« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

LIVE鑑賞~真夏の夜のJAZZ in HAYAMA2012

『真夏の夜のJAZZ in HAYAMA2012~Saturday Jazz Night~』2012/7/28(土)@葉山マリーナ 特設ステージ

205260_206635666132183_489186040_n_

昨年に続き2年目となる、夏の葉山のJAZZイベントに今年も参戦。今年は前日から2日に渡って開催で、初日はシャカタク、高中正義といったFUSION系アーティストが参加。初日も観たかったけど、平日だったしね。

てことで、まだ日の明るい16時よりライブ開始。最初は昨年も出演したK-JAZZのピアノ貴公子ハクエイ・キム。まずはトリオ演奏数曲のあと、早速ゲスト・ヴォーカルの登場。

最初は青山テルマ。「My Favorite Things」、ベッド・ミドラーの「The Rose」を披露。昨年もここで観たけど、この人やっぱ歌うまいんで流行のカバー、それもJAZZスタンダードも交えたアルバム出せばいいのに、って思ったくらい。

その次にはこれまた昨年も登場したクリスタル・ケイ。「Caravan」と「Superman」のピアノバージョンを披露。この人もやっぱ歌うまいし華あるんでもう一花咲かせたい感じ。しかしスタイル抜群で、超ミニタイトスカートに背中がバックリ開いたスパンコール衣装を身に纏ってたが、普通の女子が着たらただの露出し過ぎになるところ彼女だから普通に観れるんだろうなと。

そのクリケイの最後の曲で更にゲスト登場。そういえば、ステージにピンクの派手なドラムはなんだろうなと思ってたら、この方のドラムでした。そう、村上“ポンタ”秀一の登場。

100514_ponta

そしてNEW PONTA BOXの登場。メンバーは村上“ポンタ”秀一(drums),岡沢章(bass),柴田敏孝(p,key),本間将人(sax)と、若手とベテランを交えた布陣。ハービー・ハンコックの「Tell me a bedtime story」のカバーなどを数曲披露。何気にポンタの生演奏は久しぶりだったりするけど、緩い中にもいろんな小技が光るドラミングは健在かな。そして長年付き合いのある岡沢章のベースがグルーヴで全体を引っ張る感じも素敵。

そして、今日の目玉といっていい演歌の大御所、八代亜紀の登場。ベテラン観客が多い会場も一際盛り上がっていた。早速「Django~Fly Me To The Moon」と本格ナンバーを披露。会場からは「亜紀ちゃーん」コールが送られる。更に再びクリケイ登場で「You’d be so nice To Come Home To」をデュエット。この曲はハスキーな亜紀ちゃんボイスにピッタリな楽曲と認識。10月にはその八代亜紀がジャズ・アルバムを発表するというから注目。

Uccj2096_01_m

最後は山中千尋の登場。彼女も昨年出演し、ルックスから想像付かないパワフルな演奏で観客を魅了したものだがこの日も安定した演奏を繰り広げた。最新アルバムからビートルズ楽曲カバー曲などを披露し、空も暗くなってきた頃にゲスト・ボーカルの登場。今年も来ました稲垣潤一。「夏のクラクション」など雰囲気に合わせた楽曲を披露してシメ。

どうやら開催時間に制限があったようで昨年と違って19時過ぎに終了とちょっと短めな印象。あと、レーベルのしがらみがあるんだろうけどトリはPONTABOX with 八代亜紀の方が良かったでしょうね。

| | コメント (0)

2012年7月22日 (日)

LIVE鑑賞~BABYMETAL@鹿鳴館

BABYMETAL プレミアムライブ「LEGEND~コルセット祭り」』2012/7/21(土)@目黒鹿鳴館

Babymetal

この日のライブは、7月4日発売シングル「ヘドバンギャー!!」初回限定盤の購入者応募特典として行われたもの。初回限定盤に封入されていた「伝説のコルセット」を着用してライブに臨むという。

鹿鳴館はご存知メタル、ヴィジュアル系バンドの聖地。開場時には入り口付近通路に黒T-シャツに白のコルセットを着用したファンが何百人と行列を成している姿は見もの。

会場に入ると既に入り口まで人が詰まっており、350人ほどのキャパはオーバーな状態。ライブ開始時に更に人が押し寄せ若干前に進んだものの、9割方男性でみんな腕を上げている状態で、はっきり言ってステージはほぼ見えませんでしたわ。

音も2階席の天井がすぐ上にあるものだから前に行かないとうまく音も伝わらない感じ。そしてBABYMETALの3人が小さいから普通に立っていたら見えないわけで。途中サイドの2人がお立ち台に立って初めて姿が確認できたくらいかな。

見えないながら確認できた内容は、冒頭からMCなしで持ち曲全てを畳み掛けるように唄い続ける。普段メタルという音楽をほぼ聴かない自分としては、重音とアイドルとの融合はいかにと思ってたが、ライブを観ているうちにこの組み合わせはアリなんだなと思うように。

さくら学院重音部として結成された頃は小学生だった2人も全員中学生になって、ライブ活動も活発してきたようで。本家よりもこのBABYMETAL人気が拍車かかって、10月6日には渋谷O-EASTでワンマンライブを行う(という告知がライブ途中にされたらしいが、その場では見えず・・)。今度はちゃんとステージ姿を確認できる位置で観てみたいものだ。

22720120628103205

セットリスト:
01.ド・キ・ド・キ☆モーニング
02.ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
03.いいね!
04.イジメ、ダメ、ゼッタイ
05.ヘドバンギャー!!
06.BABYMETAL DEATH

| | コメント (2)

2012年7月17日 (火)

LIVE鑑賞~田村直美祭り2012

『アニROCK★2012 OPEN WATER-田村直美祭り!』2012/7/16(祝月)@渋谷O-EAST

510tkgckbil_sl500_aa300_

1987年PEARLのヴォーカルとしてデビューして以来、歌手活動25周年という今年7月11日にアニソン・カバー・アルバムを発売した田村直美。そのアルバムをまるごと持ってきた感じのライブがこの「田村直美祭り!」。

カバーといっても、田村さん自体結構アニソンを歌ってきていて、有名どころでは『魔法騎士レイアース』主題歌の「ゆずれない願い」がミリオンヒットとなり90年代のアニソン女王と言っても過言ではない。

そんな自身が唄ってきた楽曲のセルフカバーも含め発表したこのアルバムであるが、ハイトーン・ボイスは今も健在でROCK色が強いアレンジにピッタリ。

さて、ライブであるが17時過ぎに開始でオープニング・アクトで田村さんと同じ事務所の後輩にあたるデビューし立ての声優系アイドル・ユニットSweetyが登場。

Unlucky_8f8989f1_jk

左から、高木友梨香、長谷川唯、竹之内彩の3人でTVアニメ「戦国コレクション」のエンディングテーマ「UNLUCKY GIRL!」でデビュー。アニメでは声優も担当する、まだ初々しい感じ。8月発売の新曲も含め、オープニングにしては長い(?)30分以上のステージを見事こなし可愛さは充分伝わったかな。とりあえずは、ゆりぽん推しってことで。

続いて物々しいBGMが流れ暗い中からバンドメンバーが登場。いよいよSHO-TA、いや田村直美の登場。

Tamura_2

1曲目は「残酷な天使のテーゼ」(TVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」OPテーマ)から開始。かなりROCKアレンジが斬新で耳慣れたこの楽曲もかなり違った印象。しかし、伸びやかなハイトーン・ヴォーカルとイケイケなMCは健在。若いねー。

その後も「INVOKE」(TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED」OPテーマ)、「ルパン三世のテーマ」(TVアニメ「ルパン三世」OPテーマ)といったカバーをROCKアレンジで聴かせる。

さきほど出演のSweetyの3人もコーラスとして再登場しステージを彩る。白いシャツに黒のスカートにニーハイからこぼれる絶対領域が良いアクセント。

途中アコースティック・セットで「ゲゲゲの鬼太郎」(TVアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」主題歌)、「光と影を抱きしめたまま」(TVアニメ「魔法騎士レイアース」第二章OPテーマ)など披露。

自身の楽曲になると、サイドのモニターにアニメ映像も流れ郷愁をそそる。

あっという間の本編終了後に、小林ゆうのお祝いコメント映像を挟み、アンコール開始。

そのアンコールではゲストとして米倉千尋、松本梨香が登場。(歌に入るまでの3人の掛け合いがとても長かったことは省略して・・特に松本さんテンション高すぎ・・)アルバムでゲスト参加した2人を加えて唄うのは「CHA-LA HEAD-CHA-LA」(TVアニメ「ドラゴンボールZ」OPテーマ)。

そしてやっぱり最後はこの曲でしょう、「ゆずれない願い」(TVアニメ「魔法騎士レイアース」第一章OPテーマ)でトータル3時間に及ぶお祭りが終了。

| | コメント (0)

2012年7月16日 (月)

LIVE鑑賞~EGO-WRAPPIN'@日比谷野音2012

EGO-WRAPPIN' Dance Dance Dance』2012/7/15(日)@日比谷野外大音楽堂

Al_gossipofjaxx

ほぼ毎年年末のキネマ倶楽部でのライブは観てきたものの、ホール規模のライブってのは実は観たことなく、2年ぶりという野音のライブはまた違ったテンションで素晴らしいとの話。

立見ゾーンも何列に渡って人が溢れている状況でもちろん席は完売状態。そしてこの日は天候にも恵まれ見事に晴れであったが気温が30℃を超える真夏日とあって、ビール、缶チューハイを求める行列が絶えない。

そんなこんなで自分も雰囲気に巻き込まれ、ほろ酔い状態になったため曲名などの記憶が薄いためまともなレポートができなくすみません。

18時開始ではあったけど、まだ日は明るく照明もなしで開始。バンドセットが基本で、タイトルにもあるようにノリの良い楽曲を中心にキネマ倶楽部でのセットとはだいぶ違う選曲であった。

そういえば2年近く新作出してないのでそろそろどうでしょう。ライブは定期的にやってくれるんですけどね。

| | コメント (0)

LIVE鑑賞~PafeOke-パフェオケ-デビュー・コンベンション

PafeOke-パフェオケ- デビュー・ライブ・コンベンション』2012/7/12(木)@南青山Future SEVEN

Pafeoke

TBS「音旅~聴ままにクラシック」のに出演し、美しい音色とビジュアルで話題となった弦楽アンサンブル集団がPafeOke-パフェオケ-。

その中から、ビジュアル・実力を兼ね備えた選抜メンバー4人がユニットとしてこのたび、9月5日にシングル「Asian Breeze」でデビューというのでそのお披露目会に参加。

ヴァイオリン×3、チェロ×1というシンプルな編成で、クラシックをベースとした確かな演奏を軽快なポップサウンドをバックに繰り広げる。4人がそれぞれ違った個性のルックスということもあり誰がセンターに来ても申し分ないステージ。その魅せる姿も魅力の一つ。

例えとして合ってるかどうかだが、10年前に日本でも人気の出た海外弦楽ユニット、ボンドを彷彿させるかな。

Chihiro

相愛大学音楽部卒業。そのルックスはもはやアイドル並み。とにかく鎖骨が美しかった!

Chihiro

Ayano

相愛大学音楽部卒業。プロフィールに記載はなかったが、Chihiroの1つ下の妹。でもAyanoの方がお姉さんっぽい?その見つめられたら動けなくなりそうな瞳にやられそう。

Ayano

Mai

東京音楽大学音楽部卒業。黒髪が美しいクールビューティー。「ルパン三世」イントロの早弾きが素晴らしかった。

Mai

Kei

桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学研究科卒業。リーダーでもある彼女は全員を見守るしっかりした立ち位置。美しい音色とステージングでした。

Kei

セットリスト:
01.四季 SHIKI
02.Asian Breeze
03.HOPEFUL
04.上を向いて歩こう
05.ルパン三世 Theme of the Lupin the third

| | コメント (0)

2012年7月 1日 (日)

イベント報告~AKB48「真夏のSounds good!」全国握手会@さいたまスーパーアリーナ

『KING RECORDS presents 26thマキシシングル「真夏のSounds good!」[通常盤]」全国握手会イベント AKB48祭り powered by ネ申テレビ』2012/6/24@さいたまスーパーアリーナ

51vc6xzt9zl_sl500_aa300_

51dsvmkyddl_ss500_

ちょっと日にちが経ってしまったが、一応記録ということで。

今年5/23発売のこのシングルは第4回AKB総選挙シングルかつ水着かつ前田敦子卒業ラストシングルといろいろな要素が重なってAKB史上最高売上を記録した。そしてType-A、Bのジャケを見ればわかるが、そんな前田あっちゃんの卒業を示唆したかのようなAKBを築き上げたメンバーと次世代と言われる若手メンバーで分かれた掲載。

そして6/6に選挙結果が発表され、兼ねてから個人的推しであった大島優子が1位返り咲き。指原莉乃が前年9位からの大躍進で4位。そんな2人にご挨拶を兼ねて握手に向かった次第。

10時開場の時間に会場前に着くと、予想はしていたが既に長蛇の行列が形成されており最後尾は会場からかなり離れた場所。仕方なく行列に着くと、その傍からどんどん人が連なってとぐろを巻く状態に。

結局1時間強待ってようやく握手券と座席指定券を引き換え入場。B3ブロックという、アリーナ中央のまずまずな座席となった。この日は約2万人の入場ということで広いさいたまスーパーアリーナの最上エリアまで人が埋まる。

12時30分過ぎに開演で白い衣装を纏ったメンバーが登場。登場したのは前田敦子、大島優子、渡辺麻友、柏木由紀、指原莉乃、篠田麻里子、高橋みなみ、小嶋陽菜、板野友美、梅田彩佳、宮澤佐江、河西智美、峯岸みなみ、北原里英、高城亜樹、横山由依。

主に大島優子のMCで進行し、「ヘビーローテーション」「フライングゲット」「大声ダイヤモンド」を披露。その後、恒例の「ムチャぶりコーナー」であるがこの日は高橋みなみがフューチャアされたような議題。いつものなら指原あたりがグイグイ絡んでくるのだが、やはり大人しめというか、ちょっと物足りないかな。

その後は、「真夏のSounds good!」「誰かのために」を披露。

最後に、8/15にオリジナル・アルバム発売の発表とこの日誕生日という北原里英を祝うバースデーケーキが登場して終了、かと思いきや途中に戸賀崎支配人が登場。きたりえに何か発表があるかと思いきや、ただのフライング登場。

発表は、10期、11期研究生が全員正規メンバーへ昇格。特に同期や後輩がどんどん正規メンバーへ昇格していくのをつらい思いで見てきた苦労人が多い10期メンバーおめでとう。ただ、チーム4も16人埋まっちゃったし、どのチームになるかしばらく決まらなそうなのがもどかしいけど。

そして9/18に第3回じゃんけん大会開催決定で、10月シングルのあと12月にそのじゃんけん選抜シングルが発売という。地方組はもう6月から予備選を実施ということで、HKTに移籍になった指原ももちろん予備戦からの出場で、ここで周りから突っ込まれるという。

そんな感じの1時間ほどのイベントが終わり、後はしばらくの間自分の握手整理番号が呼ばれるのをひたすら待つことに。

今回の握手レーンは以下の通り。

① 前田敦子
② 大島優子
③ 渡辺麻友
④ 柏木由紀
⑤ 指原莉乃(HKT48)
⑥ 篠田麻里子
⑦ 高橋みなみ
⑧ 小嶋陽菜
⑨ 板野友美
⑩ 梅田彩佳・宮澤佐江
⑪ 河西智美・峯岸みなみ
⑫ 北原里英・高城亜樹・横山由依
⑬ 石田晴香・佐藤亜美菜・佐藤すみれ・仲谷明香
⑭ 仁藤萌乃・野中美郷・松井咲子・松原夏海
⑮ 小林香菜・仲川遥香・中田ちさと・宮崎美穂
⑯ 内田眞由美・鈴木まりや・近野莉菜・中塚智実

この日は、AKBとして東京での握手会が最後となる前田あっちゃん待ちがものすごいことになるだろうなと予想はしたが、想像以上に凄かった。17時で複数の握手券も含め引き換え終了となるのだが、その時点でまだ引き換え待ちが結構並んでおり、そのあっちゃんレーンも何重もの列ができており18時までに終了したかどうかは定かではない。。

自分は整理番号がなんと13000番台で、1時間待った時点では④~⑯レーンまでは行けたのであるが、②優子待ちも結構な人数で16時過ぎにようやく順番が来た。

メイン会場からちょっと離れた別エリアで握手が行われていたのだが、あっちゃんレーン以外は割りとスムースに列が進み、厳重に仕切られていたブースに入るとそこに優子が!ゆっくりと握手に進むと手を握った瞬間くらいに後ろから猛烈に剥がしが来て止まることができずに歩きながらの握手と「選挙1位おめでとう!」しか言えず終了。。。いやー、過去最速な剥がしでしたわ。そうでないと人数捌けないってのはあるけどね。でも天使のような笑顔に長時間の待ち疲れも癒されたー。

そして2枚目の握手券を引き換え、今度は34000番ではあったが、30分くらい待って次なる握手へ。

この握手会の1週間前に週刊誌スキャンダル掲載もあっていつの間にかHKT48へ移籍となったさっしーにはやはり握手しておかないと。こちらも同様に高速剥がしにより「博多まで行くからねー」という一言で終了。いろいろあったけど笑顔が間近で観れてよかったよかった。

| | コメント (1)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »