« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月16日 (日)

グルメ日記~新潟 カレーとタレかつ丼

久々のグルメ日記。今回は日帰りで新潟に行く機会あったので、街中探索とともにいくつかご紹介。


土曜日10:30に新潟駅到着。繁華街がある方の万代口より新潟の地に降り立つ。


Dsc_1820




まずは万代シティに向かうが駅から若干歩く距離で10分ほどで到着。ショッピングモールのラブラ、伊勢丹などが隣接しており新潟ショッピングの中心地といった感じ。その中でバスセンタービルの1Fで、まさにバスターミナル内にある立ち食いそば屋へ向かう。

名物 万代そば

住所: 〒950-0088 新潟県新潟市中央区万代1-6-1万代シテイバスセンタービル 1F
アクセス:JR新潟駅万代口から徒歩15分。新潟市観光循環バス「万代シテイバスセンター前」下車、徒歩3分。
電話番号: 025-246-6432
営業時間:8:00~19:00
定休日:なし(元旦のみ休み)


20161015_104736375





一見、よくある立ち食いそばの印象だが、客のほとんどがカレーライスを注文。バスセンターのカレーとして全国的に有名になったわけ。位置がわかりずらい券売機で購入するが、メインの左上にカレー。普通盛り(\470)のほか、ミニ(\380)、大盛などあるが普通をオーダー。ちなみに中の店員は不愛想らしく、券を出しても受け取りもほぼ声が聞こえず、食べ終わった器を出したらようやくお礼が小さく聞こえた感じ。

20161015_104932311




そして出てきたカレーがこれ。普通で十分大盛クラスな量。そして噂には聞いていたがルーの色は黄色に近い感じ。辛くないかと思いきや、すぐスパイスというか何か聞いてきて体が熱くなり汗だくに。具も肉と玉ねぎがゴロゴロ入っていて食べごたえあり。途中でカウンターなどにあるウスターソースをかけると味変でまた良い感じ。ということで普通に美味かった。次回はミニカレーとそばかうどんを合わせて食べてみたい。


15時過ぎに万代シティを出て、信濃川を超える萬代橋を渡り観光がてら古町方面へ向かう。

萬代橋入口から見る本町方面と出口から振り返る万代方面。新潟日報ビルが大きいですな。

Dsc_1824

Dsc_1826




本町から古町と商店街を巡ってみたが休日の昼間で閑散とした感じ。平日はどうなのだろうか。ブラタモリでも紹介された、川を埋め立てて造られた人情横丁などを横目にまた駅へ戻る(この辺の飲食店がちょうど休憩時間帯で寄る場所なし)。

Dsc_1827





Dsc_1829





17時を過ぎ新潟駅南口側まで歩き、さすがに腹も減り喉も乾きドン・キホーテに入る。


かつ丼政家 新潟駅南店

所在地:新潟県新潟市中央区南笹口1-1-1ひもろぎビル2F (ドンキホーテ2F)
駐車場:2時間無料。駐車券他店併用で3~4時間無料
アクセス:JR新潟駅南口徒歩5分
営業時間:11:00~25:00
定休日:無し
電話:025-243-6125

Dsc_1830





最近、新潟グルメでよく紹介される「タレかつ丼」が気になって、「とんかつ政ちゃん」のかつ丼専門店である「かつ丼政家」に入る。店内はテーブル、座敷など多数あって1人でも団体でも入りやすい作り。


メインのタレかつ丼は\800ちょいであったが、腹減りで調子に乗って「特製二段盛りかつ丼」(\1285)を、さらに無料で大盛できるというのでご飯大盛でオーダー。ほどなくして出てきたのがこれ。


20161015_165004328


蓋しまってないねー。さすがにカツ二段盛りでご飯大盛ではしまらないでしょう。蓋開けた全体像がこれ。


20161015_165053896





生ビール小にしておいてよかった。ご飯がぎっしり詰まっていてなかなか減らないし。でもカツ二段盛りなんだがカツの枚数こんなもんだっけ?と食べ進めると・・・


20161015_165500379





おー、出てきた出てきた二段目のカツはご飯の中なのね。で、関東だと卵とじかつ丼。群馬だとソースかつ丼でカツの下にキャベツが敷いてあったりするのだが、新潟のかつ丼はご飯とかつのみ。しかし、かつとご飯にも浸み込んいる特製醤油ダレがいい味になっていて、ご飯だけでも食べ進められる味付け。もちろん米はコシヒカリで元が違うし。かつも一枚一枚は薄くあっさりしているので胃もたれする感じのカツではない。

とはいえ、この量なので若干味に飽きが来始めるがそこはさっぱり漬物や七味をかけたり味変を仕掛ける。そして、味噌汁が出汁にこだわっているらしく美味い。お代わり無料ということで味噌汁も2杯目いっちゃいました。

| | コメント (0)

LIVE鑑賞~NGT48チームNⅢ「パジャマドライブ」劇場公演2016

NGT48チームNⅢ「パジャマドライブ」公演』2016/10/15(土)昼@NGT48劇場


2323629ngtmb_banner201609_1280_480_


現在、個人的に48グループ注目度NO.1のNGT48。ミニライブや握手会でメンバーの認識はあったがやはり実感するには遠征して地元の劇場に行かないと!

10月の土日はほぼチームNⅢ公演が続いており、事前の県外枠は外れまくっていたが公演2日前の一般枠応募を何気にエントリーしたらその日の夕方に当選通知が!

当日、Maxとき307号に乗車して(さすがに315号にはうまいこと乗れず)10:30新潟着。大宮から1時間40分ほどなので、埼玉県民としては名古屋に行くより近い印象。しかも夏でも冬でもないこの時期は空いていて交通のストレスはなし。

駅から10分ほど歩き劇場のあるラブラに到着。ラブラは2つ建物があって劇場があるのはラブラ2の4F。

Dsc_1822


11時受付開始のところ11:30頃到着で受付待ちは10人くらい。NGT劇場はチケットペーパーレスのため携帯画面QRコード読み取りで全てチェックが行われる。支払い受付が済んで再度チケセン画面にログインするとここで整理番号が表示されるわけ。とりあえずロビーに入ると、メンバー写真や寄せ書き(落書き?)が飾ってありここは撮影可なのでいろいろ写真に収めたり、グッズ販売があったり、ロッカーがあったりする感じ。

Dsc_1823


抽選入場までしばし時間あるので、この劇場は手首のスタンプ確認で何度も入退場できるのでトイレ休憩など出れるのは便利。ここで赤いピンポン玉を渡されるので、劇場見に来たよ的な印として劇場外壁にピンポン玉投下。今年の1月10日公演開始から半年以上経ってこのピンポン玉が上まで到達したので一旦リセットされて、現在2回目の収集時期で既に3割くらいたまっているかな。


12時過ぎに再度入場して整理番号ごとに整列。昨年のSKE劇場もそうだったがこの待機スペースがAKB劇場に比べるとやはり狭い感じ。そして今回は呼び出しが14巡目だったので前方及びセンターゾーンは既に埋まっており、柱を挟んだサイド席か立ち見か?で迷ったあげく迷っている暇はないので上手後方端の席を確保(この上手を選んだことが後に後悔するのだが。)。そう、この劇場もAKB同様大きい二本柱が存在し両サイドからは全貌が見えない構造になっているのがネック。まだ柱にモニターが設置されていて見えない位置を補完できるのはAKBよりは良いところ。あとは座席の前後左右が比較的ゆったりしていて大きな男性がいっぱいでもAKB劇場ほど息苦しくはないかなと。

本日の出演メンバーは、

荻野由佳・小熊倫実・加藤美南・北原里英・佐藤杏樹・菅原りこ・高倉萌香・太野彩香・西潟茉莉奈・長谷川玲奈・本間日陽・村雲颯香・山口真帆・山田野絵・清司麗菜・奈良未遥

滅多に出演しないAKBとの兼任である柏木由紀のアンダーで奈良未遥。最近はAKB選抜仕事がお忙しいからか不在がちの中井りかのアンダーで清司麗菜が入る。

13時開演前の影アナは、小熊倫実。超下っ足らずな喋りで会場の空気を温めたつぐみん、愛されキャラだなー。そしてovertureがかかり公演開始。

Oguma_tsugumi




聴き馴染みのある楽曲がいっぱいの「パジャマドライブ」公演。やはり1曲目の「初日」の出だし掛け声を聴くと高まるよね。ユニット曲は現在もAKB大型ライブで披露される「天使のしっぽ」「てもでもの涙」があり、多くの人気メンバーが担当してきた人気曲である。

アンコール楽曲はNGTオリジナリティを披露する選曲で、1曲目はAKB最新シングル「LOVE TRIP」をNGTバージョンで披露。唯一の選抜であり、りのりえコンビは永遠ということでセンターは北原里英。両サイドをかとみなとりかちゃんが務めるわけだが、かとみなは左サイドで見えず。りかちゃんアンダーの清司麗菜が存在感あるアンダーを務めた。埼玉出身ということで親近感もあり。

Seiji_reina


「ワッショイB!」をNGTチームNⅢバージョンに仕上げた「ラブラブNIII!」で盛り上がり、研究生全員登場で「Maxとき315号」からの「白いシャツ」で2時間ちょうどの公演終了。

やはり柱のせいで、センターから左側が全く見えなかったので、主に立ち位置左側が多い、かとみな不足は席選びの反省であった。。一番期待していた「てもでもの涙」も立ち位置左だったし・・・

その代り、よく上手側に登場するメンバーはしっかり確認でき、山田野絵は良くも悪くも目立ってたし存在感は抜群。こういうキャラは坂道には居ないし、48グループならではのバランスであろう。

Yamada_noe


あと、お見送りで本人にも伝えたが、挨拶の声が一番大きく、MCのしゃべりが上手かったのが佐藤杏樹。まだ15歳ながらしっかりしてるし将来のキャプテン候補か?

Sato_anju


山田とともによく上手に来ては、結構な回数レスを送ってくれたのが山口真帆。しゃべると舌っ足らずで不思議キャラであるが、妖艶なパフォーマンスはまさに公演向きな存在。細かいところまで目線送っているので、まほほんの魔法にやられるオジサンが多いのも頷ける。

Yamaguchi_maho



あと何かと姿を追ってしまう存在が、おかっぱちゃんこと高倉萌香。正直、この子をセンターにして大丈夫か?と疑っていたくらいだが、だいぶルックスが覚醒してきて目がいってしまう存在になっていることにビックリ。「天使のしっぽ」もハマってたし、その前の3曲目で衣装替えして出てきたときに腰回りがへそ出しだったのだが、その腰の細さにビックリ。50cmあるのか?ってくらいの細さだった。この子もまだ15歳だから将来期待でしょう。


Takakura_moeka


そして、いくらよく見えなかったとはいえNGTといえば絶対的エースのかとみなこと加藤美南。時折上手側に来たときのオーラはハンパなく、しかと受け止めましたよ。やっぱり表情が豊かでかとみなの笑顔はみんなを幸せにするね。先日の握手会で宣言した通り、劇場来ましたよ。最後のお見送りでようやく間近で観れて、今度いつの日か中央最前で見届けることを願った次第。

Cm6ms7zucamlc1x





セットリスト:
00.overture
01.初日
02.必殺テレポート
03.ご機嫌ななめなマーメイド
04.2人乗りの自転車

05.天使のしっぽ(小熊・高倉・清司)
06.パジャマドライブ(佐藤杏・本間・山田)
07.純情主義(奈良・北原・西潟)
08.てもでもの涙(加藤・山口)
09.鏡の中のジャンヌ・ダルク(荻野・菅原・太野・長谷川・村雲)

10.Two years later
11.命の使い道
12.キスして損しちゃった
13.僕の桜

14.LOVE TRIP
15.ラブラブNIII!
16.Maxとき315号
17.白いシャツ

| | コメント (0)

2016年10月 8日 (土)

LIVE鑑賞~大原櫻子 CONCERT TOUR 2016 ~CARVIVAL~@日本武道館

大原櫻子 CONCERT TOUR 2016 ~CARVIVAL~』2016/10/04 (火)@日本武道館


News_xlarge_oharasakurako_jkt201606

櫻子ちゃん2016年ツアーを締めくくる会場は初となる日本武道館2DAYS。会場は若い男女で溢れかえっていた。可愛らしいルックスで男性人気があるのはもちろん、同世代女子からの人気も高いところがこの集客なんだなと。


ピンクのペンライトでいっぱいの中、ステージ奥から回転して出てきた櫻子ちゃん。冒頭からテンション高めで元気いっぱいな楽曲披露。さすがに初武道館で緊張からか、冒頭のMCでいろいろ噛んでしまうのだが、それがまた可愛い。


今回の見所の一つが、中盤でバックダンサーとともにダンスコーナーで踊りまくる櫻子ちゃん。ギターを抱えて伸びやかに歌う姿が定番である彼女が意外にもキレのあるダンスを披露して観客は大盛り上がり。


後半はエレキでノリノリなナンバー、アコギに持ち替えてバラードなど多彩な演奏を披露。アンコールでは、ホットパンツにツアーT-シャツとこれまた可愛らしい姿。最後は「明日も」を観客と大熱唱で約2時間ライブ終了。



セットリスト:

01.ステップ
02.真夏の太陽
03.勇気と微笑み
04.瞳
05.トレモロレイン
06.メロディー
07.Dear My Dream
08.こころ
09.君になりたい
10.サイン
11.September
12.READY GO!
13.My Way
14.踊ろう
15.Scope

EN1.のり巻きおにぎり
EN2.大好き
EN3.明日も

| | コメント (0)

LIVE鑑賞~DREAMS COME TRUE 裏ドリワン2016@代々木第一体育館

『かんぽ生命Presents DREAMS COME TRUE 裏ドリワンダーランド 2016』2016/10/02 (日)@国立代々木競技場 第一体育館


News_xlarge_dreamscometrue_jkt_urab

機会あって、初のドリカムライブに参戦。アリーナ中央に円形ステージ組んで巨大モニターも4か所設置で全方位から観やすいステージ。ドラムやキーボードなどの固定楽器も回転ステージでグルグル回りどのメンバーも観れるセッティングは金掛かってるなー。


ファンなら周知のことだが、昨年はオールタイムベスト盤発売でそのツアーが4年に一度のワンダーランド。今年は7月に裏ベスト盤発売でその楽曲を披露するツアーが裏ドリワンダーランド。そのため、ライトなファンには聴き馴染みのないコアな楽曲を披露するライブであるが、それでもいくつかあの頃を思い出させる名曲があり、声援に常に応える吉田美和の姿に観客も歓喜。


アンコールではCMで使われている新曲に、最後はオモテ楽曲「うれしい!たのしい!大好き!」を観客と大合唱で約3時間ライブ終了。


個人的には、ドラムがT-SQUAREの坂東慧で超絶ドラミングを円形ステージの回転で前から後ろから観れたのが収穫でした。


セットリスト:

01.さよならを待ってる
02.ROMANCE
03.LOVE GOES ON・・・
04.いつのまに
05.SWEET SWEET SWEET
06.月光
07.Goodbye, Darlin’
08.週に1度の恋人-VERSION ’16-
09.カノン
10.NOCTURNE 001
11.雨の終わる場所
12.うれしはずかし朝帰り
13.あはは
14.ラヴレター
15.go for it!
16.LOVETIDE
17.Flowers
18.POISON CENTRAL
19.みつばち
20.なんて恋したんだろ
21.PROUD OF YOU
22.よろこびのうた

EN1.あなたのように
EN2.おやすみのうた
EN3.うれしい!たのしい!大好き!

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »