« 2011年ブレイク必至アイドル~指原莉乃,横山由依,渡辺美優紀,小池唯 | トップページ | イベント報告~東京オートサロン2011 »

2011年1月15日 (土)

LIVE鑑賞~MEZZOFORTE

Mezzoforte LIVE IN JAPAN2011』2011/1/14(金)1st@ビルボード東京

Volcanic Surprise Surprise

2011年一発目のライブは、20年以上かかって念願叶って来日してくれたアーティストであり、FUSION好きを確固たるものにしてくれたバンドであるメゾフォルテのライブで、早くも今年のTOPになろうかという内容であった。

メゾフォルテとは・・・

アイスランドのフュージョン・バンドで、1977年に結成され、1979年にアルバム『Mezzoforte』でデビュー。1983年にリリースしたアルバム『Surprise Surprise』に収録されている「ガーデン・パーティ」が世界的にヒットし、タイトルは知らなくてもBGM等で耳にした人は多いと思われる。

その80年前半時、日本でも人気があった頃に一度来日公演があって以来、日本には来てなかったのであるがこの度26年ぶりの来日とあってその事実を知って後の予定を考えず即予約!

ただし、だいぶ時が経ちすぎて落ち着いた内容のライブであったらどうかな?(最近のアルバムであまり印象的な楽曲もなかったし・・)と思い、あまり期待しすぎない程度で臨んでいった。

でもそんな不安は1曲目で吹き飛んでしまった。「Check It In」から始まるメゾフォルテの世界にもう鳥肌もの。このキメキメなフレーズ、リズムにアドレナリン出まくりですよ。

続いて「Ice Breaker」と来てもう安心。あー、自分の大好きなメゾフォルテが今ここにいるー。

気づけばメンバーはサックスとトランペットも加わり7人編成と申し分なし。結成からのオリジナル・メンバーはEythor Gunnarsson(Keyboards)、Johann Asmundsson(Bass)、Gulli Briem(Drums)でギターのFridrik Karissonは今回不在で代わりにBruno Mueller(Guitar)。あとはJoo Kraus(Trumpet)、Oskar Gudjonsson(Saxophone)、Thomas Dyani(Percussions)。

やっぱりこれだけの編成だと音の厚みが違うし、メロディラインも豊かになるものである。

中盤は新作など比較的新しい作品が続き、ややゆったりした雰囲気で進み、後半はまた自分が求めていた音が続く。

「Prime Time」~「EG Blues」で各人のソロが光り、とりわけドラムのGulliのロングソロは特筆もの。照明を落とし7色に光るスティックを輝かせながらのソロは凄かった。そして年齢からは想像付かないほど若々しいルックスに惚れ惚れする。

そしてエレピのイントロが流れてキターーー「Surprise」からの「Garden Party」。これを聴いてフュージョンにはまったんですよ。

これで終わりかなと思っていたら続いて緩やかに曲が始まる。あれ?この曲で終わるにしては地味だなと思っていたらメドレーだったのね(2007年ライブアルバム『Live IN REYKJAVIK』に収録されていた)。最後にまたテンションを上げてくれるこのラインナップにまた感動。

今回に終わらず、また何度でも来日よろしくです!

セットリスト:
01.Check It In
02.Ice Breaker
03.Nightfall
04.High Life
05.Four Corners
06.Sleeping Volcano
07.Beyond The Horizon
08.Prime Time
09.EG Blues
10.Surprise/Garden Party
11.Medley:
   Midnight Sun
   Spring Fever
   Rockall

|

« 2011年ブレイク必至アイドル~指原莉乃,横山由依,渡辺美優紀,小池唯 | トップページ | イベント報告~東京オートサロン2011 »

コメント

感動しましたね~

投稿: kobarin99 | 2011年1月16日 (日) 01時56分

>kobarin99さん

はじめまして、コメントどうもです。いやー感動しました。全公演観るべきでした。

投稿: nacky-extra | 2011年1月16日 (日) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011年ブレイク必至アイドル~指原莉乃,横山由依,渡辺美優紀,小池唯 | トップページ | イベント報告~東京オートサロン2011 »