« LIVE鑑賞~鬼束ちひろ2016@中野サンプラザ | トップページ | LIVE鑑賞~原田知世「恋愛小説2~若葉のころ」リリース・ツアー@COTTON CLUB »

2016年11月14日 (月)

LIVE鑑賞~Negicco 「ネギの産地でこんにちネギネギ」2016@柏&北千住

Negicco「ネギの産地でこんにちネギネギ」supported by サトウ食品』
2016/10/29(土)@柏市民文化会館 小ホール
2016/11/12(土) @東京芸術センター 天空劇場


201610241058_22555


Negicco秋のツアーは、地元新潟県内を回る「ホームでルーム」ツアーと、ネギの産地を回る「ネギの産地でこんにちネギネギ」ツアーを並行開催。どこも300人前後キャパの小ホールながら、会場によってはかなりアクセスの悪い場所もあり結構な冒険ツアーな感はあったが、どこも大盛況だったようで、とりわけ関東で土曜開催ということで即完売だった、柏と北千住の2公演を鑑賞。


まず柏であるが、会場の柏市民文化会館がJR柏駅東口から徒歩30分ほどの郊外にあり、かつて筆者は10年柏に住んでいたが一度も訪れることもなかった場所。とはいえ、土地勘もあったのでそれほど遠くは感じないルートで到着。

中に入ると200人ちょっとくらいの収容の昔ながらの小ホールで座席位置は前から7列目中央付近。いやー、ステージと近いね。でも座席の作りが古く小さいのがやや難点か。

そしてネギの産地ネタであるが、群馬の下仁田ネギ、埼玉の深谷ネギは有名だが柏ってなにネギだっけ?と思っていたが、そこをMegu先生が丁寧にレクチャー。柏は「旬ねぎ」というブランドねぎがあり、全国でも有数の一年中ネギが栽培できる特産地である。ネギソフトクリームなども開発して知名度アップを計っているらしいが、これまた10年柏に住んでいても知らなかった事実なので、Negiccoをきっかけに有名になってほしいもの。



そしてツアー最終日でもある東京は、北千住から徒歩5分ほどの天空劇場という、東京芸術センターという高層ビル最上21階にある会場。他の会場よりもやや広くて綺麗な印象であったが、今回前から3列目という過去最前に近いポジション。

かえぽの影アナからほどなくして17:30定刻に開始。3人がステージに登場して改めて距離の近さを実感。基本セットリストは全会場共通とのことで、既に柏で同じ内容を観ていたが全てが距離の近さで新鮮。

前半は初期楽曲から最新アルバム楽曲までの定番曲を畳みかける様に披露。そしてNao☆ちゃんの「着席!」の号令によっていったん観客全員着席で、なおなお劇団グッズ紹介コーナー。柏ではT-シャツなど紹介していたが、最終日はちょうど発売になったカレンダーを紹介。この日はNao☆ちゃんのギャグが炸裂しまくって、サイトウさんネタをやたら連発。

そして着席したままでしっとり系楽曲が続き、「私へ」ではNao☆ちゃんが歌詞への感情が高まったのか涙ぐみながらもしっかりと歌唱。この原点回帰ツアーが歌詞の状況とリンクする感じで沁みるなー。

続いて、ネギの産地でこんにちねぎねぎクイズのコーナー。各地のネギをMegu先生がレキュチャーしてくれるのだが、ここ北千住は「千寿ねぎ」。千住にはネギ専門市場「山柏青果市場」があり、各地から集まった選りすぐりのネギが「千寿ねぎ」。まさにツアー最終地に相応しいネギゆかりの地であったことが判明。いやー、ネギって奥深いなー。

後半は再び立ち上がってノリノリ楽曲の応酬。「トリワ」からのハイテンションで、「自由に」では3人が客席に入り込み観客とハイタッチやら歌唱やら、もう会場全体が一体感になるってこういう感じかと。そして安心安全のNegiccoファンだからこそできる自由な空間なんだなと。

「圧倒的」でラインダンス、「ヘッドライナー」でタオル回し、「さよならMusic」でネギライトが一体となった終盤3曲大盛り上がりで本編終了。


アンコールでは、最終日のみ急遽解禁された新曲情報とともにその新曲「愛、かましたいの」を初披露。堂島幸平楽曲ということでノリ良いPOPな楽曲。

最後もノリ良い楽曲で約2時間のライブは終了。原点回帰の名の通り、改めてNegiccoとファンの距離感も縮まり、2017年は飛躍の年になってもらいたいものである。



セットリスト:

01.ねぎねぎRock~私をお家に連れてって~
02.アイドルばかり聴かないで
03.虹
04.1000%の片想い
05.土曜の夜は
06.マジックみたいなミュージック
07.スウィート・ソウル・ネギィー
08.Good Night ねぎスープ

09.矛盾、はじめました。
10.おやすみ
11.私へ

12.トリプル!WONDERLAND
13.RELISH
14.自由に
15.圧倒的なスタイル
16.ときめきのヘッドライナー
17.さよならMusic

EN1.恋するねぎっ娘

(EN2.愛、かましたいの)※天空劇場のみ

EN3.恋のシャナナナ
EN4.ねぇバーディア

|

« LIVE鑑賞~鬼束ちひろ2016@中野サンプラザ | トップページ | LIVE鑑賞~原田知世「恋愛小説2~若葉のころ」リリース・ツアー@COTTON CLUB »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LIVE鑑賞~鬼束ちひろ2016@中野サンプラザ | トップページ | LIVE鑑賞~原田知世「恋愛小説2~若葉のころ」リリース・ツアー@COTTON CLUB »