« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月30日 (日)

イベント報告~脇田もなり「I am ONLY」リリースイベント@HMV 新宿ALTA

脇田もなり「I am ONLY」リリース記念ミニ・ライブ&特典会』2017/7/30(日)@HMV record shop 新宿ALTA店


518stwgsv5l_sx425_


昨年秋にもなりちゃんソロデビューから待ちに待って遂に1stアルバムが7月26日発売ということで連日リリースイベントが各所行われていたが、最近平日稼働が難しくなってしまったのでリリース週最終の日曜日のこの日のみ参戦。


12時手前に現地入りしてまずはレジにてアルバムとシングル1枚購入で特典券3枚確保。この時点で客は数人来ていたくらいでほどなくして人が徐々に集まってきたので前方位置を確保してしばし待つ。


12時40分頃にもなりちゃん現地入り。この時はキャップ被りでダークグリーンスカートに体にフィットした黒の服でラフだけどいい感じの服装。このまますぐリハで1曲歌って「またね!」と下がり、13時まで待機。


13時になって、もなりちゃん白T-シャツにデニムスカートに着替えて登場。発売週リリイベはこの日が最後で既に何回かこなしていたのだが、何故か緊張気味だというもなりちゃん。1曲目は個人的お気に入りでもある「IRONY」から。複雑なメロディを見事歌いこなした「ディッピン」から、しっとり聴かせる「祈りの言葉」と来て、なんとなく大人しい雰囲気な会場に渇を入れるかのごとく、

もなり「次が最後の曲だけど、、、、みんなが盛り上がったらもう1曲やるかも?」
観客「ウォーーーー」

ノリ良い「泣き虫レボリューション」で会場が温まったところでもう1曲「Boy Friend」でコール&レスポンス。5曲も聴けて良かった。


その後、特典会ではサインに写メにステッカーをもらい、もなりちゃんには9/8のワンマンライブ行くからねーと告げて、充実した日曜の昼間でした。


セットリスト:
01.IRONY
02.ディッピン
03.祈りの言葉
04.泣き虫レボリューション
05.Boy Friend(Extended mix)

| | コメント (0)

2017年7月 2日 (日)

LIVE鑑賞~乃木坂46 真夏の全国ツアー2017@神宮球場初日

乃木坂46 真夏の全国ツアー2017』2017/7/1(土)@明治神宮球場


News_xlarge_nogizaka46_jkt170524_no
今年の乃木坂46夏の全国ツアーは神宮球場2DAYSから開始。その初日公演を幸運にも確保できて2年ぶりに参戦。梅雨時の野外ライブで心配だったのは雨。この日も午前中は雨で終日高い降水確率であったが、会場に向かう頃には雨は止み、開演時には晴れ間が出る奇跡の天候となった。


そして開演17時に対して開場は14時と早めの設定。厳重な荷物検査とチケット確認があり入場に時間がかかるからということで入場を早めるアナウンスもあり、自分が16時半過ぎに入場した頃にはだいぶ混雑が緩和されており入場に手間はかからなかった。


座席はバックネット裏2階席で、もし当日雨が降っていたら貴重な神席だったかもしれない屋根があるゾーン。結果、雨知らずだったので、普通にステージからは長距離な位置でメンバーが近くに来ることもない(そして部分的に見えない)位置だったので、ちょっと距離を置く感じだったかな。


ライブ開始前の影ナレは、さゆりんご軍団。そしてovertureが流れライブ開始。今回、期ごとのライブ構成ということでスタートは3期生から開始。今年に入ってから3期生は舞台やライブを見続けてきて親近感が湧く。いきなり神宮が初ステージだったらど緊張で何もできなかったかもしれないが、それまでにプリンシパルや単独公演をこなし格段に成長してきた3期生の姿を見て感慨深いものがあった。与田ちゃん、りりあんは相変わらずキュートだし、山下美月は目力ビームがよくカメラに抜かれていたし、みんな汗はかくが髪型は整っていたのに唯一前髪がすごいことになっていた向井葉月は観ていて面白かった。


続いて2期生パートでは、映像からの堀未央奈がエンドステージに1人登場し、「バレッタ」が始まったときに鳥肌が立った。この日の堀ちゃんは、普段にも増して目力が強く後から登場した2期生メンバーもみんな力強いオーラがあった。後のMCで、2期生は不遇な時期も多々あり、単独ライブを一度もやってなかったのでこの日にかける想いが強かったと。披露した楽曲も「嫉妬の権利」「ボーダー」「きっかけ」と名曲も多く、途中スタンド席に登場して近い距離まで来たことも会場は盛り上がった。


そして満を持して1期生登場。やはり一人一人登場で歓声もヒートアップして貫録あるなと実感。「他の星から」「意外BREAK」「あらかじめ語られるロマンス」「欲望のリインカーネーション」と各ユニットを挟み、特に「あらロマ」ではバックネット側観客目の前の狭いステージで「乃木恋another story」を秋元、生駒、星野、伊藤万、齋藤飛鳥による彦星様への告白には会場全体が萌えたー。


後半は全員集合で、トロッコや直接近くまで駆け寄るメンバーもいて近くで観れたファンはさぞかし良かったであろう。「ガルル」から本編最後の「スカイダイビング」までノリ良い夏曲が続きボルテージは最高潮で最後は花火が打ちあがり本編終了(屋根があって花火はほとんど見えなかったが・・・)


アンコール始める前に、日本テレビの岩本乃蒼アナが登場。この日生放送中「MUSICDAY」と中継が繋がるということで前説あり、2度目の「裸足でSummer」を特別ヴァージョンで披露。最後は畳みかける様に楽曲が続き3時間半に渡るライブが終了。構成が良かったのか、長時間を感じさせない体感で満足いくセトリであった。





セットリスト:

00.OVERTURE

<乃木坂3期生>
01.三番目の風
02.ハウス!
03.会いたかったかもしれない
04.ロマンスのスタート
05.ぐるぐるカーテン
06.おいでシャンプー
07.走れ!Bicycle
08.思い出ファースト

<乃木坂2期生>
09.バレッタ
10.気づいたら片想い
11.嫉妬の権利
12.そんなバカな…
13.人はなぜ走るのか?
14.別れ際、もっと好きになる
15.ボーダー
16.かき氷の片想い
17.きっかけ

<乃木坂1期生>
18.制服のマネキン
19.ダンケシェーン
20.転がった鐘を鳴らせ!
21.他の星から
22.意外BREAK
23.あらかじめ語られるロマンス
24.欲望のリインカーネーション
25.指望遠鏡
26.ロマンティックいか焼き
27.命は美しい
28.君の名は希望

29.設定温度
30.君が扇いでくれた
31.風船は生きている
32.インフルエンサー
33.ガールズルール
34.裸足でSummer
35.夏のFree&Easy
36.太陽ノック
37.スカイダイビング


EN1.裸足でSummer(MUSICDAY生中継)

EN2.シャキイズム
EN3.オフショアガール
EN4.乃木坂の詩

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »