« 2011年総決算~LIVE編~ | トップページ | 2011年総決算~グルメ編~ »

2012年1月 3日 (火)

2011年総決算~音楽編~

<JAZZ/FUSION>

上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト feat.アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス/VOICE』

Outlook_2

2011年は全ジャンル合わせてもこれがNO.1でしたね。デビュー時の「XYZ」を聴いた時の衝撃を思い出すトリオ演奏がここに詰まっている。なんたってバックがデビュー時から付き合いあるアンソニー・ジャクソンがベースで低音を支え、聴くまではこの人選にちょっと疑いを持ったのが、一聴してそれが正しかったことを知った、サイモン・フィリップスの重厚なドラム。

何よりそんなベテラン2人を引っ張る演奏を繰り広げたひろみちゃんがすごい。

このアルバムを聴いたとき、即このトリオでのライブが観たい!と思わせ、秋の東京JAZZで聴いたときは時間も短く物足りなさを感じたが、年末のツアーでの演奏はまさに神々しいひろみちゃんのテンションに圧倒。

次点はコチラ。

マリーン/INITIAL』

Zap2_g0017440w

1980年代のフュージョン大好き人間ならこれを聴いて損はない1枚。THE SQUAREの安藤正容がプロデュースで、その旧SQUAREメンバーからカシオペアの野呂一生などが参加。取り上げた楽曲がマリーンの名曲「ESP」「IT'S MAGIC」からスタンダードとも言える、「SKINDO-LE-LE」など申し分なし。

<J-POP>

Perfume/JPN』

Zap2_g5658637w

2011年に間に合った2年4ヶ月振り待望のアルバム。その待たされた期間のシングルが全部収録されているため実質新曲が少ないのは若干の物足りなさを感じるが、大胆なアルバムmixもあり1枚のアルバム楽曲として再構成されているのはさすが。

そして新曲で個人的キラーチューンを発見。それが「心のスポーツ」である。絶対ライブで盛り上がるであろう、アイドル・ソングとも言える甘い歌詞と刻み良いリズムに食い気味のメロディがツボ。

もう一つがコレ。

東京女子流/Limited addiction』

Zap2_g5645369w

こちらジャケを見てもわかるようにアイドルユニットである。しかしただのアイドルと思うなかれ。

この「Limited addiction」を一聴すれば何を言いたいかわかるはず。アレンジが初期MISIAなどを手がけた松井寛が務め、キレのよいギターカッティングはあの数々のセッションでも名高い、土方隆行が担当。そりゃ洗練されたサウンドになるわな。

2年前のデビュー時には、他のガールズユニットに比べどうかな?と思っていたが、ちょっと見ないうちにこういう楽曲を歌っていたとは。そして、ただ良い楽曲だけを提供されてもパフォーマンスが付いていかなければ意味がないのだが、ライブも定評があり遅咲きでブレイクする日も近いかも。

|

« 2011年総決算~LIVE編~ | トップページ | 2011年総決算~グルメ編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011年総決算~LIVE編~ | トップページ | 2011年総決算~グルメ編~ »