8.前しか向かねえ
9.大声ダイヤモンド




| | コメント (0)

LIVE鑑賞~TOKYO IDOL FESTIVAL 2019(2日目)

『TOKYO IDOL FESTIVAL 2019』2019/8/3(土)@お台場・青海周辺エリア


Logo


今年開催10回目を迎える世界最大のアイドルフェスである「TOKYO IDOL FESTIVAL(TIF)」に今年も参戦。個人的に2016年から参戦して4年目にして初の土日2日参戦。さすがに金曜から仕事休んで3連戦はまだハードルが高く及ばなかったが、土日どちらかにもう選べない域に達してきたので。しかし今年はAKBチーム8など初日しか出演しないアイドルが結構多く、金曜から来いよ!と言われている気がして早くも来年は3連戦も検討かと。


年々開催時期の気温は上昇中で、今年も天候が良過ぎて連日猛暑日で倒れる人続出。そんな、熱中症対策は万全で臨んだ2日間をご紹介。


2日目にあたる8/3(土)の鑑賞ラインナップはこちら。


NGT48(SMILE GARDEN)
STU48<青い向日葵、瀬戸7>(SMILE GARDEN)
フィロソフィーのダンス・特典会(GREETING AREA)
マジカル・パンチライン(SMILE GARDEN)
でんぱ組虹コンJr.メンバーオーディションステージ(SMILE GARDEN)
東京宣伝部<東京女子流xときめき宣伝部>(SMILE GARDEN)
BNK48(SMILE GARDEN)
愛乙女☆DOLL(SMILE GARDEN)
転校少女(SMILE GARDEN)
sora tob sakana(SMILE GARDEN)
アップアップガールズ(仮)(HOT STAGE)
フィロソフィーのダンス(HOT STAGE)
kolme(DREAM STAGE)
WHY@DOLL(DREAM STAGE)
IDOL SUMMER JAMBOREE ACOUSTIC(SMILE GARDEN)
日向坂46(SMILE GARDEN)


朝9時から夜8時まで滞在で、SMILE GARDENのトップからトリまで鑑賞に特典会まで参加は今年初めて。ほぼSMILEにいたので案の定日焼けしまくり汗だくりまくり。でも凍らせた、いろはす2リットルペットボトルのおかげで乗り切りました。これだけ暑いと水分は求めるけど食欲に行き届かなく結果何も食べずに一日過ごしたのは自分でもびっくり(帰宅してからちゃんと食べました)。以下、トピックを。



NGT48@SMILE GARDEN 9:10-

開催3日前に急遽出演が決まったNGT。今年初めの騒動から半年以上経つが、これが再出発となる初ライブで研究生含めた34人全員登場。イレギュラーの朝9時出演ながら数千人は集まっており、何より報道陣の数が凄かった。冒頭に荻野由佳が謝罪を含めた挨拶を行い、後は全員パフォーマンスで5曲披露。高倉萌香センター「Maxとき315号」から始まり、中井りか、本間日陽、荻野由佳のセンター曲の間に、研究生楽曲「今日は負けでもいい」もあり研究生の何人かは涙ながらにパフォーマンス。研究生に降格してしまった元チームNキャプテン加藤美南は序列が下がっていたので全然見つけることができなかったが、この研究生楽曲でようやく前列に登場。髪色を黒に戻し見た目は初期の応援していた頃のルックスには戻っていたが一度印象付けられたイメージはなかなか取り戻せないので今後どうなるか?


セットリスト:
1.Maxとき315号
2.青春時計
3.春はどこから来るのか?
4.今日は負けでもいい
5.世界はどこまで青空なのか?


STU48(青い向日葵、瀬戸7)@SMILE GARDEN 10:00-

ラジオ体操を挟んで、本来のSMILEトップバッターであるSTU48の課外活動ユニットである「青い向日葵」登場。メンバーは、今村美月(g),兵頭葵(b),榊美優(drs),福田朱里(key),瀧野由美子(sax)によるバンド編成。青いT-シャツに白のホットパンツ姿が爽やかで良い感じ。演奏は発展途上ではあるが、STU楽曲中心に3曲披露。続く「瀬戸7」は、甲斐心愛,瀧野由美子,藤原あずさ,三島遥香,森下舞羽,信濃宙花といったメンバーで瀧野ゆみりんは「青い向日葵」と掛け持ちなので急いで着替えて再登場。ここでは勢いある48グループ楽曲を披露し、NMB48「北川謙二」をもじった「山本学」など若さ溢れるパフォーマンス。最後はユニット楽曲「一杯の水」でシメ。それにしても、デビュー当初はksgkと思っていた甲斐心愛が15歳になって可愛らしいアイドルになってきたなと。


セットリスト:
1.GIVE ME FIVE!(青い向日葵)
2.夢力(青い向日葵)
3.ペダルと車輪と来た道と(青い向日葵)
4.転がる石になれ(瀬戸7)
5.しぇからしか(瀬戸7)
6.山本学(瀬戸7)
7.一杯の水(瀬戸7)

 

転校少女@SMILE GARDEN 14:30-

 
More_large

今年年頭のNPPで初観戦して以来2度目で、最初見たときは黒衣装でシックな印象であったが、今回は夏野外ということで全員露出度高めの明るい出で立ちでアイドルらしくて良かった。楽曲も盛り上がり系中心で個々の印象も良し。


セットリスト:
1.Girl*s Time
2.じゃじゃ馬と呼ばないで
3.ときめけ☆アフタースクール!
4.WONDER WAVE!

 

sora tob sakana@SMILE GARDEN 14:50-

Unitsakana
3人体制になってから初のオサカナ。今までは白のフワっとした衣装ばかり見てきたが紫のシックな衣装でちょっと大人な雰囲気になった感じ。難解楽曲を次々と歌いこなし淡々とライブを進める感じは変わらず、間に客を煽るところで可愛らしさを出してくるところが憎い。

セットリスト:
1.夏の扉
2.Summer plan
3.ささやかな祝祭
4.クラウチングスタート

 

フィロソフィーのダンス@HOT STAGE 16:30-

Unitphilosophy
この日フィロのスとは、11:30~の特典会で既にご対面。通常はライブ後の特典会でライブの感想を言ったりするものだがこの日は先に特典会というスケジュール。結果個人的スケジュールのいい具合の時間となり参戦。いつもの特典会に比べ人数少な目だったので、新衣装でデコルテ綺麗なおとはすと、腹筋美人あんぬとチェキ。露出度高めな新衣装でチェキ取れて満足。ちなみに10:30くらいにタワーレコード物販でDVD購入したのだが人も少なくすんなり購入でき、おまけにタオル付の袋に入れてくれて良かった。しかしこの後、チェキ券が一旦枯れる事態になったらしく購入タイミングも良かったのだなと。


そして夕方に満を持してHOTSTAGEへ。Zeppは去年長時間待機の入場規制が続いたが、今年はSMILEなどにうまく分散されたか、このときは即入場できた。が、会場内入ると人がパンパンで場所取りが難しかったが2組くらい続く間に徐々に前方移動しほぼ最前エリア付近で鑑賞。思ったよりフィロのスで更に人が増え前に行き過ぎて若干観辛くなってしまったが、盛り上がり感は半端ない。"踊るしかない"セットで攻めてきたフィロのスは怒涛のダンスナンバー6曲続けて、最後にハルちゃん渾身のバラード「ジャスト・メモリーズ」持ってくるとかアイドルの域を超えすぎ。ハルちゃん自身も過去一で歌い上げたというこのステージは圧巻だった。


セットリスト:
1.ダンス・ファウンダー
2.イッツ・マイ・ターン
3.バイタル・テンプテーション
4.エポケーチャンス
5.ダンス・オア・ダンス
6.ライブ・ライフ
7.ジャスト・メモリーズ

 

WHY@DOLL@DREAM STAGE 17:40-

Unitwhydoll
今年11月に活動休止を発表したホワドル。昨年のTIFで個人的に発見できてまた観たいなと思わせてくれた矢先であったがこれがTIF最後のステージということで急いでフジテレビ1F前のステージへ移動。名曲「恋なのかな?」でコール&レスポンスして感慨深く見届けた。

セットリスト:
1.Tokyo Dancing
2.Magic Motion No.5
3.It's all right!!
4.恋なのかな?
5.ケ・セラ・セラ

 

日向坂46@SMILE GARDEN 19:20-

Unithinata
陽が沈んでいい感じの暗さになった頃、SMILEGARDENには多くの観客がまだ集まっていた。単独でアリーナを埋めてしまう人気の日向坂46がSMILEGARDENのトリということで無銭エリアを含めたら1万近くは人がいたかもしれない。今年は巨大モニターも設置されハコの外からも観れるので更に観客は集まっていたようだ。メンバー登場で割れんばかりの大歓声で最新曲から披露。センター小坂菜緒が指揮者となって始まる「ドレミ」はフルヴァージョンでは初めて観るので高揚感溢れる良曲と認識。更に「キツネ」はカップリング曲ながら誰もが口ずさめるノリ良い曲調に大盛り上がり。やはり日向坂はアイドル感溢れる良いグループだなと。


セットリスト:
1.ドレミソラシド
2.キツネ
3.JOYFUL LOVE
4.キュン
5. NO WAR in the future

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »