« LIVE鑑賞~HKT48 指原莉乃座長公演@明治座 | トップページ | LIVE鑑賞~武藤彩未 Special Live「BIRTH」@渋谷公会堂 »

2015年4月27日 (月)

LIVE鑑賞~坂本真綾 20周年記念LIVE@さいたまスーパーアリーナ

坂本真綾20周年記念LIVE "FOLLOW ME"』2015/4/25(土)@さいたまスーパーアリーナ

News_xlarge_maaya_request_case01


11178204_681093715353040_1889501149

1996年4月24日にシングル「約束はいらない」でデビューした坂本真綾。この2015年4月でデビュー20周年イヤーに突入し、4/22トリビュート・アルバム発売。そしてこの4/25に一日限りの過去最大級18000人収容の記念ライブを開催。

2010年3月31日のマーヤ30歳誕生日に15周年記念ライブを日本武道館で開催して以来の大規模ライブに全国からマーヤファンが集結。朝一からグッズ販売開始で多くのファンが詰め寄り、開場時の14時にはガチャガチャやT-シャツなど売り切れ商品も続出。ただし、悪天候にも備えてグッズ売り場をBゲート内で広く確保しており、結果好天ではあったがひどく待たされることなく売り場にたどり着けた感あり。

今回の座席は、メインステージ真横に近い200レベル前方。ほぼステージを横から観るポジションで、音や映像などセンターゾーンから外れるので微妙だが、マーヤちゃんが端まで来た時の近さはハンパない距離感である。果たしてどの程度来てくれるのかドキドキ。

通常マーヤライブではペンライトなどの光物は禁止であるが、この日は各座席に無線機能付きリストバンド型ライト「FreFlow」が配布されており、各自指や手首や伸ばして手に持ったりと自由なスタイルで所持し、楽曲に合わせ会場があらゆる光でコントロールされる演出あり。

16時の開演でバンドメンバーが現れ演奏開始。ほどなくしてマーヤ登場で新旧の疾走感ある楽曲を続ける。「tune the rainbow」での7色を使い分けたライト使いなど照明も含め光に拘った演出である。

そんな会場のライト演出が気に入り、マーヤが長い棒(ライトセーバー?)でライトをコントロールし始め、ドSマーヤが観客に対し「愚民ども」と罵られる場面あり。そんなドSマーヤはもう鉄板で、ドM観客はそのトークに満面の笑顔で応えるのが定番。

続くアコースティック・コーナーではセンターステージに、今堀恒雄(guitar),扇谷研人(key),三沢泉(perc)を引き連れ移動し、名曲「指輪」など披露。

そういえば今回のバンドメンバーで、初期からずっと帯同していた佐野康夫(drum)が不在で鶴谷智生が叩いていたが、やっぱり節目のライブは佐野さんの疾走感あるドラムが欲しい。多忙スケジュールでやむを得なかったんでしょうが、ここは重要な点なのでよろしくです。

そして「coming up!」のエンディングギターソロなどの間にマーヤ退出。続いてスポットライトがグランドピアノに当てられ、そこには菅野よう子の姿が!初期楽曲から多くのマーヤx菅野楽曲をピアノメドレーで奏で、途中にマーヤ作曲「everywhere」を初め、菅野楽曲以外の名曲も交えながらメドレーを続ける。菅野さんが自分楽曲以外をこうして披露するのは観たことがなく感慨深いものあり。メドレー最後の「約束はいらない」は途中から菅野さんの煽りで会場全体で合唱となり、続けてマーヤ登場で改めて「約束はいらない」からの「プラチナ」からの「光あれ」は圧巻の世界観。

菅野さんは一旦退き、「トライアングラー」からの勢いある楽曲で畳みかけ、「マメシバ」ではステージ端までマーヤが近づき、大好きなこの曲を間近で歌うマーヤが観れてもう感無量!!

本編終了後、すぐにモニターに「the band apart」の名前が現れセンターステージ上部からなにやら新しいステージが降りてきてドラムセットがそこに組まれておりメンバー登場でそのステージに向かう。トリビュート・アルバム1曲目収録の「約束はいらない」バンアパ演奏で披露。続けてマーヤ登場でバンアパが手掛けた楽曲「Be mine!」を披露。ロックバンドに交じって歌うマーヤが凄く楽しそうでこういうこともやりたかったんだろうなと。トーク担当のベースの原さんが「マーヤさんとやると、いつも新しいことに挑戦させられるんすけど、今回イヤモニっての初めて使いました。なんか豪華なカラオケみたいで、こんなのつけててよく歌えるなって、マーヤさん凄くないっすか?」みたいなトークが面白く、一気にバンアパの存在が身近に感じた瞬間だった。

そして再び菅野さん登場で、1stアルバムからライブではめったに聴けなかった「そのままでいいんだ」を披露。続く「eternal return」では2011年のツアー「坂本真綾LIVE TOUR 2011 "You can't catch me"」の演出をリニューアルしたスクリーン映像とともに巨大なバス型の風船が登場。これがマーヤ最大のサプライズとなり、思わず感極まって歌うことになった。この2011年ツアーは開始直後に震災があり、当初のセットや楽曲を変更せざるをえなく、この風船バスはほぼ使用できずに終わっていたものを再現したわけで、当時の想いが湧いてきたことであろう。

この20年に対する思いやこれからについて述べたうえ、最新曲「これから」をピアノ弾き語りで披露。常に前に向かっているマーヤの強い思いを感じた1曲であった。最後は出演者全員登場で観客大合唱の「ポケットを空にして」。

3時間半に渡る内容はあっという間に過ぎた感じ。あと5年、10年、20年とよろしくですー。


セットリスト:
01.幸せについて私が知っている5つの方法
02.マジックナンバー
03.スクラップ~別れの詩
04.ループ
05.SAVED.
06.色彩
07.tune the rainbow

08.パイロット
09.指輪
10.奇跡の海
11.coming up!

12.菅野よう子ピアノメドレー
夜明けのオクターブ~しっぽのうた~紅茶~ Rule~色褪せない日々~バイク~光の中へ~everywhere~Gift~ユッカ~さいごの果実~Buddy~約束はいらない

13.約束はいらない(with 菅野よう子)
14.プラチナ(with 菅野よう子)
15.光あれ(with 菅野よう子)

16.トライアングラー
17.ヘミソフィア
18.レプリカ
19.マメシバ
20.おかえりなさい
21.風待ちジェット
22.シンガーソングライター

EN1.約束はいらない(the band apart)
EN2.Be mine!(with the band apart)
EN3.そのままでいいんだ(with 菅野よう子)
EN4.eternal return
EN5.これから
EN6.ポケットを空にして(with 菅野よう子,the band apart)

|

« LIVE鑑賞~HKT48 指原莉乃座長公演@明治座 | トップページ | LIVE鑑賞~武藤彩未 Special Live「BIRTH」@渋谷公会堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LIVE鑑賞~HKT48 指原莉乃座長公演@明治座 | トップページ | LIVE鑑賞~武藤彩未 Special Live「BIRTH」@渋谷公会堂 »