« LIVE鑑賞~近藤夏子/Manami/Mizca | トップページ | LIVE鑑賞~植村花菜@日本青年館 »

2010年5月23日 (日)

LIVE鑑賞~岡林信康

岡林信康コンサートツアー2010 INTRODUCTION』2010/5/21(金)@Zepp Tokyo

レクイエム~我が心の美空ひばり~ レクイエム~麦畑のひばり~

注:ネタバレあり。ツアー中につき、内容をまだ知りたくないなど閲覧はご自身の判断でお願いします。

今まで何度とZeppに足を運んできたがこの日のZeppはいつもと様相が違う。平均年齢は50代くらいになろうか(失礼!)、客層が明らかにご年配。30代の自分がひよっ子に思えてしまう。そして通常スタンディングである1F席には椅子が並べられ全指定席。

そんな中で始まった岡林さんのライブであるが、今回は1月に発売した美空ひばりカバーアルバムを引っさげた全国Zeppツアーということで往年の岡林ファンやひばりファンなどその時代を生きてきた方々が多数来場。

と思いきや、たまに若い女性もチラホラ見受けられ何故か大体美人だったりする。恐るべし岡林パワー。

ほぼ定刻にメンバー登場しライブ開始。若かりし頃の長髪、髭もじゃという風貌から現在はさっぱりとした良い年の取り方をしたオヤジという感じ。スタイルもスラっとしていて男が見てもかっこいい。

演奏はゆったりとスタートして、最初はテンポとか大丈夫かな?と思ってしまったが最終的にはその緩さに慣れてくる感じ。いや、熟年の演奏というのはツボを突いていて素晴らしい。

バックメンバーは最新のレコーディング・メンバーがほぼ集まっており、平野融(a.guitar)、徳武弘文(e.guitar)、六川正彦(bass)、浜口茂外也(drums)というベテラン・ミュージシャンがしっかりサポート。

そして休憩明けの2部はアコースティックセットということで、平野融だけが登場しスペシャル・ゲストとして山下洋輔(piano)が登場。何気にここが一番の歓声だったりする。

山下さんのピアノと岡林さんのフォークというかブルース?は素晴らしい融合となり新しい世界が見えた気がする。

後半はエンヤトットセットで和太鼓、三味線、尺八などが加わりお祭りサウンドへとなり最後は総立ちとなって盛り上がって2時間半のライブが終了。

正直、今までほとんど耳にしなかった楽曲も多かったが演奏・MCともに楽しめる内容であった。特に岡林さんの毒舌トークというか、飾らないスタイルにファンが共感するところでもあり、それがそのまま歌になってメッセージとなってきたのであろう。

あまりにも直球すぎる歌詞が多かったため放送自粛、発売自粛などあって過去作品が長らく聴けない時期があったが現在はいろいろな形で復刻して耳にすることができるらしい。

セットリスト:
01.霧のHighway
02.今日をこえて
03.自由への長い旅
04.マンハッタン
05.花笠道中
06.東京キッド
07.風の流れに

休憩

08.山谷ブルース
09.悲しき口笛
10.レクイエム~麦畑のひばり~

11.流れ者
12.スチャラカ!
13.江州音頭物語
14.ひばりの渡り鳥だよ
15.お祭りマンボ

16.虹の舟歌

|

« LIVE鑑賞~近藤夏子/Manami/Mizca | トップページ | LIVE鑑賞~植村花菜@日本青年館 »

コメント

福岡のライブに参加しました。
最後はみなさん総立ちでしたよ。
私は遅れてきたファンです。今、岡林さんに狂い咲きです。これから先も注目していきたいと思っています。

投稿: sonnna | 2010年5月23日 (日) 19時53分

>sonnnaさん

コメントありがとうございます。
初日の福岡は盛り上がったようで、岡林さんもMCで福岡のノリをよく引き合いに出してました。
まだまだとんがっていってほしいですね。

投稿: nacky-extra | 2010年5月23日 (日) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LIVE鑑賞~近藤夏子/Manami/Mizca | トップページ | LIVE鑑賞~植村花菜@日本青年館 »