2018年12月17日 (月)

LIVE鑑賞~フィロソフィーのダンス『Girls Are Back In Town VOL.2』@品川ステラボール

フィロソフィーのダンス 全国ツアー「Girls Are Back In Town VOL.2」東京公演』2018/12/16(日)@品川ステラボール


Dutxkcyucaaqlmi


今年の6月に恵比寿リキッドルームで初生バンドワンマンライブを成功させたフィロのスであるが、この年末年始にワンマンライブツアーを敢行。そして初日の東京公演は規模を拡大して再び生バンドとホーンセクションを従えて行う。会場は前回のリキッドルームの倍になるスタンディング1800人規模の会場のステラボールである。


ライブ後に特典会が毎回あるのだが、手持ちの特典券が2枚残っており期限が2019年1月末まで。来月は全国ツアーがあるので定期公演もなさそうなので使用するのはこの日しかないと思い、ライブ後待たされるのを覚悟で当日限定の特典券の引き換えのために先行物販列に15:30から並ぶ。先行受付は16:00までとアナウンスされ割とギリまで並ばされたが、なんとか入場できて当日物販をやむを得ずスルーして特典券引き換え列に並び、おとはすチェキ券を確保。すぐ横でCD/DVD物販があり、そういえば発売したばかりのリキッドルームライブDVDまだ持ってなかったなと思い購入。すると特典券4枚また増えてしまい、こちらの期限も2019年1月末でやんの!1人1回だからもうこれ以上特典券引き換えできないじゃん。期限延長求む!


そんなこんなで開場まで時間潰し、17:00手前で再度待機場所へ来たが整理番号Cなので遥か遠くの駐車場で待機。ここから30分近く待たされようやく入場。横長のホールで最前エリアと手すりのある個所はほぼ埋まっており、荷物もあるので前方上手端で待機。開演時にはほぼ人が埋まってきたが、さすがに広いので自分の周りはゆとりがある感じでいよいよ開演。


暗がりの中、バンドメンバー登場。そしてMCデイビッドの登場で「FUNKY BUT CHIC」。いつもの音源で既にカッコ良いのだがバンド演奏になるとよりファンキーでゾクゾクする。そしてフィロのスの4人登場で「イッツ・マイ・ターン」から。後のMCで説明あったが、今回70年代コンセンプトの新衣装で、マリリは髪型もちょい茶髪の短めな感じに変身。みんな長めのスカートやパンツスタイルに対し、おとはすは黒のショートパンツでいい脚出してるね。そしてお尻から何やら尻尾が生えてるぞ。


新アレンジの「すききらいアンチノミー」からは、公演などでは披露したがまだCD化されてない楽曲が続き「アイム・アフター・タイム」まで6曲続けてMCへ。そのMCもそこそこに次の曲へ入り、クリスマスソングあど挟み「バッド・パラダイム」からはツーコーラス程度のショートヴァージョンでメドレー形式。バンド演奏ならではの間の取り方がカッコ良い繋ぎであった。


続いてカーティス・メイフィールド風イントロアレンジの「コモンセンス・バスターズ」がまたカッコ良く、ここから一気に終盤まで駆け巡る。個人的には「ライブライフ」からの「アイドル・フィロソフィー」が一番テンション上がったかな。とにかく楽曲が良いのと4人がステージを駆け回り観てる側を惹きつける。そしてこの日初披露の新曲「ハッピー・エンディング」ではまさに明るいシメの曲といった感じで今後もこういうポジションで使われるのかなと。


あっという間の本編が終わり、アンコールでは事前に有志から配布された白のサイリウムを一斉に点灯し「ヒューリスティック・シティ」の世界観に合った輝きを魅せた。この曲、ライブで聴くのは2回目だが他の曲とテイストもちょっと違うし更に良い感じに聴こえた。


最後は「ベスト・フォー」からの名バラード「ジャスト・メモリーズ」でメンバーも観客も感極まる。ハルちゃんも最後号泣きでステージから下がって行ったが、まだまだ終わらないフィロのスは、再度登場してやはりこの曲「ダンス・ファウンダー」で踊りまくり。約2時間半24曲の披露は過去最長かな?とにかく密度の濃いライブを観た感じ。


そして、通常はこの後特典会に入るのだが、今回は終演後ミート&グリート付きVIP前売りがありその時間が1時間かかり、メンバーが登場したのは22時手前。そこから囲みチェキが今回多く30分近くかかり(それでも通常より高速で進行)、個別チェキでおとはすにようやく出会え、この日の感想などを語り会場を出たのは22時半近くだった・・・


ライブ中に発表があったが、来年3月22日に3rdアルバム『エクセルシオール』を発売。来年は更に飛躍するはずのフィロのスに期待しかない。


Dpeni2ru0aa87do_2





バックメンバー:

Gt.&Key.宮野弦士
Key.福田裕彦
Gt.久次米慎吾
Ba.砂山淳一
Drs.城戸紘士
Per.早藤寿美子
Tb.小池隼人(MORE THE MAN)
Sax.藤田淳之介(TRI4TH)
Tp.織田祐亮(TRI4TH)

MC.デイビッド

セットリスト:

00.FUNKY BUT CHIC
01.イッツ・マイ・ターン
02.すききらいアンチノミー
03.スーパーヴィーニエンス
04.ロジック・ジャンプ
05.フリー・ユア・フェスタ
06.アイム・アフター・タイム

07.シャル・ウィ・スタート
08.ネクスト・クリスマス
09.バッド・パラダイム
10.ライク・ア・ゾンビ
11.バイタル・テンプテーション
12.エポケー・チャンス
13.バッド・パラダイム

14.アルゴリズムの海
15.コモンセンス・バスターズ
16.ラブ・バリエーション
17.はじめまして未来
18.ライブ・ライフ
19.アイドル・フィロソフィー
20.ハッピー・エンディング(新曲)

EN1.ヒューリスティック・シティ

EN2.ベスト・フォー
EN3.ジャスト・メモリーズ

EN4.ダンス・ファウンダー

| | コメント (0)

2018年12月 9日 (日)

LIVE鑑賞~角松敏生Performance Close out 2018@中野サンプラザ

角松敏生 Toshiki Kadomatsu Performance Close out 2018 & Ring in The New Season』2018/12/8(土)@中野サンプラザ


61il1gkapyl_sy450_


毎年恒例の、角松敏生年末ライブ@中野サンプラザがやってきた。今回は12/7&8の2日間で2日目の公演に参戦。さすがに2日目の土曜日公演なので座席は2階席。とはいえ、前方なので全体が見渡せてそれほど距離感もないので割と観やすい位置。昨年と同様、土曜日とはいえ開演時間が16:30とかなり早めなのでご注意。(3時間以上はやるし、早めに打ち上げしたいしというのがあると推測・・)


開演時刻となりステージ暗幕中央がわずかに開き、角松1人登場。コーラスをバックにア・カペラで「月のように星のように」を歌い上げる。この出だしはちょっと想定外だったが、その後幕が上がり錚々たるバックメンバーが登場。2018年の締めくくりはやはりビッグバンドスタイルで夏のツアー同様に、ホーンセクションにリズム隊という布陣。まずはご挨拶代わりの「Lady Ocean」で分厚いサウンドを会場に響き渡らせる。


そしてステージ下手側にマイクスタンドが2本立っていたのにすぐ気づき、3曲目「If you・・・」でセクシーな黒のタイトスカート姿の女性コーラス2人が登場。ツアー最終では吉沢梨絵がデュエットとコーラスとして参加していたので今回も女声が欲しいところ、吉沢さん多忙につき都合合わず、角松自らミュージカル現場で見つけた、歌がうまく綺麗どころをスカウトしたわけ。やはり角松サウンドには女性コーラス必要だし、ここ数年専属コーラス不在だったのでこれを期に収まって欲しいところ。


ビッグバンドスタイルでの往年の名曲に続き、バラードコーナーでは中山美穂に提供した名曲「You’re My Only Shinin’ Star」をいつもの英詞ではなく日本語歌詞で歌唱。後半のフリューゲルホーンが染みるわー。「DESIRE」も中川英二郎のトロンボーンが切なく響き、より哀愁が増す。


続いてカバーの話になって、夏の軽井沢ライブではピアノで小林信吾がいたのでジュリーの「勝手にしやがれ」を披露し大うけだったフリがあり、そのイントロが流れて角松歌いだしたけど、やらないよとストップ。今年話題のジュリー楽曲最後まで聴きたかったけどなー。結局、古き洋楽スタンダード曲カバーを披露。そして「Nica's Dream」ではコーラスで後ろにいた吉川恭子が角松デュエット相手として堂々のパフォーマンス。やはりミュージカル畑の人は声量が違うわ。


そして年末といえばゴスペルということで、今年も「Get Back to the Love」を披露するべく小規模ながらコーラスで鬼無宣寿グループ登場。いつもの半分以下の人数ながらその声量はいつも通り迫力あって素晴らしかった。


終盤はノリよいナンバーが続き「初恋」では、貴重な森俊之ピアノソロを堪能。普段はエレピ、オルガン系が多い森さんだが、当然だけどピアノも良かった。


アンコールでは、昨年に続きミュージカルキッズのJC&JKが登場しダンスパフォーマンスのあと、例のあの曲でWAになって踊りましたよ・・。続く曲ではコアラモードのあんにゅ登場で「A Night in New York」披露。最後は紙ヒコーキ飛ばし納めで「スカイハイ」。いつにも増して後半が長くなり、いつしかステージ上でアーティスト集合写真とったりヒコーキ投げ合ったり宴会騒ぎ。最後はドラムソロで北井くんが若手ミュージシャンならでは、先輩たちに紙ヒコーキまみれにされる洗礼を受けながら叩きまくる姿に歓声が起き見事シメ。


ここまでで3時間近く経っていたが、ダブルアンコールで角松とリズム隊が登場。最後に角松が歌いシメたい曲2曲を披露。約3時間半に渡る今年の集大成的ライブを見届けた。


来年の角松は具体的なことは明言しなかったが、新たな夢の活動に入るとのこと。角松本人もファンも健康第一で体が動く限りはついて行きますよ。




バックメンバー:

Drums:北井誉人
Bass:山内薫
Guitar:梶原順
Keyboards:森俊之
Chorus:吉川恭子
Chorus:上森真琴
Trumpet:鈴木正則
Trombone:中川英二郎
Saxphone:本田雅人
Horn Section:B.B.STATION


セットリスト:

01.月のように星のように
02.Lady Ocean
03.If you・・・
04.Lunafairymiena
05.Take It Away
06.RAIN MAN
07.You’re My Only Shinin’ Star
08.DESIRE
09.Beyond the Sea(Bobby Darin カバー)
10.Nica's Dream(with 吉川恭子)
11.Get Back to the Love(Chorus:鬼無宣寿グループ)
12.初恋
13.AIRPORT LADY
14.SHIBUYA
15.Girl in the Box ~22時までの君は…

EN1.ILE AIYE ~WAになっておどろう~
EN2.A Night in New York(with あんにゅ)
EN3.TAKE YOU TO THE SKY HIGH

EN4.See You Again
EN5.ALL LIFE IS PRECIOUS(Chorus:鬼無宣寿グループ)

| | コメント (0)

イベント報告~脇田もなり「Just a "Crush for Today"」リリースイベント2回目@タワーレコードイオンレイクタウン

脇田もなり6thシングル「Just a "Crush for Today"」リリース記念インストア・ライブ&特典会』2018/12/8(日)12時~@タワーレコード イオンレイクタウン店


4307519e49715381d3d92cefe91f0ef5_e6


今回のもなりちゃんリリイベは2週間前の同じレイクタウン以来2回目。その間、もなりちゃんは名古屋、大阪も含め何度とリリイベ開催中でこの土日で最後5回回しとなる。


11時過ぎに店舗到着で、前回の予約品の受け取りと今回のイベント分購入を済ませ、ちょっと周りを徘徊していて戻ったらリハーサルが既に始まっていた。いかんいかんと思い、駆けつけると本日のもなりちゃんは黄色のワンピースで、ちょっとバックのタワーレコード色と被るがそこはもなりちゃんの輝きでワンピースの黄色しか目が行かなかったですよ。


そして前回ビジュアル系チックな髪型で意外性を出したもなりちゃんであるが、この日はストレートボブスタイルに戻っており若干毛先に染め後が残っているくらいで通常もなりちゃんで安定のキャワいさを放っていた。


12時になりイベント開始でもなりちゃん登場。この頃にはいつものもならー+αで人が集まっており、もなりちゃんも安堵の表情。今回の前半3曲はPOPな楽曲でまとめた感じ。ラスト2曲は今回のシングル収録曲を披露。「やさしい嘘」は最初に聴いたときからゴキゲンなお気に入り楽曲で身体にだいぶ馴染んできた感じ。「ジャスクラ」もコールが楽しくなってくる良曲。後半、もなりちゃんがとあることでツボに入り歌えなくハプニングがあったが、アットホームな現場ですからこれもネタの一つということで。


その後の特典会では「最後笑っちゃってゴメンなさい」ともなりちゃんがひたすら謝る姿が何度も繰り返されていたが、みんな結果楽しいので問題なし。とにかく今回も間近で観るもなりちゃんはキャワいく、もなりスマイルもらって明日からも頑張れるのであった。


次回は(当たれば)ハイボールアワーでお会いしましょう。


Dt3dbq3v4aakm4y



セットリスト:

1.PEPPERMINT RAINBOW
2.EST! EST!! EST!!!
3.愛のデカダンス
4.やさしい嘘
5.Just a "Crush for Today"

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

LIVE鑑賞~坂本真綾IDS! EVENT2018@Zepp DiverCity

坂本真綾IDS!EVENT 2018 “STAND UP!”』2018/12/1(土)昼@Zepp Divercity


81co072jcl_sl1500_


2018年の坂本真綾ファンクラブイベントは、2005年FC限定ライブ以来13年ぶりのスタンディングライブ形式。振り返ると自分は2005年10月23日渋谷AXで鑑賞。ただし今回のチケットが2階指定席であったので個人的にはスタンディングではなし。今までのFCイベントは着席スタイルの落ち着いたライブ&トークが主体であったが、今回はライブハウスならではの臨場感あるイケイケなライブであった。


早々に入場すると、開演までずっと同じ位置で待機することになる客を気遣って、マーヤアナウンスが何回か流れて客を癒し、時折面白いことを言ってくれたりして待機時間も楽しんでいただく感じ。


15時開演となり、バックメンバー登場。今回のメンバーは、北川勝利(G)、奥田健介(G)、千ヶ崎学(B)、山本真央樹(DRS)、毛利泰士(Mp、Perc)、伊澤一葉(KEY)。バンマスでもある北川さんはマーヤファンにはお馴染で観客を煽ったり何かとステージで目立つ存在。ベースの千ヶ崎さんはKIRINJI20周年だったり、先日はNegiccoライブのサポートもしていたり大忙しですな。そこで、自分と同じ年ということも知ってしまったのだが・・


そして注目はドラムの山本真央樹。マーヤファンにはあまり馴染みないかもしれないし、今回は佐野康夫じゃないんだーと嘆く人もいたかもしれないが、この真央樹くんは現在の角松敏生バンドでドラム叩いており、DEZOVEという超絶技巧フュージョンバンドのメンバーだったりとその実力は申し分なし。今回このメンバーに入ったということで、FCイベントながら激しい曲もやるんだなと予測できたわけ。


1曲目は軽快な「DOWN TOWN」から。登場したマーヤさんは黒を基調としたシックな衣装。しかし膝下の綺麗なおみ足をしっかり出しており安定の美しさであった。観客との掛け合いが多い楽曲が続き、5曲目で新曲「フラッシュ」を披露。このライブで初めて聴いたが、良曲間違いなし。冨田恵一楽曲なので、展開やアレンジが凝っている感じがして何回か聴く度に更に良く聴ける感じの曲。来年早めにCD化のほどよろしくお願いいたします。


そして、「tribute to the band apart」に収録されたバンアパのカバー曲「明日を知らない」。原曲を知らないので、もうこれはマーヤ楽曲にしか聴こえない(笑)。


「月の話」をしっとりと歌ったあとに、「空白」「逆光」と激しい展開の楽曲が続く。ここで真央樹ドラム発動といったところで、複雑なリズムを軽快に叩きまくる姿に目が行ってしまう。


後半はスタンディングライブならではの観客と一体になる楽曲が続き、大いに盛り上がって本編終了。アンコールは全員ツアーT-シャツに着替えて登場。最初にマーヤさん登場し、以前もあったが本編でメンバー紹介を忘れており、この呼び出しで一人一人紹介。


今回のセットリストは、2018年の活動総括とスタンディング向きな楽曲を中心に選曲。その中で今年は良くも悪くもいろいろあったと思われる1年ということで、この曲を歌いたいとマーヤさんが決めたのが「ユッカ」。歌詞が染みる初期名曲ですな。最後は「シンガーソングライター」でシメ。FCイベントなので90分という時間ではあったが、トーク少な目のライブ中心で15曲ほど披露したのは満足な内容であった。


セットリスト:

01.DOWN TOWN
02.stand up,girls!
03.Private Sky
04.風待ちジェット
05.フラッシュ

06.明日を知らない
07.月の話
08.空白
09.逆光

10.ハロー、ハロー
11.Be mine!
12.マジックナンバー
13.Get No Satisfaction!
14.CLEAR

EN1.ユッカ
EN2.シンガーソングライター

| | コメント (1)

2018年11月25日 (日)

イベント報告~脇田もなり「Just a "Crush for Today"」リリースイベント@タワーレコードイオンレイクタウン

脇田もなり6thシングル「Just a "Crush for Today"」リリース記念インストア・ライブ&特典会』2018/11/25(日)@タワーレコード イオンレイクタウン店


C3ea0f17431a475b6cd78e0c1ec74116_c8


11/28発売の脇田もなり6thシングルのリリースイベント初回に参戦。今まではもなりちゃんに限らず、まだ現物のない予約イベントというのは参加してこなかったのだが、日曜日で個人的に行きやすいレイクタウンでの開催で、尚且つ12月にももう一回レイクタウンでリリイベあるから現物回収もできるので、これはもう行くしかないと。


14時過ぎに店舗に到着し、レジに向かうとイベント予約受付は店の奥でやってるとか。ここの店はイベントの店外アピールもないし、特に受付場所のお知らせもないのでわかりずらい。せっかくレイクタウンにはものすごく人がいるのにもったいないなといつも思う(規制とかあるのでしょうけど)。


精算を済ませ、店内イベント場所に行くとまだまばらな集まりであったので前から2列目で待機。ほどなくして、リハーサルでもなりちゃん登場し1曲歌唱してご挨拶。本日は柄の入った黒のロングワンピースで、特筆は前髪を短く揃えて外巻き襟足がパープルに染まっていた髪型。いつものゆるフワな印象からちょっと攻めてきたかな?といった印象。


15時の開演時には客も集まって来てライブ開始。「Cloudless Night」のイントロとともに、もなりちゃん登場。後でMCでも語っていたが、3か月ぶりのリリイベで1回目ということもありやや緊張気味な感じ。歌っていくうちに、いつものもなりスマイルが出て来てこちらもエンジンがかかっていく。


2曲目には11/24配信リリースしたばかりの「遊星からのアイラビュー oh! oh!」のREMIX曲も披露。早速ライブで聴けて満足。そして今回のシングル収録2曲も、既にライブで聴いてはいたが、何回か聴くうちに体に馴染んでくる感じなので今回もやっぱり良い曲でしょう。


この日の特典会は、人があまり並んでないタイミングで行ったのでいつもより長く話せて良かった。「髪色は実はもっと染めようかと思ったけどやっぱりちょっとだけに止めちゃった」みたいな話で、色もすぐ落ちちゃうみたいなのでこれを観れたのは貴重だったかも。とにかく、今日のもなりちゃんも安定の可愛さと歌に聞き惚れました。


リリイベはあと2週間続くので、次回のレイクタウンでまたお会いしましょう。


Dree4jevyaajbht





セットリスト:

リハ.EST! EST!! EST!!!

1.Cloudless Night
2.I Love You Oh! Oh! from The Planet - Get Loose Mix
3.あのね、、、
4.やさしい嘘
5.Just a "Crush for Today"

| | コメント (0)

«LIVE鑑賞~Negicco “relive MY COLOR”@中野サンプラザ