« グルメ日記~柏ラーメン~ | トップページ | 2007年個人的注目<美女> PART2 »

2007年5月20日 (日)

LIVE鑑賞~HUMAN AUDIO SPONGE

HUMAN AUDIO SPONGE 高橋幸宏+坂本龍一+細野晴臣 Smile Together Project Special Live 2007』5/19atパシフィコ横浜国立大ホール

HAS/HAS HUMAN AUDIO SPONGE Live in Barcelona-Tokyo HAS/HAS HUMAN AUDIO SPONGE Live in Barcelona-Tokyo

今回のライブは、財団法人がんの子供を守る会「Smile Together Project」実行委員会が主催のチャリティ。なので、このメンバーなのにチケット代は\3150で1回限りという。それはそれは貴重なライブに幸運にも参加。

あくまでも名義は HUMAN AUDIO SPONGE(以下、HAS)なのだが、この3人といえばやっぱりYMO。この組み合わせでは2004年にやはりHAS名義でバルセロナと恵比寿で2回だけライブをやったきりである。個人的には2002年の渋谷AXで行われた高橋&細野ユニット「SKETCH SHOW」ライブで途中、教授がゲスト参加したのを観て以来。

ここの会場は初めてだったのだが、東京で比較すると国際フォーラムAホールあたりと同じかそれ以上?綺麗で広くて音も良いのだが、アクセスが微妙というだけか。その広いステージにメイン3人(向かって左から、教授、幸宏、ハリーの順)。後ろにサポート・ミュージシャンが3人控える(確認できたのはギターで高野寛)。

1曲目からYMOナンバーで「以心電信」。細野さんもしっかりベースを弾いているし、3人横並びで見れることにまず感動。その後、メインMCを今回の仕切り役ということで高橋幸宏が慣れないながら(?)務める。そして、SKETCH SHOWなどの近年のナンバーが続き、再びYMO(個人的には教授の曲として認識)の「音楽」など旧楽曲も織り交ぜていき、中盤でようやく幸宏氏がドラムセットに腰掛ける(それまでは鍵盤や歌に専念)。やはり、全員本来(?)の楽器で演奏するとグルーヴ感がまた変わりよいものである。

10曲ちょっと演奏が過ぎ、早くも「ライディーン」を演奏。もちろん、新しいヴァージョンで。やっぱりこの曲が一番お客の反応が良かった。個人的にもこの曲のベースラインが好きで、これを生・細野演奏で観れることにまた感動。で、この曲が終了してメンバーが退場。おや?もう終わりか?この時点でまだ1時間ちょっとしか経ってないのだが・・

アンコールは2回行われ3曲。最後にはあの教授がドラムを叩く貴重な演奏の「CUE」。全部で2時間弱17曲の演奏であった。どちらかというと、近年のやや実験的な楽曲が多く、会場も大ホールであったのでお世辞にも大盛り上がりとはいかない展開であったが(総立ちになったのは最後のアンコールだけ)、皆この時を共有していることに満足な部分もあるのでは。でも、もう少しYMOメイン楽曲をやってくれるともっと盛り上がったのになと。

ちなみに映像収録も行われていたので、TV放映かDVD化はされると思われる。

YMO周りでは、4月に「細野晴臣トリビュート・アルバム」が発売。20組ものアーティストが独自の解釈で細野楽曲を表現。教授や幸宏氏も参加し、細野さんの貴重な音源も収録という2枚組大作。今年はまだまだいろいろ出てきそうな予感。

細野晴臣トリビュートアルバム-Tribute to Haruomi Hosono- 細野晴臣トリビュートアルバム-Tribute to Haruomi Hosono-

|

« グルメ日記~柏ラーメン~ | トップページ | 2007年個人的注目<美女> PART2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グルメ日記~柏ラーメン~ | トップページ | 2007年個人的注目<美女> PART2 »