« LIVE鑑賞~7(seven) | トップページ | CEATEC JAPAN 2008 »

2008年10月 5日 (日)

LIVE鑑賞~Duffy(ダフィー)

Duffy ショウケース・ライヴ』2008/10/1(水)@恵比寿LIQUID ROOM

ROCKFERRY ロックフェリー(初回生産限定特別価格)

全世界で既に300万枚以上のセールスを記録し、本国UKでは2008年上半期で最も売れたアルバムとなった女性シンガー・ソングライター、ダフィー。アメリカでも初登場4位を獲得しこの日本では9月24日にデビュー・アルバム『ロックフェリー』が発売となった。

ちなみに上記にある左側が輸入盤ジャケ。右が日本盤ジャケ。どっちがインパクトあるかというと、左かな?

日本でも輸入盤が早々に出回り、ジャケ買いもあるだろうが、試聴すればその歌にやられるわけ。既に数万枚は売っちゃっているらしいので日本盤は簡単には売れないだろうが、マスメディアを駆使して拡大していくようだ(「とくダネ」で生歌披露もしたらしい)。

ということで、アルバム購入者を中心に招待された多くの客で賑わったこのライブ。19時過ぎにまずギターが登場しその伴奏をバックにダフィーが白の超ミニスカワンピという意外にも派手なセクシー衣装で登場。唄い始めると、あの独特のハスキー・ボイスが流れて会場はうっとり。バンドサウンドになってタイトル曲「ロックフェリー」が始まり少しずつ盛り上がっていく。

アルバムで感じた60'sテイストはライブでもあますことなく再現。と言いたいが、ちょっと重低音圧が強すぎて演奏にロック色が強く出すぎた感があったが、あの歌声は他の若いアーティストにはない魅力。

ちなみにまだ24歳とのことだが、かもし出す雰囲気(ルックスもか)はベテランの域に達している。

通常この手のショウケースは7~8曲がいいとこであるが10曲以上披露し1時間強のライブは終了。その後、司会で登場したSHIELAとのトークショーなるものがあったのだが、30分以上も話が進み立見でこの状況を見るのはちとつらいものがあったかな。ライブのMCでもやたらと覚えたてと思われる日本語を連発。他にもお茶目な一面を多く見せ親近感がわくトークではあった。

セットリスト:
1.Syrup&honey
2.Rockferry
3.Hanging on too long
4.Serious
5.Breaking my own heart
6.Rain on your parade
7.Warwick avenue
8.Delayed devotion
9.Stepping stone
10.Tomorrow
11.Mercy

EC.Distant Dreamer

|

« LIVE鑑賞~7(seven) | トップページ | CEATEC JAPAN 2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LIVE鑑賞~7(seven) | トップページ | CEATEC JAPAN 2008 »