« LIVE鑑賞~林 哲司 SONG FILE vol.03@モーション・ブルー・ヨコハマ | トップページ | イベント報告~脇田もなり「RIGHT HERE」リリースイベント@HMVエソラ池袋 »

2019年7月29日 (月)

LIVE鑑賞~Negicco「世田谷コンサート 第2幕」

Negicco「世田谷コンサート 第2幕」』2019/7/28(日)@世田谷区民会館


201904182100_28647

Negicco_art201806_fixw_640_hq

2019年個人的Negiccoワンマンライブ初観戦は、既に梅雨明け間近の7月終わりという時期に行われた世田谷コンサート第2幕であった。昨年にここ世田谷区民会館という、かなり渋い会場での開催となった第一幕。これまた個人的都合でそのライブには行けなかったのであるが、今回再び開催するということで、バンドセットということもあってこれは行こうと。


初めて訪れる世田谷区民会館は、自宅から何回か電車を乗り継ぎ、人生で初めて乗る世田谷線に揺られて数駅過ぎて松陰神社前から徒歩5分ほどの場所。この世田谷線が住宅街を通る路面電車でその風情はバスを乗ってるかのような人の乗り降りで久々の庶民感覚。着いた会場も年式を経た建物で、ここが東京都世田谷区の区政の中心地なのか?といった風情の場所。でも、Negiccoがこの場所でライブを行うことに何か共感できるものを感じる。


中に入ってもその格式ある建物風情が良い感じ。ホール内も座席サイズは旧式で小さいがホールとしては1000人近くは入るのか、ちょうど良いサイズ感。今回の座席は前から20列目くらいだが段差もあり普通にステージが観やすい位置。多少辺鄙でこじんまりしてても座席のあるホールでライブをやってくれるNegiccoには年配客には感謝だね。割とステイタスあってもZEPPやPITだと立ち見で終始きつかったり観づらかったりするからね。


17時で開演となり、バンドメンバーに続いてNegiccoの3人登場。3人手を合わせてスタートした楽曲は初耳な曲。しかし、耳馴染あるアレンジですぐノレる雰囲気になりフリも合わせられる感じ。ところが、いきなりマイクトラブルでNao☆ちゃんのマイクの音がでなくなり即座の対応でぽんちゃマイクを使い回し曲を続ける。メンバーも観客もトラブルからの瞬時な対応を受け入れ一旦はオープニング曲はうまく終えたと認識。即、Nao☆ちゃんが袖に消えてしばらく居ない間に、ぽんちゃとかえぽが場をつなぐMC。デビュー17年目になったNegiccoとしては幾多のトラブルを経験して、今回も当たり前のようにまたネタになったくらいの流れであったが、後のMCでカミングアウトするに、Nao☆ちゃんが曲の途中でマイクを頭にぶつけてマイクが壊れてしまったとか。Nao☆ちゃんは頭が頑丈というネタに持って行ったが、おそらくな高級なマイクだったと思われ内心気が気でなかったはず。その反動かわからないがこの日のNao☆ちゃんはいつにも増してギャグ連発し、面白い人になっていたようだ。


で、話をライブに戻すとマイクを新しく変え再度1曲目の「ガッター!ガッター!ガッター!」から再スタート。初耳曲だったけど2回目にはもう馴染んでいてEW&Fテイストなアレンジもハマり更に盛り上がった感じ。続けざまに「アイドルばかり聴かないで」でノリをキープ。この流れは決まっていただろうからやり直しも頷ける。


一旦着座で落ち着いてから「矛盾、はじめました。」からの「土曜の夜は」までの大人楽曲が素晴らしかった。さらに続くコーナーでの「ノスタルジア」から始まり、「江南宵唄」がベースとギターがグイグイ来るファンクロックなアレンジに変わっていて新たな良い感じで、「愛のタワー・オブ・ラブ」は完全に別曲なアレンジでカッコ良かった。現バンドメンバーも固定しつつあり、良い方向でNegicco楽曲を色々な味付けに入っている感じで、全般的にイントロだけではすぐどの曲かわからないくらい大胆な攻めをしてきたなと。


最終パートも「あなたとPop with You!」から始まり、ノリが高まって来て「キミはドリーム」からの「さよならMusic」からの最後「圧倒的なスタイル」でラインダンスでシメ。この日は気持ちも乗って久々に綺麗なラインダンスが出来たと思っている。



アンコールではいろいろ告知もあり、既報の9月発売シングルやNEGiFES開催の話の後に、初出しシングル発売全国ツアー発表に大盛り上がり。10月の宮城に始まり11月シメは東京の江戸川区総合文化センター。トピックは、11/5に伝統ある京都・磔磔でライブを行うことにビックリであるが、それ以上にNegiccoライブの前日の祝日に熊さんバンドが先に磔磔でライブやることも決まっていること。よっぽど磔磔でライブやりたかったんだろうね。


そしてアンコール楽曲は、久々に聴く「愛は光」。個人的には「雫の輪」がシメ楽曲の最高傑作と思っていたが、改めて「愛は光」を聴いて3人のハーモニーが一段と美しく響いていて、今回はこちらに軍配。続いて9月シングルからconnie楽曲を早くもバンド演奏で披露。そしてここでシメではなく、最後はとっておきの盛り上がり楽曲で「バーディア」でシメて2時間強のライブ終了。


前週に16周年を迎えた新潟・佐渡で周年ライブを行い、すぐ一週間後に世田谷でのライブとはどのような展開なのか?と予想だにしなかったが、世田谷テイスト(?)な楽曲、アレンジを揃えつつ最後はネギらしさ一杯で終わる良質なライブであった。来年もまた世田谷第3幕よろしくお願いいたします。

 

出演:Negicco
バンドメンバー:
sugarbeans(Key)
末永華子(Key)
設楽博臣(G)
千ヶ崎学(B / KIRINJI)
岡本啓佑(Dr/黒猫チェルシー)

セットリスト:

01.ガッター!ガッター!ガッター!
02.アイドルばかり聴かないで
03.パーティーについて。

04.矛盾、はじめました。
05.カナールの窓辺
06.くちびるにメロディ
07.土曜の夜は

08.ノスタルジア
09.江南宵唄
10.愛のタワー・オブ・ラブ
11.Summer Breeze

12.あなたとPop with You!
13.Tell me why?
14.キミはドリーム
15.さよならMusic
16.圧倒的なスタイル

EN1.愛は光
EN2.ユメドリーマー
EN3.15
EN4.ねぇバーディア





|

« LIVE鑑賞~林 哲司 SONG FILE vol.03@モーション・ブルー・ヨコハマ | トップページ | イベント報告~脇田もなり「RIGHT HERE」リリースイベント@HMVエソラ池袋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LIVE鑑賞~林 哲司 SONG FILE vol.03@モーション・ブルー・ヨコハマ | トップページ | イベント報告~脇田もなり「RIGHT HERE」リリースイベント@HMVエソラ池袋 »