« LIVE鑑賞~土岐麻子LIVE TOUR 2017“ POP UP PINK!”@EX THEATER ROPPONGI | トップページ | LIVE鑑賞~DEZOLVE~DEZOLive in Saitama2017@川口SHOCK ON »

2017年5月21日 (日)

LIVE鑑賞~角松敏生TOUR 2017~SEA IS A LADY~@戸田市文化会館

角松敏生 TOSHIKI KADOMATSU TOUR 2017 “SUMMER MEDICINE FOR YOU vol.3”~SEA IS A LADY~』2017/5/20(土)@埼玉・戸田市文化会館


51fyv8vxpcl


※ツアー中につき、ライブ内容ネタバレありますが閲覧は個人の判断でお願いします。


1987年リリースの角松インストアルバム『SEA IS A LADY』の主要楽曲を再録にて今年5月に発売。そのアルバムを引っ提げての全国ツアーが5月から9月まで行われる。今回はツアー3日目で満員御礼であった戸田市文化会館の模様をお届け。


観客年齢層が高いからか、今回のツアーで完売になっているのが7/1中野サンプラザと今回の戸田のみ。やはり平日や地方が厳しいのが現実であるが、今回のライブはインスト好きなコアな男性ファンも、いつもの角松の歌を聴きたい女性ファンも網羅できる素晴らしい内容なので、まだ迷っている方は是非ご覧いただきたい。


この戸田市文化会館は、個人的に初めて訪れる会場だが、過去に山下達郎などの大御所アーティストがツアーで毎回組み込む良質なホールであることを体感。2階まで含めて1200席規模なので後方や2階でも全然観やすいだろうし、今回1階中盤エリアで観たが音のバランスなど全く不満なし。


土曜日の17:30開演で待たされることなく着席。そして「WAY TO THE SHORE」が流れてメンバー登場。最後に角松登場で黄色い歓声と野太い歓声が沸く。そして「SEA LINE」へと続き一気にサマー・メディスンの世界に入り込む。アルバムと同様に3曲続き、ここで歌ものを交えてライブは続く。夏を跨ぐツアーということで歌ものも夏向けな楽曲を組み込んだようで、アルバム『INCARNATIO』から「AIJIN」「アマヌサの海」あたりが来たのは予想外。


落ち着いた楽曲が続いた後は、2011年ビルボード東京でも披露したトム・スコットのカバー「STREET BEAT」で、本田雅人のサックスがブイブイ来ていい感じ。続く新曲「MIDTOWN」もビルボード東京で披露していたインストであるが、なかなか収録・演奏機会がないのか良曲なので日の目を当てさせたいところ。そして人気曲「52ND STREET」。出だしの打ち込みが、長年聴いていたものと違い違和感を感じていたが演奏が過ぎていくと曲にノッて来ている自分がいるからやっぱり良い曲なんだなと。信吾さんのピアノの音色と角松&鈴木ツインギターのハモリが美しい。


そして昨年で見納めかと思っていたゴスペル楽曲を、また全国ツアーで各地のクワイアが参加することで今回も実現した「Get Back to the Love」。今回のアルバムにも再録された「Summer Babe」から、「BEAMS」「All'n All」と夏曲の歌ものが続き会場のテンションも上がってきたところで「MIDSUMMER DRIVIN'」で畳みかける。疾走感あるこの曲は、87年当時から一番のお気に入りであったが、新アレンジでも見せ所満載。特に中盤の本田雅人のサックスロに絡む山本真央樹のドラミングが秀逸。いやー、スリリングで鳥肌ものだった。真央樹の高速タム回しが素晴らしくて拍手喝采。後半の角松ギターも87年当時よりキレがあり、長年やり直ししたかったことの実感が伝わった。


ここで本編終了であるが、次なる難曲に向けての休憩でしょう。今回アルバムでは最後の収録に持ってきている「OSHI-TAO-SHITAI」。オリジナルは6分くらいの楽曲だったが、ソロ回しが演奏する度に長くなり15分ほどの大曲になってしまったわけで。サックス、ローズピアノ、ギターx2、ベース、(角松)ティンバレス、ドラムとソロ回しが続き各メンバー渾身のソロを披露するわけだが、またも真央樹ドラムが凄くて得意の高速タム回しから右手と足だけで叩きながら左手でドリンク給水する新技を披露。とにかくキレがあって素晴らしい。


そしてまた休憩で引っ込み、2回目のアンコール。化粧品CMで使われた懐かしの「Parasail」からの「スカイハイ」で紙ヒコーキが舞い、今度こそ終了かと思われたが鳴りやまぬアンコールから3度目の登場で急遽演奏曲を決めたらしい「IZUMO」からの「浜辺の歌」で3時間強のライブが終了。


2006年頃に故・青木智仁と、もう一度インストやりたい話が盛り上がっていた矢先での青木さんの死で話が宙に浮いてしまったインスト再演が、発表から30年の時を超え実現できたことが感慨深く、このツアーで過去の清算はひと段落着くということで来年あたりは歌ものオリジナル・アルバムが期待できそうである。




Vo,G,Perc:角松敏生
Ds:山本真央樹
B:山内 薫
G:鈴木英俊
Key:小林信吾
Sax:本田雅人

セットリスト:

01.WAY TO THE SHORE
02.SEA LINE
03.NIGHT SIGHT OF PORT ISLAND
04.AIJIN
05.SUNSET OF MICRO BEACH
06.LOVIN' YOU
07.A Widow on the Shore
08.アマヌサの海

09.STREET BEAT<Tom Scott>
10.MIDTOWN
11.52ND STREET

12.Get Back to the Love
13.Summer Babe
14.BEAMS
15.All'n All
16.MIDSUMMER DRIVIN'

EN1.OSHI-TAO-SHITAI

EN2.Parasail
EN3.Take You To The Sky High

EN4.IZUMO
EN5.浜辺の歌

|

« LIVE鑑賞~土岐麻子LIVE TOUR 2017“ POP UP PINK!”@EX THEATER ROPPONGI | トップページ | LIVE鑑賞~DEZOLVE~DEZOLive in Saitama2017@川口SHOCK ON »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168885/70630625

この記事へのトラックバック一覧です: LIVE鑑賞~角松敏生TOUR 2017~SEA IS A LADY~@戸田市文化会館:

« LIVE鑑賞~土岐麻子LIVE TOUR 2017“ POP UP PINK!”@EX THEATER ROPPONGI | トップページ | LIVE鑑賞~DEZOLVE~DEZOLive in Saitama2017@川口SHOCK ON »