« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月30日 (土)

LIVE鑑賞~Negipecia@LIQUIDROOM ebisu

Negicco×Especia「9 girls!」~Tokyo girls!~』2014/8/26(火)@LIQUIDROOM ebisu

140722_negipecia


NegiccoとEspeciaによる今夏限定の合体ユニット「Negipecia」の東阪新2マンライブツアー“9 girls!”。そのツアーファイナル東京公演に参戦。

開場時間より少し前の時間にロビーに到着。そこでは購入者特典のチェキやらハイタッチ会が行われていて早くもメンバーの姿が拝めてしまう緩やかな空間がそこにあった。

ほどなく開場して整理番号150番台であったが左側最前2列目あたりを確保。これはステージ近くでメンバーのお顔がしっかり確認できるわ。

開演まで結構時間があってずっと立ちっぱなしは中年にはきついが、オープニングDJとして”ユメトコスメ” 長谷泰宏が80年代ディスコやらAORやらをノンストップMIXで流しており聴いているだけ結構盛り上がる選曲で良かった。

そんなこんなで19時過ぎにまずはEspeciaが登場。正直なところライブは初見で音も最新アルバムを少々聴いた程度。アイドルにはなかなかないアーバンなサウンドをベースに大阪ならではの明るさのパフォーマンスが特徴なんでしょう。

開演前に聴いていたDJサウンドの流れそのままに、ミディアムテンポなR&B風トラックに合わせ、6人が代わる代わる前に出てきてパフォーマンス。個人的には「アバンチュールは銀色に」でのイントロピアノサウンドが好きで体がノッてくる。

そんな中、大体センターで可愛らしく伸びやかに歌っている、脇田もなりに目が行き始め時折目線が合ってドキドキしたものであった。

O0480064012733842306


続いてNegicco登場。今年ライブを観るのは3回目くらいだが、気になったのがかえぽがちょっと垢抜けて可愛くなっていたこと。本人は控えめなMCで「ツイハイ」「ツイハイ」と言っていたが、最初「ツイハイ」って何ぞや?と思ってたら「ツイ廃」→「ツイッター廃人」→「つぶやきまくってる人」のことだったことが判明。ファンはそんなつぶやきを楽しみにしているわけであるから継続ってことで(笑

センターNaoちゃんは、相変わらずのダジャレ王っぷりを発揮して会場がどんな空気になろうが言い切ることが大事ってことを思い知らされた。

ライブは2マンながら10曲披露でバラエティなセットリスト。最新シングル「サンシャイン日本海」「フェスティバルで会いましょう」はライブで聴くとより楽曲の良さを痛感。「僕らはともだち」では両脇のファンとガッチリ握手し、「圧倒的なスタイル」では肩を組んでラインダンスも体験。すっかりネギまみれになったテンションで、「さよならMusic」からの「ときめきのヘッドライナー」と来れば盛り上がりは最高潮。いつ聴いても「ヘッドライナー」で胸がときめくわー。

Negicco_asha_a_web




最後は9人全員登場でNegipecia。2組の仲の良さが伝わる微笑ましいステージである。「Girl's Life」はあの巨匠・後藤次利が作曲とベースを担当しておりクレジットにはドラムで村上"ポンタ"秀一の名前もあるでわないか!そんな良曲を最後に披露して2時間強のライブは終了。

4997184946681


セットリスト:

Especia

01.くるかな
02.MIDAS TOUCH
03.アバンチュールは銀色に
04.きらめきシーサイド
05.水着・浴衣・花火・背伸び
06.パーラメント
07.ナイトライダー
08.ミッドナイトConfusion
09.No1 Sweeper

Negicco

01.水着・浴衣・花火・背伸び
02.スウィート・ソウル・ネギィー
03.サンシャイン日本海
04.僕らはともだち
05.圧倒的なスタイル
06.フェスティバルで会いましょう
07.相思相愛
08.さよならMusic
09.ときめきのヘッドライナー
10.トリプル!WONDERLAND

Negipecia

01.ミッドナイトConfusion
02.アイドルばかり聴かないで
03.Girl's Life

| | コメント (0)

2014年8月23日 (土)

LIVE鑑賞~AKB48コンサート2014@東京ドーム最終日

AKB48グループ東京ドームコンサート「~するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?~」AKB48グループ公演』2014/8/20(水)@東京ドーム

6fd1e516
AKB東京ドーム公演の最終日。影アナは渡辺麻友。そして1曲目「少女たちよ」で外野両脇よりトロッコに乗って選抜メンバー登場。やはり最終日とあって、観客の冒頭のテンションが今までとは違う。

ユニットコーナーでは、乃木坂46の「ガールズルール」をさっしーセンターながら乃木坂メンバーでもある生駒ちゃん、松井玲奈たむを擁し披露する。HKTライブでは乃木坂楽曲披露はあったがAKB公演に持ってくるとはさすが。

そして、てんとうむChu!による「遠距離ポスター」、まゆゆ、ぱるる、さくらたん、りっちゃんの強力メンバーによる「アイドルなんて~」と強力ユニットが続いた。

次に姉妹グループメドレーとなり2曲ずつ披露。最新曲+ノリノリ楽曲を持ってきて、AKB本店よりもある種盛り上がりを見せる。とりわけ、HKTはさっしーが1人登場して他のメンバーを呼び出すとベンチ裏で宮脇さくらたんがメンバーに食べられてる?みたいな映像が登場し続く楽曲はもちろん「桜、みんなで食べた」!続くキラーチューン、「メロンジュース」では会場全体が緑色になる統一感も素晴らしい。みんなメロンジュース大好きなんだよね!

続くAKBの番では、向井地みーおんセンターによる「君と虹と太陽と」でキターって感じ。その後の「Beginner」~「Escape」~「カモネギックス」~「毒蜘蛛」と各グループがダンスに特化したメンバーでクールに展開。この流れは結構かっこよくて良かった。

後半で面白かったのは、ラストに向けていつもならAKBシングル曲が続き終わるところ、全員出演ながら間に姉妹グループ楽曲も盛り込み全員で続けて披露し、勢いよく本編が終了。

アンコールでは、前日のアップカミング、アンダーガールズ楽曲披露の続きでネクストガールズ、フューチャーガールズ楽曲披露。フューチャーなかなか良かった印象。

そして最後のMCでたかみなが、公演タイトルにもある❝卒業❞について触れ始め、怪しい(?)メンバーに1人1人確認したところ、結果として誰も卒業なし!まあ、ここまでフリがある中、卒業発表する主要メンバーはいないでしょうね。

最後は通常通りのエンディングを迎えて何事もなく終了した東京ドーム公演であった。

セットリスト:
00.overture
01.少女たちよ
02.会いたかった
03.ファースト・ラビット
04.フライングゲット

05.ガールズルール(指原莉乃・生駒里奈・松井玲奈・柴田阿弥・須田亜香里・峯岸みなみ・渡辺美優紀)
06.ハートエレキ(小嶋陽菜・柏木由紀・宮澤佐江・山本彩・横山由依)
07.Bird(高橋みなみ・松井珠理奈)
08.遠距離ポスター(小嶋真子・岡田奈々・西野未姫・北川綾巴・渋谷凪咲・朝長美桜・田島芽瑠)
09.アイドルなんて呼ばないで(渡辺麻友・島崎遥香・宮脇咲良・川栄李奈)
10.イビサガール(NMB48選抜)
11.北川謙二(NMB48)
12.不器用太陽(SKE48選抜)
13.アイシテラブル!(SKE48)
14.桜、みんなで食べた(HKT48選抜)
15.メロンジュース(HKT48)
16.君と虹と太陽と(AKB48選抜)
17.Show Fight!~Beginner(AKB48選抜)
18.Escape(SKE48選抜)
19.カモネギックス(NMB48選抜)
20.毒蜘蛛(HKT48選抜)
21.桜の木になろう(グループ選抜)

22.47の素敵な街へ(チーム8)
23.スイングジャズメドレー(AKB48選抜)
24.ラブラドール・レトリバー(AKB48)
25.恋するフォーチュンクッキー(AKB48)

26.君のことが好きだから(グループ選抜)
27.昨日よりももっと好き(グループ選抜)
28.UZA(グループ選抜)
29.前しか向かねえ(グループ選抜)
30.大声ダイヤモンド(総選挙選抜+AKB48 ALLメンバー)
31.ウィンクは3回
32.オキドキ
33.青春のラップタイム
34.言い訳Maybe
35.Everyday、カチューシャ
36.ヘビーローテーション
37.タンポポの決心

EN1.ひと夏の反抗期(ネクストガールズ)
EN2.性格が悪い女の子(フューチャーガールズ)
EN3.心のプラカード

EN4.AKBフェスティバル
EN5.ひこうき雲

| | コメント (0)

LIVE鑑賞~AKB48コンサート2014@東京ドーム初日

AKB48単独東京ドームコンサート~するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?~』2014/8/18(月)@東京ドーム

6efb47c7
今年の8/18~20の3日間に渡って行われるAKB48グループ東京ドームコンサート。その初日は、意外にもAKB48単独では初となる東京ドームライブ。過去行ってきたドームコンサートはグループ全体出演であり、SKE48が既に単独名古屋ドームコンサートを行っているだけに、ようやくAKB48単独が実現。

とは言っても、初代神セブンのうち、前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美といった主要メンバーが卒業し、松井珠理奈、山本彩、宮脇咲良、朝長美桜といった支店兼任メンバーや、この春支店から移籍してきた木崎ゆりあ、小笠原茉由、中西智代梨といったメンバーがいる現在のAKB48というものがまだ馴染めない感じでの単独ライブなので、あまり単独感を感じなかったのが正直な感想。

この日の影アナは高橋みなみ。テンション上げたところで1曲目は「言い訳Maybe」。選抜メンバーが外野方向から自転車に乗って登場。その勢いで次々と曲を披露。

ユニットコーナーでは、島崎ぱるる、山本彩ねえ、川栄りっちゃんがそれぞれセンターで披露。トピックはエンドステージに表れた、生駒ちゃんを始めとするフレッシュなAKB兼任メンバーでの「ガラスのI LOVE YOU」個人的にはこのユニットが一番良かったかな。

その後は各チームやシングルカップリング楽曲を続けて披露。普段の大型ライブではなかなか聞けない楽曲も多く、そこは単独ライブの醍醐味と言える展開である。

そして現チーム4選抜メンバーによる「桜の木になろう」を披露。この楽曲、シングル曲にも拘わらずライブではほぼ披露されてことのないのだが、夏のライブでこの曲を披露するには何かあるのか?と思わせたくらい(結果、何もなかったみたいだが・・)生歌だったので、途中声が上ずっているのがわかるくらいメンバーが涙ぐんで歌っていたので、やっぱり何かあるのか?(結果、何もなかったみたいだが・・)

チーム8が2曲披露したが、結果として大きい会場だと1人1人がよくわからないので特にスタンド席にはあまり認知につながらないのが残念。

そしてヒット曲をスイングジャズにアレンジしたメドレーでメンバーが宙を舞ったり踊ったり新しい試みを披露。間近で観てたら格好よかったかもしれないが、うーんと思わせる演出だったかな。そもそも冒頭の学校をコンセプトとした変な教師みたいなものもいらなかったなー。

次に8月いっぱいで卒業が決まっている大人AKB塚本まりりセンターとフレッシュなメンバーを周りにしたがえた「上からマリコ」もなかなか良かった。だって、向井地みーおんと朝長美桜たすが良ポジにいたわけだし。

201408182031467fa15


最後の曲の前に登場したのは入山杏奈。全員で気持ちを込めて歌った「アリガトウ」で本編終了。あんにんはこの1曲だけの参加であるが、これで現在のAKB48メンバー全員が揃った感動の場面であった。

アンコールは定番曲から最新シングルまでを披露。でも優子なしヘビロテ、指原なし恋チュンで何か物足りなさを感じてしまう流れだったかな。ヘビロテはやっぱり優子後継者のみーおん使ってほしいわけ。


セットリスト:
00.overture
01.言い訳Maybe
02.大声ダイヤモンド
03.GIVE ME FIVE!
04.Dreamin' girls
05.Dear my teather

06.ボーイハントの方法教えます(島崎遥香・兒玉遥・加藤玲奈・前田亜美)
07.奇跡は間に合わない(山本彩・倉持明日香・北原里英)
08.50%(川栄李奈・田野優花・大島涼花・平田梨奈・市川愛美・相笠萌・湯本亜美・中西智代梨・宮崎美穂・岩田華怜)
09.ガラスのI LOVE YOU(生駒里奈・宮脇咲良・朝長美桜・矢倉楓子)
10.ハートの脱出ゲーム(チーム4)
11.偉い人になりたくない(チーム4)
12.Ruby(高橋みなみ・小嶋陽菜)
13.チームB推し(チームB)
14.正義の味方じゃないヒーロー(チームB)

15.君は気まぐれ(チームA)
16.ずっとずっと(チームA)
17.ハンパなイケメン(峯岸みなみ・高城亜樹・岡田奈々・田名部生来・石田晴香・島田晴香・岩佐美咲)
18.チューしようぜ!(大和田南那・向井地美音・佐々木優佳里・岩立沙穂・篠崎彩奈・小笠原茉由・川本紗矢・達家真姫宝・後藤萌咲・込山榛香・小林茉里奈・名取稚菜)
19.Seventeen(小嶋真子・村山彩希・渋谷凪咲・古畑奈和・土保瑞希・茂木忍・藤田奈那・高島祐利奈・北澤早紀・橋本耀)
20.Choose me!(横山由依・木崎ゆりあ・小谷里歩・武藤十夢・小嶋菜月・大川莉央・内山奈月・梅田綾乃・前田美月)
21.制服レジスタンス(松井珠理奈・高橋朱里・西野未姫)
22.青空のそばにいて(渡辺麻友・柏木由紀)
23.彼女になれますか?(チームK)
24.スクラップ&ビルド(チームK)
25.桜の木になろう(岡田彩花・岡田奈々・峯岸みなみ・北澤早紀・木崎ゆりあ・西野未姫・前田美月・梅田綾乃・村山彩希)

26.10年桜(チーム8選抜)

27.47の素敵な街へ(チーム8)
28.スイングジャズメドレー
<Everyday、カチューシャ→君のことが好きだから→心のプラカード→ポニーテールとシュシュ→ラブラドール・レトリバー→恋するフォーチュンクッキー→GIVE ME FIVE>
29.ラブラドールレトリバー
30.AKBフェスティバル

31.上からマリコ(塚本まり子+選抜メンバー)
32.Party is over(選抜メンバー)
33.Beginner(選抜メンバー)
34.重力シンパシー
35.ポニーテールとシュシュ
36.ファーストラビット
37.Everyday、カチューシャ
38.君のことが好きだから

39.ありがとう

EN1.愛の存在(選抜メンバー)
EN2.ヘビーローテーション
EN3.恋するフォーチュンクッキー
EN4.ひこうき雲

EN5.心のプラカード

| | コメント (0)

2014年8月12日 (火)

LIVE鑑賞~rieco「So right」リリース記念ライブ

『1st mini album rieco「So right」Release Live』2014/8/12(火)@南青山Future SEVEN

Cocp38700

今年7月に1stミニアルバムを発売したrieco。その発売記念ライブをCD購入者応募当選者など100名ほどを前に行われた。

地元・福岡で10年近くライブ活動を行って地道にファンを獲得してきたrieco。この日も福岡を始めとする全国各地からコアファンが参加。観客との距離感が近い会場だけに1曲目から一体感が凄かった。

終始笑顔で楽しそうに歌うriecoの姿を観ているとこちらも自然と微笑んでくる、そんなパフォーマンス。MCで思わず出てしまう博多弁がなんともキュートで人柄がにじみ出る感じ。

そしてこのライブのバックにはレコーディングにも参加した凄腕ミュージシャンが参加。そのメンバーは、マサ小浜(Guitar),日野”Jino”賢二(Bass),江口信夫(Drums),Kaleb James(Key),Fire Lily(Cho),Nona*Iwamura(Cho)。個人的には江口信夫と日野”Jino”賢二の強力リズム隊が間近で観れる喜び。

そしてこのメンバーで発見したのが、コーラス&パーカッションの美女、岩村乃菜

Nona_2


すんません、完全に見とれてしまいました。rieco以外にもmiwaなどのサポートメンバーでもあり売れっ子みたいであったが、生で確認したのが今日が初めてですんません。

最初は女性2名コーラスで綺麗なハーモニーだなあと思っていたら、途中カホーンなどパーカッションを駆使しながらのコーラスで思わず見入ってしまった。アンコール最後に披露した「Shining」では、riecoの弾き語りとNonaのコーラス&パーカッションによるアコースティックな良曲。しかもNonaがステージセンターにいたものだから更に見とれてしまったわけ。



セットリスト:
01.Forever I'm yours
02.Crazier
03.Over Again
04.雨

05.Don't forget about....
06.KIBOH
07.So right

EN1.Shining

| | コメント (0)

2014年8月 4日 (月)

LIVE鑑賞~水樹奈々@横浜スタジアム2014

『animelo mix presents NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014 supported by JOYSOUND Calbee JAPAN AIRLINES』2014/8/3(日)@横浜スタジアム

51m3f1iievl

毎年恒例の奈々ちゃん夏の大型ライブの季節がやってきた。2014年4月に10枚目アルバム『SUPERNAL LIBERTY』を発売し、アルバムを引っ提げる形で全国ツアーが始まり、この日はツアー最終公演。

過去、千葉QVCマリンフィールド、西武ドームなどのスタジアムクラスで関東は行われてきたが、今年は横浜スタジアム。当日発表されたが、この日の観客数は32000人で浜スタ史上最大収容とか。

奈々ちゃんは晴れ女なのか、過去野外ライブで記憶にあるのはいつも晴天。ただし日中猛暑で開場時はうだる暑さであったが、開演時には日も沈みかけ浜風が心地よくて夏の野外ライブとして絶好の気候であった。

17時過ぎにモニターに映像が流れライブ開始。いつも登場で度肝を抜かれることが多いが、今年もやってくれました。メインステージ最上部から飛行機に乗って登場!ワイヤーに吊るされた飛行機が中央花道に着陸する中1曲目を堂々と歌唱。

最新アルバムを中心に披露する展開であるが、時折挟む楽曲が昔からのファン心をくすぐるあまり披露しない楽曲もあり。

途中、アルバムにも収録されているドリカムカバー「笑顔の行方」からの、サイコロ振って出た目のカバー曲を歌うコーナーもあり、結果★マークが出てバックメンバー選択により中森明菜カバー「DESIRE~情熱~」を披露。

<SHORT MOVIE>では映像ではあるが、悠木碧と有野課長が登場し奈々ちゃんと絶妙な掛け合いを見せる。そのフライト映像からライブに戻るとどこから奈々ちゃん登場するかと思ったら、3本のワイヤーに吊るされ空中を舞う状態。過去にセンターゾーンをワイヤーで真っ直ぐ通って行くのはあったが、今回は3本のワイヤーで、一塁側からバックネットから3塁側スタンドの近くまで空中で飛び回り、まさに真下から奈々ちゃんを見上げる状態まであり。これは今まで見た空中ショーでも群を抜いて凄い!

アンコールでは球場をゴンドラ一周で登場。おかげで間近で奈々スマイル拝めた!ダブルアンコールでも再びワイヤーに吊るされ3万人にご挨拶。

今回のツアー途中で体調不良もあった奈々ちゃんであったが、この日のライブはいつも通り素晴らしいパフォーマンス。当たり前のように見えてしまうが相当凄いのは、4時間に渡るスタジアムライブで、圧倒的な歌唱力にスマイルを終始維持していること。もちろんソロアーティストなので誰かに任せることもなく一人で歌い続けるわけだし。

途中いろいろ告知もあったが、10月放映開始アニメ『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』で主演及び主題歌を担当。10月15日にそのシングルが発売。

そして来年1月17,18日にアコースティックライブをさいたまスーパーアリーナのスタジアムモードで開催。アコースティックでこの規模はなんだかやっぱり凄いわ奈々ちゃん。

セットリスト:
01.VIRGIN CODE
02.NEXT ARCADIA
03.革命デュアリズム

04.Million Ways=One Destination
05.Don't be long

<Cherry Boysコーナー>

06.Fun Fun★People
07.ドラマティックラブ

08.笑顔の行方

09.DESIRE~情熱~

10.空時計
11.FATE

<TEAM YO-DAコーナー>

12.GUILTY
13.still in the groove

14.undercover
15.アンティークナハトムジーク

<SHORT MOVIE>

16.Vitalization-Aufwachen Form-
17.アパッショナート
18.ETERNAL BLAZE

19.New Sensation
20.Rock you baby!
21.POWER GATE

22.ミラクル☆フライト

EN1.時空サファイア
EN2.セツナキャパシティー
EN3.innocent starter
EN4.DISCOTHEQUE

EN5.アオイイロ

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »