« コンテンツリーグ コンベンション2008 | トップページ | LIVE鑑賞~安藤裕子@渋谷AX 2008 »

2008年6月 5日 (木)

LIVE鑑賞~ヤエル・ナイム、アシャ

LAFORET SOUND MUSEUM~Yael Naim, Asa』6/4(水)2nd set@ラフォーレミュージアム原宿

6/3に湯川潮音、小島麻由美、アシャ。6/4にヤエル・ナイム、アシャと、2日に渡って行われたラフォーレミュージアムの特別ライブ。その2日目の2ndセットに参加。

ブルーノート並に21:30~という遅い時間の開演であったが20代男女を中心にほぼ満席。この2組のアーティストの注目度が高い証拠であろう。

最初は、そのインパクトあるCDジャケットと歌声で話題のアシャ

ASA[asha:アシャ]

ナイジェリア出身でヨーロッパからブレイクしているという、新生スウィート・アフロ・ソウル。一見、ヒップホップかファンク系と思いがちなビジュアルであるがその音はフォーキー・ソウルである。このライブもアコギと歌だけのアコースティック・スタイルであくまでも歌重視で披露。その染み入る歌声に聞き惚れるばかり。

ジャンル的にワールド・ミュージックくくりになると思うが、もっと多くの人に知ってもらうためにはポップス扱いで問題ないと思われる。

続いてヤエル・ナイム

ヤエル・ナイム

これまた、フランス出身アーティストということでワールド的くくりになるが、「ニュー・ソウル」という楽曲がMac Book AirのCM曲として全世界に流れたことで日本でも注目となった。

ジャケットで見てもわかるようにルックスも良く歌声からも神秘的なイメージもあるが、生のステージを見る限りは、常に笑顔で明るいキャラクター。気心しれた(感じのある)バンドメンバーともあ・うんの呼吸で演奏をしていく。彼女はアコギ、ウクレレ、ピアノといった楽器を曲によって使用して美声を奏でる多才な人物。アンヴィエントな楽曲を中心にジャジーな楽曲などもありいろいろな色が見える。

後半には、最初に登場したアシャとの共演も1曲あり2組の公演は2時間以上に渡った。

|

« コンテンツリーグ コンベンション2008 | トップページ | LIVE鑑賞~安藤裕子@渋谷AX 2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンテンツリーグ コンベンション2008 | トップページ | LIVE鑑賞~安藤裕子@渋谷AX 2008 »