« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月26日 (日)

LIVE鑑賞~矢野顕子

 11/25(土)NHKホールにて矢野顕子さとがえるコンサート2006を観る。恒例のさとがえるコンサートも今年で10年目。更にはデビュー30周年という節目もあり何気に今回のツアーは気合の入ったものである期待をしてしまう。あまりコンサートグッズのない彼女であるが、今回ツアーパンフ(\2500)があり、10年を1年ごと振り返る充実した内容のパンフであった。これは迷わず買いでしょう。

 メンバーはいつものアンソニー・ジャクソン(b)クリフ・アーモンド(ds)。ゲストはなく、完全なトライアングル編成でシンプルかつ完璧な演奏を繰り広げるはず。

 18:00過ぎに客電が落ち、先に外人2人がゆっくり登場。そしてアッコちゃんの登場。白のフワっとしたスカートにノースリーブと、この方は年々ファッションが若々しくなっている気がする。1曲目は最新(?)と思われる曲で2曲目は30年前の名曲「電話線」と続く。本人もMCで言っていたが、2曲で一気に30年を飛び越えるという流れのすごさ。でも違和感はまったくなし。続けて名曲「David」に曲名は不明だが、あのエルレガーデンのカバーもやってしまった(言われなければ普通に新曲だと思ってしまうくらい、自分のテイストになっている)。

 そして、アッコちゃん1人になりピアノ弾き語りコーナー。話しかけるような歌声は、完全にマイペースな弾き語りで更に浮き出る。かなり自由だ。

 再び、バックメンバーが登場しスリリングな演奏が始まる。アレンジは変わっていてもそのフィーリングでわかってしまう大好きな「そこのアイロンに告ぐ」。アンソニーの6弦ベースの本領が発揮される楽曲だ。その後の「GREENFIELDS」「ラーメンたべたい」といった楽曲もライブならではの3人の掛け合いが楽しめる最高の選曲。聴いてる間は鳥肌立ちまくり。

 アンコールではヴァージョンアップした「ちいさい秋みつけた」「ひとつだけ」と大好きな曲で締めてあっという間の2時間といった感じ。過去見てきた中でも秀逸なライブであった。

 ということで、家に帰ってすぐ過去のCDを聴き返すという行動に出るくらいこのライブは良かった。

一番好きなアルバムは1986年発表の峠のわが家

「そこのアイロンに告ぐ」はなんとスティーヴ・ガッド(ds)とアンソニー・ジャクソン(b)、「ちいさい秋みつけた」はスティーヴ・フェローン(ds)とアンソニーの強力リズムがバック。アルバムトータル的にも坂本龍一とのコラボが最高潮の内容。

次は1984年発表の『オーエス オーエス』。

オーエスオーエス

名曲「ラーメンたべたい」「GREENFIELDS」など収録されておりユーモアの中に重厚さがある傑作。YMOファミリーの演奏も充実した内容。

あと、初期「さとがえるコンサート」を編集したDVD『TWILIGHT』もあり。これを観るとこの3人の演奏の凄さがよくわかる。

TWILIGHT〜the“LIVE”best of Akiko Yano〜

 てっとり早くBEST盤というなら今年出た今までの集大成『いままでのやのあきこ』でしょうか。レーベル枠を超えてデビューから最新作まで本人選曲によるCD2枚+DVD1枚の豪華版。

いままでのやのあきこ (DVD付)

 あと30周年記念のエッセイというか、矢野顕子本『えがおのつくりかた』がライブ当日に発売されていて即売でバカ売れしていたなぁ。出版元がオレンジページということで、音楽専門書とはちょっと違うテイストで写真が多く、対談やアッコちゃんの好きなもの記事が満載。もちろん資料的な情報もあり\1300はお得。

えがおのつくりかた all about 矢野顕子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

LIVE鑑賞~市原ひかり

 11/22 目黒ブルースアレイジャパンでの市原ひかり2ndアルバム『Sara Smile』発売ツアー最終ライブを観る。

 ちなみにそのアルバムがこれ。

サラ・スマイル

 1stが結構POPな内容だったのに比べると、完全なJAZZ。おまけにスウィング・ジャーナル・ゴールドディスクにもなっている。

 しかし、スタンダード・カバーだけでなくしっかりオリジナル楽曲が2曲収録されているのが興味をそそられる。やっぱりカバーだけではアーティストの個性が出ないので。

 ということで、ライブはほぼこのアルバムからの楽曲を披露。さすがにレコーディングに参加したピーター・ワシントン、ルイス・ナッシュなどはいないがピアノのアダム・バーンバームがこのツアーに参加。真面目な性格が伺える演奏も安心して聴けるし、独学で急遽覚えた日本語でのMCも好感度を上げた。あとは国内ジャズの大御所、井上陽介(b)と小山太郎(ds)がバックをしっかりと支える。

 1stステージは1曲目が「Intro」でラストを「I've Got It」と彼女オリジナル楽曲で締めくくる。比較的POPで軽快なナンバーだ。2ndステージは「Sara Smile」「Cleopatra's Dream」などお気に入りのスタンダード・ナンバー。それも独自の解釈で新鮮な展開を聴かせてくれた。

 昨年末見た1stライブに比べれば格段に演奏も進化しており、表現が豊かになった感あり。これで、ハイノートを出してきたらビックリものだけど。

 あと、ストレートのセミロングの髪、黒のタイトミニにロングブーツ(絶対領域あり!)というファッションはシックな中にもまだ23歳というフレッシュさを感じてやまなかった。バックミュージシャンも客も平均年齢高いので余計にね!MCも等身大のかわいらしさがあって良かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

IKEAでお買い物(雑貨)

 通常と趣向の違う内容であるが、巷で話題の大型家具店IKEA港北店に行ってみた。

_094

 このIKEAとは、スウェーデンの大型家具店で2006年9月に日本に上陸。現在、横浜港北と船橋の2店がオープンしている。

 とにかく、店内敷地がバカ広く、モノが安い。もちろん安いといっても大型家具などは簡単に購入ができるものではないが、各所に激安商材が置いてあるのでつい手にしてしまう人がほとんど。

 休日とあって駐車場は行列、店内も人がひしめきあっている状況。ほとんどの客は目的買いというより、物珍しさ買いのようである。

 自分も、結局目についたものを、この値段ならということで7点購入(画像)。左手前から、ボックスシーツ(ベッドカバー\1200)、掛け布団&枕カバー(\2900)、トイレブラシ&ホルダー(\150)、左上でマグカップ青と白(各\50)、食器プレート(\79)、伸び縮みミラー&拡大鏡(\990)、そして買い物袋は環境を意識して店で購入(\20)。

 モノによっては\100ショップよりも良い物が\100以下で購入できるし、高級な家具も通常より格安である。これは一見の価値ありか?

_095

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

先週のお買い物(本)

 買ってからちょっと時間が経ってしまったが、なかなか興味をそそられるテーマだったのでご紹介。

①『人気 女子アナ公式ファイル』学習研究社 発行

人気女子アナ公式ファイル

 女子アナといっても、局アナではない(そりゃ、TV局が公式で出すわけがない)。

 美人フリーアナ、キャスターの宝庫で今勢いのある「セントフォース」所属の17人をいろいろな角度で紹介した、言わば「セントフォース名鑑」のようなもの。

 高樹千佳子小林麻央皆藤愛子といった「めざましテレビ」などで人気の娘たちを筆頭に、巨人→日ハムへ移籍大活躍の岡島夫人である栗原由佳、その巨人主力の二岡夫人となった用稲千春など挙げればきりがない。

 要は、今テレビに出ている局アナ以外の美人キャスターはほぼセントフォース所属と言っても間違いではない。

 ま、個人的なメインは伊藤里絵なのであるが。。前述日記ご参照。

②『ホラーヒロイン』あおば出版 発行

ホラーヒロイン

 以前から、映画・ドラマで「ホラーには美少女」「美女の絶叫」といったテイストは不可欠とされ、B級的イメージがあったのも一昔前。今では「美少女ホラー」は定番となり興行的にも成功を収めている作品も少なくない。

 そんな流れで、今までなかったのが不思議くらいの特集本がこれ。

 表紙は今飛ぶ鳥を落とす勢いの沢尻エリカ。今年はスクリーンに出まくりの彼女で、いろいろな役をこなす大女優へなろうとしているが、そんなエリカちゃんもホラーものに出演。それが「オトシモノ」。憂いのあるエリカちゃんの表情がたまりません。

 他にもJホラー最新作として、「LOFT」の中谷美紀、「コワイ女」の中越典子、「DEATH NOTE」(これはホラーなのか?)の戸田恵梨香がトップで特集され、過去のJホラー/絶叫のヒロイン・グラフィティーなんてのも多数写真が掲載されおもしろい。

 でも、いまだに自分の中での傑作は映画「呪怨」。最初に映画館で観たときの恐怖インパクトは他を寄せ付けない。ヒロインの奥菜恵、脇役の市川由衣が恐怖に慄く表情は目に焼きつくものがある。

 しかし、シリーズ化してハリウッド版まで出たが何回も観るとコミカルに思えてしまうのは気のせいか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

先週のお買い物(CD)

 某黄色の外資店にて、JAZZ関係対象商品CDがWポイントとあり複数購入してしまった。結果、6000近くなり、更に全品Wポイントとなりお得な感じ(ヘビーユーザー向けだけどね)。

①『MAYNARD FERGUSON/M.F.HORN 2& THE BALLAD STYLE OF・・・

MF Horn: Ballad Style

 日本ではあまり有名ではないかもしれないが、JAZZトランペッターの中でも一番好きな人。昨年あたりから、70~80年代の名盤が輸入盤で続々と再発されてきていてこれも最近CD化されたアナログ2in1CD。「シャフトのテーマ」「スピニング・ホイール」「ヘイ・ジュード」なんかが大胆にアレンジされていておもしろい。

 CD化されることは期待できてなかったので中古アナログで見つけては購入していたのだが「M.F.HORN2」はすでに持っていたかな。

 そして、情けないことに彼が今年の8月23日に亡くなっていた(享年78歳)ことを先月購入したJAZZLIFEで知る。ネットの訃報一覧にも載ってなかったじゃんかよ!ていうくらい日本では一般的ではなかったのか。改めて合掌・・・

 ビッグバンドのトランペッターとして自ら楽団を率いて活動していて、そのハイノートは他を寄せ付けない迫力があり、70年代からポピュラー音楽をビッグバンドアレンジでカバーしたりして注目を浴びる。その演奏はCROSSOVER/FUSIONに通じるものがあり他に類を見なかった。

 日本で一番有名なのはウルトラクイズのテーマ曲で使われた「スタートレックのテーマ」であろう。原曲がわからなくても30代以上の人はこの曲を耳にしたことはあるはず。

↓「スタートレックのテーマ」や「ロッキーのテーマ」を収録した傑作アルバム。ボブ・ジェームスがプロデュースしてるんだよなー。

征服者~ロッキーのテーマ 征服者~ロッキーのテーマ

アーティスト:メイナード・ファーガソン
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2003/11/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

②『tok tok tok/from soul to soul

From Soul to Soul

 これはジャケでまず食いつき、試聴して確信して購入した1枚。

 ドイツJAZZで活躍する2人のユニット。アイザック・ヘイズ、ジェームス・ブラウン、EW&F,スティービー・ワンダー、ハービー・ハンコックといったリスペクト アーティストに捧げる内容となっている。なるほど、一聴してそのフレーズが何にインスピレーションされたかがわかる。とにかく、ソレ系が好きな人やコリーヌ・ベイリー・レイ、エイカ・バドゥあたりが好きな人は迷わず買い!

 他にも数枚あるがピックアップはこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

久々の写真集購入

 ということで(以前の記事を引きずり)、買っちゃいましたリア・ディゾンの1st写真集。だって\1400で安いし、初版完売間近で増刷中らしいし、何より写真集コーナーで目立つところに平積みしてあってこっちを見つめるもんで。。

リア・ディゾン写真集「Petite Amie」

 やっぱ、かわいいっすよ・・・表紙からしておさげのセーラー服ってのがすでに反則だし。週プレ編集なんで、かわいい部分とエロティックな部分をうまく取り混ぜている。

 でも、個人的にはあまり外人はお好みではないのだが何故彼女に惹かれてしまったのか。。

 今更ながら判明したのが、欧米人特有の個々がでかいパーツが苦手な原因。そしてリアちゃんはおちょぼ口なのである!

 そういえば、最初にお気に入りになったソフィー・マルソーもフランス人でそんな感じだったなぁ。

 そんな彼女は早くも日本のバラエティ番組『うぇぶたま』に出演中。日本文化を体験するコーナーもあり、徐々に日本語をマスターしているようだ。

 ちなみにもう一冊購入した写真集が『長澤まさみ ラスト水着写真集』。

Summertime blue―長澤まさみ写真集

 今更なのであるが、やはりドラマ「セーラー服と機関銃」以来ちょっとしたマイブームになりつつあり今まで持ってなかったのでこれを機会に購入。

 当時16歳なのだが、すでに今に近い完成形。雰囲気もスタイルも!いろいろ書かれているが、清純系なのに女の体ができあがっているところが素晴らしい。これからが更に期待させられる。

 あ、余談だけど久々の写真集購入であるが、前回購入したのが今年初めに出た仲根かすみラスト写真集 「SHIZUKU 雫」 。。。

 彼女を上書きできるくらいの逸材をいまだ模索中。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

LIVE鑑賞~角松敏生at市川市文化会館

 11/5(日)市川市文化会館にて角松敏生Perfomance 2006 “Player's Prayer”を鑑賞。

 思えば、2年前の10/9に同じ市川にて台風直下での伝説(一部では)のライブ以来。やはり本日のMCでそのネタが出てきて、‘雨’には敏感な角松があの時開演を30分遅らせてでも開催した配慮を思い出す。今日は室内でも晴れて良かったなと。そのときの“Fankacoustic”ツアーは演奏も音も良く、過去の中でも思い出に残るライブだった。

 ツアーメンバーは、江口信夫(ds)/松原秀樹(b)/今剛(g)/小林信吾(key)/友成好弘(key)/森俊之(key)/田中倫明(perc)/大儀見元(perc)/CHIAKI(vo)/NAMIKO(vo)という総勢10名のバック。

 2005年12月に行われた中野サンプラザでのワンショット・ライブのメンバーがほぼ最新アルバムのレコーディングに関わりそのままツアーに出るという流れ。はっきりいって贅沢な人員構成だし、角松本人も「採算が合わないツアー(笑)」と言っていたくらい。
 

 そして演奏内容は、最新アルバム『Prayer』から全曲演奏。しゃかりメンバーによる沖縄あり、鍵盤トリオ“tripod”によるアコースティックナンバーあり、毎回違う楽曲で弾き語る曲ありと間の展開も飽きさせない。
 後半も次第にテンションの上がる楽曲で自然と客も立ち上がる。アンコールではお決まりの「スカイ・ハイ」の後バラードで締め、これまた定番(?)のモア・アンコールで小林信吾と千秋と3人による幻想的な曲で終了。
 18:00スタートで入口には20:30終演と書いてあったが、なんのことはないいつもの3時間強で、終わったのは21:15であった。

 総合的には、☆☆☆くらい。元々の最新アルバム楽曲が良いのと、中盤のtripodコーナーが結構昔の楽曲でもはまっていてこれでツアーしても良いくらいと思ったのと、ギターの今剛のソロフレーズが最高にいかしていたことが良い点。今さんは、角松ツアーは初めてなのに何十年も一緒にやっているかのようにどの曲も絶妙な音を出す。というか、角松がこの音が元々好きだったから当たり前か。
 

 逆にマイナス・ポイントは会場の音質の問題もあるのかもしれないが、ノリの良い楽曲で同楽器(鍵盤・パーカス)の音が濁ってしまいもったいなかったのとアルバム楽曲の再現で言うともっと贅沢なメンバーで聴きたかった。
 

 それは、12月の中野サンプラザで堪能させてもらうことにしよう。何せ、\10000もするライブなんだから。。

Prayer Prayer

アーティスト:角松敏生
販売元:BMG JAPAN
発売日:2006/07/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TOSHIKI KADOMATSU 25th Anniversary Perfomance 2006.6.24 YOKOHAMA ARENA TOSHIKI KADOMATSU 25th Anniversary Perfomance 2006.6.24 YOKOHAMA ARENA

販売元:BMG JAPAN
発売日:2006/12/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

SET LIST:

1.UGAM
2.Movin'
3.恋の落とし穴
4.You made it
5.Still know nothing at all
6.アイシテル
7.かなし花

8.Always be with you(しゃかりカバー version)
9.smile
10.interlude(by tripod)
11.Rain Man
12.Girl in the box(tripod version)
13.IZUMO(tripod version )

14.飴色の街(弾き語り)
15.日照雨<SOBAE>
16.リカー!
17.痴漢電車
18.How is it?
19.Mannequin
20.Prayer

Encore
e-1.浜辺の歌
e-2.Take you to the sky high
e-3.月のように星のように

More Encore
黙想

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

今年の伊藤里絵カレンダーは?

 今年2006年、自宅部屋を飾ってきたカレンダーは伊藤里絵である。

I_rie009

 誰だ?と言われるのもなんなのでご紹介すると、

 1975年1月7日生まれ(現在31歳)。山羊座のB型。神奈川県出身で法政大学法学部卒業後、テレビ新広島局アナウンサーとして広島に5年在籍。そして女子フリーキャスターの宝庫であるセントフォースに所属して、現在までテレ朝系『やじうまプラス』(月-金am4:25~7:30)に出演。

 まぁ、女子キャスターマニアでもないとすぐにはわからんでしょうね。

 ただ、この彼女のカレンダーが去年発売されたのですよ!普通のアイドルでも誰でもカレンダーを作ってもらえるわけではないのに、一キャスターのカレンダーが作られるとは思いもよらない事実。そして、それは決してマニアな認知でなく多くのファンがいることが想定された上でのもの。

 しかし、今年発売される2007年カレンダーのラインナップには伊藤里絵の名前はなかった。。

 

 セントフォースは昨年に引き続き、高樹千佳子と新たに小林麻央甲斐まり恵のカレンダーのみ発売する。

 そう、里絵ちゃんは外れてしまったのである。さすがに、お年も召してきたし若手の台頭が著しいので枠が決まっているのであれば仕方ないのかな。

 ただ、状況が変わったといえば『やじうまプラス』の出演でも今年の3月まではお天気お姉さんだったのが、番組改編により中でのレギュラーキャスターになったということ。

 ある意味昇格(?)のようであるがずっと見てきて感じたのは何か物足りない。。番組内での露出は増えたのだが、何かつまらない。

 そう、新聞記事をただ読んでいるだけのキャスターでは満足できないのですよ。

 「お天気」のときは、外レポなので出張もあり天候不順によるアクシデントもあり、途中でおすすめ商品や食べ物を紹介したりとお天気だけでないいろいろいろなものを伝えてくれたのがよかった。あとは、カメラアップも多く季節にあったコスプレ(浴衣やミニスカサンタなんてのもあった)もありビジュアル的に満足できた。

I_rie025

もう一度、「お天気お姉さん」に戻ってくれないかなー。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »