« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

LIVE鑑賞~渡辺香津美 with 吉田美奈子

渡辺香津美 クリスマス・スペシャル』2011/12/24(土)@新宿ピットイン

Nowadaysl_2

老舗のJAZZライブハウスである新宿ピットインであるが、初めての入場。チケットが整理番号制で自由席であり、通常この手のライブハウスなら座って観れるものだと思っていたが、今回はチケット完売なようで座席は70名くらいまでしかなくちょうど座れない順番であった。。

それでもまだ立ち見最前をキープできたが結局200人くらいは入ったのであろうか。後方はすし詰め状態。客層が人生のベテランが多いので大丈夫かな?と思ったが何より自分が3時間立ちっぱなしで辛かった。。

ということで立ち見は辛かったものの、間近な距離で至高の演奏を観れたことが特別だなと思う方向で。

最初は香津美さんとベースの井上陽介のデュオでジャジーなインストで始まり、2曲目から早くもゲスト・ヴォーカルの吉田美奈子が登場。ゲストって言ってもこの後ずっと出ずっぱりだからほぼメインに近いんだけど。

この日はクリスマス・イヴなので、前半はクリスマス的な楽曲も含めジャズ・スタンダードを中心にしっとりと披露。香津美さんもエレキ、アコギと何種類もギターを持ち替え様々な演奏を披露。

1時間を過ぎて第1部が終了。30分ほど休憩となるが、いかんせん立ち見なんで休憩にならないけどね。移動したら見えなくなっちゃうし。

第2部は内容的にも自分好みになってきて、美空ひばりの「 りんご追分」を美奈子さんが唄い、香津美さんのギターソロがもう三味線にしか聴こえないっていうフレーズが多発して観客も大盛り上がり。「OPUS DE FUNK」での美奈子さんのスキャットがまた凄くここでも大盛り上がり。美奈子さんオリジナルの「LIBERTY」での神々しい歌声はまさに聖なる夜にピッタリであった。

最後に年末ギリギリの12/28発売で香津美さんソロアルバム発売でこの日は先行販売もしていたけど、久々にハード・フュージョン的なことをやっているらしい。アコースティックもいいけどこっち方面も聴きたいですね。

Tricorolll

「トリコ・ロール」
アーティスト:渡辺香津美(eg, g syn.)がオベド・カルヴェール(ds)、オラシオ・”エル・ネグロ”・エルナンデス(ds)、ヤネク・グウィズダーラ(b)
品番:EWBS0184
仕様:Blu-Spec CD仕様 + Green Audiophile Coating
発売日:2011年12月28日

| | コメント (3)

LIVE鑑賞~EGO-WRAPPIN'@東京キネマ倶楽部2011

EGO-WRAPPIN'  “Midnight Dejavu”』2011/12/23(金)@東京キネマ倶楽部

Deadheat_dvd_menu

昨年、この年末“Midnight Dejavu”公演が10周年ということで大々的に行われたが、今年は通常通り東京3日、大阪2日という日程で、今回は中日2日目に参戦。

約2時間半のライブは、初期の頃から新しめまでバラエティに取り揃え、前半は落ち着き目で後半はノリの良い楽曲を持ってくるいつものパターン。

やっぱり初期の楽曲が盛り上がってしまうのだが、そういえば2011年はアルバムが出なかったので新しいキラーチューンもそろそろ欲しいところ。

しかし、今回も聴けなかった終盤の「byrd」で天井から雪が降ってくるあの感動をもう一度味わいたい。

| | コメント (0)

2011年12月19日 (月)

LIVE鑑賞~坂本真綾2011@天王洲銀河劇場

坂本真綾LIVE 2011“in the silence”』2011/12/18(日)天王洲銀河劇場

2011年のマーヤちゃんは、昨年からのデビュー15周年イヤー真っ只中もあり音楽活動が充実。

1月にオリジナルアルバム『You can't catch me』発売。そして3月はそのアルバムのツアー。6月にツアー集大成的な追加公演。(8月には衝撃の結婚発表もあり・・)10月に2週連続でシングル発売。11月にコンセプトアルバム『Driving in the silence』発売。そしてこの12月にコンセプトアルバム集大成ライブ。

今回のライブは11月に発売されたアルバムだけでなく、過去2作発表したコンセプトアルバムを年代順、収録順に全て再現するという画期的な内容。かなりコアファン向けな内容であるが、とりわけ昔からのファンで『イージーリスニング』好きも多くプレミアムなライブである。

プレミアムといえば、小規模劇場で5日間行われたこのライブはプレゼント付きということで全員に靴下とポストカードが配られて、各日100名分にはサイン入りポストカードが入っていた。その絵柄は各日異なり、もし全部入手できたらプレミアムものでしょう。

60760

白幕に映像が映し出されて始まったライブ。その幕の後ろで演奏が始まりマーヤちゃんが佇んでいる。幕が上がり、緑のドレスに身をまとったマーヤちゃんがそこに居た。まさに『イージーリスニング』の世界。

バックメンバーは、河野伸(keybords)をバンマスに、石成正人(guitar)、三沢泉(perc)といったおなじみのメンバーから今回初参加の坂田学(drums)やコーラス、弦楽器まで加えたしっかりとした編成で、打ち込み音源が多かったコンセプトアルバムの音世界を見事再現していた。

62300

続けて30分ちょうどで収録された『30minutes night flight』。時折バックに映し出されるタイムカウントがまさにその30分ちょうどで進んでいくのを知らせる。このコーナーではマーヤちゃんのMCもなく淡々と曲が続けられる。このときの衣装は茶系チェックのワンピース。

Vtcl60278

最後は“冬”をテーマにした『Driving in the silence』の世界で、クリスマス楽曲も含むことから赤と白のかわいらしいドレスでマーヤちゃん登場。最後には本人もサプライズな本物の(?)雪がステージに降ってくるという演出もあり。

アンコールでは最新シングル2曲を披露し、最後の最後は毎回異なる冬ソングを披露してきたらしいのだが、この日が今年最後ということでいつもの楽曲で締め。もちろん会場総立ちの合唱で締めくくり。

といった内容の濃い2時間半のライブであった。

来年は早くも2月にライブハウスツアーがあり、秋には主演ミュージカルもあるようで2012年もマーヤちゃんを追いかけますよ。

セットリスト:

「イージーリスニング」
01.inori
02.blind summer fish
03.doreddo 39
04.afternoon repose
05.bitter sweet
06.another grey day in the big blue world
07.birds

「30minutes night flight」
08.30minutes night flight
09.ドリーミング  
10.記憶-there's no end
11.僕たちが恋をする理由
12.セツナ
13.ユニバース
14.30minutes night flight~sound of a new day

「Driving in the silence」
15.Driving in the silence
16.Sayonara Santa
17.Melt the snow in me
18.homemade christmas
19.今年いちばん
20.たとえばリンゴが手に落ちるように
21.極夜
22.誓い
23.Driving in the silence-reprise-

EC1.Buddy
EC2.おかえりなさい
EC3.ポケットを空にして

| | コメント (0)

2011年12月17日 (土)

LIVE鑑賞~矢野顕子×上原ひろみ@NHKホール

矢野顕子×上原ひろみ 今年は2人でさとがえるツアー~Get Together~』2011/12/11(日)@NHKホール

F388f215d94004a9c9f830fbe01ffdea

今年の9月に人見記念講堂で公開レコーディングされたライブ演奏がこの度CD発売されてそのツアーが今年のアッコちゃんさとがえるツアーとなった。

その公開レコーディング・ライブも鑑賞したわけだが、さすがにその時は録音ということでご本人たちも観客も息を呑む雰囲気で会場にいた記憶があるが、年末恒例のツアーで気心知れた2人ということもあり、演奏はスリリングながらも雰囲気はゆったり感満載であった。

ステージ中央にYAMAHA高級グランドピアノCFXが2台交互に並ぶ。そして上から大きな鏡がぶら下がり、2人の手の動きが見えるセッティング。

披露した演奏は、そのライブレコーディング・アルバムからの楽曲を中心に、アッコちゃん、ひろみちゃん各々のソロ楽曲や、過去2人が共演した「そこのアイロンに告ぐ」など2人の世界が満載な内容で大変満足。

先日、ひろみちゃんの最新トリオのライブを観たばかりで、その時も神がかった演奏をしていたが、この日も初っ端から飛ばしまくりの演奏。さすがのアッコちゃんも、ネタでひろみちゃんに引っ張られているようなMCをかまし笑いを誘う。

アンコールの「ラーメンたべたい」でスタンディング・オベーションが止まず、Wアンコールで「Green Tea Farm」も聴けて言うことなし。

セットリスト:
01.そこのアイロンに告ぐ
02.Evacuation Plan
03.ずいずいずっころばし~My Favorite Things
04.Capecod Chips
05.Lean On Me
06.Deja vu
07.学べよ

(休憩)

08.しあわせなバカタレ
09.こんなところにいてはいけない
10.Haze
11.月と太陽
12.CHILDREN IN THE SUMMER
13.りんご祭り(Don't Sit Under the Apple Tree~リンゴの唄)

EC1.ラーメンたべたい

EC2.Green Tea Farm

| | コメント (0)

2011年12月 7日 (水)

LIVE鑑賞~水樹奈々@東京ドーム

水樹奈々 NANA MIZUKI LIVE CASTLE 2011 KING'S NIGHT』2011/12/4(日)@東京ドーム

Release_jacket_edited

2年前は声優初の紅白出場。昨年は声優初の西武ドーム公演。そして今年は声優初の東京ドーム2DAYSを実現。留まることを知らず、奈々ちゃんはステップアップしていく。

とまあ、声優初くくりで取り上げられるが、奈々ちゃんは歌手として素晴らしいのはライブを観れば納得のはず。

東京ドームという広い会場でどんなショウを繰り広げるか、それはそれは凄いものであった。

センター方向のメインステージはライブタイトルにあるように大きな城のセットが築きあげられその大きさに圧倒される。

そして最初に奈々ちゃんが登場したのはその城の頂上からで、宙を飛びながらセンターステージに降りる。いやー、あの高さは高所が苦手でなくてもビビるでしょ。その後も気球に乗ってステージから遠い2階席の観客に近づいたり、光る乗り物でグラウンド1周したり、1人でも多くの観客に近づくファンサービス満点。

何といっても広いステージを駆け回りながら息も切れず4時間唄いきる体力に声量が素晴らしい。

最初はキングスナイトということで王様コスプレで登場したが、その後4回ほどお色直しを行いいろいろな衣装を身に纏うのもバラエティで面白い。

前日と大きくセットリストを変えて、“攻め”曲が多いこの日はまさにイケイケなステージ。奈々ちゃんを完全満喫するならやはり2日とも観ないといけないね(個人的なお気に入り「DISCOTHEQUE」は前日には披露したがこの日はやらなかった・・・)

来年1/11発売の新曲「Synchrogazer」はTVアニメ「戦姫絶唱シンフォギア」オープニングテーマで既に話題のアニメで曲もアッパーな感じでこれも売れそう。

そして早くも来年夏の全国ツアーが決定。全国津々浦々回るという内容だとか。2012年も奈々ちゃんから目が離せない。

セットリスト:

01.NEXT ARCADIA
02.Stay Gold
03.Silent Bible

04.MASSIVE WONDERS
05.深愛
06.POWER GATE
07.アオイイロ

08.POP MASTER
09.7COLORS
10.PRIDE OF GLORY
11.Gimmick Game

12.迷宮バタフライ-diverse-
13.純潔パラドックス
14.SCARLET KNIGHT
15.PHANTOM MINDS

16.Synchrogazer
17.ETERNAL BLAZE
18.Don't be long
19.ROMANCERS' NEO
20.UNCHAIN∞WORLD
21.Orchestral Fantasia

22.innocent starter

EN1.アノネ~まみむめ☆もがちょ~
EN2.Song Communication

EN3.Astrogation

WEN1.SUPER GENERATION -MUSEUM STYLE-

| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火)

LIVE鑑賞~上原ひろみ@国際フォーラム2011

『「VOICE JAPAN TOUR 2011」上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト feat.アンソニー・ジャクソンサイモン・フィリップス2011/12/3(土)@東京国際フォーラムホールA

Outlook

2011年の上原ひろみとのお付き合いは、年明け早々に新トリオでのニュー・アルバムが3月発売で、その先行試聴に始まり、震災後急遽決まった4月のコットンクラブでのソロライブ、9月の東京JAZZ、そして12月のツアーと1年に渡った。

デビュー時からずっとCDやライブを見聴きしてきて何度も感動をもらったが、今回のライブは一際感動した。2011年観てきたライブの中でもトップに入るであろう。

この『VOICE』というアルバムを聴いたとき、ひろみちゃんの過去作品の中でも最高傑作になると確信。そしてこのメンツでのフルライブを観たら感動すること必至と年頭から思っていたくらい。

もはや年末恒例となったひろみちゃん日本凱旋ツアーは5000人を収容する国際フォーラムAでもちろん満席。その客層は老若男女幅広い。JAZZ好きのアダルト層はもちろん、若者や女性も多く、演奏もさることながら普段の人柄がほんわか系であるひろみちゃんの魅力にとりつかれたファンが集まった。

メンバー3人が登場するや否や、会場は大盛り上がり。そうなるとひろみちゃんのテンションは上がってしまい1曲目から飛ばしまくるのである。

1曲目は最新アルバム同様「Voice」から。この曲、静から始まり動に変わりラストはまた静に戻る。この激しいながらも繊細な演奏展開がたまらなく好きで、この曲だけで3回鳥肌が立ってしまった。

その後も最新アルバムからテンポの早い楽曲が続く。個人的に好きな「Desire」が来てまた鳥肌・・・。食い込み気味なテンポでキメが炸裂するこの展開がまたたまらなく好きなんだな。

そしてこの曲が終わったところで約1時間経過につき15分の休憩。ハイテンションのままほぼノンストップでスリリングな演奏すれば疲れるもんね。

第2部はやや落ち着いた楽曲などで進行。スリリングな楽曲も良いが、ひろみちゃんソロによる美しい楽曲「Haze」や絶妙なアレンジの「ベートーヴェン ピアノソナタ第8番「悲愴」」で心洗われる感じ。

ここまでで最新アルバム全曲を披露。やはりこの『Voice』というアルバムは当然ながら捨て曲なしでどれも素晴らしいことを改めて実感。

本編最後は衝撃の1stアルバム『another mind』からの人気楽曲「Dancando No Paraiso」。1stでもアンソニーがベースを弾いていた超スリリングな楽曲。冒頭から飛ばしまくっていたひろみちゃんも、全身全霊のハイテンションで弾きまくり。常にひろみちゃんの演奏に合わせじっと見つめるアンソニーのベースも土台を支えまくっている。

そしてこの曲の後半では期待のサイモンの超絶ロング・ドラム・ソロが待ち受けていた。始めて観る方は、JAZZ系にそぐわないこのサイモンの要塞風ドラムセットに驚くのでわ。とにかくタムだけでも10個くらいあるのだろうか。これがまた全部見事に叩ききるのである。見せ所は重量級のツーバス。もう観客のテンションもピークに達する。

この曲が終わり本編終了であるが、観客はスタンディング・オベーションで拍手が鳴り止まない。総立ちのままアンコールに入り、これまた1stアルバムから「Summer Rain」。休憩含めて約3時間弱のライブはまさに神がかった内容であった。

セットリスト:

01.Voice
02.Now or Never
03.Labyrinth
04.Temptation
05.Desire

06.Delusion
07.Flashback
08.Haze
09.Beethoven's Piano Sonata No/8,Pathetique
10.Dancando No Paraiso

EN.Summer Rain

| | コメント (0)

2011年12月 3日 (土)

LIVE鑑賞~柴咲コウ@日本武道館

柴咲コウ KOU SHIBASAKI LIVE TOUR 2011 "CIRCLE&CYCLE"』2011/11/28(月)@日本武道館

Top

2011年歌手活動10年目という柴咲コウ。5月にリリースしたアルバム『CIRCLE CYCLE』を引っ提げて行われたツアー最終日は武道館公演ということで、初観戦に挑む。

関係者に伺ったところ、9月に始まったツアーで前半に行われた内容と後半の内容がガラリと変わったとか。その一つがツアー途中で発表になったgalaxias!コーナーを盛り込んで新境地を広げたことにあるようだ。

冒頭はその最新アルバム楽曲から立て続けに披露。ロックテイストな楽曲が続き観客もノリノリである。途中からは「無形スピリット」で共演したDECO*27がギターで登場。

そして新プロジェクト、galaxias!コーナーではコウちゃんもいっちゃってるファッションに衣替えして過去にないテイストで武道館をクラブ状態にした。

中盤はガラっと変わりアコースティックセットでカバー曲や名曲「月のしずく」を披露。やはり、バラード系を唄うコウちゃんが良いね。

後半は再びアッパーな楽曲が続き2時間半のライブはあっという間に終了。

ついでに言うと、登場の白いジャケと派手なスカートも良いがアンコールのT-シャツ&ホットパンツ姿が一番キュートだったかな。

F4ed59fb50acad

SET LIST:
01.パラレルワールド・リーディング
02.愛の輪
03.Graspin' all of it

04.となり
05.影
06.EUPHORIA
07.ゲノミクロニクル
08.無形スピリット

ENTRY~galaxias!
09.CONNECTION
10.Boys&Girls
11.EMERGENCY
12.無形スピリットリミックス
13.栗原暁DJ

14.ルージュの伝言(Unplugged)
15.最愛(Unplugged)
16.ミラーボール(Unplugged)
17.月のしずく(Unplugged)
18.泪月-oboro-
19.アイネクライネ
20.wish
21.invitation
22.よくある話
23.ラバソー ~lover soul~
24.Focus
25.フィロソフィア

EC1.KISSして
EC2.サヨナラブ

| | コメント (0)

LIVE参観~さくら学院

さくら学院 オープンキャンパス 学校説明会』2011/11/23(水)@山野ホール

74777_756_img20101212sakuragakuin1_

中学3年3月までの義務教育終了までのアミューズ所属「成長期限定」ユニット、さくら学院。2010年12月デビュー以来の2ndシングル『ベリシュビッツ』が12月21日発売を予定し、オープンキャンパス学校説明会が開催されるということで参観に向かう。

コンセプトはあくまでも学校の1教室。担任の森ハヤシ先生の出欠とともにメンバーが1人ずつ自己紹介とともに登場。12人の生徒たちは下は小5から上は中3までと大小バラエティ。

そして校長として放送作家である倉本美津留先生が登場。お笑いからNHKの子供教育番組まで手がける彼ならではのコンセプトに沿ってうまくイベントも進行していく。

時間を割いて行われたのが、各メンバーがさくら学院のイメージキャラクターをフリップに即興で描いてアピールするコーナー。アイドルはただかわいいだけでなく、ユーモアや自己アピールを確立することも大事だということをこの年齢で叩き込まれるわけだ。

ここで思ったのが、おそらく幼少の頃から芸能活動をしている子も多く、この手のアドリブでも堂々と対応する能力を既に持っていることに感心。そしてみんな字が綺麗。習い事もしっかりしているのだなと感心。

最後は新曲「ベリシュビッツ」を含む数曲のミニライブを披露して約90分の説明会は終了。

個人的に気になる生徒は、

Memberstop3_marina_on_2

堀内まり菜(中1)

とにかくテンションが上がると変な動きをし始め面白い。

Memberstop3_ayaka_off

三吉彩花(中3)

170cmある高身長でスタイルの良さと存在感はずば抜けている。アイドルというよりモデルさんだね。既にセブンティーン専属モデルだったり、7代目「なっちゃん」でCM出てたり、ドラマ「熱海の捜査官」でも重要な役で出演していたりするから、さくら学院卒業後も安泰でしょう。

Memberstop3_ayami_on

武藤彩未(中3)

最年長ということもあり生徒会長である彼女。ただメンバーの中にいると149cmという小柄もあり小学生メンバーに紛れてもわからないくらいな印象。百人一首のくだりで異常にテンションが上がるという面白かわいさを備えている。

 

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »