« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

LIVE鑑賞~Perfume@さいたまスーパーアリーナ2012

Perfume 3rd Tour 「JPN」』2012/1/28(土)&1/29(日)@さいたまスーパーアリーナ

Zap2_g5658637w

注:2012年4月までのツアー中ですが、ツアー内容などの記事記載がありますので閲覧にはご注意ください。

待望のPerfumeライブであるが、前回の“東京ドーム”から1年2ヶ月ぶり。全国ツアーでいくと2年3ヶ月ぶり(その間にFC限定ライブハウストゥワーなんてのもあったが)だから、久しぶりのツアーライブといった感じ。

東京近辺というと大抵、横浜アリーナだったのだが、今回は初のさいたまスーパーアリーナにPerfume見参。横浜が15000人強に対し、さいたまは今回スタジアムモードだったので25000人強を収容。2日開催したらもう東京ドーム1日分を超えるわけですな。

しかしこの土日は晴れていたのだが、気温も低く強風が吹き荒れていたので体感温度は氷点下レベル。

そんな中、グッズ購入で開場時間の16時から並んだのだが、東京ドームの時に比べれば列も割とすぐ進み30分かからないくらいでほぼ品切れなく、パンフ、T-シャツ、チョコレート(缶バッチ入り)が購入できた。

会場外ではPerfumeコスプレをした可愛らしい女性達(女性でない人もいっぱいいたが・・)が撮影会みたいなこともやっていてブレイク前とは会場の雰囲気もだいぶ変わったかな。

会場セッティングは前述の通りスタジアムモードで縦長。メインステージから花道があり横長のセンターステージ。メインと対極のアリーナ後方からスタンド席は遠すぎて見づらいかな。

さて、ライブ内容に入ると、、、

アルバム『JPN』の「The Opening」が流れメインステージの暗い中からギンギラした衣裳で3人が登場。この時点でもう観客をロックオン。そして曲名の通り会場中がレーザービームが飛び交う「レーザービーム」からスタート。そして「VOICE」からの、今回はやってくれました、「エレクトロ・ワールド」からの「ワンルーム・ディスコ」と、怒涛のアゲアゲチューンが連発。もうこの時点で3回は鳥肌立ったー。

そして一発目のロングMCに突入。3人の挨拶のち、のっち単独の自由なMCのち、恒例の観客いじりでセンターステージまで足を運ぶ。

このセンターステージではアルバム『JPN』楽曲が続き、周辺の観客は満足。

「スパイス」終了で暗転し、モニターには「music by 中田ヤスタカ」の文字が出てきてまだ聞いたことのないテクノチューンが流れる。幾何学的な映像が音に合わせ流れ、しばらくすると3人の映像が流れ、いつの間にか1人1人画面の中から出てきたように登場。これがクールでかっこよい。

この後のMCで土曜日は、あーちゃんが2011年日本でいろいろあったことを語り涙する場面があり、日曜日はかしゆかのジョジョ話とのっちのさいたまにちなんだウナギ話(客の反応がいまいちで話がすぐ終わってしまったが、、さいたまの浦和はうなこちゃんで有名なウナギの名所で間違いないっすよ)などあり。

そしてこの後、個人的最高にテンションが上がった「GLITTER」のパフォーマンス。センターステージで3人が分散して、それぞれ緑のレーザーが包み込むまさに音と映像美がハマった内容。こういう時のPerfumeはホントかっこいい。鳥肌立ちっぱなし。

そして「シークレットシークレット」のイントロが流れて歓声が上がり、さあ歌に行くかと思いきやすぐ「不自然なガール」に移る。これは「YOYOGI DISCO MIX」の再来かと思わせるメドレー。最後はちゃんと「シークレットシークレット」に戻るところが憎いね。

もはやスタンダード曲と化してきた「ポリリズム」のポリループでやはりまたテンションが上がったところで恒例の「PTAのコーナー」時間の都合かいつもより短縮された展開だったが、新曲にちなんだ新しいフリの指導もあり。いつもアレがこの曲で使われるのかと気づくのがまた楽しい。

そしてアルバム未収録であるが、シングル「ねえ」のカップリングであった「FAKE IT」が流れ、これがダンスフロア向け楽曲であったことを気づかされる。こういう曲をちゃんと取り上げるのがまた憎いね。

後半はまたおなじみの観客一体型楽曲が続き、新曲「MY COLOR」で新しく覚えたフリで会場は一体化。

本編終了後、アンコールは意外なところから登場。なんと後方右手アリーナ入口から3人が登場し後方にあった小さいステージへ移動。まさかの登場にステージから遠かった後方の観客も急に3人が近くで観れて感激状態。

このステージでは1曲しか披露しなかったのだが、センターステージへ移動する際に3人でかけっこを行い、あーちゃんが2日連続で勝利。本当かどうかわからんけどスポンサーの氷結1年分(2年分?)をゲット。

そして観客一体型楽曲「Puppy love」で盛り上がり、もう最後まで来てしまった感があるがアルバム『JPN』で個人的にも一番好きな楽曲がまだやってないぢゃん。と思ったらやってくれました「心のスポーツ」。この曲は最初に聴いたときからライブで一体化して盛り上がるだろうなと思っていたら、PTA指導された新しいフリをここで使うのか、というフリで観客一体型の楽曲で間違いないということで認識。

さらにこの曲のライブで発見したポイントがあり、「心のスポーツなんだけど運動不足なの」というフレーズの中で「~なの」の部分でのかしゆかのお悩み表情に激烈萌えたー。これは「イミテーションワールド」をせつない表情で唄うのっち以来の衝撃!

そして最後までギュンギュンハートを鷲掴みにされながら過ぎた2時間半強はあっという間で終了。もう終わりかよー、と思ってたら土曜日の最後にモニターに追加公演発表が。

5/8,9,11,12の4日間で日本武道館、5/26ツアー最終がなんと沖縄での野外公演。2012年はPerfumeのパフォーマンスが活発な予感がしてならない。

セットリスト:
01:The Opening
02.レーザービーム
03.VOICE
04.エレクトロ・ワールド
05.ワンルーム・ディスコ

06.Have a Stroll
07.時の針
08.微かなカオリ
09.スパイス

10.「JPN」SPECIAL(仮)

11.GLITTER
12.メドレー~
 シークレットシークレット
 不自然なガール
 Take me Take me
 Baby cruising love
 575
 love the world
 シークレットシークレット

13.ポリリズム
~PTAのコーナー~
14.FAKE IT
15.ねぇ
16.ジェニーはご機嫌ななめ
17.チョコレイト・ディスコ
18.MY COLOR

EN1.Dream Fighter
EN2.Puppy love
EN3.心のスポーツ

| | コメント (1)

2012年1月29日 (日)

LIVE鑑賞~IU

IU JAPAN PREMIUM "SPECIAL LIVE"』2012/1/24(火)@Bunkamuraオーチャードホール

2012

IU(アイユー)
本名:イ・ジウン
生年月日:1993年5月16日
身長:164cm

韓国では2008年にデビューしており、圧倒的な歌唱力とキュートなルックスで「国民の妹」と称されているほどの人気。

日本でも既に先取り人気が高く日本デビューが熱望されていて、昨年12月に韓国語ミニアルバムをリリースし、その購入者応募イベントが日本での単独初ライブ。

通常クラシックなどの高尚な音を披露するこの会場でどのようなライブを行うのかと興味津々。ステージには30人ほどの管弦楽団を揃え、黒の大人っぽい衣裳でIU登場。

1曲目はしっとりと「Lost Child」を披露。伸びやかな歌声に観客はうっとり。そしてMCを全部日本語で話すということで一生懸命話す姿がキュート。

そして既に韓国でヒットしたノリの良い「Good Day」の日本語ヴァージョンを初披露。曲のクライマックスでは、徐々にキーを上げ、10秒以上にわたって美声を披露する「3段ブースター」で観客を魅了。その後のMCでこの曲が日本デビュー・シングルとして3月21日発売となるとのこと。ちなみにこの日の演奏を取りまとめていたのが売れっ子プロデューサー・ギタリストの鳥山雄司。

で、4曲披露してもう本編終了。でも「アンコールあります」と自ら話してしまいそそくさと退場するところがなんともキュート。

そしてアンコールでは、日本のアニメが大好きということでそこから1曲カバーを披露。取り上げたのは「夏目友人帳」から「愛してる」という高鈴が歌ったマニアックな楽曲。これをピアノとアコギだけをバックに披露したのだが、なんともせつなくて美しい楽曲。

最後はミニー・リパートンの名曲「Lovin You」をIU自らアコギ弾き語り。高音が美しいこの楽曲を見事に歌い上げた。伸びやかな高音が出る楽曲が彼女の持ち味を引き出す感じ。

セットリスト:
01.Lost Child
02.Rain Drop
03.Good Day (Japanese Version)
04.Last Fantasy

EN1.愛してる
EN2.Lovin You

| | コメント (0)

2012年1月22日 (日)

2012年個人的注目~泉里香

泉里香(いずみりか)

生年月日:1988年10月11日(天秤座)
血液型:A型
出身地:京都府
身長:166cm
B81-W57-H83cm

10

雑誌「Ray」専属モデルでガールズコレクションなどにも出演する人気モデルさん。TVCMにもちょくちょく出演していて、現在大量オンエア中の出演CMが化粧品のカネボウ「fleeplus」である。

Index_img_02_l

数年前から彼女の存在には気づいていたが、あまり目立った活動がなかったのであるが、このCMをきっかけに注目度が増すのかなと期待。

そして彼女は若かりし頃に人気ドラマに出演していてその頃からのお気に入りであったのである。そのドラマは「美少女戦士セーラームーン(実写版)」。当時は浜千咲名義でセーラーマーキュリー役として人気を誇っていた。奇しくも、今回のCMのイメージカラーもマーキュリー同様にブルー。いやー、相変わらず青い衣裳が似合う。

0001

ちなみにこのドラマ「セーラームーン」には今をときめく女優、北川景子や売れっ子モデルの安座間美優が出演していたわけで、以前こちらの記事でも取り上げた次第。

以前は正統派アイドル系な顔立ちだったのが、今はすっかり綺麗なお姉さんに成長して今後が楽しみである。

| | コメント (1)

2012年1月15日 (日)

イベント報告~東京オートサロン2012

TOKYO AUTO SALON 2012』2012/1/14(土)@幕張メッセ 国際展示場ホール

2011年の12月に規模が縮小気味で行われた「東京モーターショウ」があまりにも華やかさが物足りないという話を聞いて(かく言う自分も12月というタイミングが合わず不参加だったが、評判を聞く限りでは行かなくても良かったかなと)オートサロンは大丈夫かな?という不安もあったが、基本はいつも通り。

例年、日曜日に参加してその混雑ぶりに大変な思いをしたことが多々あったが、土曜日ということと、ここ数年の控えめな展開からか入場者数は少なかったように思えた。

ということは華を添えるコンパニオンの活躍場も減ってしまうのはいただけない。是非オートサロンは頑張って欲しいところ。

ということで、今回も色とりどりなコンパニオンに感謝の意を込めて。

Pict0117

Pict0153

Pict0176_edited

Pict0179

Pict0184

Pict0200

Pict0206

Pict2939

Pict2950

Pict3000

Pict3079

Pict3093

Pict3097

Pict3106

Pict3127

Pict0129

Pict0204

Pict3046

| | コメント (0)

2012年1月 7日 (土)

2012年ブレイク必至アイドル~日南響子

これをやらなきゃ年が始まらない。

昨年取り上げた中では、やはりAKB指原が予定通りの総選挙19位→9位への躍進とバラエティ番組出演などで認知上昇。同じくAKB横山も総選挙19位で派生ユニットNot yetメンバーとしても活躍。などなど。

今年はまずこの娘から。

日南響子

生年月日:1994年2月6日(水瓶座)
血液型:A型
出身地:愛知県
身長:165cm
BWH:B80-W58-H:84

001

2006年、雑誌「ニコラ」モデルオーディションでグランプリ受賞し以降専属モデル(現在は卒業)。しばらくは女性誌モデルを中心にした活動だったのであまり表に登場することはなかったが、昨年4月から、めざましテレビ「MOTTOいまドキ」のレギュラーメンバーに抜擢され、そこで既に個人的注目に入っていたが取り上げそこねてしまってたわけで。。。

そして週刊プレイボーイで水着グラビアが掲載されそのスタイルの良さに男性ファンが急増している(はず)。クリスマス時期に大量オンエアされたペプシnexのCMであの娘は誰?と思った方も多かったでしょう。

いよいよ1/19売り「ヤングジャンプ」にて表紙&巻頭グラビアが掲載されるから要注目でしょう。

2011081514

| | コメント (0)

2011年総決算~グルメ編~

2011年振り返り特集もこれで最後。てことで、みんな大好き美味しいものをピックアップしました。

第5位:

ひつまぶし&うまきあつた蓬莱軒本店

住所:愛知県名古屋市熱田区神戸503
アクセス:MTR港島線中環(Central)駅D2出口 徒歩3分
TEL:052-671-8686
営業時間:[ランチ]11:30~14:00 [ディナー]16:30~20:30
定休日:水曜日(祝日除く)

Dvc00093

Dvc00090

以前、同支店で同様のメニューを食したわけだが、やはり本店は風格があって2時間待ちもうなずける味。

熱々のうまきは、トロりとした卵焼きの中の鰻がふっくらしてひつまぶし以外で絶対食べておきたいメニュー。

そして、ひつまぶしは外はパリっと、中はふっくらの鰻。個人的にはやはりお茶漬けで食べるのがよろし。

第4位:

魚屋のフライ定食ランチ丸冨水産池袋店

住所:東京都豊島区南池袋2-26-2
アクセス:JR他 池袋駅東口徒歩5分
TEL:03-5952-7703 
営業時間:ランチ11:00~14:00(毎日営業)16:00~23:00(LO.22:30) 
定休日:無

Dsc_0233

こちら日替わりの魚フライ定食で、この日はアジフライ。デフォルトでまぐろの竜田揚げとマグロブツもあり、ご飯・味噌汁お代わり自由で\680が嬉しい。これで禁煙でなければ週2は通いでしょう。

夜は居酒屋営業で、これまた焼き魚、ハマグリなどが堪能できてよろし。

Dsc_0228

第3位:

天せいろ手打そば 武蔵屋

住所:埼玉県秩父市番場町4-11
アクセス:秩父鉄道秩父駅徒歩2分
TEL:0494-23-1818
営業時間:11:00~1900
定休日:火曜日

Dsc_0264

昨年11月に紅葉なんぞ見に秩父まで出かけたものだが、秩父といえば蕎麦らしいので何気なく入った蕎麦屋がかなり良かった。敷居の高そうな佇まいの店内で手打ち職人の姿も観れ 、まさに出来立ての蕎麦をいただく。

蕎麦はもちろんツルっと美味いのは当然として、天麩羅が綺麗に揚がっており、海老天がまた大ぶりでよろし。

Dsc_0265

第2位:

レバサシ&煮込みもつ焼き 一角 (いっかく)

住所:東京都世田谷区三軒茶屋1-36-13 2F
アクセス:東急三軒茶屋駅南口徒歩1分
TEL:03-3487-6619
営業時間:17:30~24:00
定休日:日曜日

昨年はいろんなことがあって、生レバーがこれから食べられなくなってしまうかも?そんな前にいただいたのがこちら。これまた何気なく入店した店で最初に出てきたもので、一口食べたらこの店が名店だということがすぐわかってしまった逸品。

あとで調べたら、煮込みが有名らしく、確かに2人前以上ある器に盛られた煮込みがまた上品な味でよろし。

Dsc_0143

Dsc_0145

第1位:

うな丼特上谷田川 本店

住所:埼玉県さいたま市緑区原山4-32-28
アクセス:JR浦和駅よりバス(徒歩不可)
TEL:048-887-2554
営業時間:11:00~21:00
定休日:水曜

Dsc_0194

昨年は、名物ということで浦和のうなぎを何店か廻っていただいたものであるが、一番好みのうなぎはここであった。30分以上時間をかけて蒸したうなぎはふっくら柔らか。パリっとした鰻が好みの方もいるが個人的にはやはりこちら。

そして特上を頼んでしまったら、鰻も大きいけどご飯の量がこれまた結構でよろし。

| | コメント (0)

2012年1月 3日 (火)

2011年総決算~音楽編~

<JAZZ/FUSION>

上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト feat.アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス/VOICE』

Outlook_2

2011年は全ジャンル合わせてもこれがNO.1でしたね。デビュー時の「XYZ」を聴いた時の衝撃を思い出すトリオ演奏がここに詰まっている。なんたってバックがデビュー時から付き合いあるアンソニー・ジャクソンがベースで低音を支え、聴くまではこの人選にちょっと疑いを持ったのが、一聴してそれが正しかったことを知った、サイモン・フィリップスの重厚なドラム。

何よりそんなベテラン2人を引っ張る演奏を繰り広げたひろみちゃんがすごい。

このアルバムを聴いたとき、即このトリオでのライブが観たい!と思わせ、秋の東京JAZZで聴いたときは時間も短く物足りなさを感じたが、年末のツアーでの演奏はまさに神々しいひろみちゃんのテンションに圧倒。

次点はコチラ。

マリーン/INITIAL』

Zap2_g0017440w

1980年代のフュージョン大好き人間ならこれを聴いて損はない1枚。THE SQUAREの安藤正容がプロデュースで、その旧SQUAREメンバーからカシオペアの野呂一生などが参加。取り上げた楽曲がマリーンの名曲「ESP」「IT'S MAGIC」からスタンダードとも言える、「SKINDO-LE-LE」など申し分なし。

<J-POP>

Perfume/JPN』

Zap2_g5658637w

2011年に間に合った2年4ヶ月振り待望のアルバム。その待たされた期間のシングルが全部収録されているため実質新曲が少ないのは若干の物足りなさを感じるが、大胆なアルバムmixもあり1枚のアルバム楽曲として再構成されているのはさすが。

そして新曲で個人的キラーチューンを発見。それが「心のスポーツ」である。絶対ライブで盛り上がるであろう、アイドル・ソングとも言える甘い歌詞と刻み良いリズムに食い気味のメロディがツボ。

もう一つがコレ。

東京女子流/Limited addiction』

Zap2_g5645369w

こちらジャケを見てもわかるようにアイドルユニットである。しかしただのアイドルと思うなかれ。

この「Limited addiction」を一聴すれば何を言いたいかわかるはず。アレンジが初期MISIAなどを手がけた松井寛が務め、キレのよいギターカッティングはあの数々のセッションでも名高い、土方隆行が担当。そりゃ洗練されたサウンドになるわな。

2年前のデビュー時には、他のガールズユニットに比べどうかな?と思っていたが、ちょっと見ないうちにこういう楽曲を歌っていたとは。そして、ただ良い楽曲だけを提供されてもパフォーマンスが付いていかなければ意味がないのだが、ライブも定評があり遅咲きでブレイクする日も近いかも。

| | コメント (0)

2011年総決算~LIVE編~

2011年、いろいろありましたが前年58本鑑賞を上回る60本超えが無事できました。その記録はこちら。

1/14 Mezzoforte@ビルボード東京
1/19 ラストアライアンス@渋谷クラブクアトロ
1/22 水樹奈々@横浜アリーナ
1/25 RICHARD BONA@COTTON CLUB
1/29 中島愛@横浜BLITZ
1/31 MO'SOME TONEBENDER@恵比寿リキッドルーム

2/5 LEE RITENOUR & MIKE STERN@COTTON CLUB
2/25 ももクロとかまってちゃん@渋谷AX

3/3 Ms.OOJA@青山
3/5 Mr.Children@横浜アリーナ
3/6 May'n@日本武道館
3/26 坂本真綾@名古屋センチュリーホール
3/30 坂本真綾@中野サンプラザ

4/10 ももいろクローバー@中野サンプラザ
4/15 植村花菜@渋谷C.C.Lemonホール
4/16 上原ひろみ@丸の内コットンクラブ
4/18 back number@渋谷duo

5/17 スターチャイルド新作アニメ発表会@新宿
5/20 冨田ラボ@ブルーノート東京
5/30 大野雄二&ルパンティック・ファイブ@ビルボード東京

6/1 AKB48~ K 6th 『RESET』@TOKYO DOME CITY HALL
6/4 坂本真綾@東京国際フォーラム ホールA
6/7 AKB48~ K 3rd 『脳内パラダイス』@TOKYO DOME CITY HALL
6/11 MIKE STERN BAND@ブルーノート東京
6/17 AZYMUTH@COTTON CLUB
6/23 NAYUTAWAVE新人ライブ@赤坂BLITZ
6/24 あやまんJAPAN@渋谷O-EAST
6/25 角松敏生@横浜アリーナ
6/29 梶浦由記@NHKホール

7/5 T-ARA@渋谷AX
7/16 本田雅人 B.B.STATION@ブルーノート東京
7/23 AKB48@西武ドーム
7/24 水樹奈々@さいたまスーパーアリーナ
7/26 土岐麻子@ビルボード東京
7/27 COLDPLAY@NHKスタジオ

8/6 真夏の夜のJAZZ@葉山マリーナ特設ステージ
8/7 Not yet@幕張メッセ
8/19 矢野顕子トリオ@ブルーノート東京
8/23 安田奈央@青山

9/2 SMTOWN LIVE in TOKYO@東京ドーム
9/3 東京JAZZ2011@東京国際フォーラムA
9/4 東京JAZZ2011@東京国際フォーラムA
9/9 矢野顕子x上原ひろみ@昭和女子大学人見記念講堂
9/19 SKE48 全国握手会@幕張メッセ展示ホール7,8
9/20 AKB48 24thシングル選抜 じゃんけん大会@日本武道館
9/27 TOTO@日本武道館
9/29 RETURN TO FOREVER@東京国際フォーラムA
9/30 角松敏生@ビルボード東京

10/6 LMFAO@渋谷duo
10/13 電撃バップ@渋谷AX
10/16 坂本冬美@昭和女子大学人見記念講堂
10/21 でんぱ組.inc@秋葉原
10/27 Venus-B@渋谷O-EAST

11/20 JACO PASTORIUS BIG BAND@ブルーノート東京
11/23 さくら学院 オープンキャンパス 学校説明会@山野ホール
11/28 柴咲コウ@日本武道館

12/2 UNIVERSAL SIGMA@渋谷公会堂
12/3 上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト@東京国際フォーラムホールA
12/4 水樹奈々@東京ドーム
12/11 矢野顕子×上原ひろみ@NHKホール
12/18 坂本真綾@天王洲銀河劇場
12/23 EGO-WRAPPIN'@東京キネマ倶楽部
12/24 渡辺香津美@新宿ピットイン

これを振り返り印象に残ったライブをピックアップ。

第5位

Mezzoforte LIVE IN JAPAN2011』2011/1/14(金)1st@ビルボード東京

Zc1665290

記事はココ

小学生から聴いていたフュージョンの中でも特にお気に入りで、もうライブなんぞ観れないと思っていたのがここで来日公演を観て、当時と変わらぬ演奏のテンションに鳥肌もの。

日本には熱いファンが多いので今後は毎年来てくださいね。

第4位

『東京JAZZ2011~THE JAZZ SPECIAL』2011/9/4(日)18:00~@東京国際フォーラムA

Zap2_g5414330w

記事はココ

2011年の東京JAZZもスペシャルなコラボなどあって楽しませていただいたが、一番の目玉はDMS-ジョージ・デューク、マーカス・ミラー、デヴィッド・サンボーン

古くからのサンボーン、マーカスファンにはたまらない1曲目からの「Run for cover」でもう総立ち。めっきりスムースなプレイをしていたサンボーンが過去の名曲を吹きまくっていてベテランファンも狂喜乱舞。あとは、後半のブラコン楽曲が続き多少だれたところが残念。

第3位

角松敏生30th Anniversary Live』2011/6/25(土)@横浜アリーナ

Zap2_g7205219w

記事はココ

30周年はやはり横浜アリーナで夜明けまで!とはいかず、今回は電車がある時間に終了したが6時間以上やっているので変わらずすごい。

第2位

坂本真綾LIVE TOUR 2011 “You can’t catch me”追加(振替)公演』2011/6/4(土)@東京国際フォーラム ホールA

Zap2_g2518693w

記事はココ

最新アルバムを引っ提げたツアー中に大震災があり、ツアー前半と後半でセットリストが変更された異例なツアー。この公演はそのセットリストを総括した特別なライブとなった。

第1位

『「VOICE JAPAN TOUR 2011」上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト feat.アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス』2011/12/3(土)@東京国際フォーラムホールA

Outlook

記事はココ

デビュー時からほぼ毎年年末のライブを含めいろいろ観てきた中で最高のテンションで超越した演奏であった。終始鳥肌が立ちっぱなしで、彼女は今後どこまで高みに行くのだろうと、今後も更に期待。

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »