« グルメ日記~大阪くいだおれ紀行 | トップページ | LIVE鑑賞~坂本真綾2009FCイベント »

2009年9月14日 (月)

LIVE鑑賞~東京JAZZ2009 2ND DAY

東京JAZZ2009~GROOVE~』2009/9/5(土)13:00~@東京国際フォーラムA

Dvc00051_2

神保彰 featuring エイブラハム・ラボリエル、オトマロ・ルイーズ and very special guest リー・リトナー

Jimbomba Jimbomba

アーティスト:神保彰
販売元:キングレコード
発売日:2009/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1番手は日本のみならず、世界を代表するドラマー神保彰バンド。ここ数年のソロ・アルバムでおなじみのエイブ、オトマロを率いてのバンドであるが、スペシャル・ゲストとして後から参加が発表されたのがリー・リトナー。

今回、右手最前列の席となったので神保さんが目の前で叩く姿を見れて感動。手の動きはもちろん、足さばきも見れる位置でそのすごさに改めて感服。

楽曲は『For Colors』『Get Up!』『Jimbomba』とここ数年のソロ・アルバムからの楽曲から軽快なFUSIONナンバーが続く。神保さんの凄いのは演奏はもちろん、作曲センスも抜群でカシオペアを彷彿させるナンバーやメロウなナンバーもあり同じ人の曲かと思うくらいバラエティな内容。

神保さんとリー・リトナーはカシオペアの名盤『4x4』以来というから、もしやあの曲をやってくれるかな?と思ったら最後にやってくれました、「ミッドマンハッタン」。『4X4』収録でカシオペアでのライブでも盛り上がる神保さんの名曲。各人のソロも見事でした。

4×4 FOUR BY FOUR 4×4 FOUR BY FOUR

アーティスト:カシオペア
販売元:ヴィレッジ・レコード
発売日:2002/02/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

ジョン・スコフィールド and the Piety Street Band

PIETY STREET

続いてはジョンスコ。今回はニュー・アルバムに参加したメンバーとともにニュー・オリンズ系のブルージーなセットで演奏。個人的には以前のFUSION/FUNK系な内容が良かったが今のジョンスコはこのスタイルなんでしょう。

東京スカパラダイスオーケストラ

KinouKyouAshita

このラインナップではちょっと異色になるかな?東京JAZZ初参加のスカパラ。次にやってくるFUNKの大御所に向けてのウォーミングアップ的感じ。

パフォーマンスはかなり完成度が高く、テンションが上がる内容であるが、JAZZ好きのおじさんにはきついかな?

ジョージ・クリントン&PARLIAMENT/FUNKADELIC

Mothership Connection Maggot Brain

昼の部の大トリはこちら。昨年のスライに続き、ファンクの大御所を見事呼び寄せてしまった。

スタート前から観客はヒートアップして、音が出始めたらそこはもうP-FUNK。とにかく総勢20名近いメンバーがめくるめく登場して音をかき鳴らしていく。しばらくして御大がゆっくり登場して、観客も総立ちとなり御大を迎える。

とにかく出音がでかく、スピーカー前だったので低音で風が吹くといった感じ。通常は何時間もライブを行うようだが、ここは1時間枠ということでやや押しくらいで終了したのは奇跡的??

東京JAZZ~JAZZ IS BEAUTIFUL』2009/9/5(土)19:00~@東京国際フォーラムA

Dvc00042

メロディ・ガルドー

マイ・オンリー・スリル

話題の美人シンガーが遂に大きな舞台に登場。身体的な事情もあり来日公演もなかなか実現しなかった彼女であるが、無事ステージに登場。時にピアノを、時にギターを奏で静かに唄う姿に見とれる。

上原ひろみ

プレイス・トゥ・ビー#初回限定盤##DVD付#

上原ひろみが東京JAZZに出演する回はまずチケットが売り切れ。今回もこの夜の部は完売だったそうだ。海外の大物を押さえて東京JAZZの看板アーティストとなった感のあるひろみちゃん。9/5発売のソロアルバムにちなんでソロ公演である。

登場してきたひろみちゃんはCDジャケットと同じ衣装のかわいらしいスタイル。でもいざピアノを弾き始めるとそこはもうひろみワールド。時にやさしく、時に激しく弾くその演奏はバンドでもソロでも観客を圧倒させる。88の鍵盤を全て使い、鍵盤だけでなくピアノ弦までも音にしてピアノ全体を弾きまくる感じ。

セットリスト:
1.The Tom And Jerry Show
2.Sicilian Blue
3.BQE
4.Choux a la creme
5.Pachelbel's Canon
6.Viva! Vegas - Show City, Show Girl
7.Viva! Vegas - Daytime in Las Vegas
8.Viva! Vegas - The Gambler
EN.Place To Be

リマージュ

リマージュ

リマージュと聞いてどんなバンドかすぐわかる人はかなりのFUSION通と思われるが、メンバーを知ればどんだけ凄いバンドかは想像つくであろう。

マイク・マイニエリ(vib)、スティーヴ・ガッド(ds)、トニー・レヴィン(b)、ウォーレン・バーンハート(key)、デビッド・スピノザ(g)の5名によるセッション・プロジェクトで1枚もアルバムを残すことなく消滅していたのが2009年に再集結しアルバム発表、そして来日公演というから驚き。

そのサウンドは熟錬ならではの大人な演奏。激しくなりすぎず、落ち着きすぎずといった内容で各人の卓越した演奏力が随所に見られニヤついてしまう。

ラストの「LOVEPLAY」での美しいヴィブラフォンの響きに心踊り、後半の盛り上がりに期待するも、ここはリマージュVERSIONということで落ちついたエンディングとなる。

Dscn0261

|

« グルメ日記~大阪くいだおれ紀行 | トップページ | LIVE鑑賞~坂本真綾2009FCイベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グルメ日記~大阪くいだおれ紀行 | トップページ | LIVE鑑賞~坂本真綾2009FCイベント »