« LIVE鑑賞~坂本真綾 LIVE TOUR 2015-2016"FOLLOW ME UP"@中野サンプラザ | トップページ | LIVE鑑賞~HKT48「春のライブツアー~サシコ・ド・ソレイユ2016~」@代々木第一体育館 »

2016年2月18日 (木)

LIVE鑑賞~上原ひろみ『SPARK』発売記念スペシャル・イベント

上原ひろみ『SPARK』発売記念スペシャル・イベント』2016/2/18(木)@日本橋三井ホール


Cbg63yvvaaa8csm

今年の2月3日に約2年ぶりとなる上原ひろみ最強トリオアルバム『SPARK』が発売され、初週アルバムチャート4位にランクインするという、このJAZZジャンルでは異例なこととなった。もちろん発売すれば毎回しかるべき売上となるひろみちゃんのアルバムであるが、前作から購入者イベント応募の締め切りが早くなり、必然的に初動売上に集中したわけ。

そんな中で約4000通の応募で選ばれた600名がこの貴重なイベントに参加したわけだが、前回は渋谷duoで立ち見での開催とあってJAZZ系のイベントとしてはちょっと厳しい環境だったが、ひろみちゃんの切なるリクエストにより全席着席スタイルの会場を指定され今回はこの日本橋三井ホールとなったわけである。


開演前に初回限定盤DVD収録の「SPARK」スタジオライブ映像がスクリーンに流され、何度も自宅で観てきた映像だがホールでの良い音響で観るのはまた格別。


そして開演となり、まず登場したのはお馴染のcast編集長である棚橋和博氏。トークが苦手なひろみちゃんが、唯一といっていいくらい気心知れて話せる相手として毎回このイベントMCとして新潟から呼び寄せられる方である。

早速、ひろみちゃんも登場して2人でのトークから開始。先日、そのcast掲載となるロングインタビューを6時間かけて行った経緯もありトークはそのエピソードなどを交えて進行。ひろみちゃんのほんわかした発言に棚橋さんがちょいちょいツッコミを入れながら愉快なトークが進んでいき、途中からひろみちゃんがステージ上のピアノに向かいながらトークをする、ひろみbar的なスタイルにチェンジ。棚橋さんがアルバム『SPARK』表題曲「SPARK」のフレーズをリクエストして小出しにひろみちゃんがすぐさまソロ演奏。そしてこの曲のキーとなるリフについて解説しながら演奏するスペシャルな場面もあり。この日はソロ演奏なので「SPARK」自体は披露しない予定だったが、なかなか聞けないエピソードに聴けないフレーズまで聴けて良かった。

ちなみにそのロングインタビューが掲載されるcastは3/18発売だそうでファンは必携でしょう。


そして押し気味だったトークの後は、お待ちかねのひろみちゃんソロピアノ演奏。アルバム収録楽曲を立て続けに演奏するのだが、純粋なソロピアノ楽曲はバラード系の「ウェイク・アップ・アンド・ドリーム」くらいであるが、あとのトリオ演奏楽曲もソロピアノ用にリアレンジした演奏。キメの多い「テイク・ミー・アウェイ」もソロ・ピアノの音域を超えた激しい演奏。R&B色の濃い「 ホワット・ウィル・ビー、ウィル・ビー」もソロならではのタメを存分に盛り込んだ大人な演奏。そして、テレビ番組で毎回披露している「オールズ・ウェル」も静と動が絡み合う圧倒的な演奏。

前回イベント時で4曲までの披露だったが、ここまでもう4曲披露でいったんひろみちゃんが掃けるがもちろん観客の拍手は鳴りやまず、アンコールで再び登場。最後に披露したのは「イン・ア・トランス」。トリオ演奏で高速スリリングな展開の楽曲だが、ひろみちゃんソロ演奏なのにそのトリオ演奏以上の高速超絶プレイにもう観客も何回も歓声を出してしまう。

今年は各種夏フェスへの参戦に加え、年末までに全国ツアーも予定しているとか。早くトリオ演奏でも『SPARK』の世界を体感したい!




セットリスト:
1. テイク・ミー・アウェイ
2. ホワット・ウィル・ビー、ウィル・ビー
3. ウェイク・アップ・アンド・ドリーム
4. オールズ・ウェル
EN.イン・ア・トランス

|

« LIVE鑑賞~坂本真綾 LIVE TOUR 2015-2016"FOLLOW ME UP"@中野サンプラザ | トップページ | LIVE鑑賞~HKT48「春のライブツアー~サシコ・ド・ソレイユ2016~」@代々木第一体育館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LIVE鑑賞~坂本真綾 LIVE TOUR 2015-2016"FOLLOW ME UP"@中野サンプラザ | トップページ | LIVE鑑賞~HKT48「春のライブツアー~サシコ・ド・ソレイユ2016~」@代々木第一体育館 »