« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

LIVE鑑賞~CASIOPEA 3rd 2012@渋谷AX

CASIOPEA 3rd Tour 「LIVE LIFTOFF 2012」』2012/10/19(金)@SHIBUYA-AX

2012casiopea_a8ecarogoaka

今年の「東京JAZZ2012」で6年ぶりの復活で登場したCASIOPEA。メンバーチェンジもあり“CASIOPEA 3rd”として活動再開した彼らは、アジアツアーの後、満を持して東京単独公演を行ったわけでこれを見逃すわけにはいかないと、会場には同様なベテランな方々が多く集まった。

その溌剌とした演奏は何ら活動休止前と変わらず、メンバーもベテランになったからっといってスムースジャズ的なゆったりした楽曲にシフトすることなく疾走する演奏を魅せてくれた。

のっけから初期CASIOPEA楽曲のオンパレードで観客も興奮状態。「東京JAZZ」でも興奮して観たがとりわけ、「DOMINO LINE」~「SPACE ROAD」の高速ユニゾンなどキメの連発にアドレナリンが溢れ出る。

中期CASIOPEAや新曲のやや落ち着いた楽曲でちょっとクールダウン。新メンバーの大高さんのオルガンソロがまた素晴らしく、今までのCASIOPEAにはないテイストが温故知新といった感じで良い。そして野呂さんとのデュオでの「TWILIGHT SOLITUDE」が幻想的。

そして各人のソロを交えて徐々にまた興奮度が高まる楽曲が続くのだが、神保さんの千手観音的ソロの後には名曲「MID-MANHATTAN」で大盛り上がり。やっぱこの曲かっこいいっすわ。

そしてナルチョといえばこれという「AKAPPACHI-ISM」で、かつての観客席に飛び込みソロを弾きながらの会場一周ご挨拶。

気づいたらあれよあれよという間に曲が進み、定番の「ASAYAKE」で本編終了。ちょっと時間が過ぎるのが早いよって。

アンコールも2回に渡って1曲ずつ披露であっという間な感じ。聴きたい曲多すぎで3時間はやってもらわないと物足りないな。

そして新生CASIOPEAの新作もお待ちしておりますので。

セットリスト:
01.EYES OF THE MIND
02.GALACTIC FUNK
03.DAZZLING
04.DOMINO LINE
05.SPACE ROAD
06.SET SAIL
07.GOLDEN WAVES
08.ARROW OF TIME
 Key solo
09.TWILIGHT SOLITUDE
10.HOSHI-ZORA
 Drum solo
11.MID-MANHATTAN
 Bass solo
12.AKAPPACHI-ISM
 Guitar solo
13.CRY WITH TERRA
14.FREAK JACK
15.青い炎(AOI-HONOH)
16.ASAYAKE

EN1.ときめき(TOKIMEKI)
EN2.FIGHTMAN

| | コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

LIVE鑑賞~BABYMETAL@渋谷O-EAST

BABYMETAL ワンマンライブ「I、D、Z~LEGEND “I”」』2012/10/6(土)@渋谷O-EAST

F4f0bd41e756c9

前回ワンマンの鹿鳴館は許容量オーバーですし詰めであったが、1000人超え規模のO-EASTも収まりきらないくらいの詰まり具合でした。昼夜の2回公演だったが、どちらも即日完売だったとか。数々のアイドルイベント出演やネットでの口コミもあってファンが世界レベルで増殖しているのは間違いない(実際会場には海外ファンも見受けられたし)。

夜の部に参加したわけだが、客電が落ちスクリーンに映像が流れ暗闇から3人が登場するや会場は狂喜乱舞。客層は普通のアイドルファンともメタルファンとも言い難い、独特のBABYMETALのファンである。アイドル的な掛け声もあれば、ヘドバンやモッシュといった激しい動きもありミクスチャーな世界。

3人は相変わらずMCもなし、楽曲コンセプトに沿ったフリや表情をクールにこなす。いやー、当然見た目はアイドルで特に小さい2人(YUIMETAL,MOAMETAL)は、ただただ可愛らしいのであるが、このMETALコンセプトに合うように見えてくるから不思議。

まだインディーズで数曲しか発表しておらず、持ち曲が少ないのであるがこの日は様式美メタル系なSU-METALソロの新曲もあり、少しでも長く観られるのが嬉しい(といっても全部で1時間ほどである)。

登場時は、バックに当てぶりのバンド風メンバーがいたがアンコールでは神の楽団ということで初の生バンドを従えての披露。やっぱり本格メタル演奏の生バンドでのライブは迫力が違って、ヘドバンにも力が入る。

最後は、今までライブで披露されて来てはいたがCD化されてなかった「イジメ、ダメ、ゼッタイ」でシメ。会場全体の「ダメ!ダメ!」コールで最高潮に。

最後の最後も観客に語りかけることなく「See You!」とだけ言い残し颯爽と3人は去っていった・・・

その後スクリーンには今後の告知発表。

BABYMETAL ワンマンライブ「I、D、Z~LEGEND “D” SU-METAL聖誕祭」が12/20@赤坂BLITZ開催決定。

そして、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」が2013年1月9日発売でBABYMETALメジャーデビューとなる。

セットリスト:
01.BABYMETAL DEATH(仮)
02.いいね!
03.君とアニメが見たい~Answer for Animation With You
04.ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
05.おねだり大作戦<YUIMETAL,MOAMETAL>
06.新曲<SU-METAL>
07.ド・キ・ド・キ☆モーニング

EN1.ヘドバンギャー!!
EN2.イジメ、ダメ、ゼッタイ

| | コメント (1)

LIVE鑑賞~GILLE スペシャル・ショーケース

GILLE スペシャル・ショーケース・ライブ』2012/10/3(水)@ザ・プリンスパークタワー東京メロディーライン

Upch9781_01_l

2012年、YouTubeでAKB48「フライングゲット」の英語カバー曲が公開されるや否やネット上で「これ唄ってるの誰?」「かっこよくね?」と話題となり、アレよという間に7月に英語カバーアルバム『I AM GILLE.』が発売され現在10万枚のスマッシュヒットとなった。

GILLEとは?

1987年宮崎県生まれ。実家は牧場。2011年にはインディーズでTASHA gee名義で活動をしていたが、素性を明かさないままGILLE名義で英語カバー楽曲を次々と動画サイトへアップ。デビュー・アルバム発売タイミングで素顔を披露し、10月24日にはオリジナル楽曲でのデビュー・シングルを発売する。

この日のライブは2回行われ、1部は業界関係者のみの披露。2部は一般招待とマスコミ関係者いう内容。

その1回目に参加したわけだが、最初はバンドセットで6曲披露。冒頭の「フライングゲット」は既におなじみであるが、改めて生で聴くとGILLEのパワフルな歌唱に惹きつかれる。

面白いのは、発音の素晴らしい英語でかっこよく唄った後のMC。宮崎弁全開のかっこつけることのない素のトークに、堅い会場も和まざるを得ない雰囲気とさせる。

中盤に披露した、インディーズ時代の楽曲やまだ商品化されていない楽曲も披露。特に「Wishing」はGILLEの歌の上手さが引き立つ壮大なバラード。これを冬のシングル曲にしたらハマると思った次第。

後半は10月発売のシングル曲2曲を披露。既に世界を見据えた活動予定のGILLEだけに、ワールドワイドな楽曲である。

まだ未知なるパワーを秘めているだけに、今後の活躍が期待。特にライブでの歌とトークのギャップにやられる人は続出でしょう。

セットリスト:
01.フライングゲット
02.Grenade
03.WILL
04.ひまわり
05.Wishing
06.タイム・トラベル
07.Winter Dream
08.GIRLS

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »