« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月30日 (水)

イベント報告~『音楽が教えてくれたこと』刊行記念 甲斐みのり × 中島 愛  トークセッション「乙女歌謡のすすめ」

『『音楽が教えてくれたこと』刊行記念 甲斐みのり × 中島 愛  トークセッション「乙女歌謡のすすめ」』2018/5/27(日)@自由学園明日館講堂


Nakajimamegumi_kaiminori_jkt201801_


かねてから平成生まれなのに昭和アイドルが大好きを豪語していた中島愛(まめぐ)が、一回り以上上の世代で<乙女歌謡>というカテゴリーを世に推奨してきた文筆家、甲斐みのりと出会い一冊の本が生まれ、その延長戦といったトークイベントが開催されると知り、これはまめぐ好きで昭和アイドル好きなら行くしかない!と。


そのイベント会場が、大正時代に出来たという重要文化財的な建物で行われるということで、馴染みのある池袋ながらメトロポリタン口から出て、ちょっと住宅街らしき方面に入り突如現れる由緒ある敷地がこの自由学園明日館講堂。池袋にこんなところがあったとは10年以上通っていながら知らなかったっす。


1部開場の13:30には入場列が伸びており、座席があるので余裕こいて並んだらなかなか進まず。入場と同時に物販列が成しており、そこが詰まっているから進まないわけで。物販は、まめぐグッズで目新しいものがあったわけではないが、何かしら購入するとイベント限定カセットテープ絵柄ノートがもらえるとあってみんな何かしら購入していたようだ。そんな自分もそのまま並んでいたらあまりにも進まなく開演に差し掛かるので物販中断。整理券が配られ、終演後の再販で優先購入することになった。後ほど、甲斐みのりさんの本2冊購入してノート2冊もらったがランダムでのサイン入りは当たらず・・・


ということで、一部は最前列に座ることになり間近でまめぐトークを観れる嬉しさ。会場は本当に古き良き講堂で、木製のステージに設置されていたのはアナログプレーヤーと奥にラジカセにBOSEのスピーカーが立っている状態。


Dsc_2104_3


斉藤由貴「AXIA ~かなしいことり~」の乗せて2人が登場。まめぐファッションは、甲斐みのりプロデュースによるものでシックなデザインのワンピースに黒タイツがモダンな感じで良いね。


今回のイベントは2部に渡り、中島愛と甲斐みのり各々がテーマに沿って思い入れの一曲を、レコード、またはカセットにて音源披露しエピソードなど語るもの。そして、『音楽が教えてくれたこと』で紹介した以外の楽曲を取り上げるマニアックな展開。その1部は、幼少から大人になるまでに思い入れの乙女歌謡を紹介。甲斐さんは、「花の子ルンルン」に始まり、GO-BANG'Sや富田靖子など意外性な流れ。まめぐは、リアルタイムに聴いていたSPEED「らくがき」に始まり、工藤静香、シンディ、松田聖子と後追い含め良い選曲かな。


あっという間に90分ほどの一部が終了。あと開場時にかかっていたBGMが2人が選曲した通好みな楽曲たち。この辺についてもいろいろ語っていたが、裏話も多くここでの記載は避けさせていただきます・・・


Dsc_2105_2



2部は前から3列目で控えめに鑑賞。まめぐファッションも更にオールドスタイルに変わって、白の三つ折りソックスにロングスカートが今回の趣旨に合っていて本人もテンション上がっている様子。


テーマは、「おニャン子クラブ」に始まりそれぞれ思い入れの楽曲紹介。お二人には申し訳ないが、個人的におニャン子は当時スルーしていたわけで、、、存在はもちろん知っているが個々に思い入れがないのでした。河合その子とか、渡辺満里奈とか、ソロで音楽性の高い楽曲を歌っていたのは知っていたけど突き詰めたことはなかったので良い勉強になりました。

続いてのテーマは「松本隆」。ここも紹介しきれない名曲があるわけだが、松田聖子「Kimono Beat」とか、姫乃木リカ「硝子のキッス」とかを取り上げるまめぐがさすがとしか言いようがない。

その勢いで、まめぐ先生によるアレンジャー視点で聴きたい楽曲を紹介。言わゆる作曲をするミュージシャンや音楽評論家並みにアレンジの良さを語るまめぐ先生が尊い存在にしか思えなくなってきた。船山基紀による小泉今日子だったり、松任谷正隆による岡田有希子だったり、アルバムの一曲を取り上げるマニアックさ。そしてここまで、微妙に自分の好みの楽曲を避けられていたが、唯一ビンゴで来たのが酒井法子「Love Letter」。イントロが流れた瞬間思わず「おおっ!」と声が洩れましたよ。こちらは、尾崎亜美が作詞作曲で佐藤準がアレンジでシングル曲でありながらまだそこまで売れる時代でなかった隠れた名曲。

https://youtu.be/folK_TymX7I


最後は、甲斐さんがこれも乙女歌謡だぞ!といった楽曲を取り上げ、取り分け大江千里楽曲の渡辺美里「悲しいボーイフレンド」が自分もよく聴いていたので良かった。大江千里ファンということは隠さなくても良いのですよ!


といった具合に2部もあっという間に時間が過ぎ、終演を迎える前にサプライズで「ハッピーバースデー」のメロディが流れる。6月5日が誕生日のまめぐに対してちょっと早いバースデーサプライズで会場大合唱。ホント、まめぐ先生の伸び伸びとしたトーク最高でしたよ。本人がアイドルでありながら、アイドルヲタクである彼女は更に魅力溢れる女性になったなと実感。

| | コメント (0)

2018年5月12日 (土)

LIVE鑑賞~AKB48「牧野アンナ「ヤバイよ!ついて来れんのか?!」」劇場公演2018

AKB48 牧野アンナ「ヤバイよ!ついて来れんのか?!」公演』2018/5/11(金)@AKB48劇場



Dapftgumaeevvb


今年発表された新たな著名人プロデュース公演が「牧野アンナ「ヤバイよ!ついて来れんのか?!」公演」。牧野アンナといえば、AKB、SKEなどのスパルタ振付指導を行った伝説の振付師。その牧野プロデュースで集められた16名は、パフォーマンスを重視されたAKB各チームからの若手精鋭たち。


4月に行われた初日公演で早くも賞賛の声が飛び交う中、たまたま都合良く行けそうなタイミングであったので久々に応募するとキャンセル待ち当選ながら、結果当日にキャンセル繰上当選で無事入場。入場ビンゴも8巡目くらいかな、中央や最前は埋まっていたが上手後方座席を確保。相変わらず2本の柱が邪魔をするが、敢えての後方でまだ全体を観れる位置。


影アナは、達家真姫宝。かつてこの子を観たときはまだ生意気なことを言う子供のイメージがあったが、背も伸びてメイクも覚えてすっかり大人びた女子高生になっていた。


この公演のお目当ては久保怜音。昨年劇場で観たパフォーマンスに惹きつかれ、最近の握手会でも会ったばかりで実際会って話すとほんわかした少女って感じであるが、パフォーマンスはつい目が行ってしまう客を引き付けるものがある。たまたま上手側に座ったが、基本フロントで上手側に来る機会が多かったのでそういった相性もバッチリかと。1曲目の「恋愛総選挙」で見事さとぴーの指さしを頂きましたよ。

Dcy0awhu0aamfse


ユニットコーナーでおっ!と思ったのは「ナットウエンジェル」でのセクシーすぎる行天優莉奈。元からダイナマイトボディの持ち主と秘かな人気を誇っていたが、この曲の衣装がほぼ水着状態でへそ出しに胸を覆っているものがはち切れんばかりの威圧感が素晴らしかった。(同じ衣装のこみはるにはほぼ目が行かなくなってしまった・・・)


Dbsjzi3u8aayrb


そして「Green Flash」での横山結衣,村山彩希のダンスが素晴らしかった。全体曲でもこの2トップがパフォーマンスを引っ張って行っている印象があるが、AKBシングル曲ながら埋没気味だったこの曲を新たなダンスナンバーとして蘇らせたのには感服。


B1235ea6_2


他にも、もうAKBコンサートでは披露されないと思われるマニアックな楽曲を取り上げており、「これからWonderland」なんてコーヒーCMで使われただけの楽曲という認識だったが、16名全員での圧巻なパフォーマンスでよく聴くとソウルフルな良曲であったことに気づかされる。


そして牧野アンナといえば「ピノキオ軍」。腰をかがめて腕振って笑顔でパフォーマンスって相当キツイと思いますよ。他にもSKE楽曲を含んでいるがSKEは全力パフォーマンスの印象が強く最初からメンバー汗だく状態になるほど。それをこの16名が目の前で再現しているのを観て目頭が熱くなる思いであった。


最後のお見送りも全員ちゃんとレス頂き満足の公演でした。やっぱり、距離が近い劇場公演を観れるAKB48グループは良いね。



出演メンバー:
西川怜・込山榛香・下口ひなな・武藤小麟・湯本亜美・久保怜音・田北香世子・山邊歩夢・佐藤妃星・達家真姫宝・村山彩希・横山結衣・佐藤栞・行天優莉奈・山根涼羽・長友彩海



セットリスト:

00.overture
01.恋愛総選挙
02.僕だけのvalue
03.12月のカンガルー
04.ホライズン

05.ナットウエンジェル(武藤小麟,込山榛香,行天優莉奈)
06.推定マーマレード(達家真姫宝,長友彩海,佐藤妃星,西川怜)
07.制服レジスタンス(山根涼羽,佐藤栞,湯本亜美)
08.Green Flash(横山結衣,村山彩希)
09.いつか見た海の底(下口ひなな,久保怜音,山邊歩夢,田北香世子)

10.これからWonderland
11.Get you !
12.ピノキオ軍

13.僕らの風


EN1.未来とは?
EN2.次のSeason

EN3.旅立ちのとき

| | コメント (0)

2018年5月 7日 (月)

LIVE鑑賞~脇田もなり「TAKE IT LUCKY!!!!」 Release Party@新宿MARZ

脇田もなり「Me,Myself and I」x「Up and Coming」~TAKE IT LUCKY!!!! Release Party』2018/5/6(日)@新宿MARZ


7e66d085a76c7abad60704ce4fc3a14a_72


4/25に発売になったシングル「TAKE IT LUCKY!!!!」のリリイベが発売前後から続き、GW中盤にインストアイベントは一区切りしてその集大成がこの日のライブ。GW最終日の日曜日に昼夜の2部構成で行う画期的なライブイベントであったが、もちろん通しで参戦。


今回のMARZは初めて行くハコで、新宿・歌舞伎町の奥というか西武新宿寄りというか、とにかくあまり馴染みのない界隈であったが、こじんまりとした収まりの良い感じのライブハウス。


昼の部は、今年1月の湯会でお世話になったDJ : Nachuとのセット。湯会のときは30分ほどの短い時間にメドレー形式なミックスでいっぱい曲を詰め込んで充実したDJプレイだったのが印象的で、何度も共演している間柄なのでもなりちゃんの良さをうまく引き出してくれること間違いなし。


冒頭は定番曲で肩慣らしをして、初披露の新曲「愛のデカダンス」などを挟み、メインの「TAKE IT LUCKY!!!!」を新たなREMIXで披露。これは今後聴けるかわからないヴァージョンなので貴重らしい。あと、バンドだとステージを広く使えないが、左右動き回っていつになく踊るもなりちゃんが、可愛かったー。終盤は怒涛のメドレーで繋いでいくが、途中もなりちゃんの曲じゃないな?と思ったらめっちゃ高音で歌い上げて会場歓喜。後で調べたら声変わりする前の三浦大知が居た頃のFolderのカバーだったのね。そして「Boy Friend」で大盛り上がりして、これも新曲「やさしい嘘」でシメ。アンコールも定番曲で盛り上がり1時間強のライブは終了。そして、夜には重大発表あるから来てね♪と。


ライブ後は特典会で、もなりちゃんのほんわか握手を受けてサイン入りポストカードをいただく。その場でサインをいただく特典会はもちろん良いが、握手をしながら緩く会話する感じがまた良いのだな。




<昼の部>
開場 12:00 / 開演 12:30
LIVE : 脇田もなり
VJ : サリー久保田
DJ : Nachu


セットリスト:

01.IN THE CITY
02.あのね、、、

03.祈りの言葉
04.ディッピン
05.PEPPERMINT RAINBOW

06.愛のデカダンス
07.IRONY
08.TAKE IT LUCKY!!!!(Remix)

09.WINGSCAPE
10.パラシューター(Folderカバー)
11.I'm with you
12.Boy Friend(Remix)
13.Boy Friend
14.やさしい嘘

EN1.泣き虫レボリューション
EN2.赤いスカート



昼が終わったのが14:30くらいで夜が18時開場なので結構時間が空くのが難点だったかな。いろいろ準備もあるし致し方なしか。まだ寄る場所が多い新宿なので時間は潰せるが、いかんせん連休遊び疲れもあり体を休めるばかり。


そんなこんなで再度夜の部で入場。やはり夜は人が増えてほぼ満員状態だったのでは。MCでもなりちゃんが、この日のライブで人が集まらなかったらどうしようって眠れなかったとか。ソロで頑張るのは昨今大変だからね。でも、全てのライブにはなかなか行けないが集大成のライブは間違いなくみんな駆けつけますよ。


お馴染のバンドセットはやはり1曲目からブイブイ来るね。音の通りも良いハコなので聴きなれた曲でも違ったテンションで聴ける。昼に披露した新曲もバンドで聴くとまた違った雰囲気で良いね。そして、昼とさほど時間は変わらないはずだが最後2曲と聞いて「短ーい」と思った次第。1時間くらいではもう物足りない体になってるのですよ。


アンコールでもなりちゃんが登場し、いよいよ重大発表でまずは7月25日に2ndアルバム「Ahead!」発売!この辺はなんとなく予想は着いたが、そのアルバムリリースとソロデビュー2周年記念で9月14日に渋谷WWWXでライブ決定!今までのハコからランク上がったねー。この発表で緊張が解けてもなりちゃんの嬉し涙がこぼれまくり!ヲレたちも歓喜ですよ。


最後は、そのアルバムに収録されるであろう新曲に、「WINGSCAPE」大合唱で見事2ステージやり切ったもなりちゃんに乾杯!もちろん夜の部も、もなりほんわか握手付特典会でサイン入りポスターをもらいGW有終の美を飾りました。


05e52d115f49be22ec6a6868cbfc303e_16







<夜の部>
開場 18:00 / 開演 18:30
Vocal:脇田もなり
Guitar:ラブアンリミテッドしまだん(Healthy Dynamite Club)
Bass:越智俊介(Shunske G & The Peas / CICADA)
Keyboards:KAYO-CHAAAN(Healthy Dynemite Club)
Drums:山下賢(Mop of Head / Alaska Jam)


セットリスト:

01.TAKE IT LUCKY!!!!
02.IRONY
03.IN THE CITY

04.EST! EST!! EST!!!
05.LED
06.愛のデカダンス
07.やさしい嘘

08.PEPPERMINT RAINBOW
09.Cloudless Night
10.夜明けのVIEW

11.I'm with you
12.Boy Friend

EN1.またどこかで
EN2.WINGSCAPE

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »