« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月28日 (月)

LIVE鑑賞~マクロスF 超時空スーパーライブ

マクロスF 超時空スーパーライブ「デビュー!ランカ・リーwithシェリル・ノーム』7/27(日)14:00-&19:00-@Zepp Tokyo

マクロスF (フロンティア) O.S.T.1 娘フロ。

2008年、最も盛り上がっているといっても過言でないアニメが『マクロスF』。マクロス25周年記念新シリーズでもある今回の作品は、基本設定のメカ、歌、三角関係を盛り込み過去シリーズ作品のオマージュも含めそのクオリティの高い映像と音楽で新旧アニメファンを取り込んでいる。その証拠にシングル、サントラアルバムなど出すCDがチャート上位に食い込む売れ行き。7/25発売の映像第1巻もDVDとブルーレイディスク同発で合わせた売上は間違いなくチャート上位に食い込むはず。

マクロスF(フロンティア) 1

ということで、アニメから飛び出した歌姫のスーパーライブが行われるということで発売と同時に即完とのことでプレミアライブであるのは間違いない。

13時過ぎに会場に着くと、ただでさえ夏休みでファミリーやカップルが多いお台場周辺に、熱いマクロスファンがうようよいるではないか。入場すると、JOYSOUNDが協賛していることもありマクロスソングが唄えるカラオケコーナーがあったりする。グッズもかなりの量があってこの手では珍しいパンフレット(\2800)もあり購入。

開始前から観客はやはり熱気ムンムンで、場内アナウンスにも歓声が起こるくらい。直前のアナウンスはなにやらアニメ声でスタート。と思ったらこれはランカ・リーではないか。萌えるアナウンスに観客もヒートアップ。まもなく曲のイントロが始まり、高台にせり上がってきたのはもちろんランカ・リーこと中島愛。フリフリの衣装はまさにアニメから飛び出したアイドルそのもの。歓声に感極まったのか、出だしから泣いてしまうのがまた萌える(昼公演のみ)。途中、応援ということでアルト役の中村悠一とミハエル役の神谷浩史も登場し会場を盛り上げる(女性の歓声がヒートアップ!)。

星間飛行

ランカは、懐かしの初代マクロスの名曲カバーなども含めほぼ持ち曲を歌い切って、シェリル楽曲である「射手座☆午後九時Don't be late」を歌っちゃおうということで歌が始まると、途中の歌がシェリルになっているではないか。これはもしや?と思ったら曲の中盤でいきなり高台にシェリル・ノームことMay'nが登場し、「ワタシの歌を聴け~」の掛け声で観客の盛り上がりは最高潮。やっぱり歌ではシェリル人気は圧倒的である。

この貴重なデュエットのあとシェリル・オンステージに。まだ番組で流れたばかりの新エンディング「ノーザンクロス」を圧倒的な歌唱力で熱唱。伸びやかな高音に声量がすごい。この歌唱力はホンモノだ。

ダイアモンド クレバス/射手座☆午後九時Don't be late

その後、モニター映像とともにピアノ演奏が流れる。舞台奥の白幕越しで誰かがピアノを弾いている。紹介はされないがファンならすぐ誰かわかるはず。音楽担当の菅野よう子である。そして、ピアノ演奏とともに1人女性が登場し会場がざわめく。これまた白幕越しで紹介もされないがすぐにわかった。そしてあのオープニング曲をピアノ演奏のみで披露。この美しい高音は坂本真綾である。知ってる限りではイベントでもこの曲は人前では披露してなかったはずなので初の「トライアングラー」の生歌を聴いたことになるわけ。うーん、このヴァージョンも素晴らしいので是非CD収録を願う!

トライアングラー

そして再びシェリル&ランカの登場で、途中に菅野よう子のピアノがフィーチャーされたりアレンジが素晴らしい。あとはラストに向かって残る曲を全て披露してライブは終了。

最後に出演者全員が舞台に集まってエンディング、と思いきやいきなり「緊急事態発生!」アニメ的警告演出のあとに、なんと次のライブの告知が

「マクロススーパーライブ ギャラクシーツアーファイナル」が10/13(祭日)にパシフィコ横浜で開催されるというのだ。今度は、シェリル・ノーム、ランカ・リーにカンノヨーコの名前がフィーチャーされている。これまたプレミア・ライブ必至だろうに。今度は生バンドでやってほしい。なにせレコーディング・メンバーは菅野よう子が信頼している、佐野康夫(ds)、渡辺等(b)、バカボン鈴木(b)、などといった凄腕ミュージシャンが参加しているのだから再現してほしいもの。

セットリスト:
1.私の彼はパイロット-MISS MACROSS 2059 <ランカ・リー>
2.星間飛行                      <ランカ・リー>
3.ニンジーン Loves you yeah !          <ランカ・リー>
4.ねこ日記                      <ランカ・リー>
5.私の彼はパイロット-MISS MACROSS 2059 <ランカ・リー>
6.「超時空飯店 娘々」CMソング         <ランカ・リー>
7.小白竜(シャオパイロン)            <ランカ・リー>
8.天使の絵の具                   <ランカ・リー>
9.射手座☆午後九時Don't be late<ランカ・リー、シェリル・ノーム>
10.ノーザンクロス                <シェリル・ノーム>
11.ダイアモンド クレバス            <シェリル・ノーム>
12.Welcome To My FanClub's Night!     <シェリル・ノーム>
13.What 'bout my star?      <ランカ・リー、シェリル・ノーム>
14.キラキラ                      <菅野よう子>
15.トライアングラー            <坂本真綾、菅野よう子>
16.愛・おぼえていますか~What 'bout my star?
           <ランカ・リー、シェリル・ノーム、菅野よう子>
17.インフィニティ                 <シェリル・ノーム>
18.アイモ~鳥のひと                <ランカ・リー>
19.ライオン             <ランカ・リー、シェリル・ノーム>

ED.SMS小隊の歌~あの娘はエイリアン

| | コメント (0)

2008年7月22日 (火)

ゴーオンジャー(ヒロイン)が熱い!

2008年戦隊シリーズ『炎神戦隊ゴーオンジャー』が一般的にも、戦隊ヒロイン的にも好評なようである。

番組が始まる以前から注目していたゴーオンイエロー早輝役の逢沢りなはメディア露出はまだこの番組だけだが、アイドル系雑誌が放っておくわけがない。そしていまだかつてなかった試みで東映がイメージDVDまで出してしまうんだから。で、これが7/21発売済み。

逢沢りな Smile 逢沢りな Smile

販売元:東映ビデオ
発売日:2008/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そして、17話から登場したゴーオンシルバー美羽役の杉本有美。すでに雑誌モデル、水着グラビア、ドラマ出演を果たしておりそこそこの認知はあったが、この番組で更なる飛躍を果たしそう。まだ19歳ながらその完成されたルックスはゴーオンジャーの中でもちょっと大人びた役柄。最近発売されたばかりの1st写真集も大好評なよう。

うち―杉本有美写真集 うち―杉本有美写真集

販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

でもって、彼女も東映からDVDが9/21発売とのこと。こちらは水着たっぷりなはず。

杉本有美 19歳のヒトリ旅(仮) 杉本有美 19歳のヒトリ旅(仮)

販売元:東映ビデオ
発売日:2008/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あとは、敵役ながら憎めない及川奈央の存在も忘れてはならない。

このヒロイン3人で10月にはゴーオンジャーCDが発売されるようだ。

| | コメント (0)

2008年7月21日 (月)

LIVE鑑賞~GIOVANCA(ジョヴァンカ)

ジョヴァンカ スペシャル・ショウケース・ライブ with ベニー・シングス』7/14(月)@青山CAY

Foto_homepage

2008年、ヤエル・ナイム、ファイスト、ルーム・イレブンなどヨーロッパ発女性ヴォーカルが日本でも注目されているなか、また1人の素晴らしいヴォーカリストがこの秋デビューする。

という前振りがあって会場に足を運んだわけだが、オランダ出身という彼女は見た目普通に黒人でイメージとしてはもろR&Bな感じであるが、バックにはスーパー・プロデューサーであるベニー・シングスがエレピを弾き、あとはアコギのみのアコースティック・セットで歌声を披露。その歌声は、大げさに言うと天使の歌声のような、かのミニー・リパートンなどを彷彿させる美しい高音が素晴らしい。

ショウケースということで5曲ほどの短い演奏であったが、アルバム発売後にはバンドセットで再来日するようである。

そしてその1stアルバムは9/17発売とのこと。

| | コメント (1)

2008年7月13日 (日)

映画鑑賞~『シューテム・アップ』

 シューテム アップ/Shoot Em Up 5/31~劇場公開中(だいたいはもう公開終了)の映画『シューテム・アップ』を鑑賞。

キャッチコピーは「銃弾2万5千発のエクスタシー!」「弾丸(たま)んねー」ですよ。

のっけから、主演のクライヴ・オーウェンがよくわからぬまま悪の一味と銃撃戦。こういう映画には余計なストーリー展開は必要なく、とにかく撃ちまくり。相手が10人、20人に対して1人であろうが、敵の弾丸は一切当たらず不死身。

ヒロイン役のモニカ・ベルッチは娼婦役ということもあり、あいかわらずフェロモン出しまくりであるが、残念ながら“脱ぎ”のシーンはなし。ただし、クライブとの濡れ場があるものの、すぐに敵に襲われる。しかし“行為”をやめずに同時に敵を倒してしまうのに感心。

最大の見所(笑い所?)は後半のジェット機からダイビングして空中での銃撃戦。普通の服のままの降下であんなことできないから(笑)

とにかく、B級アクション映画としてなかなか楽しめた作品であった。(おそらく)秋にはDVDが発売されると思うのでまだ観てない人はお楽しみに。

| | コメント (0)

2008年7月10日 (木)

ブレイク必至!佐々木希

2007年より注目していた、佐々木希がPINKYモデルだけの活動にとどまらず、世の男性陣の目にますます触れることになりそう。

本日(7/9)のニッカンスポーツ8/1発売の初水着写真集の記事が掲載。しかもデート権が当たる(かもしれない)。

PINKYモデル佐々木希×HbG×Hello Kittyの夢のコラボアイテム☆とってもかわいいルームウェアセット♪Nozomi×HbG×Hello Kitty Room Wear

さらに11/1~劇場公開『ハンサム★スーツ』で女優デビュー

最近では人気お笑い番組『爆笑レッドカーペット』のゲストにもちょくちょく出演して、今田耕司のお気に入りとなっている。そりゃ、誰が見てもかわいいからっ!

Sasaki_nozomi020_2   

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »