« LIVE鑑賞~売野雅勇・作詞活動35周年記念コンサート@中野サンプラザ | トップページ | イベント報告~乃木坂46 『裸足でSummer』全国握手会@幕張メッセ »

2016年9月 3日 (土)

イベント報告~欅坂46 2ndシングル全国握手会@幕張メッセ

欅坂46 2ndシングル「世界には愛しかない」発売記念 全国握手会 千葉会場』2016/9/3(土)@幕張メッセ 1・2ホール


61df625es


今年4月に行われた、今や伝説の欅坂46デビューシングル全国握手会から半年。人気も右肩上がりである彼女たちの握手会は1stの時点でキャパオーバーだったということもあり、今回は2ホール開けての開催。

開場時間を過ぎてひと段落したと思われる10時手前くらいに現場到着。まだ入場列は溢れていたがほどなくして入場。しかもランダム配布のチケットで前方Aブロックでの入場。とはいえ、既に最前は埋まっているので後方にて1時間半待機。

11:30開演直前で影ナレで上村莉菜・尾関梨香の放送部が場を盛り上げる。ほどなくしてOVERTUREが流れメンバー登場。Aブロックでもステージを肉眼で観るには厳しいのでモニターと半々で観戦。最新シングル楽曲を全曲フルで披露という、今後なかなか観れないラインナップなのでしかと目に耳に焼き付けよう。

先日のTIFで鑑賞したが、「セカアイ」はホントにカッコイイ名曲。そしてあくまでも平手センター曲であるが全員が曲中でフロントに立ち笑顔でイキイキとした表情でパフォーマンスする楽曲なのでこれはフルで観ないと。

そして坂道シリーズで数々の名曲を生み出した杉山勝彦作曲の「青空が違う」がまた良くって、人気大人メンバー5名がキュートなステージを披露。

それから、今回ソロ曲が与えられた長濱ねるの「また会ってください」がキュンキュンくる楽曲。本人曰く、細かい演技を盛り込んだという曲間でのラブレターを渡す仕草とかたまらんね。

そして安定のゆいちゃんずの新曲もハモりが素晴らしく披露する度に歌の上手さが際立ってきてる感じ。

更に鳥肌ものだったのは、平手ソロの「渋谷からPARCOが消えた日」。イントロから中森明菜「少女A」を彷彿させ、平手ちゃんの出で立ちはまさに平成の山口百恵かと思わせるオーラ満載。「PARCOPARCO」の連呼は脳内ループさせられるワード。

そして関東全握初披露となる<ひらがなけやき>登場。一人一人自己紹介を兼ねて質問コーナーなど時間かけてアピールしていたが、これが後の握手に功を奏すことになる。

最後は「語るなら未来を…」を披露で1時間以上になるミニライブが終了。


セットリスト:

(3rd)OVERTURE
1.世界には愛しかない(欅坂46)
2.青空が違う(志田愛佳,菅井友香,守屋茜,渡邉理佐,渡辺梨加)
3.また会ってください(長濱ねる)
4.ボブディランは返さない(ゆいちゃんず)
5.渋谷からPARCOが消えた日(平手友梨奈)

OVERTURE~ひらがなけやきVer.
6.ひらがなけやき(けやき坂46)
7.語るなら未来を…(欅坂46)


12:30ライブ終了が30分ほど伸びたので握手開始は14時頃かと想定し、退場も前回に桑畑らまだスムーズだったのでここから1時間ほど休憩。そして入場がある程度進んだころを見計らって14時に握手待機列に並び始め、会場外の列まではほどなく進んですぐ入場できるかなと思いきや、狭い入口のセキュリティチェックが手間取りここから炎天下の中30分以上待たされる苦行となった。。。

そして14:45頃にようやく握手会場入場。今回のレーンは、


●第1レーン:石森虹花・今泉佑唯
●第2レーン:小林由依・米谷奈々未
●第3レーン:齋藤冬優花・渡邉理佐
●第4レーン:尾関梨香・平手友梨奈
●第5レーン:織田奈那・志田愛佳
●第6レーン:菅井友香・原田葵
●第7レーン:土生瑞穂・守屋茜
●第8レーン:小池美波・長沢菜々香
●第9レーン:上村莉菜・鈴本美愉
●第10レーン:佐藤詩織・渡辺梨加
●第11レーン:柿崎芽実・東村芽依
●第12レーン:加藤史帆・佐々木久美
●第13レーン:井口眞緒・齊藤京子
●第14レーン:影山優佳・高瀬愛奈
●第15レーン:潮紗理菜・佐々木美玲
●第16レーン:高本彩花・長濱ねる


完全に人気者が重ならないように配分。まだ知名度の低い、ひらがなけやきはひらがな同士でペアとなりここが穴場となると想定。

最初は、●第10レーン:佐藤詩織・渡辺梨加

個別をとってないメンバーでちょっと気になっていたメンバーだったのだが、30分ほど並んで到達。まずは佐藤詩織からで「最近いろいろ観てたら綺麗になって気になってたんだ」ということでご本人喜びの様子ですぐ剥がされ、不思議キャラの渡辺梨加には「疲れたから癒してー」に対して「うーん。がんばって♪」と、テレビで観るよりちゃんと話せるなという印象。

Mob5e6fac


Mobnzubdg


続いて、隣のひらがなけやきゾーンが気になってつい行ってしまったのが●第11レーン:柿崎芽実・東村芽依


芽依ちゃんは顔立ちもトークもしっかりした感じ。芽実ちゃんは、既に週刊プレイボーイにグラビア掲載されたりひらがな楽曲でフロントだったりと今後の有望株と思われる。その生の姿は、小柄で控えめながら何か今後のけやきを担うオーラを感じた。

何より、当初の想定以上にひらがなレーンはこの時点でほぼ行列がなく剥がしも緩かったので1人で10秒以上は会話できた感じ。(その後、情報が出回ってひらがなレーンも混み始めたのは言うまでもない)


Submember4823_jpg

このまま続けて3枚目も行ってしまおうかと思ったが、一旦退場して休憩したのが運の尽き。再入場しようとしたら更に場内が混雑しており再入場するのに30分かかり、次のレーンに到達するにも1時間かかってしまった・・・

特に行列が異次元だったのが、●第1レーン:石森虹花・今泉佑唯、●第4レーン:尾関梨香・平手友梨奈、●第16レーン:高本彩花・長濱ねる。組み合わせというより、今泉、平手、長濱TOP3の個人人気によるものでどこも1時間以上待ち。


最後は、●第16レーン:高本彩花・長濱ねる


終盤でかなり待たされてもうグッタリ気味だったが、あの笑顔で出迎えられ一気に疲れも吹っ飛び癒されてしまった。ソロ曲での「ラブレターの振りがキャワイかった」に対し、「ホント?嬉しい!ちゃんと見えた?」と返され、「(モニター越しで)ちゃんと見えたよ」と、意外と長く話せて満足。今後のけやき握手のシメはねるで決まりだな。

Keyaki46_50_01




|

« LIVE鑑賞~売野雅勇・作詞活動35周年記念コンサート@中野サンプラザ | トップページ | イベント報告~乃木坂46 『裸足でSummer』全国握手会@幕張メッセ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LIVE鑑賞~売野雅勇・作詞活動35周年記念コンサート@中野サンプラザ | トップページ | イベント報告~乃木坂46 『裸足でSummer』全国握手会@幕張メッセ »