« LIVE鑑賞~東京女子流 4th JAPAN TOUR 2014@日比谷野音 | トップページ | LIVE鑑賞~少女時代 Japan 3rd Tour@代々木第一体育館 »

2014年6月22日 (日)

LIVE鑑賞~みみめめMIMI 1stLIVE@赤坂BLITZ

みみめめMIMI 1stLIVE“Welcome to みみめめLAND”』2014/6/22(日)@赤坂BLITZ

62ad14e3e0641dabf58c1604e2d0d807

みみめめMIMIとは?

シンガーソングライターの<ユカ>と学友であるイラストレーターの<ちゃもーい>からなる目と耳から刺激する新世代視聴覚ユニット。(公式HPより)

会場に入ると、ステージに白幕が貼られておりそこに映像が流れる状態。開演前はそのスクリーンに幾何学な映像がループしていてDJがアニソンからアイドルソングをかけている。

そして18時過ぎに開演でスクリーンには<ちゃもーい>による映像が流れ、その幕の後ろにヴォーカルの<ユカ>が透き通る感じで登場。このまま謎のヴォーカル的な感じでライブが進行するかと思いきや、2曲目で幕が下り<ユカ>が顔出しする。が、まだ照明をしっかり当てずその神秘性を残しつつライブは進行。

2曲終わってMCに入り、ようやくステージ前面に出てきてしっかりと姿を公開。わかる人には彼女が誰かもうわかっていると思われるが、ここではまだはっきりとは言及しないスタンス。

とにかく1stライブということで、おそらく緊張感はハンパないと思われ前半は堅さもあったであろうが、5曲ほど歌いきって一汗かいたあたりからなにか吹っ切れたのかな?テンションが上がってきて声量も出てきて良くなってきた。

特に「瞬間リアリティ」から「サヨナラ嘘ツキ」あたりは楽曲の疾走感と相まって、<ユカ>の歌い上げ感がMAXになってきて体が熱くなるものを感じた。

そしてアンコールでは<ユカ>ピアノ弾き語りによる披露で、最初の「センチメンタルラブ」はまさにセツナ系が前面に出たライブ演奏。弾き語りによって自分のテンポで歌い上げるため、より感情が籠ってオリジナル・ヴァージョンとは全く違う印象を与えた。

最後の「SAY-YOU」を歌う前のMCで「もう一人の自分へ・・・SAY-YOU(声優?)」掛詞なのか?これまた感情のこもった素晴らしい演奏だった。

そして最後の挨拶で、「ヴォーカルはタカオユキでした。」と発表。これにより、<ユカ>はタカオユキであり、声優のタカオユキとシンガーソングライターとしてのタカオユキを同一に活動していく宣言にもなったわけ。

130705_lisani_tv05



セットリスト:
01.Mr.Darling
02.センチメンタルラブ
03.蝶~Butterfly~
04.Am I Ready?
05.閃光ハナビ
06.瞬間リアリティ
07.サヨナラ嘘ツキ
08.ミッディ

EN1.センチメンタルラブ
EN2.SAY-YOU

|

« LIVE鑑賞~東京女子流 4th JAPAN TOUR 2014@日比谷野音 | トップページ | LIVE鑑賞~少女時代 Japan 3rd Tour@代々木第一体育館 »

コメント

Hello.This post was really motivating, especially since I was browsing for thoughts on this issue last week.

投稿: Faith | 2014年6月27日 (金) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LIVE鑑賞~東京女子流 4th JAPAN TOUR 2014@日比谷野音 | トップページ | LIVE鑑賞~少女時代 Japan 3rd Tour@代々木第一体育館 »