« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月28日 (日)

イベント報告~脇田もなりのハロウィンハイボールアワー@VIVID SOUND STUDIO

『Me, Myself and I 脇田もなりのハロウィーン・ハイボールアワー』2018/10/28(日)@VIVID SOUND STUDIO


Ed9afcf8ef17197d59d53eb0514d1211_a3


やって来ました、もなりちゃん神イベントハイボールアワーのハロウィン版。昨年のハロウィンはイベントが重なっていたかで不参加だったが、今年は抽選にも当たり参戦。しかし、ハロウィンイベントなるものは尽く避けてきたのだが、女の子のコスプレは大歓迎だが自分でやるのはちょっと・・・と思いながら目黒に向かう。


会場に入ると、気合の入った仮装の方や被り物のライトな仮装の方もあり、もちろん仮装は強制ではないので特に何もなしの方も多数見受けられた。自分も最初は何もしてなかったが、周りの雰囲気に慣れてアルコールも入ってきたところで後半から、一応用意したミッキー風カチューシャを付けて、もなりちゃんにご挨拶したら思いのほか好評(?)で一安心。やはりイベントには乗っからないと楽しさが変わってくるからね。


話を入場時に戻すと、座席をくじ引きで決めるのだが前回に続き最前列を引き当て既にテンション高まる。即、もなりママの居るハイボールを求めて整列。もなりちゃん、頭にノコギリが刺さってるシュールなコスプレでお出迎え。笑顔でノコギリをプラプラさせながら「痛そうでしょー」っていうもなりちゃんが萌えですわ。ライブが始まるまでまだ1時間近くあるので、恒例のVIVID社長お手製のフランクフルトや焼き鳥などをつまみにハイボール2杯ほど飲んでいい感じでライブを迎える。


登場したもなりちゃんは、黄色のシャツに青のスカートでゴーグルを頭に乗せたミニオンコスプレで登場。これは激キャワなやつ!ちなみに本日のDJを務めるDJ Nachuも同じくミニオンコスプレで名コンビの絆を感じた。


1部は1stアルバム楽曲から最近の定番楽曲を組み込んだNachu Mixで次々と曲を展開していく。「赤いスカート」とかちょっと久々に聴く印象だが、やっぱり良いね。会場が一体となる「Boy Friend」のハロウィンMixであっという間の1部が終了。


もなりちゃんは休む間もなく、再びハイボールを作るべくカウンターへ。50名ほどが一気に並ぶから列が会場一周するくらいになってしまう。改めてミニオンもなりもキャワいいなー。


2部では、冒頭REMIXの応酬で「I'm With You」~「Callin' You」の流れはカッコ良かった。2ndアルバム楽曲中心でドンドン曲は進み、11月シングル収録が決まった「やさしい嘘」も良い感じ。早く盤として聴きたいわ。


これまた2部があっという間に終わってしまい、アンコールでは11月シングル表題曲の発表が。「Just a "Crush for Today"」って、なんかカッコ良過ぎるタイトルでない?そしてこの曲を初披露ということで印象はPOPで可愛らしい楽曲。このシングルが11月28日発売で、リリイベは11/25~12/9まで2週間行うとか。これなら最低どこかは行けるはず。


最後はサイン&もなり手作りお菓子お渡し会で今宵も最高なイベントに参加できて良かったでした!


セットリスト:

1部

01.あのね、、、
02.EST! EST!! EST!!!
03.LED
04.IRONY

05.走る僕
06.CUTi-BiL
07.赤いスカート

08.愛のデカダンス
09.Boy Friend~Halloween Mix

2部

10.I'm With You~September Mix
11.Callin' You~Nite in the Groove Mix
12.青の夢

13.LEMON
14.Dear
15.やさしい嘘

16.GozigenLover-Joi
17.遊星からのアイラビュー oh! oh!~remix

EN.Just a "Crush for Today"

| | コメント (0)

LIVE鑑賞~フィロソフィーのダンス×SCOOBIE DOコラボライブ@東京キネマ倶楽部

フィロソフィーのダンスpresents「Singulality 2」』2018/10/27(土)@東京キネマ倶楽部


Danceforphilosophy_art201806_fixw_6


フィロのスがバンドツーマンライブの相手に選んだのは、ROCK/FUNKバンドのSCOOBIE DO。これが、アイドルと男性バンドとのツーマンでどう相乗効果を生むか?なんとなくは想定できたが、想像を上回る盛り上がりで見事なイベントとなった。


主催はフィロのスであるが、そこはSCOOBIE DOに敬意を表してか最初にフィロのス登場。ステージには楽器が設置されていたので、いつものカラオケではなく、Gt.&key.宮野弦士、Per.早藤寿美子を加えてのセットで音に厚みを増す。


そしてキネマ俱楽部ならではの、ステージ下手上段2階からメンバー登場。一人一人が螺旋階段を下りてステージに並ぶ姿はなんともカッコ良い。この日は新衣装で各メンバーカラーで個性あるスタイル。とりわけ、マリリのマリチチ強調な衣装、おとはすの限界まで脚を出したホトパンツに釘付け。


ライブは怒涛のMCなしで6曲連続パフォーマンスで、メンバーも客もテンション上がって汗だく。今回、下手最前エリアまで来てしまったのでスピーカーからの音を最大限浴びてしまい脳天まで響く勢いであったが、時折間近に来るメンバーを凝視できてそれどころではなかった。それにしても、おとはすの綺麗なおみ足をこんな近くで拝めるなんてたまらんよ。


本日の選曲は、パーカッションがあることもあって「バイタル・テンプテーション」でコンガのリズムにうねり、「ミスティック・ラバー」「ニュー・アタラクシア」といったあまりライブで披露しない通な楽曲もあり良かった。そして、本日初披露の新曲「ヒューリスティック・シティ」は、メロウでオシャレで、個人的にもお気に入り楽曲になるであろう良曲であった。


終盤はコールが盛り上がる「ライブ・ライフ」に踊りまくる「ダンス・ファウンダー」であっという間に終了。今日のメンバーは、いつもと違う会場とSCOOBIE DOとの共演でテンションがさらに上がっていた感じ。とにかくパフォーマンスに勢いを感じたライブであった。


セットリスト:

01.ライク・ア・ゾンビ
02.バイタル・テンプテーション
03.ミスティック・ラバー
04.アイム・アフター・タイム
05.VIVA運命
06.ニュー・アタラクシア
07.ヒューリスティック・シティ
08.ライブ・ライフ

09.ダンス・ファウンダー




続いて、SCOOBIE DOの登場。やはり20年近く同じ音楽を貫き通しているバンドは違うね。それまでフィロのスの余韻に浸っていたはずの観客を一瞬にして自分たちのテンションに変えてしまう勢いがあった。ジャンルもファンキー路線で系統としてずれてないし知らなくてもノレるのがよいね。


途中で、ドラム、ベース、ギターと順にリズムを刻み「ダンス・ファウンダー」を披露。これはフィロのスメンバーもサプライズだったようで大いに盛り上がった。


アンコールでは、SCOOBIE DOのファンキー4とフィロソフィーのダンスのベスト4が登場し「ラブ・バリエーション with SCOOBIE DO」を披露。これが、12/14にシングルとして収録され発売するとのことで、この一日だけでは終わらないコラボが形に残るって素晴らしいなと思った次第。

20170719_scoobiedo_00182_small1024x

| | コメント (0)

2018年10月27日 (土)

LIVE鑑賞~けやき坂46×きゃりーぱみゅぱみゅコラボライブ@日本武道館

『Hot Stuff Promotion 40th Anniversary MASAKA Mutation of POP』2018/10/26(金)@日本武道館


77397096d606628529e3a7bf6c5a8


ホットスタッフプロモーション設立40周年記念イベントが3日間日本武道館で開催され、その初日にきゃりーぱみゅぱみゅけやき坂46が出演するというので参戦。ここ半年は、観たくてもなかなか観れなかった、ひらがなライブであったが久々のライブ観戦である。


今回は2階席南前方で、ステージ全体を見渡せ武道館ならではの2階席ながら程よい距離感で良く見える位置。モニターもステージ後方に巨大スクリーンがあり両サイドにも2個あるからどこからでも見える素晴らしいセット。肉眼でもメンバーが確認でき、かつスクリーンで表情が良く観えるからやっぱり武道館のサイズはいいなー。


観客はほぼ、ひらがな目当てと思われライブが始まると一斉に緑のペンライトで埋め尽くされた。ツーマンライブの最初はけやき坂46の登場。1時間弱の持ち時間なので、凝縮したセトリで一期生、二期生ともに代表曲を披露する感じ。そしてハロウィンが近いので、この日のために用意したかのような楽曲「ハロウィンのカボチャが割れた」も挟み込む。


久々のがなちゃんライブで1曲目「ひら恋」でテンション上がってしまい、「ハッピーオーラ」も、としちゃん輝いていたし、「白線」はやはり名曲だとしみじみと思って最後に各メンバーのキメポーズで、不在の影ちゃんやねるちゃんのポーズも披露するフリを観てジーンと来てしまう・・・「半分の記憶」は、まだ活動1年足らずの二期生メンバーが格段にパフォーマンスの迫力が上がって、小坂菜緒のセンターオーラも素晴らしかった。で、やはり「誰跳べ」では会場のボルテージMAXで盛り上がり最高潮。これは一期生の代表曲であるが、もうこの曲のときは二期生も登場していいんでない?と思う次第。個人的には「NO WAR~」よりこの曲で最後みんなで盛り上がりたいよね。


あっという間のひらがなちゃんライブが終わり、きゃりーぱみゅぱみゅ登場。全身黒の衣装で後ろに羽根が付いてる感じ。本人曰く、黒カラスコスプレだとか。しかし、きゃりーちゃんライブは5年前に横浜アリーナで観た以来。あの頃はよくきゃりーちゃん聴いてたよなーと。聴いてるうちに自然とフリが出てくるのでまだ体に残っていたのね。そして、普段のきゃりーライブでは見られない、アイドルノリのコールや歓声にきゃりーちゃんも「斬新!」と。楽曲に合わせてライトに色変えたり、合いの手入れたり、フリコピしたりはさすがのアイドルヲタ対応力といったところか。やはり後半で「つけまつける」「ファッションモンスター」のキラーチューンでは大盛り上がりでこっちも久々テンション上がった内容であった。


アンコールでは最初にきゃりーちゃん登場で「最&高」を観客みんなでフリ合わせて一体感を出した後に、最後けやき坂46も登場。メンバーの東村芽衣、渡邉美穂はきゃりーファンということでその嬉しさを本人に伝えられて大満足おいった感じ。そして「原宿いやほい」をコラボで披露してスペシャルなライブは終了。

615s33tzvtl_ss500





セットリスト:

 

けやき坂46

 

01.ひらがなで恋したい
02.ハッピーオーラ
03.こんな整列を誰がさせるのか?
04.未熟な怒り
05.ハロウィンのカボチャが割れた
06.永遠の白線
07.半分の記憶
08.期待してもいない自分
09.誰よりも高く跳べ!
10.NO WAR in the future

 

きゃりーぱみゅぱみゅ

 

01.音ノ国
02.にんじゃりばんばん
03.キミに100パーセント
04.インベーダーインベーダー
05.もんだいガール
06.演歌ナトリウム
07.ちゃみ ちゃみ ちゃーみん
08.Crazy Party Night ~ぱんぷきんの逆襲~
09.つけまつける
10.ファッションモンスター
11.キズナミ

 

EN1.最&高
EN2.原宿いやほい ~with けやき坂46~

| | コメント (0)

2018年10月14日 (日)

LIVE鑑賞~フィロソフィーのダンス『FUNKY BUT CHIC Vol.26』@下北沢GARDEN

フィロソフィーのダンス 定期公演 「FUNKY BUT CHIC Vol.26」 第2部』2018/10/13(土)@下北沢GARDEN


51ldal


個人的に3か月ぶりとなるフィロのス定期公演。今回は1部が2015~2016年楽曲ファン投票ベストテン。2部が2017~2018年楽曲ファン投票ベストテン。1部はアルバム未収録の初期楽曲などが多くランクインし、可愛い感じのライブで盛り上がったとか(こっちも行くべきだった・・)。2部は比較的耳馴染のある最近の楽曲が多くランクインしていると想定したが、なかなか興味深い順位であった。


17時開演でまずは対バンである、にゃんぞぬデシが登場。にゃんぞぬデシとはにゃんぞ?ということで、ちょっと変わった雰囲気の女子が一人アコギ弾き語りで演奏。歌は普通にうまく個性的な歌詞でそれはそれでササる人も居そうだが、とにかく話始めるとひちゃかめっちゃかで面白い。徐々にその面白さに引き込まれ、最終的にアウェイなはずの観客を虜にしていた感じ。途中からパーカッションとギター&ピアノで宮野弦士が加わって音の厚みを加えていたのも良かったか。大好きだというフィロのスのカバー「はじめまして未来」も聴きごたえあったし。

Dpwiqf4ucaauw8p


そして18時にはフィロのス登場。久々に馴染の黒の衣装で、早速リクエスト10位楽曲から開始。いきなり久々にライブで聴く「ミスティック・ラバー」が入ってきた。これ結構好きなやつなんで最初からテンション上がってきた。


一気に3曲披露して順位のおさらい。メンバーも今回の順位は興味深く面白いとのこと。そして、7位で最新シングル「イッツ・マイ・ターン」が早くも登場。続いて自分は初めて聴く披露して間もない楽曲「パレーシア」がここに食い込む意外性。


早くも終盤の4位以降は、ライブの定番楽曲が続くが、4位に「ベスト・フォー」が入るっていうのもなんかいい感じ。2位の「ライブ・ライフ」は個人的にライブで観る度にテンションが高まるお気に入り。同じ気持ちのファンが多いのか、今日は特に盛り上がった感あり。


一旦メンバーが下がり、アンコールとして披露した1位楽曲は、もはやフィロのス最高傑作と言っても過言でない「ダンス・ファウンダー」。自分がフィロのスにはまって良く聴いた曲でもあり、やはり最後はこれでしょ。



あっという間の1時間10曲ライブが終了し、特典会も大盛況。本日も、おとはすにご対面で「ミスティック・ラバー」的なポーズでキメ。今日のおとはすは、髪を前髪揃えたボブに切って一層可愛らしさが増した感じで、今日の特典会も人が押し寄せてたなー。とにかく安定に楽しいライブでした。次回は10/27東京キネマ俱楽部でお会いしましょう!






セットリスト:

01.ミスティック・ラバー(10位)
02.夏のクオリア(9位)
03.はじめまして未来(8位)

04.イッツ・マイ・ターン(7位)
05.パレーシア(6位)
06.アルゴリズムの海(5位)

07.ベスト・フォー(4位)
08.ドグマティック・ ドラマティック(3位)
09.ライブ・ライフ(2位)

EN.ダンス・ファウンダー(1位)

| | コメント (0)

2018年10月 7日 (日)

イベント報告~欅坂46 7thシングル全国握手会@幕張メッセ

欅坂46 7thシングル『アンビバレント』発売記念 全国握手会』2018/10/7(日)@幕張メッセホール9~11


Keyakizaka46_jkt201808_nor_fixw_640



欅坂46の8月発売7枚目シングル『アンビバレント』全国握手会が10月開催ということで参戦。ミニライブ開始が11:30ということで、いつも通り1時間前の10:30に海浜幕張着で余裕を持って会場に行くと、何やら行列があったが、こちらはライブを観ないで早くも握手待機で並ぶ列。これが正解かどうかはわからないが、後から並ぶよりは早く握手ができるというだけで、朝から野外で待機するのもなかなかな辛抱。一方、この時間だとミニライブ待機列はほぼなくなっており、すんなり入場でランダム配布でBブロックの券をいただき、肉眼ではなんとなく見える程度だが前方モニターはよく観えるので基本モニター鑑賞前提で場所確保。



30分ほど待って影アナで潮紗理菜、富田鈴花が発声。ほどなくして「アンビバレント」カラオケに合わせてケヤキッズたちが反応して早くもコールが盛り上がりその勢いでミニライブ開始。本日は、卒業発表した今泉佑唯も、センター平手友梨奈も不在であるのでセトリはある程度予測済み。個人的には、前作で好評だった尾関梨香、小池美波、長濱ねるのユニットでの「音楽室に片想い」はテンション上がった。あとは、けやき坂46による「ハッピーオーラ」は会場のコールもひと際盛り上がった様子。まあ、欅坂46が暗い曲多い中で、明るい曲はけやき坂46って感じで盛り上がるよね。最後は表題曲「アンビバレント」でシメ。


セットリスト:

 

1.Student Dance
2.音楽室に片想い
3.302号室
4.ハッピーオーラ
5.I’m out
6.アンビバレント


ライブでは尾関誕生日お祝い以外、特にサプライズ発表はなく12:30手前に終了して一旦規制退場。今回、ライブと握手が同一会場なので全員退場してから再度握手列に待機する、今までの悪しき流れなので若干の昼休憩を取って行列に並び直したら、やはり地獄の待機列になっていた・・・前回がライブ後そのまま握手会場にスムーズに行けた流れが確立したと思ったら、会場の都合もあるにせよやっぱりダメだね。結果、この日は真夏日の炎天下もあって汗だくになって2時間ほど並ばされて14:45過ぎにようやく入場。


【全21レーン】
●第1レーン:渡辺梨加
●第2レーン:渡邉理佐
●第3レーン:菅井友香
●第4レーン:小林由依
●第5レーン:長濱ねる
●第6レーン:加藤史帆
●第7レーン:齊藤京子
●第8レーン:石森虹花・上村莉菜
●第9レーン:尾関梨香・土生瑞穂(欠席)
●第10レーン:織田奈那・長沢菜々香
●第11レーン:小池美波・米谷奈々未
●第12レーン:齋藤冬優花・鈴本美愉
●第13レーン:佐藤詩織・守屋茜
●第14レーン:井口眞緒・丹生明里
●第15レーン:潮紗理菜・渡邉美穂
●第16レーン:柿崎芽実・佐々木久美
●第17レーン:佐々木美玲・高本彩花
●第18レーン:高瀬愛奈・河田陽菜
●第19レーン:東村芽依・濱岸ひより
●第20レーン:金村美玖・富田鈴花
●第21レーン:小坂菜緒・宮田愛萌


この日は、ソロレーンで欅坂46メンバーの1~5レーンまでが16時受付締切の握手。乃木坂なんかは人気メンバーは全握不参加だったりする中で欅も遂にその制約の流れが来たかといった感じ。まあ、漢字もひらがな1期ももう2周りくらいしたので、この日はひらがな2期縛りで行くことに。


最初は、●第20レーン:金村美玖・富田鈴花。まだ待機列もなく10分ほどで到達。パリピちゃんも、おすしちゃんも会話の切り返しが上手く頭の回転が良いなと実感。

Dcougigwkaan6ea_2


25c85973


続いて●第18レーン:高瀬愛奈・河田陽菜。こちらもほぼ待機列なく10分弱で到達。高瀬まなふぃは、ちょっと髪色明るくなって雰囲気明るくなって感じ良かった。続いて、一推しひなちゃん。個別握手を取り損なったのでここで挽回。相変わらず、か弱い感じがたまらんです。


0_0_10240011


最後は、10分ほどで到達するかと思ったら、メンバー休憩時間も挟み結果40分ほど待って到達した●第14レーン:井口眞緒・丹生明里。丹生ちゃんは、先日の個握で会ったばかりだが、印象が良かったのでお代わりで。やはり可愛らしい声と笑顔に癒される感じ。最後の井口真緒にはスナック真緒ネタでシメ。

U18_zero_107_01_2


ここで手持ちの握手券3枚を使い果たしたが、ひらがな2期縛りで行ったこともあり1時間ちょいで回れた。一方、人気のある漢字欅メンバーだと一人で1時間以上は待機するはずなので回り方で格段に差が出るであろう。坂道の全国握手会はとにかく待機の辛抱が必要で、人気メンバーに会うにはハードル高いので今後は個人的に控え目な参加になるでしょう。

| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »