« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月26日 (日)

LIVE鑑賞~角松敏生30周年記念ライブ@横浜アリーナ

TOSHIKI KADOMATSU 30th Anniversary Live』2011/6/25(土)@横浜アリーナ

1981〜1987 1988 - 1993 1998~2010

1981年6月21日に、シングル「Yokohama Twilight Time」とアルバム『Sea Breeze』を同時リリースでデビューした角松敏生。今年の6月がデビュー30周年ということで、前回の25周年、前前回の20周年リベンジに続き今回も横浜アリーナにて開催。

その節目となるライブにどれも参戦してきたわけだが、前回の25周年ライブはいろいろと思い出深い内容であった。デビュー当初からのツアーメンバーであったベーシスト青木智仁がライブ直前の逝去ながら、ステージには青木さんのパネルとベースがあり音がしっかり流れていた。そして18:30開演で終了が0:30で、年越しライブでもないのに6時間公演を単独アーティストで行い帰宅難民続出(?)。

今回は開演が16:30と2時間繰り上げてきたので電車がある時間には終わるんだろうなと。でも特別な日なのでできる限り多くの曲を披露してもらいたいと思うのがファンの性。

15:30開場時間ながら入場整理の段取りが悪くて多少混乱気味に16時過ぎに入場してすぐグッズ売場に向かうが、これまた長蛇の列ができていて開演に間に合うか微妙であったが30分以上並んでようやくパンフレット、Tシャツ、手ぬぐいを購入。全部で\10,000とお高めであるが記念物ということで(手ぬぐいは値段のキリ合せの勢いで購入してしまった)。購入後、速攻で座席に向かい着席してまもなく開演。20分近く押したおかげでギリセーフで良かった。。。

ということで前置きが長くなったが、いよいよライブ開始。まずはスクリーンに角松が映り歓声が沸く。その映像のままにデビュー曲「Yokohama Twilight Time」をアコギ弾き語りでスタート。ステージ脇で演奏しているのか録画なのかわからず映像のみで終わり、メンバーが登場し角松本人も登場。軽い挨拶のみでここから続けざまに80年~90年代前半、言わば凍結前の楽曲が披露される。早くも観客総立ちの盛り上がりナンバーが続く。

この日のバックミュージシャンは贅沢極まりない布陣。通常のツアーメンバーにプラスしてホーンセクションが入り、ドラム、パーカス、ベース、ギター、キーボードが楽曲によって交代、または共演するというメンツ。

自分の記憶によれば角松ライブでは今回お初のメンバーが鈴木英俊と中村キタロー。鈴木英俊は「空と海と風と・・・」で今は亡き浅野“ブッチャー”祥之とツインギターを披露していた方。中村キタローはアガルタのメンバーで角松ゆかりのミュージシャンだったりする。今までだとこのポジションに今剛、松原秀樹が居たのだが、全く遜色ない演奏を聞かせてくれた。キタローさんはアクティブなステージで視覚的にも楽しませてくれた。

通常のツアーだとなかなかここまでのメンツは揃えられないのだが、やはりホーンにパーカッションが加わると音の厚みがものすごい。そして本田雅人の随所に入るソロが華麗で素晴らしい。他にも若手である玉田ドラムも絵になってかっこいいし、チアキが妙にドレスアップで可愛らしかったりと取り上げるネタはきりがない。

このような完璧な布陣で臨んだ演奏は素晴らしいの一言。そして通常MCも長い(?)角松であるが、今回はしゃべらない宣言で自分が唄いたい曲を可能な限り演奏するのが主旨。メッセージは全て曲に含まれているという。

ということで怒涛の如く進んだ前半戦は90分ほどで一旦30分の休憩を挟む。この間にトイレやら飲食やら一服やらでこれまたどこも行列・渋滞となる。

第2部では解凍後の楽曲が続く。途中しゃべらないと言っていた角松がちょっと話し始める。30周年となればいろいろな思いもあるわけだから少しくらいは角松節も聞かないとね。そんな中のトピックが51歳となる角松に実は子供(娘)が生まれていたことをカミングアウト(別に隠していたわけではないらしいが)。それもあって、ここ何年か音楽業界に置ける自分の立場に対して割とネガティヴ発言もあった角松であるが、子供が成人する70歳まで頑張る宣言をしてしまったのである。そしてこれからまだ一花咲かせる活動をすると。

そして披露した楽曲が最新アルバムに収録の「See You Again」。歌詞をもう一度読み返すとその思いがまた違って見えてくる。

その後も解凍後の代表曲が続き本編終了。ここで時刻は21時を裕に回っていた。

アンコールは代表曲中の代表曲となるのだが、今回ゲストが特になく進行していったのだがやはり誰か呼ばないとということでデビュー時からの恩人で観客席にいた斎藤ノブが参加して「Girl In The Box」。

その後は計3回に渡るアンコールで、飛行機も飛んだし、センター中央での「NO END SUMMER」もあり約6時間に渡るスペシャル・ライブも終了。時刻は22時30分近くとなっていた。

個人的には「もう一度・・・and then」「ALL IS VANITY」「WHAT IS WOMAN」「時計」やインストなども聴きたかったが、ここらへんは体力を消耗する楽曲らしく、テーピングまでして走り抜いた6時間ライブでは大変ですものね。

そして嬉しいお知らせが。9月末に久々のインストライブをビルボード東京・大阪で行うことが決定。男性ファンが望む内容になるのは間違いなしだろう。

角松敏生(VOCAL&GUITAR)

江口信夫(drums)
玉田豊夢(drums)
山内薫(bass)
中村キタロー(bass)
梶原順(guitar)
鈴木英俊(guitar)
小林信吾(keyboards)
友成好弘(keyboards)
森俊之(keyboards)
田中倫明(percussion)
大儀見元(percussion)
数原晋(trumpet)
中野勇介(trumpet)
中川英二郎(trombone)
本田雅人(saxophone)
千秋(background vocal)
凡子(background vocal)

セットリスト:

ACT1.
01.Yokohama Twilight Time
02.I Can Give You My Love
03.Lucky Lady Feel So Good
04.Remember You
05.Anklet
06.初恋
07.夜をこえて
08.This Is My Truth
09.Lost My Heart In The Dark

10.Ramp In
11.Mermaid Princess
12.君をこえる日
13.さよならなんて絶対言わない

ACT2.
14.INASA~Izumo
15.UGAM~Movin'

16.You're My Only Shinin' Star
17.花瓶
18.Wrist Cutter
19.愛と修羅
20.Live
21.月のように 星のように
22.ハナノサクコロ
23.Beams
24.桃色の雲
25.Mrs. Moonlight
26.Fly By Night
27.夜の蝉

28.See You Again
29.Always Be With You
30.Smile
31.Prayer
32.君のためにできること
33.崩壊の前日

EC1.Tokyo Tower
EC2.浜辺の歌
EC3.Girl In The Box

EC4.WAになって踊ろう
EC5.Take You To The Sky High

EC6.NO END SUMMER 

| | コメント (0)

試合観戦~あやまんJAPAN@渋谷O-EAST

あやまんJAPAN 全国遠征試合「マジお前らに会いてぇわ」』2011/6/24(金)@渋谷O-EAST

あやまんJAPANのDVD -ポテトが熱くて食べられない- ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー(DVD付)

今旬アーティストの上り坂でのライブを観るのは勢いを感じられて非常に有意義である。この日もそんな勢いを感じた試合(ライブ)であった。

いまさらであるが、あやまんJAPANとは。六本木、西麻布界隈で宴会を中心に活動する女性エンターテインメント集団。リーダーのあやまん監督ファンタジスタさくらだルーキタエの3人が不動のスタメンということでメディア活動で主に登場しているが、「ネタ班」「女子大生班」「ビジュアル班」「海外班」「ユース」とチームが多種あり全部で100人以上が所属しているとか。

そんな彼女らが一躍有名になったのが、2010年1月放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』のコーナー「第1回博士と助手 安すぎて伝わらない素人芸選手権」に、おぎやはぎの矢作兼の推薦で出場。インパクトのある安い芸(?)で見事優勝し、その後多くのバラエティ番組に出演し、今や女子中高生にも大人気という。昔だったらPTAからクレームが来るって。

この番組をたまたま観ており、昨年末CDデビューするというから個人的に注目していたが半年たってもなお安定した売上でもう3万枚近い売上とか。結構、夜の店や地方遠征試合なども行なってきて、地道な努力もあった甲斐もあったみたい。そしてある種、大学生あたりではこういうエロネタがサブカル感覚なんだろうね。

そんな中行われた初の1000人規模での遠征試合に参加したわけであるが、1Fスタンディングの会場は20代男女を中心にかなりの盛り上がり。観客が一斉にやる「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」は壮観である。

テレビではあくまでもゲスト出演でネタを1つ2つ観る程度であって2時間ワンマンショウはどうなんだろうと思い、多少中盤ダレたことろもあったが、ショウとしてうまく構成されていたかなと。あんなに、ま○こ、ち○こを連呼したのは中学生以来で妙なテンションが上がる。とはいえ、振り切った明るい下ネタだからか女子にも受けいられるんだろうね。個人的には、レオタード姿のぽいぽい体操が生々しくて良かったかな。

そしてこれまた話題のチャラメガネ:藤森慎吾との共演、アンコールでの楽しんごとの共演がいまどきを感じさせる。待ってましたとばかりの大盛り上がりだったし。

あやまんジェットコースターではお約束の、観客から男女ランダムで3名ジェットコースターに搭乗。楽しそうだったなー。

最後には、普段スタメン3名しか見れないが100名以上在籍する中から15名ほど各班からメンバー登場。そういえば最初とんねるずの番組で観た時は4人で登場していたから、そのもう1名がいたな。あとは1日あやまんJAPANということで更に20名ほど登場し全員でまた、「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」で終了。見事全国遠征試合最終日もあやまんJAPANの勝利で終わったとさ。

SET LIST:
01.ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー(ラブ&ジョイVer)
02.会いたかった
03.男女

VTR<あやまんJAPANよびかけ~3人の出会い~フリ>

04.あやまんJAPAN呼びかけ~3人の出会い~
05.ドラゴンボールZ
06.ギンギラギンにさりげなく
07.ブルーバード

VTR<あやまんJAPAN COUNTDOWN>

08.あやまんJAPAN日常ソングメドレー
  LOVE LOVE メルちゃん~六本木シンドローム~ひとり上手~やってられっか!

VTR<エロ水 CM>

09.ぽいぽい体操
10.生着替え障害物競争
11.CD聞いて下さいメドレー
  誘惑~サバイバルダンス~Choo Choo TRAIN~どうして君を好きになってしまったんだろう~ヤングマン~スパイダー
12.ヘビーローテーション with オリエンタルラジオ 藤森慎吾
13.あやまんジェットコースター(CD ver)

EC1.ドドスコぽいぽいのうた with 楽しんご
EC2.ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー(1日あやまんJAPANと一緒)

| | コメント (2)

2011年6月20日 (月)

LIVE鑑賞~アジムス@コットンクラブ

AZYMUTH LIVE IN JAPAN』2011/6/17(金)@COTTON CLUB

ライト・アズ・ア・フェザー オーロラ

1980年代、FMエアチェックに没頭していた頃よく聴いていたFM番組があった。NHK-FMの「クロスオーバーイレブン」である。タイトルの通りCROSSOVER/FUSION系やSOUL/POPSなどの洒落た洋楽をフルでオンエアしてくれるエアチェッカーには重宝されていた番組。

この番組のオープニングにかかっていたのが、アジムスの「Fly over the Horizon (Vôo Sobre O Horizonte)」であった。

そんなアジムスが結成35周年で最新アルバム『オーロラ』を発売し待望の単独来日公演を行うと聞いて行かないわけがない。

ブルーノート東京で二日間の後、コットンクラブでの二日間最終ステージを鑑賞するわけだが、やはり「クロスオーバーイレブン」人気も根強いのかほぼ満席。

メンバーはJose Roberto Bertrami(key)、Alex Malheiros(b,g,vo)、Ivan Conti(ds,per)の3名。ゆったりとステージは始まり、ホセの美しいローズ・ピアノの音色にブラジル音楽ならではのパーカッシヴなイヴァンのドラムが刻まれる。

レコードで聴く分には音数がいろいろあってライブでどう表現するのかなと思ったが、やはり3人での演奏なのでパーカッション的な音が若干物足りない気はしたが、世界観は変わらず。

最新アルバムからの楽曲もあったが、昔からの定番やジョビンのカバーもあり。ラストはやはり「Fly over the Horizon (Vôo Sobre O Horizonte)」で締める。やはりこの曲を聴くと若かりし頃を思い出す。貴重なライブを見れて良かった。

| | コメント (0)

2011年6月12日 (日)

LIVE鑑賞~Mike Stern@ブルーノート東京

MIKE STERN BAND featuring RANDY BRECKER, TOM KENNEDY & DENNIS CHAMBERS2011/6/11(土)@ブルーノート東京

Big Neighborhood These Times

今年2回目のマイク・スターン。前回はリー・リトナーとの共演で、今回は自らのバンドで個人的には3年ぶりの鑑賞。

実はそれほどのマイク好きではなく、いつもバック・ミュージシャン目当てで鑑賞を決めるのだが、今回当初はランディ・ブレッカー、リチャード・ボナ、デニス・チェンバースというバックの予定で、このメンバーなら観るでしょ、ってことで決めていたのだが5月に入ってボナの来日中止によるベーシスト変更のお知らせ。ボナ好きとしては若干迷ったけど一度予約した以上は観ようかと。

ライブが始まり、マイクのギターの音色を聴くとやっぱりその場に吸い込まれていく。1曲目からノリよくスタートし早くも各人のソロが披露。ベースのトム・ケネディはボナの代役ではあるがデイヴ・ウェックルなどのバックで日本では馴染みがあまりないが凄腕ミュージシャンであるのは間違いない。ストイックに的確なベースラインを刻む姿は裏方職人といった感じ。

期待のデニチェンのドラムソロはというと、以前ディーン・ブラウン・バンドで観たようにドカドカ叩きそうでその手前で終わってしまう焦らしソロ?

数曲静か目な曲が続き終盤でまたテンションアップの楽曲となり、また各人ソロ。すっかり御大であるランディも前半抜き気味であった演奏が、ブレッカーズを彷彿させる変態チックなトランペット・ソロを吹き始める。トムのベースソロはやはりフィンガー・テクニックの極みのようなソロを聴かせ途中からデニチェンが絡んで来て、そろそろどうだと言わんばかりに重量級のパワフルドラミングが炸裂。これこれみんな待ってたのは。会場の多くのデニチェン目当て客は大盛り上がり。変速ドラムなどもあり今回はボナが居なかったのは残念だが、このデニチェンが観れただけでもお金払う価値ありですよ。

Mike Stern(g)
Randy Brecker(tp)
Tom Kennedy(b)
Dennis Chambers(ds)

1ST
1.TUMBLE HOME
2.KT
3.ALL YOU NEED
4.WHAT MIGHT HAVE BEEN
5.CHATTER
6.BIG NEIGHBORHOOD

| | コメント (3)

2011年6月 8日 (水)

LIVE鑑賞~AKB48「見逃した君たちへ」K 3rd&K 6th

『「見逃した君たちへ」~AKB48グループ全公演~ K 6th 『RESET』公演』2011/6/1(水)@TOKYO DOME CITY HALL

【特典生写真無し】Everyday、カチューシャ(Type-A)(通常盤) 【特典生写真無し】Everyday、カチューシャ(Type-B)(通常盤)

昨年大変お世話になったAKB48であるが、2011年その注目度はハンパない。現在、6/9開催の第3回シングル選抜総選挙(要は人気投票)の投票券封入の最新シングル「Everyday,カチューシャ」が売上150万枚に迫り、6/8にはアルバム「ここにいたこと」が発売で出荷時点でもう110万枚という勢い。その真下の総選挙で今週はもう話題はAKB一色。

そして5/24~6/12まで劇場を飛び出し過去行われた公演セットリストのホール公演を日替わりメニューで送っている。その中でチームKの現在6thと3rd公演を鑑賞。

K6thの出演メンバーは、秋元才加、板野友美、内田眞由美、梅田彩佳、大島優子、菊地あやか、田名部生来、中塚智実、仁藤萌乃、野中美郷、藤江れいな、松井咲子、峯岸みなみ、宮澤佐江、横山由依、阿部マリア(体調不良の米沢瑠美のアンダー)。

エース大島優子を中心に人気メンバーである板野友美、宮澤佐江、横山由依、峯岸みなみが周りを固め元気いっぱいなステージを魅せる。

伝統ある体育会系のチームKであるがそのまとまりを残しつつ、組閣などによる新規メンバーによる新しいカラーをミックスした内容。

なんといっても優子のパワフルな動きに由依ちゃんの一生懸命なパフォーマンスに目が釘付け。

ラストの「Everyday,カチューシャ」で仁藤萌乃がセンターという意外性な(?)ステージで終了。

SET LIST:
00.檸檬の年頃(前座ガールズ)
01.overture
02.RESET
03.洗濯物たち
04.彼女になれますか?
05.ウッホウッホホ

06.制服レジスタンス
07.奇跡は間に合わない
08.逆転王子様
09.明日のためにキスを
10.心の端のソファー

11.毒蜘蛛
12.オケラ
13.ホワイトデーには・・・

14.ジグソーパズル48

15.星空のミステイク
16.夢の鐘

17.引っ越しました

18.Everyday,カチューシャ

『「見逃した君たちへ」~AKB48グループ全公演~ K 3rd 『脳内パラダイス』公演』2011/6/7(火)@TOKYO DOME CITY HALL

【特典生写真付き】ここにいたこと(初回限定盤) 【特典生写真無し】ここにいたこと(通常盤)

この公演のメンバーは、秋元才加、梅田彩佳、大島優子、大堀恵、河西智美、小林香菜、佐藤夏希、野呂佳代、増田有華、松原夏海、宮澤佐江、牛窪紗良、川栄李奈、森川彩香、名取稚菜、鈴木紫帆里

下は15歳の研究生、森川彩香から27歳の大堀恵&野呂佳代まで幅広いメンバーとなった構成。古くからのファンも最近のファンも一緒になって楽しんでしまう内容で濃かったなー。

ここでもやはりエース大島優子を中心に、河西智美、増田有華、宮澤佐江あたりが目立った感じ。ベテラン大堀&野呂は前へはあまり出てこないがMCでの存在感はやはり抜群。SDN48でも中心メンバーなのは頷ける。

そして当時は小野恵令奈が務めていたポジションには研究生の川栄李奈がつき初々しいながらも中心メンバーに混ざって奮闘していた感じ。

このりっちゃんはTV「有吉AKB共和国」でも既に目立った活躍をしており(サバンナ八木との「ギャグエクササイズ」は伝説に残る映像・・)今回も何気に注目していたメンバー。ステージングはまだまだ荒削りなところがあるが、その可愛さで観客を魅了したに違いない。

Pt_01

このセットは「友よ」での楽器演奏、優子ソロの「泣きながら微笑んで」と名曲がいっぱい。そして「K2ndメドレー」は「Virgin love」~「転がる石になれ」とアゲアゲで盛り上がり拳を振り上げっぱなしになる。

ラストの「Everyday,カチューシャ」で河西智美がセンターを務め終始盛り上がったステージで終了。

SET LIST:
01.overture
02.友よ
03.脳内パラダイス
04.気になる転校生

05.泣きながら微笑んで
06.MARIA
07.君はペガサス
08.ほねほねワルツ
09.くるくるぱー

10.クリスマスがいっぱい
11.シアター・パイレーツ
12.片思いの卒業式

13.花と散れ!
14.K2ndメドレー

15.草原の奇跡

16.Everyday,カチューシャ

| | コメント (2)

2011年6月 5日 (日)

LIVE鑑賞~坂本真綾2011@東京国際フォーラム

坂本真綾LIVE TOUR 2011 “You can’t catch me”追加(振替)公演』2011/6/4(土)@東京国際フォーラム ホールA

You can’t catch me(初回限定盤) グレープフルーツ

この日のライブは本来4/24(日)に行われるはずだった公演が、3・11震災の影響による延期によってこの日になったもの。全国ツアー最終日で、この日はまさにマーヤちゃんが「約束はいらない」で歌手デビューした15周年の節目となるはずだった日。

3/5の厚木から始まったツアーは福岡まで行なって一旦中断する。そして3/26の名古屋から再開したが当初のセットリストから一部変更し3/31の中野サンプラザまで行われた。そして2ヶ月ほど経ち、延期になっていた国際フォーラム、札幌、仙台で再度セットリストを一新して臨んできた。

当初のセットリストから漏れてしまった楽曲で観たかったものが結構あったので、今回2つを組み合わせて多く披露してくれたことに感謝。これもいろいろあった結果がもたらしたものであろう。

当初披露されていた、オープニングでスクリーンにバスのアニメーションが映し出される演出が復活。まさにバンドメンバーがここ東京に戻ってきたというシチュエーション。

そして疾走感ある冒頭2曲が続く。3曲目は前回カットされたPOPで明るい楽曲の「DOWN TOWN」。今回もライティングが美しい「美しい人」~「みずうみ」。そしてこれも前回カットされていた懐かしの「ピース」。中盤~後半はほぼ一緒の構成で進み演奏のヴォルテージが上がってきての「光あれ」ではやはりまた鳥肌ものの感動。

アンコール後のMCでデビューにまつわる話の後のこの曲、「約束はいらない」。以前は弦楽器を入れた荘厳なる演奏であったが、今回バンドアレンジとなってまた新たな世界の楽曲となった気がする。

最後はいつもの楽曲で観客が一体となって3時間のライブは終了。今回のツアーはいろいろなことが有りすぎて、正直マーヤちゃんは気持ちが不安定なまま歌ったライブもあったと思われる。この日のライブは時が多少経ったこともあり気持ちの整理もできて臨んだはずで、歌もMCもステージング全体が一体感あってまとまっており観ていて心地よかった。

このまま最終の仙台までマーヤちゃん、頑張って!

セットリスト:
01.eternal return
02.秘密
03.DOWN TOWN
04.スピカ

05.美しい人
06.みずうみ
07.ピース

08.ボクらの歴史
09.手紙
10.キミノセイ

11.ねこといぬ(インスト)
12.Remedy

13.悲しくてやりきれない
14.ムーンライト(または“きみが眠るための音楽”)
15.ユニバース

16.風待ちジェット
17.Private Sky
18.Get No Satisfaction!
19.マジックナンバー
20.光あれ

21.トピア

EC1.約束はいらない
EC2.stand up, girls!

EC3.everywhere

EC4.ポケットを空にして

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »