« LIVE鑑賞~sora tob sakana presents 『天体の音楽会 Vol.2』@Zepp Tokyo | トップページ | イベント報告~欅坂46 8thシングル全国握手会@幕張メッセ »

2019年3月 7日 (木)

LIVE鑑賞~日向坂46 デビューカウントダウンライブ@横浜アリーナ

日向坂46 デビューカウントダウンライブ!!』2019/3/6(水)@横浜アリーナ


Hinatazaka46_art201903_fixw_640_hq

2月に諸々の発表が行われ、けやき坂46改め日向坂46が3月にデビュー・シングル発売。そしてのデビューカウントダウンとけやき坂46としてのラストライブを行う横浜アリーナ2DAYSライブが行われる慌ただしい展開となり、平日開催ながらもチケット入手も困難であったがなんとか2日目に参戦。会場はメインステージからアリーナに沿って外周がありセンターには後方に繋がる花道あり。


前半は、けやき坂46の今までの足跡を辿る映像とともに曲ごとに衣装を着替えて披露。今では欅坂46に籍を置く長濱ねるがきっかけで生まれたこのグループ。当初は欅坂46のアンダー扱いというか、主たる活動がなかなかない状況で苦悩の日々が伝わってくる映像もあり、楽曲の背景が思い出されて感慨深い。


通常ライブ後半で披露する「誰跳べ」も時系列に沿って2曲目で登場し、早くも盛り上がりピークが来た!「永遠の白線」では会場が白のペンライトで輝き、やっぱりひらがな楽曲はええわ。


2期生登場の場面では、当時のお披露目の衣装で一人一人がダンス披露で登場。この感じ良かったなーとまた感慨深くなり、披露したのは乃木坂の「おいでシャンプー」。当時は初々しいと思って観てたが、みんなすっかりアイドルらしくなって良い感じ。その後の「半分の記憶」もすっかりセンター定着した小坂菜緒が堂々としたパフォーマンスで素晴らしかった。


「期待していない自分」では曲の後半でセンター佐々木美玲が花道を全力疾走で駆け抜け見事曲にハマるタイミングでみんなのところに戻る場面は鳥肌もの。


そして、ひらがなでのラスト楽曲「ハッピーオーラ」で、1人3期生として加入した上村ひなのが途中から参加。最後の大物感があって、まさにこれから日向坂46として輝いていく流れが良かった。


2度目のOvertureは日向坂バージョンに一新され新たな衣装でメンバー登場。デビュー曲「キュン」を初披露ながら事前のコールをファンが身に付けており最初から盛り上がる。その後はシングル収録の新曲を次々と披露。「JOYFUL LOVE」では会場のブロックごとにペンライトを色分けし虹色を再現し美しい画となった。


本編最後は、このライブのために書き下ろしたという「日向坂」をメンバーがアリーナ外周を回り披露。みんな良い表情してたなー。


アンコールでは、初期センターの柿崎芽実、現センターの小坂菜緒が熱い想いを語り、いろいろな思いで涙する場面も。2度目の「キュン」は会場も耳慣れて一層盛り上がり、「NO WAR in the future」「約束の卵」でライブを締めた。特に「約束の卵」は東京ドームを目指す歌でメンバーの想いが詰まっている歌詞が染みる。いつの日かその時が来ることを信じて楽しみにしておりますよ。


Hinatazaka46_jkt201903_lima_fixw_64



セットリスト
00.Overture
01.ひらがなけやき

02.誰よりも高く跳べ!
03.僕たちは付き合っている

04.永遠の白線
05.それでも歩いてる
06.おいでシャンプー
07.イマニミテイロ
08.ひらがなで恋したい
09.半分の記憶
10.期待していない自分
11.ハッピーオーラ

12.キュン

13.ときめき草
14.耳に落ちる涙
15.沈黙が愛なら
16.Footsteps

17.君に話しておきたいこと
18.抱きしめてやる
19.JOYFUL LOVE

20.日向坂

EN1.キュン
EN2.NO WAR in the future
EN3.約束の卵

|

« LIVE鑑賞~sora tob sakana presents 『天体の音楽会 Vol.2』@Zepp Tokyo | トップページ | イベント報告~欅坂46 8thシングル全国握手会@幕張メッセ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LIVE鑑賞~sora tob sakana presents 『天体の音楽会 Vol.2』@Zepp Tokyo | トップページ | イベント報告~欅坂46 8thシングル全国握手会@幕張メッセ »