« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

LIVE鑑賞~ニッキー

ニッキー ショウケースライヴ』2010/4/26(月)@カナダ大使館内オスカー・ピーターソンシアター

ニッキー~フォー・アナザー・デイ

バンクーバー・オリンピックの開幕式でオープニングの国旗掲揚時にカナダ国歌「オー・カナダ」を歌った、弱冠16歳の天才シンガー、ニッキー。

そして4月に発売した世界デビューアルバムを引っさげ現在来日プロモーション中ということでその貴重なライブを鑑賞。

最初は赤のドレスで登場したニッキーは小顔のためか16歳とは思えないスラリとして大人びたスタイル。そしてオリンピックで魅せた堂々としたカナダ国歌を歌唱。すると観客がスタンディング状態となる。国歌はこうして聴くものなんだね。

2曲終わったところで早速衣装チェンジで、今度は黒のシックなドレス。これがまたより大人びた印象を魅せるが、時折挟む日本語混じりのMCで年相応なちょっとやんちゃな一面も見せる。

ただ、歌唱力は文句なく幼少の頃から既にポップスからジャズまで聴きこなしてきただけあって見事な歌声である。

披露したのはその最新アルバムからが中心で聴きやすいポップス調からジャズ・スタンダードまであり。ただし、いわゆるジャズ・ヴォーカルの泥臭さはやはりないのでポップス売りになっていくのかなと。

早くも秋の単独ツアーが発表され、下記の日程で行うとのこと。

10月4日(月)心斎橋クラブクアトロ
10月5日(火)名古屋クラブクアトロ
10月6日(水)東京国際フォーラム ホールC

ライブ後に、オリンピックつながりでカーリング娘の近江谷杏菜が壇上に上がって花束贈呈とトークを行った。

その後、ニッキーを間近で観る機会があったが、想像以上に小柄でかわいらしい感じ。小顔だからステージでは大きく見えるのだろう。

セットリスト:
01.Oh Canada
02.For Another Day
03.Never Make It On Time
04.Sunny Side Of The Street
05.Try Try Try
06.Take The "A" Train
07.Cool My Heels
08.I Got Rhythm
09.Over The Rainbow

| | コメント (0)

2010年4月25日 (日)

居酒屋日記~西川口・広瀬川など

広瀬川

住所:埼玉県川口市西川口1-9-2 コマビル1階
アクセス:JR西川口駅西口 徒歩3分
TEL:048-255-4199
営業時間:16:00~23:00(22:15食べ物ラストオーダー)
定休日:木曜

この界隈の飲兵衛なら知らない人はいないという名店に今年ようやく行くことができた。しかし、今年2月に東口から西口へ移転しており、昔ながらの雰囲気ある店からちょっと小奇麗な店になってしまっていたのはちょっと残念。。。

旧店舗のレポートは吉田類の「酒場放浪記にも出てますね。

まずはいつものホッピーをオーダー。

Dvc00026

この店は何故か黒しかありません。別に黒でも良いんだけど、通常は白から飲むもので、後で店員さんに伺うと「先代からの意向で・・・」というだけで詳細はわからず。どなたかご存知の方は教えてください!

Dvc00027

手前は煮込み。あっさり味噌仕立てで美味。

そしてここのもつ焼きは、自らテーブルのコンロで焼く形式。なので焼き加減を間違えるとせっかくの絶品もつも台無しになるので要注意。実際、焼きすぎで硬くなったこともあり、最初はいまいち感は隠せなかったが、うまく焼けば絶品。

Dvc00031

あんまり綺麗な画像ではないが、半焼きくらいにしていただいたハラミが絶品。

あとここの店はつまみなどのネーミングが独特。

上記、煮込み&もつ焼き画像の右端に写っている落花生がロッキード。何故ロッキードかというと、落花生といえば千葉。千葉には成田。成田といえば成田空港。成田空港といえば、、、、。

Dvc00033

こちらは5馬力。焼酎のオレンジジュース割(スクリュードライバーみたいなもの)。

他にもユニークメニューがいっぱいあるのでまたの機会で。

力 西川口店

住所:埼玉県川口市並木3-13-2
アクセス:JR西川口駅東口徒歩7分
TEL:048-256-4477
定休日:年中無休
営業時間:16:00~23:00

こちらは、特に浦和本店がレッズファンが集まる店として有名。店内は赤色で勝手に体温が上がっていく感じ。

もちろん、レッズファン、サッカーファンでなくても普通に良質な飲み屋として楽しめるお店である。

Dscn0480

絶品煮込み。いわゆる、トロトロ系のこってり煮込みで池袋のみつぼに匹敵する美味さ。

Dscn0482

無難にポテトサラダ。普通に美味かった。

Dscn0481

肉が新鮮だからできる、3色牛刺し。美味でした。

| | コメント (0)

2010年4月 4日 (日)

ブレイク必至美女 2010その2

宮田聡子

生年月日:1988年9月12日(乙女座)
血液型:O型
出身地:福岡県
身長:170cm
BWH:82-57-83

Satoko_miyata_01_b_edited

またまた見つけちゃいました、男女ともお気に入りになりそうな娘を。

年度が変わった先週から、CX『めざましテレビ』内の6:55頃~放送の人気コーナー「MOTTO いまドキ」のメンバーが一部入れ替えがあり、早速3/31(水)放送で出てきたのが宮田聡子。

もう出てきた瞬間、ビビビっと来ましたね。吸い込まれる瞳に人情味溢れるポテっとした唇。そして声がまたかわいらしい。

メインキャスターの大塚さんも、「(臼田)あさみちゃんの妹みたいだね~」と言ってたように、かつて前身コーナー「早耳ドレンドNO.1」に出ていた臼田あさみを彷彿させる雰囲気。

で、プロフィールを調べてみると、2008年にmina専属モデルに選ばれ、現在はwithのモデルさん。2009年には三愛水着イメージガールに選ばれている。

なに?水着キャンギャルだと?

Sanai081118

す、素晴らしい。170cmの高身長の見事なスレンダーボディ。

そして、そのキャンペーンガール時にプロ野球の始球式も務めたのだが、、、

20361474

こ、この格好は刺激的すぎる。。。

とにかく、過去この「MOTTOいまドキ」から数々のモデル、アイドルが育っていったわけで彼女も今後注目されることは間違いない。

| | コメント (3)

イベント報告~東京国際アニメフェア2010

『東京国際アニメフェア2010』2010/3/26(金)@東京ビッグサイト

Pict2420_2 Pict2440 

開催から時間が経ってしまったので記事は簡単に。

昨年で既に規模の縮小感は否めなかったが、今年はそれに拍車がかかったようでブースもコンパニオンも縮小気味。土日の一般デーにはかなりの集客はあるだろうがアニメ界はまだまだがんばってほしいものだ。

この春開始アニメでは『けいおん!!(第2期)』はいうまでもなく、坂本真綾が主演を務める『荒川アンダー ザ ブリッジ』に期待。

ということで少ないながら華を添えるお姉さま方を。

Pict2423

Pict2427

Pict2431

Pict2433_edited

| | コメント (0)

LIVE鑑賞~柴田淳2010

柴田淳 CONCERT TOUR 2010 月夜PARTY vol.2 ~だってピーナッツだもん~』2010/4/1(木)@NHKホール

ゴーストライター JUN SHIBATA CONCERT TOUR 2008 月夜PARTY vol.1 ~しばじゅん、アイスクリームからサニーへ~ [DVD]

これで3回目のツアー鑑賞になる、しばじゅんである。

毎度の幻想的な舞台セットで静かにメンバーが登場。続いて、しばじゅんの登場。1曲目は「美しい人」で来た。伸びやかな歌声がなんとも心地よい。続いて新作を中心に楽曲が続く。たどたどしいMCを聞くと、やっぱりしばじゅんだなと。しかし、最初のツアーに比べればだいぶ舞台慣れしたのかなと。

早速バンドメンバーの紹介に入るのだが、このメンバーが一味違う。

門脇大輔(violyn)、新井健(guitar)、渡嘉敷祐一(drums)、松原秀樹(b)、青柳誠(piano,keybord,sax)と紹介されたわけだが、若手+ベテランテクニシャンの共演である。バンマスの青柳さんは、あのナニワエクスプレスのメンバー。

ということもあって、中盤の楽曲がジャジーにアダルトなロックにとアレンジが施されて歌のないインスト部分が長い!この演奏だけでも客集められますよって。でもこの演奏に負けない、しばじゅんの歌声あってのライブで全体的に音がしまって良かった。

後半は名曲「白い世界」(意外や、ライブではやってなかったとか)なども聞けてあっという間に本編終了。

アンコールでは恒例のグッズTシャツに着替えて(これがまたピンクでかわいかったりする)グッズの紹介。そしてこれも恒例のファンからのアカペラリクエストコーナー。ファンからの質問の流れでカバー曲の話になり、しばじゅんが好きな曲を述べたら「唄って~」のリクエストが。個人的には「みずいろの雨」グッドでした。

これを含めアンコールが40分くらいもあったのでトータル2時間半のライブとなって結構充実した内容であった。

セットリスト:
01.美しい人
02.Love Letter
03.うちうのほうそく

04.メロディ
05.かなわない

06.蝶
07.虹
08.青の時間
09.人魚の声

10.白い世界
11.月光浴
12.君へ
13.雨
14.君にしかわからない歌

EN. ア・カペラ・リクエストコーナー
 みずいろの雨(八神純子)
 つぐない(テレサ・テン)
 石狩挽歌(北原ミレイ)
 お父さんより。(柴田淳)
 片想い(柴田淳)
 幻(柴田淳

EN1.花吹雪
EN2.なんかいいことないかな

| | コメント (0)

2010年4月 2日 (金)

LIVE鑑賞~坂本真綾 15周年記念LIVE

坂本真綾 武道館ライブ“GIFT”』2010/3/31(水)@日本武道館

坂本真綾 15周年記念ベストアルバム everywhere#初回限定盤##DVD付# ■ 坂本真綾 [DVD付SHM-CD] 坂本真綾 15周年記念ベストアルバム everywhere(初回限定盤)(DVD付) ■ 坂本真綾 [DVD付SHM-CD]

2010年3月31日は非常に特別な日となった一日である。

この日は坂本真綾30歳の誕生日にして、歌手活動15周年記念ベストアルバム『everywhere』発売日。そして、その記念日に一日限りのスペシャルライブが行われたという、坂本真綾本人とファンのための特別な一日であったのである。

ライブといえば、会場限定などのグッズが売り出されるわけでそれを求め早くからファンが会場に集まるのであるが、12時先行販売の時点では既に2時間待ちな状態。

まずは通常のグッズとして、日刊 坂本真綾0331(パンフレット)、「Gift」Tシャツ(A)、携帯ストラップ、ポストカード(会場限定)、MAAYAぜんぶいり。チョコBOX(会場限定)を購入。

続いて、これまた会場限定特典が付くという本日発売のベストアルバムを購入。特典は特製スリーブケース、専用袋、ポストカード、クリアファイルである。

最後に1回\500のガチャガチャ。たいがいはチョコBOXのバラに携帯クリーナーが付くかどうかだが当たりが出るとサイン入りTシャツがもらえるそうな。しかし、2回チャレンジしたがチョコだらけ。。。

そんなこんなで必要なグッズを早々に購入し、開場まで時間を潰し17:30に入場。

Dscn0486

通常、武道館のセットは北側をステージにして後方は客を入れないのだが、今回は全方位で集客。ということで本当に1万人収容していることになる。

とにかく平日ど真ん中ではあるが一日限りの特別なライブということで全国各地から会社を休んだり、、、いろいろな理由を駆使してファンが集まったと思われ、その熱気はものすごいことになっていた。

開演もやや早めの18:30でスタート。舞台中央に設置された円柱のようなものがモニターになっておりSEが流れる。そしてそのモニターが徐々に上に上がっていき、マーヤちゃんの登場!

赤黒のなんともかわいらしいミニドレスで足元は同じカラーのニーハイだ。スカート丈は年々短くなっていてとても30歳とは思えないぞ(笑)このドレスは今日のライブタイトルでもある“Gift”にちなんでご本人が客へのプレゼントみたいなコンセプトだという。ヲレがもらいたいぞ!

MCに入るとマーヤコールが鳴り止まず、多くの「かわいい~」という声援に「もっと言って♪」「もっと言え(笑)」と仁王立ちで相変わらずの強気な発言がたまらない。

楽曲の方は、もちろんベスト的選曲で新旧散りばめた内容であるが、通好みのマニアックな曲もいくつかあり。

ちなみにバンドメンバーは、河野伸(keyboads)、石成正人(guitar)、大神田智彦(bass)、佐野康夫(drums)、三沢泉(percussion)と昨年ツアー同様の布陣。今回もドラムが佐野さんでよかったー。しかも今回はお色直しの時間で初のドラムソロまで披露。改めてそのテクニックに感心。更に弦楽器4名に念願の女性コーラス2名が加わり音の厚みが出た。

弦楽器は菅野よう子楽曲にはかかせない音源であり、コーラスも今までのライブで不足していた音であったのでようやくいろいろな曲が再現できるなと。

そして予想はしていたが、、、スペシャルゲストも登場。

中盤のアコースティック・コーナーで、何やら力強いピアノの音が聴こえてきたと思ってスポットライトが照らされると、そこには菅野よう子がっ!

いやー、しかも次々と名曲をメドレーで披露していくなんてやられたー。またも菅野さんにもっていかれた感じ。

そしてアンコールではもう一つのドラムセットが登場。マーヤ新たな楽器チャレンジか?と思えたがそこは無理ということで、というと・・・

今度は鈴木祥子が登場。そう、彼女はドラマーでもあったんだよね。その祥子さんが楽曲提供した「風待ちジェット」はツインドラムによる力強い楽曲となって新鮮に聴こえてきた。

とにかく3時間強という長いセットにも関わらず、あっという間に時間は過ぎ充実した内容であった。最初はやっぱりマーヤちゃんもどこか気合が入りすぎていたところもあったか硬い面もみられたが、途中からそんなことはもう気にならないテンション。

何度も記述しているが、やっぱ「マメシバ」は何度聴いても良すぎる。佐野さんのドラムもかっこいいし。これであと弦楽器もあったから「走る」とかやってくれたらもう言うことなし。

最後の衣装で大き目のTシャツをノースリーブに加工したものに、ホットパンツという衣装はあまりにも可愛すぎ。

セットリスト:
01.Gift
02.Feel Myself
03.プラチナ

MC

04.blind summer fish
05.ヘミソフィア
06.ユッカ
07.30minutes night flight

MC

08.Remedy
09.紅茶
10.SONIC BOOM

ドラムソロ→パーカッションソロ
11.奇跡の海

MC

12.gravity
13.カザミドリ
14.ダニエル

15.武道館SPECIALメドレー with 菅野よう子
   指輪-23カラット-
  ~Active heart
 ~アルカロイド
 ~夜明けのオクターブ
 ~Tell me what the rain knows
 ~tune the rainbow
 ~チョコと勇気
 ~トライアングラー
 ~約束はいらない

16.Get No Satisfaction!

MC

17.マメシバ
18.Private Sky
19.光あれ

MC

20.I.D.

EN1.風待ちジェット
EN2.マジックナンバー

MC

EN3.everywhere

MC

EN4.ポケットを空にして

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »