« イベント報告~「Me , Myself and I」脇田もなりのハイボールアワー@VIVID SOUND STUDIO | トップページ | イベント報告~フィロソフィーのダンス「イッツ・マイ・ターン/ライブ・ライフ」リリースイベント@タワーレコード新宿 »

2018年8月25日 (土)

LIVE鑑賞~欅坂46「全国アリーナツアー2018」@横浜アリーナ

欅坂46 全国アリーナツアー2018』2018/8/23(木)@横浜アリーナ



Keyakizaka46_jkt201808_typea_fixw_6


8/15に7thシングル『アンビバレント』発売した欅坂46。そして今年の夏は全国アリーナツアーを8月から9月まで開催。


関東では横浜アリーナと幕張メッセがあったが日程と場所を鑑みて、8/23横浜アリーナくらいしか合わず、ここに絞ってFC会員先行、マネパカード先行、楽天先行、ローチケ先行と申込してもことごとく落選・・・最後の一般発売も気づいたときには指定席は完売で、ギリギリ立見席でなんとか確保。


ところが、紙チケットで申込したつもりがまさかの電子チケット発券手続きになっておりID誤入力扱いということで、当日までモヤモヤしながら開場前にチケット不備窓口にて対応してもらい、なんとか発券。


開場17:00で立見席はアリーナ裏手に事前集合させられるのだが、早く並んだ順かな?とも思ったがそうすると混乱をきたすのでそこは整理番号順で整列。A~Dブロックまで分かれていて自分はBブロックであったが、これでは立ち見最前は難しいかな?と思ったが、順番にゆっくり会場に案内されアリーナBブロック席の後方柵に一人ずつ整列する流れだったのでほぼ全員最前に位置することに。Bブロックはアリーナ上手後方で、割とサブステージに近くメインステージは遠いがモニターはよく観えたのでまあ良しとするかな。チケット確保から発券までのモヤモヤに始まり、どの位置で観るかわからない不安もあったが、ようやくここでそのモヤモヤから解放され一安心。しかし、この時点で17:30過ぎでライブ終了まであと3時間以上立ちっぱなしというのもきつかったなー。


18:30開演となり、いつものovereture的なものはなく物々しく開始。メンバーがモニターに映し出されるが白装束で髪で顔が隠れる感じでいまいち誰かわからない。よく見るとステージでなく、客席通路にメンバーが現れて暗がりをライトで照らしながらサブステージへと集まる。そして、「Student Dance」から「エキセントリック」までを照明演出で奇妙な世界観を現したステージが続く。ここまでその演出のためにペンライト使用禁止であったが、「ガラスを割れ!」で解禁され会場は一気にペンライトで赤く染まった。


アイドルらしからぬカッコよいステージのあとに、菅井キャプテンの緩いMCが始まりこのギャップが欅坂って感じで面白い。白装束から制服衣装に着替えた長濱ねる、小池美波、尾関梨香のユニット登場でステージは一転アイドルらしくなる。最新シングル収録「音楽室に片想い」はPerfume風な曲調と雰囲気で前回の「バスルームトラベル」に続く良曲。


中盤で早くも「二人セゾン」登場で会場盛り上がり。個人的にも欅坂の中でお気に入り楽曲でライブではフルで観られるのが嬉しい。平手セゾンを観るのは久しぶりだが、初期のキレのあるダンスは観られず残念。逆に井口セゾンや4月に観た小池&原田セゾンの方が何故か感動してしまう自分である。。


「アンビバレント」衣装に着替えて終盤パートに入るが、久々に聴く「語るなら未来を…」とか初期の頃を思い出すなーと感慨深げにいたところ、一番のお気に入り「世界には愛しかない」が始まり会場は一気にペンライトが青空色に変化。何度も述べているが、「サイマジョ」とか「不協和音」とかが欅坂代表曲みたいに言われるが、「セカアイ」が一番カッコよくライブで盛り上がる楽曲だと思っていて込み上げてくるものがある。ポエトリーは、今泉パートをゆいちゃんずの小林由依が担当。


本編最後は最新曲「アンビバレント」。何度も聴くうちに洗練されたカッコイイ曲だなと思い始めていたのでライブで迫力あるパフォーマンスが観れて良かった。


アンコールは、「サイレントマジョリティー」。平手サイマジョ観るのも久しぶりでやはりこれを聴くと欅坂だなとは思う。続いて「手を繋いで帰ろうか」をやってくれたのは初期欅坂の良かった頃を思い出せてこれまた感慨深くなった。


その後のMCで50m走を米谷、長沢と走ったエキシビション的なものがあったが立ち見の者としては正直内容的にもきつかったなー。でもアンコールでこれだけ時間かけて引っ張るのは何かあるのか?と思ったけど特になし・・・最後は「危なっかしい計画」で2時間余りのライブは終了。


横浜アリーナということもあり、立ち見ながら割と全体的に良く観れた感じでまずまず。平手復活でメイン楽曲の収まりがよく他のメンバーも伸び伸びとパフォーマンスしていた感じではあるが、初期の頃のようなキレのある平手ダンスは観られず、そして今泉佑唯不在でずーみんソロ、ゆいちゃんずが観られなかった物足りなさは否めず。そして、合間にはけやき坂46のパフォーマンスがあると一層盛り上がれたのだが。


Dlshdslv4aaggzx






セットリスト:

01.Student Dance
02.AM1:27
03.エキセントリック
04.ガラスを割れ!

05.音楽室に片想い
06.制服と太陽
07.302号室
08.二人セゾン
09.キミガイナイ
10.避雷針
11.もう森へ帰ろうか?

12.I'm out
13.語るなら未来を…
14.世界には愛しかない
15.風に吹かれても
16.アンビバレント


EN1.サイレントマジョリティー
EN2.手を繋いで帰ろうか

EN3.危なっかしい計画

|

« イベント報告~「Me , Myself and I」脇田もなりのハイボールアワー@VIVID SOUND STUDIO | トップページ | イベント報告~フィロソフィーのダンス「イッツ・マイ・ターン/ライブ・ライフ」リリースイベント@タワーレコード新宿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イベント報告~「Me , Myself and I」脇田もなりのハイボールアワー@VIVID SOUND STUDIO | トップページ | イベント報告~フィロソフィーのダンス「イッツ・マイ・ターン/ライブ・ライフ」リリースイベント@タワーレコード新宿 »