« イベント報告~SKE48「チョコの奴隷」全国握手会0331@パシフィコ横浜 | トップページ | LIVE鑑賞~坂本真綾LIVE TOUR 2013 “Roots of SSW”@渋谷オーチャードホール »

2013年4月14日 (日)

LIVE鑑賞~ももいろクローバーZ 春の一大事2013@西武ドーム

ももいろクローバーZ  ももクロ春の一大事 2013 4.13西武ドーム大会~星を継ぐもも vol.1 Peach for the Stars~』2013/4/13(土)@西武ドーム

41sepmk5inl_sl500_aa300_

毎年恒例となった「ももクロ春の一大事」は年々規模が拡大して今年は西武ドーム2days。直前の4/10に発売になった2ndアルバム『5TH DIMENSION』は初動15万超えで週間1位はほぼ確実となり名実ともにブレイクとなったももクロ。

そのアルバム発売前に関東以外の全国ツアーが行われアルバムの世界観をストイックに再現し、サイリウム制限やセットリストもアルバム全曲+αの固定という、今までのももクロにないライブであったらしい。

で、この「春の一大事」は別途特別な内容であるに違いない、という確信のもと開演時間も早い17時手前に会場に向かう。

ドーム内に入ると、バックスクリーン側には豪華なステージ。更には花道がバックネット付近まで続き、ミニステージが端と中央にもあり。

開演時間が過ぎほどなくすると、メンバー1人1人のコールが叫ばれ、観客のボルテージも上がってくる。そして1曲目「Neo STARGATE」が始まり最新アルバムの世界が繰り広げられるかと。

3曲目の「サラバ」でステージのスクリーンが上がり生バンドが出現。その名も「ダウンタウンももクロバンド」で、メンバーは、音楽監督の武部聡志(Key)を筆頭に、村石雅行(Drums)、朝倉真司(Perc)、浜崎賢太(Bass)、佐藤大剛(Guitar)、西川進(Guitar)、宗本康兵(Key)、marron(Cho)、加藤いづみ(Cho)、榎本裕介(Tb)、ルイス・バジェ(Tp)、竹上良成(Sax)といった豪華な面々。さらに「Neo STARGATE」の編曲を担当したTeddyLoidもDJとして参加。これはもう「MUSIC FAIR」か「僕らの音楽」の世界だね。

その後の「DNA」「仮想ディストピア」は生バンドならではの疾走感が合っていていい感じ。

そしてソロコーナーとなり、夏菜子、あーりんの定番曲が続き、久々に生で聴いて相変わらず名曲と思わせられたしおりん「涙目のアリス」に感激。1人用のタワーに乗っての歌唱だったので80年代アイドル風の振付が見られなかったのはちょっと残念。

ソロコーナーが終わり、中盤に差し掛かったところで、ももクロが公式サポーターに任命された恐竜エンタテインメントショー「WALKING WITH DINOSAURS」の紹介VTRが流れ、ステージ上にフジテレビの三宅、軽部アナが登場。ここから記者会見という名目でこのショーの宣伝コーナーみたいなものが20分くらいあっただろうか。ちょっと無駄が多かったね。この頃には日が沈んで、まだこの時期の西武ドームは夜の冷え込みもあってテンションが下がったスタンドの観客達は続々とトイレなどに席を外す状態。

後半からはゴンドラに乗って球場を回ったり、再びイケイケな楽曲で盛り返していく。そして「ツヨクツヨク」ではオリジナル・アーティストであるmihimaru GTと共演。意外や今回が共演初めてとか。せっかくだから「気分上々↑↑」とかも共演しちゃえばよかったのに1曲だけでもったいない。その後、「ももいろ夜ばなし『白秋』」でも共演した南こうせつが登場。こちらは名曲「神田川」に「あの素晴らしい愛をもう一度」も共演。

そろそろ終盤に向かうということで、ももクロ定番曲のオンパレード。本編最後はアルバムラストにも収録されている「灰とダイヤモンド」。あの前山田健一か?と思われる壮大なバラード楽曲に乗る歌詞が今のももクロを象徴しているような世界がグッとくる名曲である。

ここまでで21時ちょうど。そしてアンコールはovertureが流れ、再びライブ開始に戻った感じでキラーチューン「Chai Maxx」と来たら盛り上がらないわけはない。「走れ!」で終わるかと思いきや、そうアルバム全曲でまだやってない曲が最後に残っていたのが「労働讃歌」で、この曲でシメるのは珍しいが、盛り上がって終わるのは悪くない。この曲もまたバンド演奏に合っていて最後の村石さんドラムソロはくどくて良かった。

過去「春の一大事」は思い出に残る内容が多く、今回も内容盛りだくさんで良かったが、課題点も多々あり。(2日目はガラリと変わってくる予感もするが)

4時間にも及ぶライブながら観たい曲はいっぱいあり、とりわけ「怪盗少女」「あの空へ向かって」が外されたのは心残り。途中、余計な余興など縮小すれば感想も違ってくるだろう。あと4月の西武ドームは半分野外みたいなものでまだ天候良かったほうであるが、やはりまだ寒い。生バンド演奏はライブ感があって良いが、やはり楽曲によっては既に培われたものもあるので合う合わない楽曲は精査したほうがよいかな(Chai Maxxとかはカラオケが良いとか)

夏にはスタジアム最大規模の日産スタジアムも控えているので、またいろいろやってくれるのかなと期待。


セットリスト:
01.Neo STARGATE
02.BIRTH O BIRTH
03.サラバ、愛しき悲しみたちよ
04.DNA狂詩曲
05.仮想ディストピア
06.キミとセカイ
07.黒い週末
08.月と銀紙飛行船
09.太陽とえくぼ(百田夏菜子)
10.だって あーりんなんだもーん☆(佐々木彩夏)
11.涙目のアリス(玉井詩織)
12.事務所にもっと推され隊(事務所に推され隊:有安杏果&高城れに)
13.上球物語 -Carpe diem-
14.Z女戦争
15.キミノアト
16.BIONIC CHERRY
17.宙飛ぶ!お座敷列車
18.僕等のセンチュリー
19.猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
パフォーマンス:サムライロックオーケストラ
20.ツヨクツヨク(ももいろクローバーZ with mihimaru GT)
21.Z伝説 ~終わりなき革命~
22.5 The POWER
23.ゲッダーン!
24.神田川(南こうせつ)
25.あの素晴らしい愛をもう一度(ももいろクローバーZ with 南こうせつ)
26.スターダストセレナーデ(ももいろクローバーZ with 南こうせつ)
27.ももクロのニッポン万歳!
28.オレンジノート
29.灰とダイヤモンド


overture
EN1.Chai Maxx
EN2.ミライボウル
EN3.走れ!
EN4.労働讃歌

|

« イベント報告~SKE48「チョコの奴隷」全国握手会0331@パシフィコ横浜 | トップページ | LIVE鑑賞~坂本真綾LIVE TOUR 2013 “Roots of SSW”@渋谷オーチャードホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イベント報告~SKE48「チョコの奴隷」全国握手会0331@パシフィコ横浜 | トップページ | LIVE鑑賞~坂本真綾LIVE TOUR 2013 “Roots of SSW”@渋谷オーチャードホール »