« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月27日 (金)

LIVE鑑賞~川江美奈子/宝美/城南海

L'UTTIMO duo Vol.3』2009/3/26(木)@渋谷duo MUSIC EXCHANGE

本日はしっとりと聴かせる女性ヴォーカル3組のライブ。客席はゆったりとテーブルと椅子が置かれ自由なスタイルで鑑賞。

まず1人目は城南海

アイツムギ 誰カノタメニ/ワスレナグサ

鹿児島・奄美大島出身の19歳で2009年1月にデビューしたばかりの期待の新人。昨年デビュー前に1度お見かけしたことがあるがその記事はコチラ

デビュー・シングル「アイツムギ」が地元・鹿児島から火が付きテレビ等でも取り上げられ話題になりロングセラー中だという。

前回観たときはカフェでのアコースティックミニライブで今回はバンドを従えてのライブ。白のふわっとしたワンピースで登場した彼女。かわいらしいルックスもあるが年齢以上に幼さを感じる。MCでのトークがまたかわいらしいのだが、歌は奄美独特の節回しもあって神秘的なものを感じる。7曲ほどのライブであったが、デビュー曲からアイルランド民謡に歌詞を付けた曲、そして力強いメッセージがこめられた4月15日発売の2ndシングル「誰カノタメニ」など披露。

バンド演奏も悪くはないが、最初観たときのようなピアノ弾き語りなどのアコースティック・スタイルの方が彼女の歌の良さをもっと引き立てるのかなと思った。

続いては宝美(ぼうみ)

ただの石 ただの石

アーティスト:宝美
販売元:TOKOROTEN
発売日:2008/07/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本日の3名の中で唯一存じ上げなかったアーティストであるが、いやー、インパクトありすぎなジャケット。実際登場した彼女はさすがに髪の毛は伸びていたがそれでもベリーショート。

歌う前から何やら雰囲気を持った人で、それは唄いだした瞬間にすぐその世界に引き込まれた。なんといっても伸びやかな高音が美しく心地よい。しいて例えるなら、初期の鬼束ちひろのアクを抜いた感じ?MCもちょっと不思議系ではあるが、ちょっとするとアクの強い個性派になりがちなところを、綺麗なメロディをうまく歌唱しているところが美しい。「たりらりら~」などの擬音語もところどころに入れるところも面白い。

まだ21歳でインディーズ活動なので今後が期待できそう。「聞こえる」「心の鍵」など心染み入る楽曲は本日の一番の収穫だったかもしれない。

そしてトリは川江美奈子

letters letters

アーティスト:川江美奈子
販売元:DREAMUSIC( C)(M)
発売日:2008/09/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前の2人が20歳前後だったのに比べ、一気に大人な世界へ。本人自ら語ってたがこの3月に誕生日を迎えたばかりで三十○歳だとか。え?自分と同じ歳ぢゃん!確かデビューが2004年だったからそんなに歳とってないと思ってたらよく調べたらソロ・デビューする前にコーラス・グループやってたり海外留学したりとデビュー前にいろいろやってたのですね。

そんなベテラン(?)な彼女はピアノ弾き語りのスタイルで登場し1曲目は耳馴染みある楽曲。中島美嘉の名曲「桜色舞うころ」である。そう、この曲は川江美奈子の作詞・作曲であって、自身の活動以外に多くのアーティストに楽曲提供しているのである。ざっと挙げると、平原綾香・今井美樹・一青窈など。

で、上記アルバム『letters』というのがそんな楽曲提供曲をセルフ・カヴァーしたアルバムで、このライブでも何曲か披露したが、確かに本人が唄って何の遜色もない秀逸な出来。彼女の落ち着いた伸びやかなヴォーカルは、今井美樹や平原綾香あたり好きな人ならビンゴでしょう。

4曲ほど終えたところでゲストの紹介。彼女を見出した音楽プロデューサーである武部聡志がピアノ演奏で登場。力強いピアノ演奏をバックに伸び伸びと唄う彼女は凄く楽しそうであったので観てるこちらもテンションが上がってくる。

3組で繰り広げられた極上のライブは2時間半強であったが、癒されるというより何か元気をもらった感じのした充実感であった。

| | コメント (0)

2009年3月21日 (土)

LIVE鑑賞~ランディ・クロフォード、ジョー・サンプルトリオ

Randy Crawford and Joe Sample Trio featuring Steve Gadd and Nick Sample JAPAN TOUR 2009』2009/3/20(金)@渋谷 Bunkamura オーチャードホール

ノーリグレッツ フィーリング・グッド

昨年のこの時期はクルセイダーズのライブにスティーヴ・ガッド(ds)が参加するということでブルーノートなどのライブを間近で観て感動したものであるが、昨年の9月にジョー・サンプル(p)ランディ・クロフォードとの共演アルバムを出したこともあり、今回ランディとジョーサンプル・トリオとの編成によるライブが実現。そのトリオとはジョーの息子であり、最近はクルセイダーズの一員として親子共演も板についてきた、ニック・サンプル(b)とご存知スティーヴ・ガッドである。

休日ということもあって通常よりかなり早い17時スタート。まずはジョー・サンプル・トリオのみ登場し、ジョーのソロ楽曲を数曲披露。ピアノ、ウッド・ベース、ドラムというアコースティックセットのためジャジーでミディアムなナンバーが多い。ジョーのピアノはいつ聴いても旋律が美しく、力強い。特に左手のベース音が効いていてウッド・ベースがなくても大丈夫なくらい?ガッドはブラシプレイが中心だったので派手なプレイは少なかったが、ポイントでのスティック(ブラシ)さばきはさすが。なんだかんだで目だってしまう。

そして一旦ベース&ドラムが引っ込み、ジョーのソロピアノが始まる。アレンジがかなり施されていたが、おなじみの旋律が聴かれると歓声が上がる名曲「メロディーズ・オブ・ラブ」。

再びメンバーが戻り数曲続いた後、中盤でランディの登場。生で観るのは初めてであったが、相当割腹がよろしいようで。しかし(?)、歌声は伸びやかでしなやかで美しい。

主に上記2枚の共演アルバムからの楽曲が続くが、最後はやはり2人の共演を世に知らしめたクルセイダーズ時代の名曲「ストリートライフ」。やっぱ良いよなーこの曲。

ストリート・ライフ ストリート・ライフ

アーティスト:クルセイダーズ
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2003/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アンコールではランディ最大のヒット曲である「スウィート・ラヴ」を披露。日本では、吉田栄作などが出演していたジェットコースター系TVドラマ『もう誰も愛さない』の挿入歌と言ったほうがわかりやすいか。

終始穏やかに進行したライブは100分少々でエンド。良質な大人なライブであった。

| | コメント (0)

2009年3月18日 (水)

イベント報告~東京国際アニメフェア2009

東京国際アニメフェア2009』2009/3/18(水)@東京ビッグサイト

Pict2259

毎年開催されるアニメの祭典に今年も参加。3/18~19はビジネスデーで一般開催は3/20~21となっている。初日は平日半ばのビジネスデーにも関わらず取材等も多いため約12000人だとか。一般日は3連休ということもあり相当混み合うことは予想できる(2日で10万人くらいか)。

しかし不況とは関係ないと言われていたアニメ業界にも影響があるのか?過去と比較して1ブースの豪華さがやや縮小気味な気がした。主に場所をとっているブースは大手アニメスタジオ系、レーベル系、テレビ局系であったが、特にスタジオ系ブースに縮小傾向が見られた。その分、アマチュアや海外の小さいながら精度の高い出展が数多く見られた。

とはいっても一押し作品のあるスタジオは華やかな場所もあり、劇場公開が続く『グレンラガン』を手がけるガイナックス、新シリーズが始まる『鋼の錬金術師』を抱えるアニプレックスなどは派手なブースを飾っていた。

Pict2243 Pict2250

あと、昨年大ヒットした『マクロスF』を手がけた河森正治監督率いるサテライトは、引き続き劇場公開を控える『マクロスF』もありつつ新作『バスカッシュ』のPRもあり拡大したスタジオブースである。

Pict2247

注目新作は角川・GONZOが手がけるこの春放送開始の『シャングリ・ラ』。村田蓮爾の描く萌え系美少女が笑顔で武器を持っているイラストだけでまず感じるものがあり。映像を見てみないとなんともいえないが、その製作発表会見が明日3/19夕方にあって制作スタッフやOP曲を歌うMay'nちゃんも来るというからこの日に行っておけば良かったか・・

あと一際大きいブースであったフジテレビではノイタミナ枠4/9放送の『東のエデン』を大プッシュ。こちらは角川・プロダクション I.Gが手がける本格ストーリーのアニメ。原作・脚本・監督:神山健治、キャラクター原案:羽海野チカ、音楽:川井憲次といった『攻殻機動隊』などを手がけた強力スタッフで早くも謎のキーワードが飛び交う話題性は抜群。チラっと流れて聴いたエンディング曲はschool food punishmentが唄う疾走感溢れる楽曲。コチラも売れそう。

今年2009年は『ガンダム』TV放送30周年だったり、『サザエさん』TV放送40周年だったり、『鉄腕アトム』『宇宙戦艦ヤマト』の新作が控えていたりとベテランアニメファンが喜びそうなネタがあったり、『戦国BASARA』『宮本武蔵』といった女子人気の高いイケメン時代物アニメが目だって出てきている。

なのでこんなコスプレもあり。

Pict2257

あとは会場を華やかに彩るコンパニオンのみなさまを。

Pict2260 Pict2271

Pict2265

| | コメント (0)

2009年3月15日 (日)

居酒屋日記~池袋東口その1

①『鳥定

住所:東京都豊島区南池袋1-21-4 繁昌社ビル2F
アクセス:JR他池袋駅南口 徒歩5分
TEL:03-3987-7806 
営業時間:17:00~24:15(LO23:30)
休日:なし

Dvc000040_2  通常、居酒屋というのは人の紹介だったり、仕事場などの近くで存在をわかって入ることが多いのだが、ここは通りがかりで、店前のホッピーの赤提灯を見つけ店のレトロな入り口を見て直感でいけると判断。

入店したら19時にはもう満席という人気店。店の雰囲気、メニューからしてオヤジ向きではあるが結構若い女性客が多いのは場所が表通り沿いというのもあるか。

おすすめメニューは、焼き鳥・やきとんから始まり 、ポテトサラダ、マカロニサラダ、赤ウインナーなどの定番から常に50種類以上あり。変わりネタでは熊玉、人肉(ニンニクと読む)なんてのもあり。レバ刺しもネタが新鮮でOK。

Dvc00088

ドリンクではホッピーが定番であるが、変わりネタで「まぶたの母」がおすすめ。

焼酎に梅エキスを好みで入れるだけのものなんだけどね。これが安くて酔える粋な一品。

②『串若丸

住所:東京都豊島区東池袋1-7-11
アクセス:JR他池袋駅東口 徒歩5分
TEL 03-5952-9141
営業時間:17:00~23:30
定休日:日曜

Dvc00035_2 ここは店内が縦長で狭く、普通なら通り過ぎてしまいそうな雰囲気であったが、ちょっと覗くと呼び込まれて無理にでも入れてくれる店。

ここはお通しでキャベツが出てきて特製味噌がうまくしばらくこれでイケる。店名にもあるように、串が売りなんであろうが、オススメは、べったらチーズ。スライスチーズを海苔で挟んだだけであるがこれが美味い。自宅でもやってみたが、塩をまぶしてあったり冷やしてあったりと隠し技があるので意外と再現が難しい一品。

ここもドリンクはホッピーだったり、日本酒が充実している。

| | コメント (0)

2009年3月 5日 (木)

2009年個人的注目<Sweet Vacation>

現在、J-POP界に一つのジャンルとしてすっかり確立したエレクトロPOP。中田ヤスタカがプロデュースするPerfume、capsuleを筆頭に多くのアーティストが乱立してきている中、ちょっと注目すべきユニットが浮かび上がってきた。

2008年にミニアルバムでメジャーデビューし、先日の2/18に1stシングル「さよならマイデイズ」を発売したSweet Vacationである。

さよならマイデイズ(初回限定盤DVD付) さよならマイデイズ(通常盤)

実は昨年メジャーデビュー前にライブを観る機会があって、プロフィール・感想等はコチラをご参照。そのときのライブを観た限りでは楽曲・歌唱力とまだまだかな?と思ってそれほど注目してなかったのだが、今回の「さよならマイデイズ」がやけに耳に残ってしまい何度も聴くことになり、今年の名曲に入る勢いである

キャッチコピーに“最旬せつな系ガーリーハウス 胸キュン春うた”と書いてある。

まさにそうである。

元々、せつな系アイドル楽曲に弱い自分としては、POPなバックトラックに哀愁系メロディが乗るこの曲はツボ。歌唱はそのせつなさが出る、か細い声が必須(熱唱系はNG)。

そして歌詞はこの季節に合う、桜(卒業)ソング。

「さよなら 言えないままで~さくらさくら 咲きほこれ」との歌詞がキュンキュン来る。

ちなみにこのシングル、インストを除くと4曲入って\1000とお得。そして他の楽曲もせつなキュンである。

イマドキながら80年代せつな系アイドルをも彷彿させる楽曲は30代以上にも響くのでは?もう一度、過去の楽曲も聴きなおしてみようっと。

I miss you-ep-(初回限定盤)(DVD付) I miss you-ep-(初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:Sweet Vacation
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2008/08/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

More the Vacation!! More the Vacation!!

アーティスト:Sweet Vacation
販売元:3d system(DDD)(M)
発売日:2008/04/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あ、そうそう。このキュートなヴォーカルMayちゃんはsabra3月号グラビアも飾ってた(もちろん水着ではなし)。sabraは2008年注目美少女コーナーで既にMayちゃんを取り上げていたので先見の明ありか。

sabra (サブラ) 2009年 03月号 [雑誌] sabra (サブラ) 2009年 03月号 [雑誌]

販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »