« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月25日 (日)

LIVE鑑賞~AKB48・2013真夏のドームツアー@東京ドーム3日目

AKB48・2013真夏のドームツアー ~まだまだ、やらなきゃいけないことがある~』20130/8/24(土)@東京ドーム

51yzbtg4icl

AKBグループ夏のドームツアー、東京ドーム4DAYSの3日目。この日は土曜日とあって開演が16時と早め。平日公演だとどうしても最後は21時を回ってしまい、15歳以下メンが最後まで居れないから今日は最後まで全員居られるかな?

この日の座席は3塁側スタンドやや外野ポール近くで初日とほぼ反対側。これでほぼ全方位制覇したかな。

影アナは、やはりの大島優子。いやー声だけでもかわいいっすよ。

今日は意外な1曲目「目撃者」からスタート。各チーム曲、通好みでキタね。

この日は総選挙選抜メンバーが順番にソロパフォーマンスを披露。やはりこういう場があるから選抜に入ると入らないでは違うんですな。

渡辺みるきーの「わるきー」は黒いシッポがかわゆ過ぎ。余計なボディビルダーが登場したが、更にみるきーの可愛さを増す効果ありか。

横山由依はんの「愛しさのアクセル」も貫禄のパフォーマンス。既にキャプテンの風格出てきたか。

宮澤佐江ちゃんの「虫のバラード」は心友・秋元才加、松井珠理奈の「プラスティックの唇」は尊敬する篠田麻里子、それぞれ卒業メンバーを継承する熱演。

こじはる「ハート型ウィルス」はソロでの披露で、ピンクの看護婦コスプレ?がとってもエロかわいい。ヲレもお注射されてー。

安定のソロバラードを魅せてくれたのは、松井玲奈「枯葉~」と柏木由紀りん「夜風~」。特に玲奈ちゃんの透明感ハンパないっすよ。

大島優子は「泣きながら微笑んで」で来ると思いきや、ノリよい「スキャンダラスに行こう!」で攻め。

ソロ大トリはもちろんこの人、指原莉乃ちゃん「それでも好きだよ」。途中からHKTメンバーも登場し、さっしーを盛り上げる姿が微笑ましく美しい。

この日の怒涛のシングルメドレー前のピアノ演奏は、なんとHKT森保まどかが初披露。確かに絶対音感があるピアノ少女というのは知っていたがここで披露する準備ができていたとわ!

アンコールで登場したのは、大島優子、指原莉乃、横山由依、北原里英の4名。おおおー!これはAKBグループ最強ユニット、Not yetでわないか!9月に1年4ヶ月ぶり発売の新曲「ヒリヒリの花」を初披露。いやー、ヲレの全身もヒリヒリしちゃったぜ!

そしてそのまま由依はんセンター楽曲「見えない空はいつでも青い」も披露。資格取得おめでと!

いよいよラストになる直前、やはり来たか!戸賀崎総支配人の登場でサプライズ発表。しかし今回は良い発表で、13期&14期の16名研究生が昇格で新チーム4結成!(旧チーム4メンバーはさすがにちょっと複雑な思いであろうが・・)

チーム4キャプテンは峯岸みいちゃん。すっかり頼れる研究生になっていたし、このチームをまとめるのはみいちゃん以外はないでしょ。

そんな感動の中、19時半と早めに終了し全メンバー最後まで見届けることができて良かった良かった。

セットリスト:
01.目撃者(32ndシングル選抜+AKB48 ALL)
02.ビバ!ハリケーン(AKB横山チームA)
03.スクラップ&ビルド(AKB大島チームK)
04.Two years later(AKB梅田チームB)
05.フライングゲット(AKB48)
06.スキ!スキ!スキップ!(HKT48選抜)
07.強き者よ(SKE48選抜)
08.青春のラップタイム(NMB48選抜)
09.少女たちよ

10.シンクロときめき(須田亜香里)
11.わるきー(渡辺美優紀)
12.ジャングルジム(山本彩)
13.愛しさのアクセル(横山由依)
14.永遠プレッシャー(島崎遥香) <バックダンサー:AKB研究生>
15.1%(板野友美)
16.虫のバラード(宮澤佐江)
17.ハート型ウィルス(小嶋陽菜)
18.お手上げララバイ(高橋みなみ)
19.枯葉のステーション(松井玲奈)
20.プラスティックの唇(松井珠理奈)
21.夜風の仕業(柏木由紀)
22.ラッパ練習中(渡辺麻友)
23.スキャンダラスに行こう!(大島優子)
24.それでも好きだよ(指原莉乃) <バックダンサー:HKT48>

25.夕陽を見ているか?(高橋みなみ・小嶋陽菜・板野友美・峯岸みなみ)
26.僕の太陽(AKB48正規メンバー)
27.掌が語ること(AKB48正規メンバー)

28.レッツゴー研究生!(AKB48研究生)
29.ナギイチ(NMB48)
30.オキドキ(SKE48)
31.メロンジュース(HKT48)
32.君のことが好きだから(AKB48研究生)
33.脳内パラダイス(AKB大島チームK)
34.オネストマン(AKB梅田チームB)
35.AKB参上!(AKB横山チームA)

36.ポニーテールとシュシュ<ピアノ:森保まどか>(AKB選抜)
37.真夏のSounds good !(AKB選抜)
38.Everyday、カチューシャ(AKB選抜)
39.大声ダイヤモンド(AKB選抜+AKB48正規メンバー)
40.ギンガムチェック(AKB選抜+AKB48正規メンバー)
41.ひこうき雲
42.会いたかった
43.ヘビーローテーション
44.さよならクロール

EN1.ヒリヒリの花(Not yet)
EN2.見えない空はいつでも青い(横山由依・川栄李奈・高橋みなみ・渡辺麻友・大島優子・北原里英・柏木由紀・小嶋陽菜・島崎遥香)
EN3.青空カフェ(研究生選抜:相笠・岩立・岡田彩・岡田奈・小嶋真・篠崎・西野・村山、SKE48研究生:北川・北原侑・山田み、NMB48研究生:渋谷・林、HKT48 研究生:岡田栞・田島・朝長)
EN4.愛の意味を考えてみた(アンダーガールズ)
EN5.今度こそエクスタシー(ネクストガールズ)
EN6.推定マーマレード(フューチャーガールズ)
EN7.恋するフォーチュンクッキー

EN8.ファースト・ラビット
EN9.AKBフェスティバル

| | コメント (0)

LIVE鑑賞~AKB48・2013真夏のドームツアー@東京ドーム2日目

AKB48・2013真夏のドームツアー ~まだまだ、やらなきゃいけないことがある~』2013/8/23(金)@東京ドーム

51noscs0d5l

AKBグループ夏の全国ドームツアーの東京ドーム2日目。

座席はバックネット側で全体をよく見渡せる良席。サブステージも割と近いのでこれは期待大。

影アナは総監督・高橋みなみ

当然、昨日とはガラリとセットリストが変更され、バラエティな内容になっていた。この日の注目は前半のユニットコーナーで、過去シャッフルユニットが多かったが、「パジャマドライブ」でまゆゆ、なっちゃん、はるごんといった、可能な限りのオリジナルメンバーでの披露が多く会場は盛り上がった。

個人的に「炎上路線」で松井玲奈&渡辺みるきーの強力推し2人が登場し、おおおー!更に目の前のサブステージに駆け寄ってきて更におおおおー!

「口移し~」での柏木ゆきりん、らぶたんとか、「恋愛禁止条例」でのたかみな、峯岸みいちゃんのダブルみなみとか、「心の端のソファー」での大島優子とか、「ナターシャ」での指原莉乃ちゃんとか、今ではなかなか観れないオリジナルメンバーありきのユニット曲に驚愕乱舞。

横山由依はんに島崎ぱるるの9期2トップによる「禁じられた2人」も良い感じ。

全グループ研究生超選抜<てんとうむChu!>も観れて良かった。センターこじまこは、研究生の中でもアイドル性高く収まるし、なんたって朝長美桜たんが可愛すぎる!

そしてHKT新曲「メロンジュース」も昨日は真横でよくわからなかったが、今日は正面から観れて、美桜ジャンプを確認。いやー、全然高く飛んでなく両足を横にピョンと上げてるだけなんだが、これがとてつもなくカワユイ。

その後の、1期メンによる「Pioneer」、2期メンによる「転がる~」、3期メンによる「初日」はこれまたテンション上がりましたよ。とりわけ、「転がる」で優子が目の前のサブステージに走ってきて単独でパフォーマンスしてたときは、こぶし振りまくって血圧上がったわー。

そして昨日も触れたが、アンダーガールズ「愛の意味を考えてみた」でラスト、モニターに大きく映し出されたセンター柴田阿弥ちゃんの強烈ウインクを全身で浴びて卒倒!

今日の怒涛のシングルメドレー前のピアノ演奏は、札幌公演でも話題になったSKE東李苑(アズマリオン)!

アンコールでの「恋チュン」念入りな振付指導の後、スタッフ全員登場でパフォーマンス。警備の方まで踊ってた徹底ぶりには驚き。

そして速報映像が流れ、滞っていたAKBグループ全チーム新公演決定。10月のNMBチームNは予定通りできそうだけど10チームあるから全部揃うのに1年以上かかるんでしょうね。

セットリスト:
01.Lay down(32ndシングル選抜+AKB48 ALL)
02.Ruby(AKB横山チームA)
03.How come ?(AKB大島チームK)
04.ロマンス拳銃(AKB梅田チームB)
05.ダルイカンジ(AKB48研究生)
06.シャムネコ(HKT48選抜)
07.Innocence(SKE48選抜)
08.てっぺんとったんで!(NMB48選抜)
09.フライングゲット

10.MARIA(山本彩・宮澤佐江・須田亜香里)
11.炎上路線(松井玲奈・渡辺美優紀)
12.君だけにChu!Chu!Chu!(てんとうむChu!:小嶋真子・岡田奈々・西野未姫・北川綾巴・渋谷凪咲・田島芽瑠・朝長美桜)
13.口移しのチョコレート(柏木由紀・多田愛佳・山内鈴蘭)
14.ハート型ウイルス(小嶋陽菜・佐藤すみれ・松井咲子)
15.パジャマドライブ(渡辺麻友・平嶋夏海・仲川遥香)
16.恋愛禁止条例(高橋みなみ・峯岸みなみ・宮崎美穂)
17.ツンデレ!(板野友美・北原里英・佐藤亜美菜)
18.心の端のソファー(大島優子・梅田彩佳・藤江れいな)
19.愛しきナターシャ(指原莉乃・片山陽加・田名部生来)
20.禁じられた2人(横山由依・島崎遥香)

21.夕陽を見ているか?(高橋みなみ・小嶋陽菜・板野友美・峯岸みなみ)
22.UZA
23.Beginner

24.PARTYが始まるよ(AKB48研究生)
25.スキ!スキ!スキップ!(HKT48選抜)
26.メロンジュース(HKT48選抜)
27.僕らのユリイカ(NMB48選抜)
28.ナギイチ(NMB48選抜)
29.美しい稲妻(SKE48選抜)
30.オキドキ(SKE48選抜)
31.Pioneer(高橋みなみ・小嶋陽菜・板野友美・峯岸みなみ)
32.転がる石になれ(大島優子・宮澤佐江・梅田彩佳・小林香菜+AKB4~7期生)
33.初日(渡辺麻友・柏木由紀・片山陽加・田名部生来・多田愛佳+AKB9~10期生)
34.愛の意味を考えてみた(アンダーガールズ)
35.推定マーマレード(フューチャーガールズ)
36.今度こそエクスタシー(ネクストガールズ)

37.ポニーテールとシュシュ<ピアノ:東李苑>(AKB選抜)
38.真夏のSounds good !(AKB選抜)
39.Everyday、カチューシャ(AKB選抜)
40.大声ダイヤモンド(AKB選抜+AKB48正規メンバー)
41.ギンガムチェック(AKB選抜+AKB48正規メンバー)
42.ひこうき雲
43.会いたかった
44.ヘビーローテーション
45.さよならクロール

EN1.恋するフォーチュンクッキー(32ndシングル選抜+スタッフ)

EN2.ファースト・ラビット
EN3.少女たちよ
EN4.AKBフェスティバル

| | コメント (0)

LIVE鑑賞~AKB48・2013真夏のドームツアー@東京ドーム初日

AKB48・2013真夏のドームツアー ~まだまだ、やらなきゃいけないことがある~』2013/8/22(木)@東京ドーム

51vno6cu85l

7/20福岡ドームから始まった、AKBグループ夏の全国ドームツアーもこの東京ドーム4DAYSで納め。

平日ながら18時開演ということで、ちょい早めの17時に到着。試しに長蛇の列が予想されたグッズ売場を覗いてみると、平日だからか10分ほど待ったくらいで売場に入れた。パンフのみの購入だがランダム配布の生写真は横山由依はんでまずまずなヒキ。

座席は一塁側スタンド外野ポール際。つまりメインステージほぼ真横ですな。

この日はAKB2期生で初期チームKキャプテンも務めた秋元才加の卒業セレモニーということで、秋元を中心にした構成で行われた。

影アナはもちろん秋元才加。

序盤の「フラゲ」で初のセンターポジション。この日は各チーム3曲ずつ披露するコーナーがあり、チームKは初期楽曲中心に披露。「ウッホウッホホ」は秋元渾身のゴリラパフォーマンス。その後、現在籍2期メンバー5名が「スカひら」衣装で登場。「転がる~」からの「草原の奇跡」に至る初期チームKの代表曲で場内はグリーンのサイリウムで包まれ美しい景色となった。

東京ドーム公演はAKBメインとなるので、支店関連のパフォーマンスは少なくなってしまうが、個人的にはHKT「メロンジュース」、SKE「1!2!3!4! ヨロシク!」はテンション上がったなー。あとは、全公演披露する選抜総選挙ユニットでアンダーガールズは強力なメンバー揃ってるなと。センターのSKE柴田阿弥ちゃんは今まで一般的には無名に近かったのにすっかりセンターポジションが板に着いて輝いてるよ。

後半は怒涛のシングルメドレーになるわけだが、毎回ピアノ前奏が注目され、この日は安定の松井咲子のピアノからの「ポニシュ」でスタートし「さよクロ」で圧巻の本編終了。

アンコールからは、秋元卒業セレモニーコーナー。会場全体がファン有志によって事前配布されたグリーンのサイリウムを点灯し「さーやーかー」コールで迎える。

登場した秋元は代表ソロ曲「虫のバラード」を熱唱。そしてこの日のために用意された卒業曲「強さと弱さの間で」を初披露。途中から現2期メンバーが歌唱参加していき、2期卒業メンバーも加わるサプライズもあり。最後は「To be continued.」で秋元はステージを去っていった。

とにかく、秋元は歌唱力が高いので終盤のバラードナンバーも感情移入してしまう渾身のパフォーマンスに会場も感動に包まれた感じ。彼女のような個性を出せるメンバーがこの先出るか?というくらい唯一無二な存在であったことを改めて感じさせるライブであった。それは同じ2期メンバーで心友であった大島優子の号泣で証明されたことであろう。

お疲れ様でした。


セットリスト:
01.RIVER(32ndシングル選抜+AKB48 ALL)
02.Beginner(AKB横山チームA)
03.UZA(AKB大島チームK)
04.風は吹いている(AKB梅田チームB)
05.フライングゲット※秋元才加センター
06.スキ!スキ!スキップ!(HKT48選抜)
07.ピノキオ軍(SKE48選抜)
08.HA!(NMB48選抜)
09.少女たちよ

10.青春ガールズ(AKB大島チームK)
11.最終ベルが鳴る(AKB大島チームK)
12.ウッホウッホホ(AKB大島チームK)
13.初日(AKB梅田チームB)
14.正義の味方じゃないヒーロー(AKB梅田チームB)
15.チームB推し(AKB梅田チームB)
16.ただいま恋愛中(AKB横山チームA)
17.ずっと ずっと(AKB横山チームA)
18.重力シンパシー(AKB横山チームA)

19.スカート、ひらり(大島優子・宮澤佐江・秋元才加・梅田彩佳・小林香菜)
20.転がる石になれ(大島優子・宮澤佐江・秋元才加・梅田彩佳・小林香菜)
21.僕の太陽
22.草原の奇跡

23.LOVE修行(AKB48研究生)
24.そばかすのキス(HKT48選抜)
25.メロンジュース(HKT48選抜)
26.僕らのユリイカ(NMB48選抜)
27.オーマイガー!(NMB48選抜)
28.美しい稲妻(SKE48選抜)
29.1!2!3!4! ヨロシク!(SKE48)
30.Blue rose(秋元才加・宮澤佐江・倉持明日香・近野莉菜)
31.愛の意味を考えてみた(アンダーガールズ)
32.推定マーマレード(フューチャーガールズ)
33.今度こそエクスタシー(ネクストガールズ)

34.ポニーテールとシュシュ <ピアノイントロ:松井咲子>(AKB選抜)
35.真夏のSounds good !(AKB選抜)
36.Everyday、カチューシャ(AKB選抜)
37.大声ダイヤモンド(AKB選抜+AKB48正規メンバー)
38.ギンガムチェック(AKB選抜+AKB48正規メンバー)
39.ひこうき雲
40.会いたかった
41.ヘビーローテーション
42.さよならクロール

EN1.虫のバラード(秋元才加)
EN2.強さと弱さの間で(秋元才加・大島優子・宮澤佐江・梅田彩佳・小林香菜・大堀恵・河西智美・野呂佳代・松原夏海・増田有華)
EN3.To be continued.
EN4.恋するフォーチュンクッキー
EN5.ファースト・ラビット
EN6.AKBフェスティバル

| | コメント (0)

2013年8月 6日 (火)

LIVE鑑賞~ももいろクローバーZ 夏のバカ騒ぎ WORLD SUMMER DIVE2013@日産スタジアム

ももいろクローバーZ ももクロ夏のバカ騒ぎ WORLD SUMMER DIVE 2013 8.4 日産スタジアム大会』2013/8/4@日産スタジアム

5c4c81256dc713ad7f041ddfbc139b9f

ももクロ恒例となった<夏のバカ騒ぎ>も、2年前は、よみうりランドイーストで6000人。昨年は西武ドームで3万人。今年は6万人収容の日産スタジアムで開催とあって、2年前の10倍規模。半沢直樹的に言うと、10倍返し!達成って感じ。

16時開演の1時間前にあたる15時にスタジアムに着いたが、会場周辺は5色様々なユニフォーム(?)を纏ったモノノフで溢れていてカオス状態。モニターで流れる楽曲に合わせ早くもライブさながらに盛り上がるモノ。出店のいろんな飲食で和んでいるモノ。

グッズ売場は午前中から販売されているので希少グッズを求め早くから長蛇の列が出来ていたのは知っていたが、この時間に行ってみると行列はなくすぐ購入できてしまった。ただし、売場に辿り着くのにグルグルと道を蛇行して30分くらいかかってしまったので、行列があったら大変であったころだろうに。

そして席に付いてビックリしたのはステージ。西スタンド側がメインステージとなって、東側にサブステージとアリーナ席があり、なんと競技場の芝生がそのまま空いていること。2ヶ月前のAKB総選挙のときはもちろん芝生もアリーナ席として埋め尽くされていて7万人収容だったから、今回は1万人分空けちゃったわけだね。これにはいろいろ理由があるわけだけど。

16時過ぎにアナウンスが入り、マーチングバンドが登場し、メインステージにあった白いバルーンが外されると5人の顔の巨大オブジェが登場。さらにロケットマンが空中に登場しメインステージに着陸。そして真ん中の巨大オブジェが開き、ももクロ登場。そして聖火ランナーに扮した鬼軍曹川上マネージャーが、夏菜子に聖火を引き継ぎ聖火台に灯を灯す。

そして、国歌斉唱のアナウンスがあり会場が起立したとき登場したのが布袋寅泰。ジミヘンばりの国歌ギター演奏で仰々しくも、ももクロ夏のバカ騒ぎが開幕したのである。

そのまま布袋ギターに乗って、「PUSH」からの布袋楽曲「サラバ、愛しき悲しみたちよ」となだれ込んで大盛り上がり、遂にももクロwith布袋が実現。

この時、他のオブジェも開き<ダウンタウンももクロバンド>が登場。春の一大事に続き、武部聡志(Key)を筆頭に、村石雅行(Dr)、朝倉真司(Perc)、安達貴史(B)、鳥山雄司(G)、佐藤大剛(G)、本間昭光(Key)、清水俊也(Key)、marron(Cho)、加藤いづみ(Cho)、榎本裕介(Tb)、ルイス・バジェ(Tp)、竹上良成(Sax)という、『ミュージックフェア』さながらの豪華生バンドを従える。

この日もゲストが多数あり、猫ひろしがライブ中にスタジアム外周でフルマラソン距離を走り、本編終了には間に合わなかったが、アンコール途中でゴールインでなんとなく感動だったり。「ワニシャン」で箕輪はるか(ハリセンボン)が出てきたり「BIONIC CHERRY」の途中で、武井壮と夏菜子が100m(武井は20mのハンデあり)ガチ競争で武井が本気で勝っちゃってブーイングとか。その後、北澤豪、三浦淳宏、藤田俊哉、福田正博といった元Jリーガーが登場し、芝生全面使ってサッカーが行われるハーフタイム(?)もあり。

去年くらいから規模が拡大したこともありライブの中にショータイムが増え、こうしたゲストでイベント性を高めるのは面白いと思う人もいるとは思うが、こういうことで1時間とか使われるならその分楽曲増やして欲しいと思うのは個人的意見。

ただ告知タイム登場での松崎しげるはもうお約束で、今年の<ももクリ>は12月23日極寒の西武ドームで行うことでドヨメキあり。もうここまで来ると何でもアリって感じだね。

本編ライブに戻って、この広い会場を駆使してゴンドラ周りあり、芝生中央でグルグル回る贅沢な「ココ☆ナツ」や「Chai Maxx」は会場ボルテージがMAXだった。

それにしても途中ハーフタイムなどの休憩があったにせよ4時間強のライブで会場を走り回り唄い続けるももクロちゃんにはホント感服。特に夏菜子なんて100m全力疾走した後、そのままライブ続けたりとか、いくら若いからといっても並大抵の体力・精神力ではできないよね。

セットリスト:
00.overture ~ももいろクローバーZ参上!!~君が代(布袋寅泰)
01.PUSH (with 布袋寅泰)
02.サラバ、愛しき悲しみたちよ (with 布袋寅泰)
03.仮想ディストピア
04.DNA狂詩曲

05.Z女戦争
06.猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
07.月と銀紙飛行船

・神奈川県立湘南台高等学校吹奏楽部 パフォーマンス

08.上を向いて歩こう
09.ゲッダーン!
10.ココ☆ナツ
11.ワニとシャンプー
12.5 The POWER

13.ムーンライト伝説

・愛のメモリー(南国ピーナッツ<松崎しげる>)

14.Neo STARGATE
15.宙飛ぶ!お座敷列車

16.ももいろ太鼓どどんが節 <新曲>
17.上球物語 -Carpe diem-
18.BIONIC CHERRY

・ハーフタイム~SOCCER ALL STARS vs Teamバカ騒ぎ サッカー対決

19.ピンキージョーンズ
20.Chai Maxx
21.キミノアト

22.バンビーナ(with 布袋寅泰)
23.行くぜっ!怪盗少女
24.労働讃歌
25.走れ!
26.ももクロのニッポン万歳!

EN1.灰とダイヤモンド
EN2.コノウタ

EN3.さくらさくら ~ ニッポン笑顔百景
EN4.黒い週末(ALL STARS)

| | コメント (0)

2013年8月 4日 (日)

LIVE鑑賞~水樹奈々@西武ドーム2013

アニメロミックス presents NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013 supported by JOYSOUND calbee2013/8/3(土)@西武ドーム

Images

2013年夏の奈々ちゃんツアーは、愛媛から始まって関東は久々の西武ドーム2DAYSがツアー折り返し地点。

2010年7月の西武ドームに参戦したが、ここは換気のない半ドームなので、この時はとにかく蒸し暑くって汗だくになって喉がカラっからになった記憶がある。今年の夏も猛暑続きで暑さが心配されたが、かつてほどの蒸し暑さはなくて良かった。

1102551_364573040338444_311208905_o

まだ日の明るい17時過ぎの開演で、「LIVE CIRCUS」というツアータイトルもあり冒頭はサーカス団によるショーから始まり、バンド演奏からの奈々ちゃん登場。冒頭から新旧織り交ぜた楽曲で飛ばしていく。

外野側にメインステージで、中央から花道がバックネットまで続き、センターとエンドステージもありといったセット。今回は宙釣りや気球といった大掛かりなものはなく、最後「POWER GATE」のときにゴンドラで球場周りを一周したくらいかな。かつてはいろいろ走り回ったこともあったが、今回はあまり動き回らない分、歌唱に集中してたような感じ。

楽曲も初期楽曲は少なく2012年発売以降の楽曲が多く、さらには7/31に最新シングルが発売された直後でもありその辺の披露もあり。

盛り上がり定番曲である「ETERNAL BLAZE」「POWER GATE」「POP MASTER」での会場一体感は言うまでもなく、新曲「愛の星」でのバラードに映える青いサイリウムがまた美しい。

この日のトピックはアンコール2曲目で日笠陽子が登場し、アニメ『戦姫絶唱シンフォギアG』でのマリア×風鳴翼による「不死鳥のフランメ」が実現するとわ!

ラストは花火も上がり、真夏の約3時間に及ぶライブは終了。2日目はまたセットリストも変更されるだろうし、またゲストがあるかも??


セットリスト:
01.Gimmick Game
02.Lovely Fruits
03.What cheer?

04.Young Alive!
05.FEARESS HERO

<Cherry Boysコーナー>

06.Get my drift?
07.UNCHAIN ∞ WORLD

08.少年
09.STAR ROAD
<TEAM YO-DAコーナー>

10.POP MASTER
11.Happy☆GO-Round!

12.It's in the bag
13.囚われのBabel
14.Crescent Child

<SHORT MOVIE>

15.Naked Soldier
16.Preserved Roses

17.LINKAGE
18.ETERNAL BLAZE
19.Vitalization

20.愛の星

EN1.Synchrogazer
EN2.不死鳥のフランメ(DUET with 日笠陽子)
EN3.POWER GATE
EN4.Love Brick

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »