« “リスプレ”(リッスン&プレイ)を知っているか? | トップページ | 2007年総決算~LIVE編~ »

2007年12月24日 (月)

LIVE鑑賞~EGO-WRAPPIN'(12/23@東京キネマ倶楽部)

EGO-WRAPPIN' Midnight Dejavu』@東京キネマ倶楽部 2007/12/23

Midnight Dejavu SPECIAL ~2006.12.13 at NHK HALL【初回限定盤】 Midnight Dejavu SPECIAL ~2006.12.13 at NHK HALL Midnight Dejavu at 東京キネマ倶楽部

2007年(おそらく)最終となるライブは、おなじみ年末恒例のEGO-WRAPPIN'@東京キネマ倶楽部で締めることになった。

2001年12月に最初のキネマ倶楽部ライブが行われ、毎年これだけは行われ今年で7回目とか。自分はEGO-WRAPPIN'のライブは過去3回鑑賞しており、幸運なことにこの第1回目のキネマ倶楽部を観ていたのである。今でこそ全国認知もされ、キャパの少ないキネマ倶楽部は3~4回公演となり、NHKホールもチケット入手困難なほどであるが、まだ知る人ぞ知る時期であった。

ちなみに、第1回目東京キネマ倶楽部のセットリストはこんな感じ。

1.Opening Theme
2.PARANOIA
3.BLACK SUNDAY
4.Crazy Fruits
5.My Baby Just Cales for Me
6.Room♯1102
7.Calling me
8.Rendezvous under the moonlight
9.KIND OF YOU
10.SO BLUE
11.Minor Swing
12.PAPPAYA
13.GI GO LO
14.Nervous Breakdown
15.Flowers
16.サイコアナルシス
17.色彩のブルース
18.byrd

EC1.a love song
EC2.老いぼれ犬の口笛
EC3.かつて..。

楽曲を見ればわかるが、前半からテンション上がりっぱなしで、終盤に名バラードなどを持ってきてしっとり終わらせる流れ。特に、アンコール前ラストの「byrd」では粉雪が降ってきて楽曲とマッチして最高なシチュエーションであったことを今でも鮮明に覚えている。

His choice of shoes is ill! His choice of shoes is ill! (「byrd」収録のインディーズ・ミニ・アルバム)

ということで、このキネマ倶楽部ライブというのはファンの中でもアーティストの中でも特別な意味を持っており、これなくしては年を越せないものになった。(その映像はDVDとして発売されているが、全曲収録でないのが残念。雰囲気は伝わるかな程度)

今回は、クリスマス直前期の3days中日ということで、最初はカバー曲なども含めたしっとり系で進み、「色彩のブルース」で中納良恵が衣装代えで引っ込み前半の区切り。その後は「PARANOIA」「Nervous Breakdown」などのアッパー系で盛り上がっていく。

アンコールでは、ホーンセクションをバックにクリスマス・ソングを唄ったりと特別な演出。もっと長くやるかな?と思っていたが2時間ちょっとでライブ終了。

モア・アンコールかなにかあって名曲「byrd」あたりをやってくれるのかなと期待したがなかったのはちょっと残念。

しかしながら、中納良恵は相変わらずパワフルなステージングで観客をグイグイ引っ張っていく。豪華なホーンセクションを従えた演奏も迫力あるし、ワン・アンド・オンリーなバンドであることは間違いない。

1年以上、新作が出てないのでさすがに2008年はニュー・アルバムを制作するらしい。新しい名曲が生まれて欲しいもの。

|

« “リスプレ”(リッスン&プレイ)を知っているか? | トップページ | 2007年総決算~LIVE編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “リスプレ”(リッスン&プレイ)を知っているか? | トップページ | 2007年総決算~LIVE編~ »