« LIVE鑑賞~Perfume 6th Tour 2016 「COSMIC EXPLORER」@幕張メッセ | トップページ | LIVE鑑賞~井上苑子 1st SUMMER TOUR 2016~@赤坂BLITZ »

2016年7月 3日 (日)

LIVE鑑賞~角松敏生 35th Anniversary Live@横浜アリーナ

Toshiki Kadomatsu 35th Anniversary Live ~逢えて良かった~』2016/7/2(土)@横浜アリーナ


Tpkt0001

角松敏生周年記念ライブは、20周年リベンジの横浜アリーナからの参戦でそれ以降の節目となるライブは欠かさず観てきたわけだが、今回の35周年は横浜アリーナ大改修後の初となるライブでもある。


前回30周年ライブより30分早めの15時開場16時開演であるが、15時半頃には新横浜駅辺りから会場までちょっとした行列ができる状態。開場が押しまくった前回ほどの混乱はなく入場は意外とすんなりで、グッズ待機は開演に間に合わないくらいの行列で今回はスルー。

座席はアリーナAブロックということで、メインステージに対して右斜め中央くらいな位置。さすがにステージには遠いが巨大モニターで補完できる感じ。ステージセットは至ってシンプルでメインの他にはセンター中央にサブステージがあるくらい。

16時を少し過ぎた頃に暗転しスクリーンに長めの映像が流れる。そしてメンバーが登場し、最後にハットを被った角松登場。。と思いきや曲が始まったらスポットライトがセンターサブステージに輝きそこにはメインに居たと思わせた角松が!

曲が終わると屈強なボディガードを4名ほど前後に付けて客席通路内を移動しメインステージに。そして、ご自慢のティンバレスを叩き始め懐かしのナンバーを披露(昨年末の中野サンプラザ公演の展開か)。

MCになると、今回は進行時間をきっちり守る前提でそのMCを台本に沿って進行する(何も見ないでしゃべると話が脱線したりして長くなるからね)。30周年以降の5年の間でオリジナル・アルバムは1枚のみ。ただし、その間にリメイクアルバムや1stアルバムリミックスを出したりと活動自体は勢力的ではあったかと。

1stセットの目玉となったのが、その1stアルバム『SEA BREEZE』を曲順・アレンジそのままの再現ライブ。そこでそのアルバムに参加した大御所ドラマーが登場。そう、村上"ポンタ"秀一である。一時、激ヤセしてたり体調とか大丈夫かと勝手に心配していたが、見た目もプレイも申し分なし。35年前のアルバムをこうしてまた改めて聴けるというのが、当時からクオリティ高い音楽を創り上げてきたのだなと実感。

510nyqcncpl

そして一区切りついてポンタが帰ろうとすると角松が引き止め、3世代ドラマーとの共演ということで名曲「初恋」を披露。各人ソロプレイがちりばめられ、御大も負けじと叩く姿に感動。


約2時間近く経ったところで約30分ほどの休憩。


2ndセットは、唯一のオリジナル・アルバム『THE MOMENT』の渾身の楽曲とコーラスをフューチャーした展開が目玉。

角松が本来やりたかったという、20分以上の大作「The Moment of 4.6 Billion Years ~46億年の刹那~」に角松制作の映像をコラボが今回実現。おそらくライブで観れるのは今回が最後かと思われる曲であるが、久々に角松ライブで観る玉田豊夢のドラムが凄かった。

そして女性ファン待望のバラードコーナーで、ポンタ参加の名曲「RAMP IN」披露。更に今度は男性ファン待望のインスト楽曲で難曲「OSHI-TAO-SHITAI」をこれまたポンタのドラムで観れた喜びは計り知れない。3世代ドラムによるソロ回しも目玉の一つであった。あとは鍵盤3人によるソロ回しで、珍しく森俊之がピアノで友成好宏がエレピという通常と逆パターンでこれまた見所であった。

デュエットコーナーでは、最新の片桐舞子りんから始まり、かつての凡子、千秋との定番デュエットを披露。その中で、まだ未完成楽曲である小田急WEBCMソングを披露しちゃえ!ってことで一番若い都志見久美子と1分だけの楽曲を披露。なんか初々しくて良かったね。

更に、VOCALAND代表として吉沢梨絵が16年ぶりに角松デュエットとして登場。これはかなり嬉しい登場で、舞台で培ったという見目も歌声も美しいままで良かったが、なんともうすぐママになるとか。おめでとう!

MCで改めて角松がコーラスというものをいかに大事に起用しているか。そして、この5年の間で亡くなった、高橋"ジャッキー"佳代子、小島恵理を始め、かつて共演した方々を偲びつつ今やれる最大限のコーラスということで、『THE MOMENT』ツアーで全国で共演したゴスペルクワイアのメンバーを呼び寄せ100名近いコーラス隊がセット後ろから登場。そこで披露した大作「Get Back to the Love」は圧巻の一言。いやー、人の声ってこんなに凄いパワー持っているんだなと。

終盤はもうダンスナンバーが続き、再び80年代へプレイバックといった感じで本編終了。アンコールは、登場に時間かかると誰もが油断していたら1分くらいで再登場。で、座って落ち着いてる観客を観た角松が「急いで戻ってきたんだから立って出迎えてほしかった」と残念がる。だって、そんな早く戻るって聞いてないし。。。

とにもかくにも終演時間が迫ってきて時間もなくなってきたからどんどん曲を披露。アンコールの流れも昨年末の中野サンプラザとほぼ同様で、キティちゃんが出てきたり手を振ったり紙飛行機飛ばすいつものやつね。

ダブルアンコールは、観客も今度こそと立ったままで出迎えようやく角松と気持ちが一緒になれた感じ?今回はやけに娘の話が多く、その娘が好きな曲ということで「Always Be With You」。最後の最後はやはりセンターステージでいつものやつを披露ということで再び移動して「No End Summer」を全員で合唱して終了。

終了時刻は22時半ということで今回も約6時間半のマラソンライブは見所盛りだくさんで楽しませていただきました。40周年までみなさんお元気でいられますように。



村上"ポンタ"秀一 :Drums
玉田豊夢         :Drums
山本真央樹       :Drums
山内 薫        :Bass
梶原順           :Guitar
鈴木英俊        :Guitar
小林信吾         :Keyboards
友成好宏        :Keyboards
森 俊之        :Keyboards
本田雅人        :Saxophone
西村浩二          :Trumpet
横山均            :Trumpet
中川英二郎        :Trombone
田中倫明        :Percussion
大儀見元         :Percussion

千秋    :Background Vocals
凡子      :Background Vocals
為岡そのみ:Background Vocals
片桐舞子 :Background Vocals
vahoE   :Background Vocals
鬼無宣寿  :Background Vocals
小島恵理 :Background Vocals
高橋"ジャッキー"佳代子/Background Vocals
鈴木和美/Background Vocals



セットリスト:

<First Set>
01.これからもずっと
02.Startin'
03.Realize
04.CINDERELLA
05.OFF SHORE
06.Lucky Lady Feel So Good
07.Dancing Shower
08.Elena
09.Summer Babe
10.Surf Break
11.YOKOHAMA Twilight Time
12.City Nights
13.Still I'm In Love With You
14.Wave
15.初恋

<Second Set>
16.RAIN MAN
17.IZUMO
18.The Moment of 4.6 Billion Years ~46億年の刹那~
19.RAMP IN
20.DESIRE
21.OSHI-TAO-SHITAI
22.DADDY -you're my shadow-(Duet with 片桐舞子 from MAY'S)
23.鏡の中の二人(Duet with 凡子)
24.ODAKYU CM SONG (Duet with 都志見久美子)※unreleased
25.Never Gonna Miss You(Duet with 吉沢梨絵)
26.Smile(Duet with 千秋)
27.Get Back to the Love
28.After 5 Crash
29.RUSH HOUR
30.Tokyo Tower
31.Girl in the Box ~22時までの君は…
32.ハナノサクコロ


<Encore>
33.君のためにできること
34.浜辺の歌
35.ILLUMINANT
36.ILE AIYE ~WAになっておどろう~
37.TAKE YOU TO THE SKY HIGH


<More Encore>
38.Always Be With You
39.No End Summer

|

« LIVE鑑賞~Perfume 6th Tour 2016 「COSMIC EXPLORER」@幕張メッセ | トップページ | LIVE鑑賞~井上苑子 1st SUMMER TOUR 2016~@赤坂BLITZ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LIVE鑑賞~Perfume 6th Tour 2016 「COSMIC EXPLORER」@幕張メッセ | トップページ | LIVE鑑賞~井上苑子 1st SUMMER TOUR 2016~@赤坂BLITZ »