« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月24日 (日)

LIVE鑑賞~椎名林檎 十五周年 党大会 平成二十五年神山町大会

椎名林檎十五周年 党大会 平成二十五年神山町大会』2013/11/20(水)@Bunkamura オーチャードホール

600_r News_large_shiinaringo_ukina_shokai News_large_shiinaringo_mitsugetsush

1998年にシングル「幸福論」でデビューを飾った椎名林檎が、今年デビュー15周年を迎え、これを記念して、1998年から今年にかけて客演という形で“男性”アーティストと奏でた楽曲より椎名林檎自らが編纂したコラボレーションベストアルバム「浮き名」、そして歴代のライブからの厳選音源を収録したライブベストアルバム「蜜月抄」が同時リリースされた。

更には5年ぶりとなるソロライブが11/18よりオーチャードホールで数日に渡り行われ(まだ開催途中)、その活動は活発である。

東京事変でのライブは何度か鑑賞する機会は会ったあったのだが、林檎ソロ名義は初めて。しかも今回はアコースティックセットによる比較的距離感の近いホールでのライブとあって貴重なものである。

ドラム、コントラバス、ピアノ、ハープ、そして斉藤ネコを筆頭とする弦楽器というセッティングによる完全アコースティックとあって幻想的な展開。

林檎も3回ほど衣装チェンジし、時にはセクシーに時にはガーリーに雰囲気を変えてくる。

時折ちょっとしたMCや「中の人コーナー」という名義でアナウンス方式で林檎現状を語る時間はあったものの、淡々と進行していくライブで約90分でライブ終了。

セットリスト:
01.都合のいい身体
02.IT WAS YOU
03.カーネーション
04.カリソメ乙女
05.My foolish heart
06.浴室

07.熱愛発覚中
08.二人ぼっち時間
09.色恋沙汰
10.いろはにほへと
11.おいしい季節
12.旬
13.女の子は誰でも

14.孤独のあかつき
15.都会のマナー
16.新曲
17.月夜の肖像
18.密偵物語
19.殺し屋危機一髪
20.茎

EN1.丸の内サディスティック
EN2.幸先坂



| | コメント (0)

2013年11月17日 (日)

2013年個人的注目~上間美緒

上間美緒

生年月日:1993年2月5日(水瓶座)
血液型:A型
出身地:福岡県
身長:153cm
B75-W56-H76

Profileimg

最初に見かけたのは2010年「週刊ヤングジャンプ」。「日本縦断美少女発見グラビア」企画『ギャルコン2009』でグランプリ受賞したことで水着グラビアなど掲載されていて、普通にかわいいなとは思ってたけど、当時はそこまで気に留まってなかったかな。

その後、non-noでSサイズモデルとして活動したり、映画やドラマのチョイ役などで出演もしていたようだが、これまたそこまで目に留まらなかったかな。

そんな中、毎週録画チェックしていたTBS深夜番組『ツボ娘』に今年の9月に出演。いやー、その頃忙しくて録画チェックできたのが最近という放置しすぎであったのだが、これを観たらもう釘付け。

ルックス良し、小柄良し、声かわゆし、スタイル良し。そしてプロ野球好きトーク。福岡出身ということもあり元々はホークスファンだと言っていたが、現在は巨人ファンとか!いやー、いくらでも東京ドーム連れて行きますよ。

ちなみにテレビの印象は超清楚だったけど、こんな水着グラビアもやってけしからんねー。

Tumblr_mpd6f11xro1qzbcmfo1_500

あと、こんなアニメコスプレもやっててその完成度は素晴らしい。

339226

| | コメント (0)

2013年11月10日 (日)

LIVE鑑賞~柏木由紀 3rdソロライブ@横浜アリーナ

柏木由紀 3rdソロライブ 寝ても覚めてもゆきりんワールド~もっと夢中にさせちゃうぞっ~』2013/11/7(木)@横浜アリーナ

41pav91vhl_sl500_aa300_

AKB48の柏木由紀(以下、ゆきりん)が3回目となるソロライブを、AKBソロメンバー史上最大規模の横浜アリーナで開催。1回目がソロデビュー前なのに、写真集発売記念で中野サンプラザで約3000人規模を抽選招待。2回目がソロデビュー記念で東京国際フォーラムホールAで約5000人規模を、これまた抽選招待。

今回のライブは2ndソロシングル『Birthday wedding』発売記念でCD購入者応募抽選、及び一般発売もあり約1万人規模での実施。

最初の登場は中央天井からウェディングドレスに身を包んだゆきりんがブランコに乗って登場。この度肝を抜く登場に感極まったファンも多かったはず。

そのままアリーナ中央ステージに降り立ったゆきりんは、今度はゴンドラに乗ってメインステージへと空中移動。その後もクレーンゴンドラに乗り、会場を一周し全方位の観客にご挨拶。ここまでやってくれると、どんなに広い会場でも1回は近くでゆきりんを拝める演出に狂喜乱舞。

演奏面でも、バックメンバーはいつものメンバーで、ドラムに角松敏生などのバックで定評の江口信夫。キーボードは、シンガーソングライターでもある星村麻衣。ヴァイオリンは容姿端麗で話題のAYASA。相変わらず脚も長くって美しかったー。

Ayasa

そして「Rainy day」ではゆきりん初のアコギ弾き語りを披露。その後、名曲「君のことが好きだから」のイントロギターも披露。こちらはご愛嬌な感じであるが、その新しいことにチャレンジしていく姿勢が素晴らしい。

圧巻だったのは、「ショートケーキ」~「火山灰」でのスローナンバーでまさかの60名ほどのオーケストラ&合唱団が登場しバックを盛り上げる。いやー、ここまでやるとは。

アンコールでは、カウントダウン映像が流れ、その時が来て、ゆきりん、倉持明日香高城亜樹の3名が登場。ここからはフレンチ・キスの楽曲を続けて披露。途中、アリーナ通路を歌いながらゆっくりと1周し、確かにゆきりんともっちぃと目線が合いましたよ!(あきちゃは、どっか違うところ見て合わなかった・・)

ダブルアンコールで、改めてファンとのつながりを再確認し最後は「遠距離ポスター」で終了。

ゆきりんライブを観て思ったのは、内容の充実さと、ゆきりんのポテンシャルがすごい。生バンド演奏に生歌で3時間ものセット。ゆきりん本人が演出に関わり、ファンがどういうことをやったら喜んでくれるかを考え構成された内容だから、みんな満足でしょう。ゆきりんソロ楽曲はもちろん、チームBの名曲やAKBシングル曲を生演奏フルヴァージョンで聴けるのも嬉しいところ。そして、ゆきりんを見守るファンがまた暖かく、大規模な会場なのにアットホーム感に溢れているのが素晴らしい。

セットリスト:
01.Birthday wedding
02.正義の味方じゃないヒーロー
03.フライングゲット
04.GIVE ME FIVE!

VTR

05.ロマンス拳銃
06.口移しのチョコレート
07.涙に沈む太陽
08.Rainy day

VTR

09.ショートケーキ
10.沈黙
11.火山灰

VTR

12.あなたと私
13.でもねずっと
14.明日も笑おう
15.スカート、ひらり
16.ギンガムチェック
17.重力シンパシー
18.君のことが好きだから
19.夜風の仕業

EN1.If
EN2.カッコ悪い I love you!
EN3.最初のメール
EN4.ロマンス・プライバシー
EN5.ずっと前から

EN6.ハート・エレキ
EN7.遠距離ポスター

| | コメント (0)

2013年11月 4日 (月)

LIVE鑑賞~AKB48 梅田チームB ウェイティング公演

AKB48「梅田チームB」 ウェイティング公演』2013/11/2(土)夜@AKB48劇場

Dd6b58f2

ここ数年、節目の大規模なライブは行っていたが、劇場公演は久しく行けてなかった。デビュー当初は、会いに行けるアイドルだったが人気出過ぎてドーム公演ですらチケット取れなかったりするくらいなので250名規模の劇場とか、人気メン出演時はまず取れないと思っていた。

ところが、気合の入ったゆきりん推しのおかげで今回チケットが確保できて、しかも呼び出しクジで4巡目を引き当て前から2列目という奇跡的なポジションをゲット!これは近い。近過ぎる!

本日の公演メンバー16名は、

石田晴香・岩佐美咲・梅田彩佳・大場美奈・大森美優・柏木由紀・片山陽加・加藤玲奈・小嶋菜月・ 島崎遥香・高城亜樹・竹内美宥・中村麻里子・野中美郷・藤江れいな・山内鈴蘭

チームBは他には、小嶋陽菜、渡辺美優紀といった人気メンバーが所属するがこの日は不参加。まあ、みるきーはNMBがあるし、こじはるはいろいろ忙しいし、滅多に出れないのは周知の上。

この日のメインは柏木ゆきりん、島崎ぱるるあたりであろう。ところが、ぱるるは体調不良のため一部出演とあり。

昨年の組閣以降行われているチームBウェイティング公演は、今までのチームB劇場主要楽曲を根幹に、シングルC/Wや他チーム楽曲も散りばめた内容。

最初に幕が開き、円陣を組んでいるメンバーが揃っていつもの掛け声からの「初日」で始まるのはやはりチームB公演には欠かせない。

しかし、2列目ってやっぱり近くってバシバシ目線いただいちゃう距離。やばい、鈴蘭がガンガンウインクしてくる!ゆきりんビームも存分に浴びたし。「正義の味方じゃないヒーロー」でのゆきりんの気合の入った足上げを間近に観るってすごいなと。

ユニットコーナーで「君のC/W」では、センターでぱるる登場。色の白さがハンパないね。ぱるるはこの曲と後半部分のみの出演。ちょっとだけの出演ながら、やはりいるといないでは華が違うね。

「ごめんねジュエル」では曲の途中で15期研究生も登場しバックダンサーを務める。おや、左端に何やら可愛い娘がいるぞ?と思ってたら、前から気になってた、向井地美音

A2ae41b3f0cb715ac77899a9894c49aeb06

体も小さいし、普通なら埋もれてしまいがちだが、何やら輝きが違うね。ほんのちょっとの出演ながら個人的に爪あとを残された感じ。今度握手会で会ってみようかな。

「涙に沈む太陽」では、柏木、高城、大場の3人が金のスパンコール・ボディコンに身を包みセクシー全開なパフォーマンスに目が釘付け。

そんなこんなで本編はあっという間に終了。アンコールも定番シングル曲に、チームBといえばこれっていう「チームB推し」で盛り上がり。

最後は最新シングル「ハートエレキ」のチームBヴァージョン。普通にこじはるがいればもちろんセンターなんだが、今日は片山はーちゃんがフェロモン全開でパフォーマンス。ちなみにこの日は24才ながらツインテール姿でいじられていて面白かったけど。

終演後は全員とハイタッチ。ぱるると13歳未満の研究生は不在だったけど、20人近いメンバーと一気にハイタッチできるって。やっぱいいよね。ここでも最後のハイタッチメンバーが気になる美音ちゃん。これは運命感じるわ。

セットリスト:
00:Overture
01:初日
02:君のことが好きだから
03:Virgin love
04:正義の味方じゃないヒーロー
05:君のC/W
06:抱きしめられたら
07:思い出以上
08:ごめんねジュエル
09:涙に沈む太陽
10:フライングゲット
11:キスして損しちゃった
12:ナギイチ
13:呼び捨てファンタジー
14:夕陽を見ているか?
EN1:UZA
EN2:チームB推し
EN3:ギンガムチェック
EN4:タンポポの決心
EN5:ハートエレキ

| | コメント (0)

2013年11月 2日 (土)

LIVE鑑賞~武藤彩未 ライブハウスツアー2013@西川口Hearts

武藤彩未 ライブハウスツアー2013「TRAVELING ALONE」はじめての旅は彩の国~成功させたい!!天使のウィンク~』2013/10/30(水)@西川口Hearts

201309045526971l

ご存知、元さくら学院初代生徒会長・武藤彩未。ソロ活動を再開して精力的にライブ活動に力を注いできており、先日の渋谷AXライブで発表された、埼玉・神奈川・千葉・東京のライブハウスツアーを行うことになった初日の西川口公演に参戦。

個人的に、職場から自宅までの帰り道途中下車の街である西川口とあってなんて好都合な場所。とはいえこのライブハウスには行ったことなく、駅からちょっとはなれた住宅街にひっそりとあるのがライブハウスHearts。開場前グッズ先行販売にてリストライトを購入。彩未ちゃんライブは原則サイリウムなどの光物は禁止であるが、今回手首に付け、拍手の振動や振ったりすると光るリストライトのみ使用可能。

その後、19時の開場で整理番号が比較的はやめだったので割と前方のポジションをゲット。スタンディングだと300人入るかどうかの狭さなのでこじんまりしているが、中も綺麗でステージも見やすく期待できる。

19:30開演で彩未ちゃん登場。今までもそうだが、小柄なのでステージには大きな台が設置され後ろでも見やすくしてくれる。しかし、この日の彩未ちゃんは一段と天使のようにきゃわいかったー!白い衣装でキラキラした笑顔がまさに天使!

冒頭はオリジナル曲2曲を披露。何回か唄いこなしていくうちにだいぶ自分のモノにしてきた感あり。

MCはいつも通りのアットホームな観客との掛け合い。途中、噛んだりして「すいません~♪」っていうときの渋い表情からの笑顔がたまらなくイイネ。

会場によってタイトルを変えている通り、セットリストも毎回嗜好をこらしているようである。今回はテーマにもあるように大好きな松田聖子楽曲が盛りだくさん。メドレー含め6曲披露だもんね。唄っているときの彩未ちゃんの幸せな表情を見て(主に40代以上?の)ファンもまた恍惚の表情。

しかし小規模のライブハウスで間近で観るライブって改めてヨイネ。20年前に横浜CLUB24で観た瀬能あづさ以来かなこの規模は。何度も彩未ちゃんの目線をいただき自分でも表情が崩れていってるのがわかるくらい。

後半の「夏色のナンシー」からの「スマイルフォーミー」の古きよきコールがサイコー。

アンコールはこの日初披露の新曲「桜ロマンス」から。ちょっとクールな楽曲がまたよし。最後はもう持ち曲がないというので「彩りの夏」アゲイン。うん、何回でも唄ってイイヨ。

スタンディングでの90分がいつになく短く感じるくらいのめり込んだライブであった。80年代アイドルも今のアイドルも好きな方は是非観とくべきっすよ、武藤彩未!

セットリスト:
01.彩りの夏
02.女神のサジェスチョン

松田聖子メドレー
03.天使のウインク
04.青い珊瑚礁
05.風は秋色
06.チェリーブラッサム
07.夏の扉

08.セシル
09.C-Girl
10.素敵なラブリーボーイ
11.夏色のナンシー
12.スマイルフォーミー
13.風立ちぬ

EN1.桜ロマンス
EN2.彩りの夏

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »