« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月22日 (月)

LIVE鑑賞~KING SUPER LIVE 2015@さいたまスーパーアリーナ

『KING SUPER LIVE 2015』2015/6/20(土)@さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)

Logo

キングレコード所属のアニソン・アーティストが集結した一大ライブが2日間に渡って開催。その初日に参戦。キングレコード84年の歴史で様々なジャンルのアーティストを輩出してきたが、近年確立したアニメ音楽を扱ってきた歴史も長く、このラインナップを見て一時代を築き上げ、今もなお最前線のアニソンを届けてきたことがわかる。

豪華なステージが組まれたそのトップバッターを飾るのは、高橋洋子。アニメの歴史を変えた「新世紀エヴァンゲリオン」から2曲を続けて披露でいきなり観客のボルテージは最高潮に。

Takahashi

続いて、アリーナ席真横からゴンドラに乗ってほっちゃんこと堀江由衣が登場。3曲披露したが、そのゴンドラに乗って後方席をグルリと回り、ある意味前の方で観たかった人には残念だったかな。

Horie


米倉千尋のパートでようやくMC的な挨拶あり。ここまでアーティスト紹介もなく立て続けに登場するから誰が何の曲をやるのかも油断してるとわからないまま過ぎていく。

その後は若手による1曲ずつの披露で慌ただしくなってくる。中でもアイドルっぷりを発揮したゆいかおりや、ゴンドラで宙に浮いて披露した上坂すみれはその存在感をアピールした感じ。

Yui


Uesaka


前半のトリを務めたのは林原めぐみ。白Tシャツにダメージジーンズというラフな服装ながらパワフルな歌唱とトークでこのジャンルの一時代を築いた一人として会場を大いに盛り上げた。

Hayashibara


20分休憩を挟み、後半がキッチリと開始。ここからは実力派アーティストが次々と登場。独特の世界を醸し出す喜多村英梨、安定の歌唱の奥井雅美、女性ファンが一番テンション上がったはずな宮野真守。そして会場がピンク色に染まった、田村ゆかり。既にベテランであるゆかり姫だが、時折挟む自虐ネタ?がもはや伝統芸なのか?安定したパフォーマンスで盛り上げる。

News_xlarge_kagurazakayuka_art20150


angelaは、いきなりのライオンの着ぐるみでヴォーカルのatsukoが登場。その姿を全裸といい、自ら「angela不動のセンター、アツコでーす!」とノリノリのパフォーマンス。

続いて、歌手活動30周年を迎えた森口博子が「ガンダム」名曲2曲を披露。歌はもちろん、やはりバラドルの先駆者である彼女のトークが面白く盛り上がるステージであった。

Moriguchi


トリを務めたのは、アニソン紅白アーティストの水樹奈々。今回もやっぱり度肝を抜く登場で、中央天井からの宙吊りで登場。そのままワイヤーで後方まで飛び回り圧巻のパフォーマンス。「ETERNAL BLAZE」での炎のペンライトで染まった会場の一体感は凄まじいものがあり貫録を見せつけた奈々ちゃんであった。

Mizuki


最後のパートはこのライブならではのスペシャルコラボ。フレッシュメンバーからベテランから数少ない男性コラボなど迫力のステージ。最後はこの日最年長の林原めぐみからまとめの挨拶もあり、4時間以上に及ぶ盛りだくさんなライブが締まり、今後もまだまだ続いていくと思われるスペシャルなライブであった。



セットリスト:
01.残酷な天使のテーゼ/高橋洋子(TVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」OPテーマ)
02.魂のルフラン/高橋洋子(「新世紀エヴァンゲリオン シト新生」テーマソング)
03.ヒカリ/堀江由衣(TVアニメ「いぬかみっ!」OPテーマ)
04.Stay With Me/堀江由衣(TVアニメ「DOG DAYS″」EDテーマ)
05.YAHHO!!/堀江由衣(TVアニメ「かなめも」EDテーマ)
06.嵐の中で輝いて/米倉千尋(OVA「機動戦士ガンダム第08MS小隊」OPテーマ)
07.WILL/米倉千尋(TVアニメ「仙界伝 封神演義」OPテーマ)

08.ミライナイト/佐藤聡美(アニメ「生徒会役員共*」ED主題歌)
09.一筋の光明(ひかり)/カスタイマイZ(TVアニメ「シドニアの騎士 第九惑星戦役」先行上映版EDテーマ)
10.Our Steady Boy/ゆいかおり(TVアニメ「kissxsis」ED主題歌)
11.赤いメモリーズをあなたに/かなでももこ(TVアニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」EDテーマ)
12.Black Holy/小松未可子(TVアニメ「モーレツ宇宙海賊」イメージソング)
13.カラフルストーリー/everying!(TVアニメ「レーカン」OPテーマ)
14.七つの海よりキミの海/上坂すみれ(TVアニメ「波打際のむろみさん」主題歌)
15.Baby Sweet Berry Love/小倉唯(TVアニメ「変態王子と笑わない猫。」EDテーマ)
16.Raise/小倉唯(TVアニメ「カンピオーネ!」EDテーマ)
17.YOU GET TO BURNING/松澤由美(TVアニメ「機動戦艦ナデシコ」OPテーマ)
18.Dearest/松澤由美(劇場アニメ「機動戦艦ナデシコ-The prince of darkness-」主題歌)
19.Shining Tears/保志総一朗(TVアニメ「シャイニング・ティアーズ」OPテーマ)

20.Give a reason/林原めぐみ(TVアニメ「スレイヤーズNEXT」OPテーマ)
21.Over Soul/林原めぐみ(TVアニメ「シャーマンキング」OPテーマ)
22.JUST BEGUN/林原めぐみ(TVアニメ「スレイヤーズEVOLUTION-R」最終話EDテーマ)

23.甲賀忍法帖/陰陽座(TVアニメ「バジリスク~甲賀忍法帖」OPテーマ)
24.凛麗/喜多村英梨(TVアニメ「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)」EDテーマ)
25.Birth/喜多村英梨(TVアニメ「神さまのいない日曜日」OP主題歌)
26.輪舞-revolution/奥井雅美(TVアニメ「少女革命ウテナ」OPテーマ)
27.朱-AKA-/奥井雅美(TVアニメ「アキハバラ電脳組」挿入歌)
28.そうだ、せったい。/奥井雅美(OVA「それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコⅡ」主題歌)
29.BREAK IT!/宮野真守(TVアニメ「カードファイト!ヴァンガードG」OP主題歌)
30.オルフェ/宮野真守(TVアニメ「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%」主題歌)
31.シャイン/宮野真守(TVアニメ「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ」主題歌)

32.Little Wish~first step~/田村ゆかり(TVアニメ「魔法少女リリカルなのは」EDテーマ)
33.Pleasure tresure/田村ゆかり(TVアニメ「魔法少女リリカルなのはViVid」EDテーマ)
34.W:Wonder tale/田村ゆかり(TVアニメ「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」EDテーマ)
35.騎士行進曲/angela(TVアニメ「シドニアの騎士 第九惑星戦役」OPテーマ)
36.イグジスト/angela(TVアニメ「蒼穹のファフナーEXODUS」OPテーマ)
37.明日へのbrilliant road/angela(TVアニメ「宇宙のステルヴィア」OPテーマ)

38.水の星へ愛をこめて/森口博子(TVアニメ「機動戦士Zガンダム」OPテーマ)
39.ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~/森口博子(アニメ映画「機動戦士ガンダムF91」テーマソング)

40.Synchrogazer/水樹奈々(TVアニメ「戦姫絶唱シンフォギア」OPテーマ)
41.終末のラブソング/水樹奈々(TVアニメ「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)」後期EDテーマ)
42.ETERNAL BLAZE/水樹奈々(TVアニメ「魔法少女リリカルなのはA's」OPテーマ)

43.ハッピー☆マテリアル/上坂すみれ・佐藤聡美・everying!・ゆいかおり・かなでももこ(TVアニメ「魔法先生ネギま!」OPテーマ)
44.Forフルーツバスケット/田村ゆかり・堀江由衣・喜多村英梨・小松未可子(TVアニメ「フルーツバスケット」OPテーマ)
45.翔べ!ガンダム/保志総一朗・宮野真守・KATSU(angela)(TVアニメ「機動戦士ガンダム」OPテーマ)
46.RHYTHM EMOTION/森口博子・松澤由美・米倉千尋・水樹奈々・atsuko(angela)(TVアニメ「新機動戦記ガンダムW」OPテーマ)

47.Get along/全員(TVアニメ「スレイヤーズ」OPテーマ)

| | コメント (0)

LIVE鑑賞~BABYMETAL WORLD TOUR 2015@幕張メッセ

BABYMETAL WORLD TOUR 2015~巨大天下一メタル武道会~』2015/6/21(日)@幕張メッセ展示ホール1~3

10354890_864733716907229_9375801818

2015年のBABYMETALは1月にさいたまスーパーアリーナ公演があった以降はほぼ海外ツアーに旅立ち、個人的には昨年9月の幕張メッセイベントホール以来の参戦。今回は同じ幕張メッセでも最大規模の約3万人を展示ホールにぶち込んだ大規模なライブ。

入場すると、暗闇の中にABCDEとエリアが囲われていて各エリアの前方にはすでに多くの人がひしめき合っている。この日は雨も降っていて若干外は涼しい気候ではあったが会場はもはやサウナ状態。

会場内が暗転し、巨大モニターに映像が映し出され、激しい演奏が鳴り始めそれを上回る歓声も響き渡る。そして3人が登場し「BABYMETAL DEATH」で速攻ヒートアップ。メインステージは昨年の天下一武道会@日本武道館さながらの三角形を基軸としたもの。通常ステージに更に高台としてセットされているため後方でもなんとかその姿が確認できる高さ。

いつものMCなしで次々と曲を繰り広げていき、さいたまスーパーアリーナでも披露した新曲も挟み、早くも中盤のBLACKBABYMETAL&SU-METALソロコーナーへと移る。

聴く度に凄みを増す、SU-METALの「紅月-アカツキ-」で巨大モニターに映し出されたSUちゃんの目力がパワーを増してして神々しい。

やっぱり「4の歌」での煽りは盛り上がり、武道館のときくらい引っ張っても良かったが何回やっても「ヨンヨン!」のくだりは上がるわー。

そして映像からの新たな展開として新曲の披露。そこからの怒涛の定番曲はもう一気に流れ込んだ感じ。「イジメ、ダメ、ゼッタイ」でのMOSHは最大規模での回転か。「ヘドバンギャー!!」での大量むち打ちは大丈夫か。そんな後半の展開があっという間に過ぎ、最後は3人が旗を持ち「Road of Resistance」。再び彼女たちは新たな目標に向かってまた旅立つのであった。

最後に発表されたのは9月から12月にかけての日本国内ツアーの発表。東名阪札福のZeppツアーの後に12/12,13と横浜アリーナ2daysで締めるとのこと。しかしチケットは瞬殺でしょうね。


セットリスト:
01.BABYMETAL DEATH
02.ギミチョコ!!
03.ド・キ・ド・キ☆モーニング
04.ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
05.新曲
06.Catch me if you can

07.おねだり大作戦
08.紅月-アカツキ-
09.悪夢の輪舞曲
10.4の歌

11.新曲
12.いいね!
13.メギツネ

14.イジメ、ダメ、ゼッタイ
15.ヘドバンギャー!!
16.Road of Resistance

| | コメント (0)

2015年6月14日 (日)

LIVE鑑賞~東京女子流 5th Anniversary LIVE 2015@Zepp DiverCity

TOKYO GIRLS' STYLE 5th Anniversary LIVE -キラリ☆ into the new world-』2015/6/13(土)@Zepp DiverCity

Product_1017039

2010年5月にデビューした東京女子流が、今年5月にベストアルバムを発表しそのツアーを観戦。昨年末に"カワイイ"女子流を卒業し、大人な女子流への階段を登り始めた彼女たち。公式ペンライトもピンクから赤へとチェンジしそのスタイルは冒頭1曲目から現れる。

今回、全面椅子席での会場は満席で2階後方立ち見にて鑑賞。ステージとの距離はさすがにちょっと離れているが全体を見渡せるまずまずの環境。

ライブ開始で5人は黒を基調としたちょっと大人びた衣装で登場。1曲目から最新シングル楽曲を披露。EDM的なミックスの楽曲で新たな女子流を魅せる。続く「加速度」はディスコサウンドのノレる楽曲。途中の腕を回す振りが個人的にツボ。

現在の女子流サウンドを披露したあとは、ベストアルバムツアーということで今までの人気楽曲を次々と披露。久々(といっても半年ぶり?)に披露の「はなかっぱ」3曲も披露。やはりこの辺の楽曲の観客のノリはノリノリ。

バラードを挟んで、ラスト5曲を一気に畳み込む。特に「Limited addition」~「Partition Love」~「Count Three」の流れは良かった。

アンコールでは各自グッズT-シャツをアレンジした私服っぽい衣装で登場。これがまたカワイイ。デビュー曲「キラリ☆」と今年の楽曲「A New Departure」を披露し、この5年の集大成を感じた。

リーダーとして全体のMCを進行する庄司芽生は、すっかりリーダーらしく話をうまくまとめる感じで良し。しかし、話の最後でちょいちょい噛んでしまうところがまた彼女らしくて良いね。

その芽生ちゃんの隣にいつも居るよ!と割とMCに加わることの多かった中江友梨は、見る度に綺麗になってきてるなと実感。そしてちょいちょい見せるSっぽい発言がM男子を盛り上げさせる。

そして、MCにはあまり加わらないが、パフォーマンスで安定の絶対的センター新井ひとみは、声量もアップした感じで抜群のヴォーカル力とカッコ可愛いダンスを披露。

今回はバンドセットはなかったが、5人の素晴らしいパフォーマンスがあれば大丈夫なはず。次回単独ライブが9/22の渋谷duoと、規模が縮小気味なのが気になるところだが、せっかく大人の女性へのコンセプトを打ち出したのであればブレない活動をしっかりしていただき地道に再度ファンを獲得してもらいたい。


セットリスト:
01.Never ever (TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix)
02.加速度
03.Mine
04.月とサヨウナラ
05.GAME

06.鼓動の秘密
07.ゆうやけハナビ
08.きっと、忘れない。
09.Rock you!
10.W.M.A.D.
11.Attack Hyper Beat POP

12.おんなじキモチ
13.大切な言葉
14.ちいさな奇跡

15.Say long goodbye
16.追憶

17.Liar
18.existence
19.Limited addition
20.Partition Love
21.Count Three

EN1.キラリ☆
EN2.A New Departure

| | コメント (0)

2015年6月13日 (土)

LIVE鑑賞~武藤彩未 A.Y.M. ROCKS~MUTOな夜~@渋谷CLUB QUATTRO

武藤彩未「A.Y.M. ROCKS~MUTOな夜~」』2015/6/10(水)@渋谷CLUB QUATTRO

News_large_mutoayami_jk20130609_01

6月10日はムトウの日!ということで、昨年はアコースティックライブを行ったこの6月10日、今年はROCKなライブを魅せるコンセプトで2日連続渋谷クアトロで開催。初日の「ROCKな夜」公演は行けなかったのだが、中盤のガールズロックカバーなど大盛り上がりだったようで、ポニーテール彩未ちゃんも観たかったなー。

そして2日目は「MUTOな夜」公演ということで、クアトロのスタンディングゾーンいっぱいいっぱいに観客が詰まってライブ始まる前に熱気ムンムン。この日の整理番号はA100番台で、割と早めに入場はできたが当然前方エリアは埋まっており、右手高台側で斜めから鑑賞。それでもステージに近いのでしょっちゅう彩未ちゃんのレスをもらえる良ポジションと思えた。

19時回ってライブ開始で、ノリノリ定番曲を立て続けに披露。前回が渋谷公会堂で余裕あるホールでの鑑賞も良かったが、やはり良い意味で圧迫感のあるライブハウスでノリノリで観るライブも悪くない(鑑賞後は3時間立ちっぱなしってのもあり疲労感ハンパなかったが・・)。

中盤のカバーコーナーでこの日は彩未ちゃんが大好きな80年代アイドルカバーをロックテイストアレンジで披露。大好きな松田聖子は2曲披露で、通好みな「BITTER SWEET LOLLIPOPS」までピックしてるところがホントに好きなんだなと。そして古くからのファンは、さ学楽曲「オトメゴコロ。」の披露が堪らなかったであろう。

さらに「なんてったってアイドル」では、途中の歌い出しを間違えるハプニングあり。そうなるとどうなるか?後のお楽しみで。

再びオリジナル楽曲に戻り、恒例の振り入れコーナーからのタオル回し楽曲「RUN RUN RUN」でエンジン全開。タオル振り回すって楽しいよね。その後、新曲「HAPPY CHANCE」ももう観客のフリもバッチリな定番曲になりつつあり最後は「彩りの夏」でシメ。

アンコールでは恒例のグッズT-シャツをアレンジしたかわいい衣装で登場。そして予定外ではあるがいつものリベンジとして再度「なんてったってアイドル」を披露。今度は構成バッチリだったね((笑)


最後にこれまた恒例となりつつ、観客がエンディングのBGMにノリノリでいつまでも帰らないのでダブルアンコールで登場。これも予定外であるので再度「彩りの夏」でシメ。

そして今年も関東ライブハウスツアーを、原点に戻って1人で行うことを発表。7/18の西川口ハーツは必ず行くよ!

セットリスト:
01.A.Y.M.
02.Doki Doki
03.Daydreamin'
04.交信曲第1番変口長調
05.宙

06.Rock'n Rouge / 松田聖子
07.黄砂に吹かれて / 工藤静香
08.北ウイング / 中森明菜
09.BITTER SWEET LOLLIPOPS / 松田聖子
10.オトメゴコロ。 / さくら学院
11.なんてったってアイドル / 小泉今日子

12.RUN RUN RUN
13.パラレルワールド
14.HAPPY CHANCE
15.彩りの夏

EN1.明日の風
EN2.なんてったってアイドル / 小泉今日子
EN3.OWARI WA HAJIMARI

EN4.彩りの夏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »