« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月24日 (木)

2007年個人的注目<美女> PART2

PINKY (ピンキー) 2007年 07月号 [雑誌] PINKY (ピンキー) 2007年 07月号 [雑誌]

久々に表紙を見て、ビビビと来た!この「PINKY」ではなく、先週5/17発売「週刊ヤングジャンプ」(5/31号)である。

その娘の名は、佐々木希

20060310000834

生年月日

1988年2月8日(19歳)

出身地

秋田県

身長 165cm
趣味 音楽鑑賞
特技 新体操

経歴:YJギャルコン2005グランプリ PINKY専属モデル

ヤンジャンのはにかみ笑顔にやられて、巻頭のグラビアを見ると、これまた水着で美しいおみ足をかかえながらこちらを見つめているではないか!更に7Pでの振り向きショットで完璧にやられた。

週刊誌なので、一般の店頭にはお目にかかれないが古本などで早期に購入するべし。ネットやPINKYで見られるお顔は、いかにも女性モデルという感じでアイドル風ではないが、ヤンジャンで見せたお顔はイマドキな正統派アイドルといったルックス。出身が秋田というからまさに秋田美人。しかもデビューのキッカケは地元のカリスマ店員からのエントリーということで、地元でもかなりなオーラを放っていたことであろう。

今後はPINKYモデルが中心であろうが、早くにも単独表紙(今回は鈴木えみとの2ショットなので)を飾り、男性誌にも進出するのではと思われる。

| | コメント (0)

2007年5月20日 (日)

LIVE鑑賞~HUMAN AUDIO SPONGE

HUMAN AUDIO SPONGE 高橋幸宏+坂本龍一+細野晴臣 Smile Together Project Special Live 2007』5/19atパシフィコ横浜国立大ホール

HAS/HAS HUMAN AUDIO SPONGE Live in Barcelona-Tokyo HAS/HAS HUMAN AUDIO SPONGE Live in Barcelona-Tokyo

今回のライブは、財団法人がんの子供を守る会「Smile Together Project」実行委員会が主催のチャリティ。なので、このメンバーなのにチケット代は\3150で1回限りという。それはそれは貴重なライブに幸運にも参加。

あくまでも名義は HUMAN AUDIO SPONGE(以下、HAS)なのだが、この3人といえばやっぱりYMO。この組み合わせでは2004年にやはりHAS名義でバルセロナと恵比寿で2回だけライブをやったきりである。個人的には2002年の渋谷AXで行われた高橋&細野ユニット「SKETCH SHOW」ライブで途中、教授がゲスト参加したのを観て以来。

ここの会場は初めてだったのだが、東京で比較すると国際フォーラムAホールあたりと同じかそれ以上?綺麗で広くて音も良いのだが、アクセスが微妙というだけか。その広いステージにメイン3人(向かって左から、教授、幸宏、ハリーの順)。後ろにサポート・ミュージシャンが3人控える(確認できたのはギターで高野寛)。

1曲目からYMOナンバーで「以心電信」。細野さんもしっかりベースを弾いているし、3人横並びで見れることにまず感動。その後、メインMCを今回の仕切り役ということで高橋幸宏が慣れないながら(?)務める。そして、SKETCH SHOWなどの近年のナンバーが続き、再びYMO(個人的には教授の曲として認識)の「音楽」など旧楽曲も織り交ぜていき、中盤でようやく幸宏氏がドラムセットに腰掛ける(それまでは鍵盤や歌に専念)。やはり、全員本来(?)の楽器で演奏するとグルーヴ感がまた変わりよいものである。

10曲ちょっと演奏が過ぎ、早くも「ライディーン」を演奏。もちろん、新しいヴァージョンで。やっぱりこの曲が一番お客の反応が良かった。個人的にもこの曲のベースラインが好きで、これを生・細野演奏で観れることにまた感動。で、この曲が終了してメンバーが退場。おや?もう終わりか?この時点でまだ1時間ちょっとしか経ってないのだが・・

アンコールは2回行われ3曲。最後にはあの教授がドラムを叩く貴重な演奏の「CUE」。全部で2時間弱17曲の演奏であった。どちらかというと、近年のやや実験的な楽曲が多く、会場も大ホールであったのでお世辞にも大盛り上がりとはいかない展開であったが(総立ちになったのは最後のアンコールだけ)、皆この時を共有していることに満足な部分もあるのでは。でも、もう少しYMOメイン楽曲をやってくれるともっと盛り上がったのになと。

ちなみに映像収録も行われていたので、TV放映かDVD化はされると思われる。

YMO周りでは、4月に「細野晴臣トリビュート・アルバム」が発売。20組ものアーティストが独自の解釈で細野楽曲を表現。教授や幸宏氏も参加し、細野さんの貴重な音源も収録という2枚組大作。今年はまだまだいろいろ出てきそうな予感。

細野晴臣トリビュートアルバム-Tribute to Haruomi Hosono- 細野晴臣トリビュートアルバム-Tribute to Haruomi Hosono-

| | コメント (0)

2007年5月14日 (月)

グルメ日記~柏ラーメン~

最近食べた、柏市周辺のラーメン新規店を2店ほどご紹介。

優勝軒

Dvc00020

住所 千葉県柏市十余二254-684
営業時間 11:00~24:00
定休日 なし
座席数 カウンター7 テーブル4×3 座敷6×3
喫煙 不可
最寄り駅 JR常磐線・東武線「柏駅」
アクセス 国道16呼塚交差点から野田方面に進みトイザラスの向かい。
駐車場 あり

4/20(金)オープンしたばかりの佐貫大勝軒系の店。「大勝軒」と「角ふじ」の2種類の味を提供する今までにないタイプの店。両方とも味は知っているが、「角ふじ」は柏店で食べてその内容に後悔したので、「大勝軒」側の「味玉もりそば」(\800)をオーダー。現在、オープンキャンペーン中で麺の中盛り~大盛りが無料とあるので思わず、大盛り(400g)をオーダー。平日の14時過ぎだったが、客は5名くらい。麺の茹で時間がかかるのは承知していたが15分は待っただろうか、「角ふじ」ならしょうがないがちょっと遅い気がした。

Dvc00017 ということで、出てきたのがこんな感じ。麺は中太ストレートで、ちょっとコシが弱い。スープはやや甘め、濃い目でこんなものだろうか。具が麺の方にほとんど入っているのでお好みでスープに入れるが、チャーシューが炙りで味付けが濃いのでこれをスープに入れると味が変わるので注意かも。元々、半切れ玉子があるのだが更に味玉トッピングしてしまったが、こちらは半熟でまずまず。最後にスープ割りをしてみたが、たんまりスープを入れてきたので大分味が変わったが、比較的マイルドになってよかったかも。

総合的にはまずまずかなと。ただし、ファミリー向けな店作りで土日とか混んでいる時にどれだけ待たされるかが心配。

らあめん美春 柏店

住所 千葉県柏市花野井738-2
電話番号 04-7132-4718
営業時間 11:30~15:00,18:00~22:00
定休日 水曜日
座席数 カウンター6 テーブル4×3 6×1 座敷6×2
喫煙 不可
最寄り駅 JR常磐線・TX「JR北柏駅 TX柏たなか駅」
アクセス 元不二家の跡で花野井の県道野田関宿線沿い
駐車場 あり

休日の昼時で一番混むと思われる時間に行ってしまったが、カウンター席が空いており意外とスムースにオーダー。同行した連れが味噌が食べたいとのことでここを選択したのだが、個人的には味噌という気分でなかったので「黒マー油醤油+味付き煮たまご」(\850)をオーダー。

212

麺は味噌では定番のちぢれ細麺でマー油のスープにもまあまあ合うだろうが、個人的には太い麺が良いかな。具はチャーシュー1枚、海苔1枚、メンマ・刻みネギが少々、半切れ玉子は通常に入っている。で、最初来た時に思ったのは量が少ないのでは?見た目のインパクトがないすっきりしたラーメン(マー油なんで味は濃いけど)で物足りなさを感じた。なので、途中で半ライス(\150)をオーダーし、最後にスープに入れて完食。

ん?結局トータルで\1000もいってもうた!割高感が残ったのは否めない。ちなみに、連れの特選味噌(\750)は美味かったようである。

213 

| | コメント (0)

2007年5月10日 (木)

LIVE鑑賞~nangi

nangi(ナンジ) 東京ショーケース~最初の目撃者ライブ~』5/9at代官山 晴れたら空に豆まいて

Jacket_m_1

すばらしい想い

アーティスト:nangi
販売元:ERJ
発売日:2007/06/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

20:00に代官山に着き、雰囲気のあるライブハウスに入るとそこは既に多くの人で一杯。ソニー・ミュージックより6月6日にミニアルバム「すばらしい想い」でメジャーデビューするというnangiのショーケース・ライブを観た。

既にインディーズよりCDを出しており、映画の主題歌にも起用されたりと大型新人との言われあり。ただし、人となりや音に関して事前情報をほとんど得てない状態で初対面となる。いったい、どんなアーティストなのだろうか?

最初に関係者や著名人からのnangiに対する印象や思い入れを語った映像が流れ、幕が開きステージにはピアノとバイオリンの2名。演奏が始まり、後から注目のnangiが登場。プロフィールでは、1986年7月2日生まれ、20歳で神奈川県出身とある。そのルックスは若いながらもいまドキの女性にはない、奥深さを感じる。何か思い詰めているものを感じる。

そして切々と2曲唄い、アコースティックセットということもあって心の葛藤を前面に出した思いがひしひしと伝わる感じ。圧巻は3曲目でデビュータイトルでもある「すばらしい想い」。片想いを唄ったこの歌は、つらいのに“すばらしい”と言い切る想いを訴えた印象的な楽曲。この曲はプロモーション次第ではかなり人々に突き刺さる曲になるのではないかと。

全4曲と短いライブであったが、お披露目という点では充分インパクトはあったかと思われる。これを聴いた(主に)女性がどのくらい共感できるかが注目。

SET LIST:

1.帰り 

2.くろ

3.すばらしい想い

4.ホープ(ピアノ弾き語り)

※M-1:オーディション歌唱曲 M-2~4:ミニアルバム「すばらしい想い」収録曲

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »