« 飯島真理がすごいんです | トップページ | LIVE鑑賞~小林香織 »

2007年3月 9日 (金)

LIVE鑑賞~Sadistic Mikaela Band(サディスティック・ミカ・バンド)

Sadistic Mikaela Band』Live at NHKホール 2007年3月8日(木)

 1日限りのプレミアムな大復活ライブに参戦(実は、前日に有料公開ゲネプロがあったので1日限りというのは正式ライブという意味で)。本当に貴重で有意義なライブであった。

 昨年、キリンラガーCMで木村カエラをフューチャリング・ヴォーカルで迎え名曲「タイムマシンにおねがい」を披露して話題になったものだがその勢いで10月に17年ぶりのアルバムを出してこれまた話題に。ここまで来るとやはりライブが観たくなるわけ。そんな期待を実現したのがこのライブなのだが、何せ1日限りで平日で場所もNHKホールと大収容というわけではない。30年来のサディスティック・ファンにカエラファンまで混ざったらいかにチケット入手困難なライブであったか。。。

 とにかく幸運にもチケットを手にいれ、いざNHKホールへ。18:30過ぎに入ったらもうグッズ売場が長蛇の列。1日限りのライブでのグッズとあればこれまたプレミアム。記念に何か購入しようと思いきや、パンフレットが\4200、半そでTシャツが\5800と高!ところがこの時点でTシャツは完売!!悩んだがパンフを購入。

Sadistic_1  中身は3部構成で、1つは初期1975年当時の写真集。もう1つは1989年に桐島かれんを迎えて1度再結成した当時と今回再結成時の写真集。最後にこのライブのパンフレット的内容で最新インタビューやクレジットなどが掲載。サイズもDVDサイズでコンパクト。しかし、3部に分かれてパックしているので無造作に空けるとバラバラになってしまい収納に困る。

 ま、そんなこんなで19:00ちょっと過ぎにライブスタート。あの名盤『黒船』からのオープニング「墨絵の国へ」から始まる。そしてメンバーが登場し会場のボルテージは一気に上がる。「黒船(嘉永6年6月2日~4日)」を一気に演奏。最初の自分的高揚が来た。

 その後昔の曲を続けた後、意外と早く木村カエラの登場。最新盤から「Big-Bang,Bang!(愛的相対性理論)」がかかりカエラちゃんはどこから登場するかと思ったら上からアルバムジャケにあった花が降りてきてその中から登場!赤のワンピースに黒のタイツで髪を綺麗に分けて小さい頭がよりコンパクトになってなんともかわいらしい。オヤジたちに囲まれているからなおさらそう思う。ここで、2回目の自分的高揚が来た!

 そうして、カエラちゃんを迎えて数曲演奏した後引っ込んでしまって各メンバーをフューチャーした最新盤からの楽曲を演奏。そして後半には再度カエラちゃんも戻り、1曲作詞を担当した奥田民生がゲストで登場し一緒に演奏。最後に演奏したファンキーなナンバー「塀までひとっとび」で3回目の自分的高揚を迎える。

 あっという間にアンコールの時間でカエラちゃん抜きで2曲披露。ちなみにこの日はカメラが入っており5月3日にWOWOWで放送されるとのこと。そして、5月23日にはライブCDを発売することが決まっておりその録音も行われていたわけであるがどうも1曲うまく録れてなかったらしく再演するハプニングもあり。そしてまた引っ込んでしまったが肝心な曲をまだやっていない。。当然もう1回フルメンバーで登場し最後はやはりあの曲「タイムマシンにおねがい」。客の平均年齢は結構高めだが、おじさんもノリノリ総立ち。今日の最後の自分的高揚を迎えた。そしてほぼ2時間ちょうどのプレミアムライブは終了。

 この日のメンバーは

加藤和彦(G&Vo)、高橋幸宏(Ds&Vo)、小原礼(B&Vo)、高中正義(G)、木村カエラ(Vo)

そしてサポートメンバーで

佐橋佳幸(G)、堀江博久(Key)、大森はじめ(Perc from東京スカパラダイスオーケストラ)、SHANTI SNYDER(Back Vo・・・ゴダイゴのドラマーとして活躍したあのトミー・スナイダーの娘)

直接関係ないが、2F席の近くに小原礼夫人でもある尾崎亜美がいて、他にも結構著名人がいたと思われる。

NARKISSOS (初回限定盤)(DVD付) NARKISSOS (初回限定盤)(DVD付) (最新アルバム)

黒船 黒船 (1974年発表の2ndアルバム。超必聴!)

|

« 飯島真理がすごいんです | トップページ | LIVE鑑賞~小林香織 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飯島真理がすごいんです | トップページ | LIVE鑑賞~小林香織 »