« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日 (日)

LIVE鑑賞~角松敏生 Performance 2019“Tokyo Boys & Girls”@中野サンプラザ

角松敏生 TOSHIKI KADOMATSU Performance 2019“Tokyo Boys & Girls”』2019/6/29(土)@中野サンプラザ


Header

今年4月に久々のオリジナル・ミニアルバム『東京少年少女』発売。ここ数年リメイク作品は毎年出していた角松敏生であるが、純粋なオリジナル作品は2014年『THE MOMENT』以来となる。そしてそのアルバムを引っ提げてのツアーが5月から1か月半13か所14公演行われることとなり、その千秋楽の中野サンプラザを鑑賞。


昨年末のビッグバンド編成ライブはバックメンバーがいろいろ変わっていたが、今回のメンバーは近年の鉄壁な布陣でDrums:山本真央樹、Bass:山内薫、Guitar:鈴木英俊、Keyboards:森俊之。そこにSax:本田雅人が率いる若手選抜ホーンセクションが加わる。そしてコーラスは角松ファンならみんな大好き吉沢梨絵に、今回のアルバムで重要なポジションを務めた小此木まりの2人が角松の両脇に立つ。通常コーラスは後方であまり目立たない位置のポジションが通例であるが、今回は魅せるコーラスを意識したようで遠目で観てもお二人の黒の衣装がスタイルの良さを際立たせ美しく映えていた。


冒頭はいきなり懐かしのナンバーから入りベテランファンの心を早くも掴む。「I Can't Stop The Night」あたりは原曲を更にブラッシュアップさせたアレンジになってカッコ良かった。「ALL OF YOU」や後半に披露する「サヨナラはくちぐせ」とか『The gentle sex』からの楽曲でライブであまりやらなかったと思われるが改めてこの辺も良い楽曲だなと。山内さんのベースが青木さんのベースを思い出させるし。


続いてのメンバー紹介がカッコ良く、森さんのエレピから順に曲を奏でていき「RYOKO!!」の演奏に仕上がっていく流れが素晴らしかった。そしてコーラスの2人(人妻コーラス)もしっかりとフューチャーされ、角松が大好きだというディズニー映画で多くの吹替歌唱を行った実績のある小此木まりが「搭の上のラプンツェル」楽曲を披露し、角松思い出作りが実現。吉沢梨絵は名曲「Never Gonna Miss You」を角松とデュエット歌唱。それにしても、吉沢さんはここ最近はミュージカル女優として実績を積み重ねていっただけあって、今回のライブではその声量がハンパなく凄かった。やはりミュージカルを経験すると歌の迫力が違うよね。


あと、そのデュエットの前にMCで角松が夜酒飲みながら聴きたくなる音楽はロックやディスコの件で、「ハッスル」からの「宇宙のファンタジー」の話になり突然森さんがイントロを弾き始めたらバックにホーンセクションも集まり「ファンタジー」演奏。「歌えねーよ」と言いながら出だし歌い始める角松に会場大歓声。1コーラスで終わってしまったがこの演奏はもっと聴きたかったわ!


いよいよ中盤は『東京少年少女』冒頭5曲の再現ライブ。ここでは東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校の生徒が出演し角松バンドの演奏をバックにダンスを披露。ここではミュージカルのようなセリフはなく楽曲の世界観を躍りで表現するスタイル。楽曲の盛り上がりも後半になって最高潮になり会場スタンディングオベーションとなる。この後発表されて、『東京少年少女』舞台化が正式に決定し来年2月に公演されるとのこと。角松は音楽監督として参加で出演者など詳細はこれから決定していくようだ。


後半はこのテンションのまま往年の名曲が続く。「Tokyo Tower」でノリよくなってきたところで「Space Scraper」。これは2枚目『WEEKEND FLY TO THE SUN』収録のファンキーなナンバーで近年ライブで観た記憶はない。鈴木さんの小気味良いカッティングで山内さんのスラップもビンビンくるし、まだまだこういう名曲がいっぱい埋もれているなと感じた次第。


アンコールでは再びダンス生徒含め全員登場で「WAになって~」からの「スカイハイ」で大団円。紙ヒコーキの量もサイズも半端なかったなー。真央樹ドラムソロも進化して、左手に自撮り棒持ち右手両足でドラムを鳴らし、最後は口にまでモノ咥えさせられ全身でのパフォーマンスは圧巻。来るところまできた感じ。


最後のモアアンコールは、最新アルバム収録の「It's So Far Away」を小此木まりとしっとりと歌い上げて3時間強のライブ終了。最後のMCで角松は「次回オリジナル・アルバムを最後のアルバムにする。今回ミニアルバムにしたのはまだその段階でないということでミニアルバムという形をとった。そして仕事に定年があるように、あと5年は音楽活動を頑張ると区切りをつける」旨を語った。来年に還暦を迎え、2021年にデビュー40周年という一つの区切りを控えいろいろな気持ちでリミットを設けてそこまでは突っ走ろうという気負いができたのだろうか。とにかくお互い元気なうちはまだまだ素晴らしい音楽を聴かせて、見させてほしいものである。


41tbpzc9kbl_sx450_ 

Vocal,Guitar,Perc:角松敏生
Drums:山本真央樹
Bass:山内薫
Guitar:鈴木英俊
Keyboards:森俊之
Chorus:吉沢梨絵,小此木まり
Saxphone:本田雅人,高尾あゆ
Trumpet:金津理仁,三上貴大
Trombone:三原万里子


セットリスト:

01.LOST MY HEART IN THE DARK
02.I Can't Stop The Night
03.ALL OF YOU
04.RYOKO!!
05.自由への扉 ※塔の上のラブンツェルより(小此木まり)
06.Secret Lover
07.夜の蝉
08.Never Gonna Miss You(with 吉沢梨絵)

09.to be or not to be
10.まだ遅くないよね(with 吉沢梨絵)
11.大人の定義
12.恋ワズライ
13.東京少年少女

14.Tokyo Tower
15.Space Scraper
16.サヨナラはくちぐせ
17.Girl In The Box~22時までの君は・・・

EN1.ILE AIYE ~WAになっておどろう~
EN2.TAKE YOU TO THE SKY HIGH

EN3.It's So Far Away(with 小此木まり)




| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

LIVE鑑賞~Up and Coming 脇田もなり×シンリズム2019@六本木VARIT

『Up and Coming 脇田もなり×シンリズム2019/6/22(土)@六本木VARIT


Df092933d808123e6f35b58779c0ddbf_29cf170

3月のモーション・ブルー・ヨコハマ以来のバンドセットによるもなりライブは、若手期待のシンガーソングライターであるシンリズムとのツーマンライブ。シンリズムは、中島愛「知らない気持ち」の楽曲提供という認識しかなかったのだが、いろいろ調べるうちに20代前半ながら様々な楽器も演奏でき才能溢れる注目のミュージシャンと認識。この日のライブを観て、もなりちゃんとの親和性もバッチリで良いツーマンライブであった。


いまだ馴染まない六本木のちょいはずれにあるライブハウスVARITは何度かもなりライブで訪れた場所でこじんまりしたライブハウス。ステージが低いので後方になると観ずらいが今回整理番号が若かったので端ながら最前確保できたのがこの日のライブをより楽しめた要因でもあり。開演まで30分以上待機となるが、毎度のソウルフルでゴキゲンなBGMがその待ち時間も楽しませてくれる。


18:45頃にシンリズム登場。初めて観るライブになるが、洗練されたサウンドが心地よくすぐ馴染んだ感じ。MCでも終始「サイリウム」ネタで観客の笑いをとり、見た目大人しそうに見えたがさすが関西人といった感じか。シンリズムのご希望に沿って落ちサビでサイリウムを振り周りケチャで盛り上げる瞬時なモナラー対応にシンリズムさんゴキゲンでしたな。観客もさすがです。


続いて19:50頃にもなりバンド登場。今日のもなりちゃんは、シックなドット柄のワンピースに伸びた髪を後ろでまとめて爽やかな様相。冒頭3曲で早くも観客の心を掴みテンションが上がる。最初のMCで、今日は雨降ってたし集客が心配だったけど満員状態の会場を観て一安心。自称・雨女というもなりちゃんだが、逆に会場着いた頃には雨あがってたしむしろ晴れ女でしょう。雨降って地固まるって言うしね。


次のブロックではバンドセット初披露となる新曲があり、「ハイウェイ」はくるりのカバーでゆったりと聴ける心地よいナンバー。「FRIEND IN NEED」は越智ベースがうねるファンキーな楽曲で即個人的お気に入り認定。もなりちゃん曰く、過去2作を超えた最高傑作の3RDアルバムが出来ましたというので7/31発売アルバムが楽しみで仕方ない。


早くも終盤ブロックとなり本編ラストは「WINGSCAPE」で観客大合唱でシメ。アンコールで登場したもなりちゃんよりいくつか告知あり。「PEPPERMINT RAINBOW」新MIXが6/26配信リリース。2NDアルバム『AHEAD』がハイレゾ配信。7/10発売シングルリリースイベント決定。そしてアルバムを引っ提げた全国ツアーが8月から開始で千秋楽の9/23渋谷クラブクアトロではバンドセット+αなメンバーで特別なライブとなるようだ。しかし、バンドセットライブがこの9月まで観れないとはー。


そしてアンコールで再びシンリズム登場し「Cloudless Night」を共演。これがまたカッコよく観客大盛り上がり。最後はコールしまくりの「IN THE CITY」で終演。今回もあっという間に感じる充実したライブでした。


次回は7月のリリイベ、ハイボールアワーでまた会いましょう!

D78cq6ruyaa2he


Live:
脇田もなり(Vo)
ラブアンリミテッドしまだん(G)
越智俊介(B)
KAYO-CHAAAN(Key)
山下賢(Dr)

Guest Live
シンリズム:
新 理澄(G, Vo)
今野颯平(B)
長良祐一(Dr)
眞﨑康尚(Key)

セットリスト:

01.Callin' You
02.IRONY
03.赤いスカート

04.EST! EST! EST!
05.ハイウェイ
06.青の夢
07.FRIEND IN NEED

08.PEPPERMINT RAINBOW
09.Dear
10.WINGSCAPE

EN1.Cloudless Night feat.シンリズム
EN2.IN THE CITY



| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

LIVE鑑賞~マクロス クロスオーバーライブ 2019@幕張メッセ

『SANKYO presents MACROSS CROSSOVER LIVE 2019 at 幕張メッセ』2019/6/2(日)@幕張メッセ LIVE VIEWING


Main_live04



2013年以来のマクロスクロスオーバーライブ開催発表が昨年早々にあり、先行販売でチケット確保して待ち望むつもりがことごとく抽選外れ、途方に暮れそうなところに最終日のライブビューイング決定の知らせで蘇り、なんとか最終日鑑賞を映画館で見届けることとなった。


2009年、2013年のクロスオーバーライブは今思えば運良く取れたのかもしれないが、明らかなのは最新作「マクロスデルタ」人気もありファンが増大しているのは間違いない。なんでも会場の収容人数が14000人ということで、これは横浜アリーナクラスに相当するがこれでは収まり切らないだろう。次回やるとしたら、最低さいたまスーパーアリーナスタジアムモードかドーム規模でしょう。


今回ライブビューイングで良いと思ったのは、日曜日で遠い幕張メッセで帰りも遅くなって翌日大変になるところ、自宅から近い映画館で良質なシートに座りながら大画面で鑑賞できたところ。とはいえ、ライブの臨場感は現場でないと味わえないし2日あったから土曜日は現地で日曜日は映画館で観たら完璧だったかな。


17時過ぎていよいよライブ開始。最初にスクリーンに映し出されたのはライブのための戦闘機の迫力あるオープニング映像。そしてステージに登場したのは、飯島真理福山芳樹。10年前の超時空アンセム「息をしてる 感じている」をアコースティックセットで披露。続いて「超時空要塞マクロス」第一話オープニング映像が流れ、再び飯島真理登場。リン・ミンメイ珠玉の楽曲をメドレーで次々と披露。そして人気楽曲「天使の絵の具」。この曲を生バンドで観れるのは嬉しい。最後は、マクロスシリーズ人気投票1位の「愛・おぼえていますか」。作詞:安井かずみ、作曲:加藤和彦で2人ともこの世にいないのであるが2人に敬意を表し感極まりながらしっかりと歌い上げた。しかし、50歳過ぎてなおスタイルをキープされていて綺麗なおみ足を惜しげもなく披露していた姿に感服。


次は「マクロス7」の映像が流れFire Bomberの登場。まずは福山芳樹がセンターステージまで行き「突撃ラブハート」を熱唱。続いてチエ・カジウラを呼び込み「ヴァージンストーリー」。このまま畳みかけると思いきや各自ソロ楽曲でしっとりした展開に。最後は再びFire Bomber楽曲で締めたが、いつもの畳みかけるロックサウンドも観たかったなー。


そしてスクリーンにイシュタルが映し出され、黒い衣装を纏った笠原弘子がスペシャル・ゲストで登場。「超時空要塞マクロスII-LOVERS AGAIN-」で流れた「もういちど Love You」をしっとりと歌い上げた。


ここで約2時間経ち20分の休憩。その間にもいろいろな映像が流れて待っている観客を楽しませてくれる。そして後半戦開始で流れたのは「マクロスF」。まずはMay'n登場で「Welcome To My FanClub's Night!」からの「射手座☆午後九時Don't be late」で一気にもってけー!なテンションに。スクリーンにはバルキリー飛行映像もありまさにアニメの世界ともクロスオーバー。


続いて中島愛の登場で鉄板の「星間飛行」でキラッキラッしまくり。そして「What 'bout my star? @Formo」で早くもランカとシェリルの共演。過去のライブでは各自ソロパートで構成されることが多かったが、今回のコンセプトとして2人が共演できる曲をいっぱい歌いたいということでライブ初披露となる「Good job!」を共演。


そして「劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ」の名シーンが映し出される。うおー、ちょうど直前にこのランカ告白シーンを自宅で観たばかりで感情が高ぶるわ。この後の「放課後オーバーフロウ」からの「娘々FINAL ATTACK フロンティアグレイテスト☆ヒッツ!」からの「サヨナラノツバサ」を映画の映像とともに観るライブは激ヤバかった。特に演奏高難度の「サヨナラノツバサ」は迫力ありまくりでここが今回のライブのピークであったのは間違いない。今年2月開催の「犬フェス」で久々の共演だったMay'nと中島愛は改めて2人で一緒に歌うことの喜びを噛みしめていたように思われ、今回は更に2人のパワーが最高潮になったライブであった。MCでまめぐが「マクロスF単独ライブできたらいいな」と仰ってまして、かつて超時空スーパーライブを日本武道館で行ったこともあったが「サヨナラノツバサ」までを包括したライブはやってないなと。今回出演してなく「犬フェス」も急遽インフルで出演できなかった菅野よう子リベンジとしてマクロスF集大成ライブ、やってもいいんでない?


続いてすぐにワルキューレのオープニング映像が流れ、5人登場で「恋! ハレイション THE WAR」と昨年行われたワルキューレ3rdライブを思い出す展開。ここからは5人のハーモニーを存分に堪能できる楽曲の連発。特に「絶対零度θノヴァティック」のスリリングな演奏に絶妙な5声が絡み毎回鳥肌もの。原曲は打ち込みながらこれを生演奏で披露する超絶バンドメンバーも凄い。中盤サプライズ発表で劇場版新作タイトルが「劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!」に決定。これに、!が6つあるのは何故?ということで、メンバーの目の前にいた河森正治監督に聞くが「観てのお楽しみ!」だって。クロスオーバーライブは初出演ながら、作品順ということもありワルキューレが実質トリであったが、人気も実力も申し分ないレベルで相応しい内容であった。ただ、ワルキューレ単独ライブを観てしまうと、他にも観たい曲いっぱいあるのにと若干物足りなさを感じてしまう。人気の高い「AXIA」とか「涙目」とかは流れ的にカットになちゃうんですよね。


ルンピカでシメて本編終了かと思いきや、登場したのはなんと坂本真綾!颯爽と「トライアングラー」を歌い、何も語らず去って行ってしまったが、会場が一瞬で最高潮に盛り上がり気持ちを持って行かれたのはさすがマーヤ様。


アンコールは、コラボが2曲続き早瀬未沙役であった土井美加のナレーションでこの日の出演者の名前を読み上げる。最後にちょっと間をおいて「リン・ミンメイ」の名前を呼んだ時、込み上げるものがあった。そしてセンターから飯島真理が登場し、「今日がマクロス楽曲を書いてくださった羽田健太郎さんの13回目の命日です」ということで「ランナー」出演者が一人ずつ登場して歌い上げる。スクリーンにはTV版マクロスのエンディングを思い出すフォトアルバムをめくる映像が流れる。そして最後にはハネケンさんの笑顔の写真が。「超時空要塞マクロス」に関わった多くの方が既にこの世にいなくなってしまっていて、一条輝役の長谷有洋、主題歌を歌った藤原誠などなど思い出されしみじみとエンディングを迎えた。最後は全員センターステージまで来て観客と長い時間コンタクトとって幸せな時間は4時間半に渡り終了。


過去2回のクロスオーバーライブと比べ、今回は時系列でアーティスト登場しアニメ映像も存分にリンクさせてマクロスの世界観を改めて実感。そしてバンド演奏を一貫することで転換の時間を短縮し途切れることなく4時間半もありながらあっという間に過ぎていった疾走感が素晴らしかった。何よりワルキューレ単独ライブ以降、西脇辰弥率いる超絶バンドメンバーが鉄壁で素晴らしかった。



バンドメンバー:佐野康夫(DRUMS),BOH棒手大輔(BASS),外園一馬(GUITAR),西脇辰弥(KEYBORDS)


セットリスト:

<超時空アンセム2009>

01.息をしてる 感じている(飯島真理,福山芳樹)

<超時空要塞マクロス~飯島真理(リン・ミンメイ)>

02.メドレー:私の彼はパイロット~0-G LOVE~SUNSET BEACH(飯島真理)
03.天使の絵の具(飯島真理)
04.愛・おぼえていますか(飯島真理)

<マクロス7~福山芳樹(熱気バサラ),Chie Kajiura(ミレーヌ・ジーナス)>

05.突撃ラブハート(福山芳樹)
06.ヴァージンストーリー(Fire Bomber)
07.REMEMBER 16(福山芳樹)

08.LOVE SONG(チエ・カジウラ)
09.君に届け(チエ・カジウラ)
10.PILLOW DREAM(チエ・カジウラ)

11.ANGEL VOICE(福山芳樹)
12.MY FRIENDS(Fire Bomber)
13.PLANET DANCE(Fire Bomber)

<超時空要塞マクロスII~笠原弘子(イシュタル)>

14.もういちど Love You(笠原弘子)


<マクロスF~May'n(シェリル・ノーム)、中島愛(ランカ・リー)>

15.Welcome To My FanClub's Night!(May'n)
16.射手座☆午後九時Don't be late(May'n)
17.星間飛行(中島愛)
18.What 'bout my star? @Formo(May'n,中島愛)
19.Good job!(May'n,中島愛)
20.放課後オーバーフロウ(中島愛)
21.<娘々FINAL ATTACK フロンティアグレイテスト☆ヒッツ!>
  ノーザンクロス
  虹いろ・クマクマ
  ライオン
  ユニバーサル・バニー
  オベリスク
  (May'n,中島愛)
22.サヨナラノツバサ~the end of triangle(May'n,中島愛)
23.Get it on~光速クライmax(May'n,中島愛)


<マクロスΔ~戦術音楽ユニット”ワルキューレ” are 美雲ΔJUNNA、フレイアΔ鈴木みのり、カナメΔ安野希世乃、レイナΔ東山奈央、マキナΔ西田望見>

24.恋! ハレイション THE WAR(ワルキューレ)
25.一度だけの恋なら(ワルキューレ)
26.絶対零度θノヴァティック(ワルキューレ)
27.破滅の純情(ワルキューレ)
28.ワルキューレは裏切らない(ワルキューレ)
29.ワルキューレがとまらない(ワルキューレ)
30.ルンがピカッと光ったら(ワルキューレ)


31.トライアングラー(坂本真綾)


EN1.アイモ~鳥のひと(チエ・カジウラ,中島愛)
EN2.いけないボーダーライン(May'n,ワルキューレ)
EN3.ランナー(ALL CAST)




| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »