« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

祝!ホッピー生誕60周年

Dvc00066_2  Dvc00074

1948年、東京・赤坂にて元祖・ビアテイスト清涼飲料水として製造販売が開始され、今年で60周年という“ホッピー。まだビールが高価で当たり前のように飲める時代ではなかった頃にビールテイストの“ホッピー”を焼酎で割って安価でビールの雰囲気を味わいながら酔うことができる飲み物として下町の定番となったようであるが、ここ数年でまたにわかに“ホッピー”ブームが来てるとか。

上記画像は、ホッピー60周年を記念して限定60セット販売された『ホッピー生誕60周年アニバーサリーセット』。復刻ラベルのホッピー5本(うち1本は黒ホッピー)とキンミヤ焼酎とホッピーグラス。

ビール以上にオヤジの飲み物としてイメージ付けられる飲み物であるが、実は低カロリー(ビールの1/4程度)でプリン体0という体に優しい(飲み過ぎなければね)内容でカロリーを気にする女性にも、ビールを控えたほうが良いと思っている方にも嬉しい飲み物。

そしてどういう飲み方をすればよいか。

原則は「3冷」であること。

自宅の場合まず、①市販ホッピー②甲類焼酎(できればキンミヤ焼酎。そうでなければアルコール25℃の一般大衆的な焼酎)を冷蔵庫でよく冷やし、③ジョッキを冷凍庫でキンキンに冷やす。 これが「3冷」。

そしてジョッキに焼酎→ホッピーの順で1:3くらいの割合で注ぐ。理想はビールと同等のアルコール度数にするには1:5と言われているが個人的な見解ではこれがよいと。あとホッピー専用ジョッキ(orグラス)には☆が付いているのでそこを目安に。

ホッピーを注ぐときは、ジョッキに勢いよく放り込むように縦にホッピー瓶を入れ、泡立つのを確認しながら徐々に上に上げて溢れない程度で引き上げる。この際、瓶に半分くらいホッピーが残っているくらいが良い。あとはナカ(焼酎)2杯で残りホッピーがなくなる流れで飲んでいく。

店では最初から氷入りがほとんどであるが、自宅の最初の一杯は氷なしで上記の手順で楽しむことを勧める。やはり風味が全然違うので。通常のビールだって氷なんか入れないしね。しかし、2杯目以降はホッピーやジョッキが温くなってくるので氷を入れるのはやむを得ないかと。

ちなみに普通の居酒屋で氷なしで飲める代表としては「さくら水産」は最初に氷入りか無しかを選択可能。他の店でもオーダー時に申告すれば可能な店もあり。

ここまで人気のある飲み物(と思っている)なのに、どこの居酒屋に行っても必ずしも“ホッピー”があるわけではないんですな、これが。まず、東京発祥ということで、まだ関東圏内は随所にあるのだが、地方はまだまだ常備している店が少ない。(名古屋、大阪でホッピー探しで彷徨った経験あり)

全国チェーン店でほぼ確実に置いているのは和民グループ」(「和民」「坐・和民」「わたみん家」など)、「大庄グループ」(「庄や」「やるき茶屋」など)、「さくら水産」、「世界の山ちゃん」、「くいもの屋 わん」といったところ。

名古屋手羽先で有名な「世界の山ちゃん」はオリジナルラベルで有名。

010

他にも変わったホッピーをいただけるのが、焼酎がシャーベット状の“シャリシャリホッピー”が飲める「魚金池袋店」。

412_2 413_3

最初から一杯分のホッピーを作ってもってくる「三平酒寮渋谷店」(別々でもOKではある)。

001_3

そして生ホッピーを出してくれる貴重な店もあり。最初が新丸子の名店「串焼 文福」で次が池袋東口の「北の庄むらさき」。ほとんど生ビールにしか見えない泡立ちの良さですな。

461_2 001_2_2

おまけで、たまに東京の街中(主に赤坂~六本木~原宿あたり)でアーティスト広告に負けないくらいド派手な“ホッピートラック”(略して“ホピトラ”)が走っているらしいので注目。これを見るとその日いいことがあるとか、ないとか。。

Dvc00016_2 

| | コメント (0)

2008年11月26日 (水)

LIVE鑑賞~柴田淳2008

柴田淳 CONCERT TOUR 2008 月夜PARTY vol.1~しばじゅん、アイスクリームからサニーへ~』2008/11/25(火)@東京国際フォーラム ホールA

親愛なる君へ 愛をする人 - Orochi's Theme(初回限定盤)(DVD付)

デビューから7年という実績ながら全国ツアーはこれが2回目という、しばじゅん。地上波テレビにはほとんど出演せず、本人稼動の地道なプロモーションでがっちり掴んだファンは全国に多く、ライブを臨むファンで5000人収容のこの国際フォーラムホールAも即完売だそうだ。

19時を少し回って静かに始まったこのライブは幻想的な舞台セットに、バンド4名(今回、ベースには角松敏生バンドなどでおなじみの松原秀樹が参加!)と弦楽器4名(途中1名退いたのだが・・)という編成でクラシック・コンサートのような荘厳な様相である。

最新アルバム『親愛なる君へ』の1曲目からスタートし、中央から白のワンピースでしばじゅんの登場。その後、自己紹介的なMCに入るが昨年のツアー同様緊張を隠せないしゃべりであり、かつ過去最大の会場で静かな雰囲気により緊張が増した感じか。でも、そのたどたどしさがしばじゅんらしくて良い感じだけど。

緊張していると言いつつ、歌のほうは幻想的な雰囲気に合って素晴らしい世界を築きあげていた。最新アルバムがメインかと思いきや、初期からの代表曲をふんだんに盛り込んで総決算的な内容でもあったような展開。

9曲目からの2曲は、憧れのピアニスト塩谷哲を迎え、弦楽器とピアノとのアレンジで披露。

じっくりと聴かせるスタイルで本ステージは2時間で一旦終了し、アンコールでしばじゅんはラフなT-シャツ&ジーンズ姿で登場。今回のツアーで行っているという観客からのリクエストによるア・カペラ・コーナーで2曲さわりを披露。ずっと静かに聴き入っていたファンがここぞとばかりにリクエストを叫ぶ姿が、この会場に似つかわしくないのだが一瞬ライブハウス的なノリが生まれそれも良かった。

最後のアンコール2曲は初期名曲で古くからのファンも納得の展開であろう。終わって見れば2時間半強の贅沢なひと時を過ごし、ツアー最終日は有終の美を得た。

セットリスト:
1.カラフル
2.涙ごはん
3.メロディ
4.椿
5.愛をする人 - Orochi's Theme

6.月光浴
7.隣の部屋
8.それでも来た道

9.わたしの夢
10.小鳥と風

11.君へ
12.片想い
13.少女
14.ため息
15.泣いていい日まで

リクエスト・アカペラ
  花吹雪
  終電

EC1.夜の海に立ち…
EC2.ぼくの味方

| | コメント (0)

2008年11月25日 (火)

LIVE鑑賞~古内東子2008

古内東子~15th Anniversary~IN LOVE AGAIN TOUR 2008』2008/11/24(月)@東京国際フォーラム ホールC

IN LOVE AGAIN (DVD付) TOKO〜best selection

2008年は本当にデビュー○○周年的なアニバーサリー・アーティストが多かった。代表的なところでは、10周年で浜崎あゆみ、宇多田ヒカルとか。20周年でB'zとか。30周年でサザンオールスターズ、竹内まりやとか。

そして今回の古内東子姉さんもデビュー15周年という節目を迎え、久々のニューアルバムを引っ提げ3年ぶりのホールツアーを行うというから足を運ばないと。ライブを見るのは2006年3月の「カシミア・ミュージック・ツアー」@Zepp Tokyo以来である。

今回のツアータイトルにもあるニュー・アルバムはレコード会社を移籍して第1弾となる作品で、これが静かにロングセラーとなっているようだ。珍しく地上波テレビ出演やパンテーンCMソングとして定着した「Beautiful Days」も代表曲となりつつあり評判も上々。

ライブに話を戻すと、このツアーはバンドメンバーもアレンジャー兼キーボディストである河野伸を中心にレコーディング・メンバーが集まりトランペット、サックスの2管を加えて6名という久々の豪華な布陣(これにかつてのように女性コーラス2名いれば完璧)。楽曲も新作を中心に過去の名曲も盛りだくさんで20曲以上という内容でかなりな充実であった。

珍しくこの東京が、ツアー初日ということで多少の緊張とかはあったのだろうが、歌も演奏もいい感じ。新作を中心とした前半の演奏はやや探り探りな感じはあったが、途中からそんなことは気にならなくなり徐々に東子ワールドに引き込まれていく。

スタートはやはり新作と同様の1曲目からスタート。ゆったりとした楽曲が続き早くも前半でピアノ弾き語りコーナーへと移る。「誰より~」「逢いたいから」と名バラードが続き、大人な女性の涙を誘った(はず?)。

その後、新作から立て続けに演奏し後半はノリのよい(ファンの中の)ヒットメドレー。やはりデビュー15周年を記念しているのだからデビュー曲「はやくいそいで」は必須。今後、盛り上げ系では定番になりそうな「あなたのトモダチ」でメインステージが終了。この時点で2時間超え。

アンコールではピアノのイントロで客が盛り上がる「いつかきっと」。女性人気の高い「Peach Melba」と続く。こりゃ、盛り上がるしかないね。最後は東子ちゃんのニュー・スタンダードとなった「Beautiful Days」でシメ。初日から2時間半強のステージは申し分なし。一般的に女性を中心に歌詞が素晴らしいと採り上げられる東子ちゃんであるが、男性的にはこのグルーヴィーなサウンドは日本を代表するニュー・クラシック・ソウルと言っても過言ではないかなと。

その東子ちゃんだが、登場は白のドレス。途中の衣装替えではピンクのキラキラなスパンコールドレス(本人はマンボおばちゃんと笑いをとっていたが。。)。アンコールでは黒の帽子に珍しくパンツスーツという出で立ち。もちろん、背中と胸元は全開のいつも通りのセクシーさでした。

ツアー初日にもかかわらず、MCも舌好調で歌のイメージしか知らない人には、よくしゃべる人だなと思わせるくらい。10月からブログを始めて1日に3回以上更新するのが目標とか。なのでライブ中に携帯で更新する一幕もあり。

デビューして5年ほどでブレイクし「OLの教祖」「恋愛の神様」と言われた時代もあったが、ここ数年はあまり表舞台には出なかった彼女。しかしまた原点に帰って“愛”を、洗練されたサウンドに乗せて歌う彼女はこれからまだまだ名曲を産んでいくのだなと思った次第。

セットリスト:
1.歩幅
2.恋の不思議
   -MC-
3.IN LOVE AGAIN
   -MC-
4.誰より好きなのに
5.逢いたいから
6.銀座
7.星空
   -MC-
8.game
9.半分だけ
10.帰る場所はあなた
   -衣装チェンジ-
11.今夜ベッドで
12.Confusion
13.よくある物語
   -MC-
14.はやくいそいで
15.Strength
16.かわいくなりたい
17.大丈夫
18.カサノバ
19.あなたのトモダチ

EC1.いつかきっと
EC2.Peach Melba
   -MC-
EC3.Beautiful Days

| | コメント (0)

2008年11月16日 (日)

LIVE鑑賞~Woong San(ウン・サン)

Woong San コンベンション・ライヴ』2008/11/14(金)@虎ノ門某所

 ウンサン Woong San/Introducing Woong San  ウンサン Woong San/Love Letters

業界関係者のみ集められて行われたこのお披露目。この12月に日本でのメジャー・デビューが決定ということで行われたこの会。

既にご存知な方もいるとは思うが、Woong San(ウン・サン)とは?

韓国出身のJAZZシンガー・ソング・ライター。1990年代から地元韓国での活動を開始し、1998年から日本での活動をスタート。2004年に日韓同時発売で1stアルバム『Love Letters』を発表。以後、3枚のアルバムを発表し、韓国ではもちろんのこと、日本でもインディーズながら知る人ぞ知る存在となっていた。

資料の写真では、うつむきな表情でおとなしめな若手美人といった風貌。で、実際登場した彼女はもっとゴージャズなベテラン・シンガー(?)な出で立ち。プロフィールよく見たらそこそこ活動暦もあることからそれなりな年齢でしょう。。

とにかく、華があって歌も低音の響きが美しい、例えるならやはりケイコ・リーを彷彿させる歌声。カバーはもちろん、今回のアルバムでも多く収録されているオリジナル楽曲も意欲的に披露。今後の可能性にも期待できる。

この日はカラオケによる数曲の披露であるが、是非生バンドによる本格的なライブも見てみたいものだ。東京では来年1/28目黒ブルースアレイにて開催。

ドント・クライ

アーティスト:ウンサン
販売元:PONYCANYON INC.(PC)(M)
発売日:2008/12/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

セットリスト:
1.Feel Like Making Love
2.The Days Of Wine&Roses
3.Sweet Georgia Brown
4.Yesterday

5.Baby Won't You Please Come Home

| | コメント (0)

2008年11月 7日 (金)

LIVE鑑賞~Perfume@日本武道館

Perfume BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!』2008/11/6(木)@日本武道館

Dream Fighter(初回限定盤) Dream Fighter

ようやくコンサートの聖地というのでしょうか、武道館公演を実現したPerfume。19時開演ながら18時早々に向かったのだがやはり会場限定グッズ(ぶどう缶キャンディ、ガチャポン)は14時からの先行販売で完売。7日分は多少とってあるとは思うので欲しい方は仕事早退(もしくは休んで!)会場に向かうしかないね。

結局、パンフレット(ほとんど写真集のような構成)とT-シャツのみ購入。しかし会場に入ったらFC限定のオレンジT-シャツを着てる人が多数(全体の3分の1はいたか?)。

入場は15分ほど押したが開演は5分押しくらいでスタート。客電が落ちて重厚なエレクトロサウンドが流れてスクリーンにカウントダウンの数字が出る。センターステージに3人の姿らしきものがライトアップされ会場はテンションが上がり、いよいよ登場と思ったときに度肝を抜かれる。

3人が登場したのはセンターからせり出した中央ステージ下から上がってきたのだった。まるでマジックショー。そこから「コンピューターシティ」「edge」「エレクトロ・ワールド」と怒涛のクール・エレクトロ・サウンドが続く。これは、かっこいいの一言。なのに3人のピンクの衣装がとってもキュート。

衣替えは全部で2回。M10「GAME」からは白、アンコールからは黄色を基調とした衣装。

一番の盛り上がりどころは観客をウェーヴやらダンスやらで一体感を作った後の「チョコレイト・ディスコ」~「ポリリズム」でしょう。何度聴いてもポリループの場面には鳥肌が立ってしまう。さらにセンターステージで限りなく近くで見たのっちがやたらセクシーになった気がする。バラエティ番組ではもっぱら2人に譲っている存在感をこのライブ・パフォーマンスでは圧倒的にのっちが持っていっている。

「GAME」ツアーのときはZEPP東京の2F奥で鑑賞していてライブハウスながら若干距離感があり、今回の武道館の方が圧倒的に会場自体は広いのだが1Fサウスイースト席で観やすくセンターステージが中央まで来ていたのでかえって近く感じた。音圧も武道館の割にはまずまず。

今回感じたのは、ツアーでなくあくまでもワンショットの公演ということで妥当なベスト選曲に新曲が+αといった内容。時間も2時間半はあったが「GAME」ツアーほどの充実した曲の展開や長いMCはなかったと。いつも2回のアンコールに涙を誘うMCやサプライズ的なものがなかったのがそう思わせるのか。人は贅沢になっていくもので。

あとは公式HPにも載っていたので、2009年5月9~10日に東京・代々木第一体育館で2daysライブが決定。今度は土日で武道館より動員は増えるキャパ。

セットリスト:
1.コンピューターシティ
2.edge *
3.エレクトロ・ワールド

4.plastic smile *
5.love the world *
6.マカロニ

7.Baby cruising Love
8.Take me Take me 
9.Butterfly(PV)
10.GAME
11.シークレットシークレット
12.パーフェクトスター・パーフェクトスタイル

13.セラミックガール
14.ジェニーはご機嫌ななめ

15.チョコレイト・ディスコ
16.ポリリズム
17.Puppy love *

EN1.Dream Fighter *
EN2.Perfume
EN3.wonder2

*・・・「GAME」ツアーまでに披露してなかった楽曲

| | コメント (0)

2008年11月 6日 (木)

LIVE鑑賞~マクロスF ギャラクシーツアーFINAL in 武道館

マクロスF ギャラクシーツアーFINAL こんなサービスめったにしないんだからね in ブドーカン☆』出演:シェリル・ノーム starring May'n/ランカ・リー=中島愛/カンノヨーコ
2008/11/5(水)@日本武道館

マクロスF(フロンティア) 3 マクロスF(フロンティア) 2 マクロスF(フロンティア) 1

10月のライブが最後だったはずの「マクロスFライブ」だったが、あまりの大反響で遂には日本武道館での追加公演というべきか、集大成ライブが実現(1万人規模でもまだ足りないのだが・・)。

とにかく18時に会場に向かうともう人だらけ。急いで物販売場へ向かうと思ったより列は早く進み売場に着いたのだが、14時先行販売だったので武道館限定ものや今回新発売ものは早々に完売・・。前回販売していたものを若干アレンジした「娘クスセット(\4000)」と「キラッ☆キャンディー(\630)」を購入。セットのパンフは前回のものに4ページほど追加したもの。あとジグゾーパズルと別絵柄ポスター。ちょっと高い気もしないがまぁ記念ものなので。

今回は平日にもかかわらず内容盛りだくさんなため開演が18:30と早め。なので急いで着席してすぐにアナウンスが入る。

<オズマ艦長>によるファーストメッセージにより客電も落ちライブがスタート。前回同様、菅野よう子(p),村石雅行(ds),バカボン鈴木(b),今堀恒雄(g),坂元俊介(syn,prog)による生バンドはもちろん、奥には管弦楽団が見える。なんとホーンが4名とストリングスが11名というオーケストラまで揃えた完全版

その生管弦楽が流れナレーションも入りまさしくアニメ同様のオープニング。そしてランカとシェリルの登場!「ダイヤモンド・クレバス」を1コーラスほど唄ってノリノリな楽曲に続く。もちろん観客は色取り取りのサイリウムを振り大盛り上がり。「トライアングラー」から始まるオリジナルメドレーのあと、ランカのソロコーナーで次々と萌える楽曲を披露。途中、男性メインキャラ声優陣が登場しランカを励ます。

その後、再びシェリル登場と前回のライブ同様な展開。そして「ダイヤモンド・クレバス」のバックでスクリーンに映し出されたのは第20話でのミシェル最期のシーン。これには女性ファンならずとも涙を誘う。

2時間の本編が一旦終了し、再びバンドメンバーが登場。舞台セリから登場するなど、菅野さんも大暴れ(?)ここから更に後半戦で盛り上がるかというところで「トライアングラー」のイントロが流れ、ランカ&シェリルの唄が始まると思いきやこの澄んだ歌声はもしや・・・

と思ったらセリから登場したのは坂本真綾!ワンピースとブーツと全身真っ赤でキメたマーヤが菅野バンドで武道館で唄ってるよ!!しかも振りつきでノリノリ。もうこちら全身鳥肌もの。

トライアングラー

その感動が冷めぬまま、ランカ&シェリルの怒涛のメドレー。「星間飛行」ではキラッ☆キラッ☆、「アナタノオト」ではドクンドクンしまくりっ!最後には河森監督以下、制作スタッフや声優陣が勢ぞろいし2人に花束を贈呈する場面も。これには「もう泣かないっ」と言っていたランカちゃんもウルウルくるでしょう。

そして前回同様、モアアンコール(ここではヤックデカルチャー・アンコール)では、舞台セリの部分が移動してピアノが登場。菅野さんのピアノをバックに涙まじりのランカ、シェリルによる唄。もう言うことないっす。

最後の最後は菅野さんのピアノをバックにスクリーンにはエンドロールが流れ、「お前ら、サイコー」

3時間にも及ぶマクロスF集大成ライブは本当に充実したもので、この場を共有できたことが何よりの財産になるであろう。本当に楽しかった!

そして12/3にはヴォーカル・コレクション・アルバム『娘たま♀』が発売。豪華ブックレット封入でアルバム未収録曲もあり2枚組という内容。

マクロスF ボーカルコレクションアルバム「娘たま♀」

アーティスト:TVサントラ
販売元:JVCエンタテインメント
発売日:2008/12/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

セットリスト(若干確認漏れがあるかもしれないが):
1.Frontier 2059               
2.ダイアモンド・クレバス     <ランカ・リー、シェリル・ノーム>
3.What'bout my star?@Formo <ランカ・リー、シェリル・ノーム>
4.ブドーカン サービスメドレー(仮) <ランカ・リー、シェリル・ノーム>
5.ニンジーン Loves you yeah!  <ランカ・リー>
6.アナタノオト            <ランカ・リー>
7.私の彼はパイロット-MISS MACROSS 2059 <ランカ・リー>
8.「超時空飯店 娘々」CMソング <ランカ・リー、早乙女アルト、ミハエル・ブラン、ボビー・マルゴ>
9.ねこ日記              <ランカ・リー>
10.星間飛行             <ランカ・リー>
11.射手座☆午後九時Don't be late <ランカ・リー、シェリル・ノーム>
12.Welcome To My Fanclub's Night! <シェリル・ノーム>
13.ノーザンクロス                       <シェリル・ノーム>
14.アイモ アカペラver.                 <ランカ・リー、シェリル・ノーム>
15.アイモ O.C.                           <ランカ・リー>
16.インフィニティ                        <シェリル・ノーム>
17.蒼のエーテル           <ランカ・リー>
18.ダイアモンド・クレバス×真空のダイアモンド・クレバス <シェリル・ノーム>
19.妖精                                  <シェリル・ノーム>
20.愛・おぼえていますか            <ランカ・リー、シェリル・ノーム>
21.High School Life
22.トランスフォーメーション
23.娘々サービスメドレー      <ランカ・リー、シェリル・ノーム>

EC1.Private Army
EC2.トライアングラー       <坂本真綾>
EC3.ライオン                          <ランカ・リー、シェリル・ノーム>
EC4.射手座☆午後九時Don't be late <ランカ・リー、シェリル・ノーム>
EC5.星間飛行                         <ランカ・リー、シェリル・ノーム>
EC6.アナタノオト                      <ランカ・リー、シェリル・ノーム>
EC7.SMS小隊の歌~あの娘はエイリアン            

MORE EC1.真空のダイアモンド クレバス <ランカ・リー、シェリル・ノーム>
MORE EC2.Innocent green                    <菅野よう子>

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »