« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月19日 (日)

LIVE鑑賞~武藤彩未 ライブハウスツアー2015@西川口Hearts

武藤彩未 ライブハウスツアー2015「TRAVELING ALONE」』2015/7/18(土)@西川口LIVEHOUSE Hearts

News_header_mutoayami_water

2015年の彩未ちゃんは、バックバンドメンバーを従えて4月の誕生日に渋公、6月のムトウの日には渋谷クアトロ2daysでROCKな彩未を披露し、着実にステップアップしている印象であったが、この夏に昨年も行った関東ライブハウスツアーを原点に戻って1人きりでステージに立つスタイルで敢行。

昨年のライブハウスツアーも初日は西川口ハーツ。そして天候も昨年同様に、終始曇り空でライブ開始1時間前くらいから雨が降り始めるという。これには彩未ちゃん本人も気にしており、ライブ中のMCでも雨女的なネタになりそうだったが、観客から素晴らしい称号が発せられた。

彩未ちゃんがやってくるとそこに雨が降るのは、彩未ちゃんが「水の女神」だから!

このハーツだと比較的良い整理番号になるのでこの日もほぼ最前列かぶりつき位置で鑑賞。もう彩未ちゃんとの距離が近すぎてたまらんですよ。

ライブが開始直前の影アナはもちろん彩未ちゃん本人なのはいつものことであるが、今回はラジオDJ風に進行し客を盛り上げる。大好きな松田聖子「天使のウィンク」やリクエストを募った「Are You Ready 2015」をかけ、DJ彩未が楽しそうに進行する声だけでもうテンションUP。

そうしていよいよ登場で冒頭からノリノリ楽曲が続き4曲でもうこちらも彩未ちゃんも汗だく。曲が進むにつれ彩未ちゃんが顔だけでなく、腕や脚も汗が吹き出してきてそれを間近で観れる状況が幸せすぎるー。

ステージにはいろいろな衣装や小物類が置かれており正に1人でステージを作り上げる状況で、中盤しっとりした楽曲にはアクセサリーを付け替えたり、ちょっとワチャワチャしてる感じがまたたまらない。

後半の「RUN RUN RUN」でタオル振り回しからの怒涛のノリ楽曲スパートは余分な脂肪も燃焼できた感じ。

アンコールでは今回のツアーグッズT-シャツをアレンジして着こなし登場。ボーダー柄が爽やかでいいね。ラスト楽曲「彩りの夏」では終盤でまたも?歌詞が飛んでしまい、すぐさま歌い直しでもう1曲。最後まで全力で歌いきった感あり素晴らしい笑顔いただきました。

夏フェスもいろいろ出演した後で、10月4日には「A.Y.M.Ballads」を、さくら学院卒業式を行った日本橋三井ホールでワンマンライブ開催。間違いなく行きますよ。


セットリスト:
01.交信曲第1番変口長調
02.A.Y.M.
03.HAPPY CHANCE
04.Seventeen

05.Daydreamin'
06.宙
07.ミラクリエイション

08.時間というWonderland
09.スマイル・フォー・ミー

10.RUN RUN RUN
11.Doki Doki
12.パラレルワールド
13.OWARI WA HAJIMARI

EN1.女神のサジェスチョン
EN2.明日の風
EN3.彩りの夏

EN4.彩りの夏

| | コメント (0)

2015年7月 4日 (土)

LIVE鑑賞~八神純子 with 後藤次利@ビルボード東京

八神純子 with 後藤次利 "The Night Flight 2"featuring 佐藤 準 & 村上ポンタ秀一 Special support 松野 "Kay-Ta" 啓太』2015/7/3(金)1st@BILLBOARD LIVE TOKYO

Dtl_09488_1

昨年の3月にコットンクラブで開催された「八神純子 with 後藤次利 "The Night Flight"」が大好評につき、第2弾としてビルボード公演が行われるということで再び観戦。

発表当初はバックメンバーは昨年と同じメンバーであったが、急遽ギターの松原正樹が体調不良につき代役としてニューヨークから松野啓太が参加。普段あまり耳にしないミュージシャンであるが果たしてどのような演奏になるのか?

19時過ぎにまだ明るい外が見えるガラスに幕が閉じ暗転してから、まずは全身白のスーツ姿の後藤次利が登場。続いて佐藤 準, 村上ポンタ秀一がステージに上がり演奏が始まる。そして八神純子が登場し、早速伸びやかな歌声を聴かせてくれる。まずは往年の名曲を落ち着いたアレンジで次々と披露。昨年は聴けなかった「ポーラー・スター」の披露で個人的にグッと来た。

続いてカバーコーナーとなり、夏向けの楽曲ということでボサノバでしょうと。アントニオ・カルロス・ジョビンの名曲2曲を披露。通常は「イパネマの娘」としてよく耳にする楽曲を「Boy from Ipanema」として披露。セクシーな歌声を聴かせてくれた。あと何気にシャーデーの「Smooth Operator」を聴けたのは嬉しかった。アメリカではいまだにしょっちゅう流れているらしいが久々に聴く良質な楽曲だなと再認識。

そして八神さんがお色直しではけて、バックメンバーだけでのインスト楽曲が始まる。役割としてはつなぎの演奏ではあるが、このメンバーだけにこのインストがまた素晴らしい。各人のソロをフューチャーした組曲的な壮大な演奏。そして後のMCで「GWS(Get Well Soon)」というタイトルに、療養中の松原正樹にまた元気になってステージに戻ってきてほしい意味が込められていたことで感動。

白いボディコンドレスに身を包んだ八神さん登場で、ラストパートはテンポアップで「I'm A Woman」「みずいろの雨」とノリノリのアレンジによる披露。

アンコールはこれをやらなきゃ終われないでしょ、の「パープル・タウン」をノリよいアレンジで披露。最後、歌とバックの展開がずれるハプニングがあったが半ば強引に後藤さんがエンディングへ持っていくというご愛嬌もあり。そして八神さんだけ残りピアノ弾き語りで「Mr.ブルー」、アカペラで「Smile」を披露と盛りだくさんな内容であった。

今回もバックメンバーの演奏は秀逸で、代役ギターの松野啓太がサポート以上の役割で軽快なソロやコーラスで良い存在感。結構好きなギターの音色で良かった。佐藤準もやはり縁の下の役割が大きく、とりわけ心地よいエレピやオルガンサウンドが素晴らしい。ポンタも派手な主張はせず抑え気味のドラミングと思いきや細かいタム回しなどはさすが。後藤次利は、やっぱり弾いてる姿がかっこよい。こちらも抑え気味な演奏ではあるが難しいこといっぱいやってるんですな。




MEMBER:八神純子 (vo), 後藤次利 (b),  佐藤 準 (p,key), 村上ポンタ秀一 (ds),松野 "Kay-Ta" 啓太(g)

セットリスト:
01.サマーインサマー
02.想い出のスクリーン
03.ポーラー・スター

04.Corcovado
05.Boy from Ipanema
06.SUMMER TIME
07.Smooth Operator

08.GWS(Get Well Soon)
09.I'm A Woman
10.みずいろの雨
11.夜間飛行

EN1.パープル・タウン
EN2.Mr.ブルー
EN3.Smile

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »