« LIVE鑑賞~Negicco SPRING 2017 TOUR@Zepp DiverCity | トップページ | LIVE鑑賞~乃木坂46 三期生単独ライブ@AiiA 2.5 Theater Tokyo »

2017年5月 5日 (金)

LIVE鑑賞~DIMENSION Live 2017 ~Best Of Best Tour~@モーション・ブルー横浜

DIMENSION Live 2017 ~Best Of Best Tour~』2017/5/4(祝・木)2nd@Motion Blue yokohama


91okxieuyvl_sl1500_


デビュー25周年で4月にベストアルバム発売したDIMENSIONの全国ツアーが横浜から始まり、モーションブルーでの4公演のうちの最終公演に参戦。

GW真っただ中ということで、赤レンガ倉庫周辺ではドイツビール祭りやらいろいろな催しが行われており倉庫内含めて大賑わいであった。そんな休日を満喫している人々を掻き分け赤レンガ倉庫3Fにあるモーションブルーへ到着。ちょうど呼び出し最中のタイミングで程なくして入場。7割がた客席は埋まっていたが、全体を見渡せ席幅に余裕あるシートを確保。鍵盤寄りで小野塚プレイはバッチリ観れる位置であったが、ドラムがほぼ隠れてしまったのがちょっと残念。


開演時刻になり後方からメンバー登場で、ちょうど間近を通るポジションだったのでテンション上がる。早速演奏に入ると、いきなり大好きな「Beat #5」から開始で気づくと全身でリズム取ってしまう自分がいた。続いて「Se.le.ne」とこれまた聴き馴染みある楽曲が続き、やはりベスト盤選曲ライブは楽しい。


MCも25周年にちなんで、デビュー時の風呂なしアパートだった貧乏話などをカツオちゃんが面白おかしくトークし、演奏とトークのギャップがまた楽しい。


そして今回のサポートメンバーは、ドラムはここ数年お馴染の元T-スクエアの則竹裕之。ベースは初見になるが、二家本亮介。このジャンルでは若手となる30代前半とか。この二家本くんがメンバー3人、特にマエストロ増崎からいじられまくって可愛がられている存在と認識。則竹さんのドラムは言うまでもなく、正確無比なTHE FUSIONドラムといった感じで、二家本くんのベースは荒々しい中にちゃんと主張してくるベースでスラップに指弾きに縦横無尽に対応する感じ。終盤のドラムソロで先走ってベース弾き始める可愛らしい間違えもあり記憶に残った。


勝田サックスが美しい「IF」や超絶難儀なリズムの応酬の「Break Out」などこれぞベストといった展開で、見ごたえあるライブであった。J-FUSION界でメンバー不変で25年やってきて安定した人気を誇るのはDIMENSIONだけ。今後も1年に1枚ペースで長く続けてほしいものである。



DIMENSION : 増崎孝司(g)、勝田一樹(sax)、小野塚 晃(key)
則竹裕之(ds)、二家本亮介(b)

|

« LIVE鑑賞~Negicco SPRING 2017 TOUR@Zepp DiverCity | トップページ | LIVE鑑賞~乃木坂46 三期生単独ライブ@AiiA 2.5 Theater Tokyo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168885/70476162

この記事へのトラックバック一覧です: LIVE鑑賞~DIMENSION Live 2017 ~Best Of Best Tour~@モーション・ブルー横浜:

« LIVE鑑賞~Negicco SPRING 2017 TOUR@Zepp DiverCity | トップページ | LIVE鑑賞~乃木坂46 三期生単独ライブ@AiiA 2.5 Theater Tokyo »