« 先週の居酒屋 | トップページ | ホイスといえばこの店 »

2007年8月 8日 (水)

LIVE鑑賞~角松敏生at渋谷AX

TOSHIKI KADOMATSU Performance 2007~2008“Player's Prayer”RETURNS“T's Gang”』8/7 at渋谷AX

ON THE CITY SHORE ON THE CITY SHORE TIME TUNNEL  TIME TUNNEL

先月のブルースアレイ“T&T”に続き、今回はバンドセット“T's Gang”での角松敏生ライブ。昨年行ったツアー本来の演奏に一番近い形でのユニットであろう。メンバーは江口信夫(dr)、松原秀樹(b)、今剛(g)、森俊之(key)、チアキ(cho)、凡子(cho)の6名。

東京でのこのユニットは渋谷AXでの2日間だけでオールスタンディングでなく、指定席ありのため即効完売したライブである。自分は指定に漏れて立見であったが、開場の18時にすぐ入ったため良いポジションをキープ。しかし、開演までの1時間立ちっぱなしはきついなー。ただ結果的に前方の障害物(?)もなくある意味間近な感覚で鑑賞できたので過去のライブの中でもじっくり観れたのではないか。

19時を回り、客電が落ちるといつものSE「UGAM」がかかりメンバー登場。いつ観てもこの時の高揚感はたまらない。そして、ドラムから入る「Movin'」へ曲は移り観客はもう総立ち。

最新アルバム『Prayer』からの楽曲を中心に、ところどころ懐かしめの曲を盛り込む。今回の発見はアルバム『TIME TUNNEL 』からの「時計」。ここ最近では演奏されることのなかった楽曲であったが改めて壮大な好楽曲ということを認識。あとは個人的に凍結前の大好きなアルバム『ALL IS VANITY 』から「」をやってくれたのが嬉しかった。ミドルテンポにアレンジされた「If you・・・」から始まる後半の盛り上げも見事。

しかし、このメンバーの個人演奏力はいつ見ても惚れ惚れする内容で、特に今剛のギターソロの音色はツボを付いてくる。あと森俊之のローズ、ハモンド系のソロもファンキーで盛り上がる。あとパーカッションサウンドを補うために打ち込みと同期しながらの江口信夫のドラムも見事。いつなくドラムソロが目立った気がする。

ということで、アンコールでは紙ヒコーキは飛ぶし、恒例(?)のモアアンコールもあり大いに満足した約3時間弱のライブであった。

ちなみに、角松本人のMCにあったので述べると12月に「Player's Prayer Produce 角松バラード・コンピレーション・アルバム」なるCDが出るようである。中野サンプラザまでに間に合うかな?

セットリスト:

1.UGAM
2.Movin'
3.You made it
4.アイシテル
5.Still know nothing at all
6.時計
7.海~THE SEA~
8.Smile
9.TOGETHER

10.If you・・・
11.DREAMIN' WALKIN'
12.BEAMS
13.My Sugar
14.Mannequin
15.恋の落とし穴
16.Startin'

EN1.Gratitude
EN2.TAKE YOU TO THE SKY HIGH
EN3.Prayer

EN4.黙想

|

« 先週の居酒屋 | トップページ | ホイスといえばこの店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先週の居酒屋 | トップページ | ホイスといえばこの店 »