2020年8月16日 (日)

LIVE鑑賞~角松敏生 Performance“2020.08.12 SPECIAL GIG” ライブ・ビューイング

TOSHIKI KADOMATSU Performance“2020.08.12 SPECIAL GIG”』ライブ・ビューイング 2020/8/12(水)@Zepp Tokyo(TOHOシネマズ池袋)


51j4amqdiql_ac_  

2020年8月12日は角松敏生生誕60周年、いわゆる還暦祝いの日ということで、滅多にこういう祝い的なライブはやらない角松がコロナ渦の諸々な制限の中、生ライブを開催。FC会員かつ東京都在住者の限られた観客のみ会場入りで補完する策として全国映画館でのライブ・ビューイングを敢行。映画館も限られた人数しか入れられないので結構全国津々浦々の会場で開催する有難さ。ということで、池袋に新しくできた綺麗なTOHOシネマで観戦。


本来なら、4月発売の最新アルバム『EARPLAY~REBIRTH 2~』を引っ提げ6月まで全国ツアーがあり、最終日の中野サンプラザ公演も抑えていたところ、アルバムが5月に発売延期。その後のツアーも中止(一部振替公演予定あり)し、夏のイベントも全て中止。そんな状況で7月25日にはブルーノート東京で収録したライブを配信し、生MCで角松が解説する新しい配信ライブも敢行。この配信ライブは収録ならではのカメラワーク、編集が行き届いていて音と映像が他の配信ライブと段違いの質の高い内容。一週間のアーカイブもありこれはお得と思った次第。


しかし、ファンも角松本人もわかっているのはライブは生もので3密でないと成り立たないものと豪語していたわけで、この生配信中に8/12ライブを発表。元々会場は抑えていたらしいのだが、当初のライブ内容とは異なる仕様で2週間あまりで敢行するにはなかなか無謀だったと思われるが、そこをやってしまう角松はさすがでしょう。


お盆休み中の人も多いが平日ど真ん中の18時半開演ということでギリギリに映画館到着。映画館も座席の後方半分だけを使用し、前後左右に人がいないディスタンスな配置。しっかりした椅子で大画面でゆったり観る角松ライブもなかなか良いかな。


いよいよライブ開始で、サウンドが流れると1曲目はやはりアルバム1曲目でもある「I CAN GIVE YOU MY LOVE」。そして登場した角松はちゃんちゃんこなど着るはずもなく、全身赤のスーツスタイル。ネクタイも靴下も靴も真っ赤に染まった還暦を象徴する姿であった。基本はツアーで披露する最新アルバム楽曲中心であるが、元々この還暦ライブの内容はスタッフからのリクエストに基づいた楽曲を披露する進行もあったようで、普段やらないような「匂い」「Gratitude」とかは貴重。


そしてバックメンバーがこれまた豪華で、ドラム、ベース、ギターはいつもの布陣であるが、本来はここにアルバム共同プロデューサーでもあった小林信吾もいるはずであったが現在病気療養中で欠席(その分、森さんがピアノ、エレピ、シンセを駆使して縦横無尽なプレイしていたのに感服)。この辺を労う角松はさすが。ホーンセクションも主要楽器の代表者を布陣。本田雅人は毎回素晴らしいサックスソロを決めるのだが、今回はフルートの音色が綺麗で聴き惚れた。


そしてなんといっても4名の美しきバックシンガーたち。コーラスワークを大事にする角松ならではの配慮であるが、元々2名ずつ交代でツアーを回るメンバー全員呼んで歌声も画力も強力になったわけ。


中盤までは割と大人なゆったりとした楽曲が多かったが、後半はいつものノリ良いナンバーを持ってきて個人的目玉はアルバムでも再演していた壮大な楽曲「ALL IS VANITY」。あとはアンコールで久々に聴けた「初恋」。森さんが弾くピアノソロはなかなか貴重なプレイ。


ダブルアンコールも含め約3時間に渡るライブ。時折映る観客も声援こそ出せないものの曲によって立ち上がったり紙ヒコーキを飛ばす仕草をしたりマスク越しながら生で観れるライブを堪能していたようだ。来年の40周年@横浜アリーナライブを無事観れることを祈りましょう。

Vocal,Guitar&Percussion:角松敏生

Drums:山本真央樹
Bass:山内薫
Guitar:鈴木英俊
Keyboards:小林信吾(療養中),森俊之
Back Singer:上森真琴,亜季緒,吉川恭子,小此木まり
Sax & Flute:本田雅人
Trumpet:三上貴大
Trombone:三原万里子


セットリスト
01.I CAN GIVE YOU MY LOVE
02.YOKOHAMA Twilight Time
03.TAKE IT AWAY
04.CRESCENT AVENTURE
05.Can't Hide Love
06.DISTANCE
07.Always Be With You
08.匂い
09.Gratitude
10.After 5 Crash
11.I Can't Stop The Night
12.Lost My Heart In The Dark
13.ALL IS VANITY
14.Girl in the Box

EN1.CAT WALK
EN2.初恋
EN3.TAKE YOU TO THE SKY HIGH
EN4.No End Summer

EN5.See You Again




| | コメント (0)

2020年8月15日 (土)

イベント報告~脇田もなり「passing by」EPリリース記念 ミニ・ライブ&特典会@タワーレコード錦糸町

脇田もなり「passing by」EPリリース記念 ミニ・ライブ&特典会』8月15日(土)@タワーレコード錦糸町パルコ店


41bp7y1gnml_ac_
2020年初頭からもなりちゃんライブが順当に続き、今年はもなり尽くしな年だなーと思ったのもつかの間。3月半ばに、既に厳戒態勢で行ったライブイベントに行って以来早5ヶ月ほどが過ぎ、遂に8/8発売「passing by」EPのリリースイベントが出来るという知らせが!


イベント当日の11時開店直後に入店し、数少ないミニライブ鑑賞券を確保。しかし、既に在庫がほぼなかった肝心の「passing by」EPは確保できず。。。(発売後にリリイベが決まり、アナログということもあり元々の在庫が希少だったのであろう、と思ってみる)


入場時間になって、まず整理番号順に間隔空けて整列。イベント専用QRコードで個人情報を登録。身分証明確認し、検温、消毒を施し、会場に設置された椅子に着席。整理番号も早い方であったが更に最前が空いていたので確保。前後左右とも間隔が空いた位置となり、通常200人以上は入れられる会場に4~50人程度の入場か。ライブ中は着席で声援は控え拍手のみ。そしてステージにはビニールカーテンが貼られており、演者と観客は分断されることに。これが新しいスタイルのイベント。


開演の13時となり、もなりちゃん登場。髪は後ろにまとめ、白のブラウスで涼しげな服装。ビニール越しでも、もなりちゃんのキラキラ感を観れるのは久しぶりで嬉しい。配信ライブこそ間にあったが、観客を前に歌うのは久しぶりだから緊張したと仰ってたが、それ以上に歌える環境に嬉しさ、楽しさが勝っているのが伝わって来てこちらもマスク越しで終始笑顔、時々ウルっと。


今回収録されているオリラブ名曲カバー「接吻」も生で聴けてもなりテイストがハマり今後も歌い続けてほしい一曲である。


あっという間の4曲歌唱で、その後は席を少し後方にずらしてそのまま特典会。これまたビニール越し、マスク越しであるが、久々にもなりちゃんと会話もでき、ディスタンスを守りながら写真撮影もできて満足。


今後も、以前のような気軽に観るスタンスではないが、少しずつ制限が緩和されながら以前に近いコミュニケーションが取れる方向で進んでいければいいなと思いながら、一歩目となるこの日を噛みしめるのであった。

News_xlarge_crea_monari_02_20200815195201



セットリスト:

1.Cloudless Night
2.PEPPERMINT RAINBOW
3.接吻
4.passing by




| | コメント (0)

2020年4月19日 (日)

グルメ日記~浦和のラーメン(麺処 はら田、佐野ラーメンたかの)

こちらのブログは特にテーマを一つに絞っているわけではないが、ここ数年はLIVE鑑賞記事がほとんど。そのLIVEを久しく観れない状況でブログ更新も滞っていたのだが、かつてのテーマのグルメネタが放置されていたので少し開示していこうかと。


麺処 はら田

住所:〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和2丁目28-13
アクセス:JR京浜東北線、武蔵野線 南浦和駅5分
TEL:不明
営業時間:11:30~14:30/18:30~21:30 ※売り切れ次第終了
定休日:火曜、木曜



2019年5月にオープンした新店であるが、武蔵野線高架下沿いにあるマニアックな場所ながら常に行列という人気店。以前は同じ場所で「東行」というラーメン屋があって、いつか行こうと思っていたら閉店になっており、またラーメン屋かと思ったら今度は行列でなかなか入りずらいという状況がしばらく続き、しばらくして今年1月末の月曜日夜近くを通ったら行列なし。これは行くしかないと思い入店。カウンター10席しかないので、土日はもちろん、ランチ、夕食時にすぐ行列になってしまうのは人気店なら当然か。


次いつ入れるかわからないので、特製濃厚豚骨魚介つけめん(¥1100)をオーダー。通常より+¥250で味玉とかチャーシューとかプラスされる模様。即、席に着き10分ほどしてつけめん登場。


3


見た目は具材が綺麗に並べられスタイリッシュな感じ。濃厚スープは、ドロドロしすぎずあっさりしすぎず良い塩梅か。とにかく麺がしっかりしていかにもつけめん食ってる!といった存在感。味玉も絶妙な半熟具合で好み。ただ、チャーシューはこだわっているのはわかるけどスモーキータイプなのであまり好みでなかった。濃厚つけめんよりはあっさり塩ラーメンとかに合いそうなチャーシューかな?


オーダー時にはあまり腹減り状態でなかったので麺普通にしてしまったが、結構食べやすくスープ割もしてあっさりと完食。さらにお隣さんが食べていた肉飯なるものが異常に具が乗っていて美味そうだったので、次回はラーメンと肉飯のオーダーにチャレンジしてみようと思う。





佐野ラーメンたかの

所在地:〒336-0015 埼玉県さいたま市南区太田窪2丁目6-8
アクセス:JR京浜東北線「浦和駅」東口7番バス乗場より、浦04・浦04-2・浦04-3・浦05系統他に乗車「太田窪」降車、徒歩1分。
営業時間:火~土 11:30~15:00、17:30~21:00   日・祝 11:30~20:00
TEL:048-881-0930
定休日:月曜日
駐車場:あり(7台)
http://www.sanoramen-takano.com/


こちらは昭和からやっている店舗でその存在は10年前から知ってはいたが、なぜか今まで暖簾をくぐる機会がなかったというか、能動的に行く気がせず2020年を迎えてしまった。というのも、今までは家系ラーメンとか、濃厚つけ麵とかが大好きで佐野ラーメンというとあっさりな印象であり優先順位が低かった。しかし、ある時からこの店の近くを通ると駐車場は常に満車で店の外に待機列ができる状態になっていて、あれ?この店すごいのでは?と。


しばらくして平日昼過ぎの繫忙時間を避けて行ってみるとそれでも満員状態でテーブル相席となる。メニューを見るといろいろあって悩みどころ。

A

B


平日ランチ時間だったのでランチセットの<塩ラーメン+半チャーハン>をオーダー。普段は塩ラーメンとか頼まないのだがデフォルトで塩になってたからま、いっかと(後で確認したら味は好きなラーメンに変えられ差額がプラスされるという)。


5-2

透き通ったラーメンに可愛らしいチャーハンが登場。よくある中華屋のラーチャーと思って口にするとビックリ。まずチャーハンだが、今まで食べてきたチャーハンとは段違いに美味しい。なんだろう?ラードが良いのか?そして意図しなかった塩ラーメンだが、こちらも佐野ラーメンならではの手打ち平打ち麺の良さが引き立つ美味さ。このあっさりスープがまたコクのあるチャーハンと相まって絶妙。さらにチャーシューが柔らかく超好み。なんで今までこの店行かなかったんだーーーーと、この10年を後悔。


あまりにもチャーハンとチャーシューが美味かったので翌週には、チャーハン(普通)+チャーシュー麵(醤油)というヤンチャなオーダーをしてみた。


6-2

いやー、金使っただけある至福のメニュー。しかし最後の方はおなか一杯で苦しくなったのでこの場合こそ塩ラーメンのほうがよかったかも。チャーシューも程々にかな。


更にほどなくして3回目の来店で、今度はワンタン麵(塩)+半チャーハン+餃子にチャレンジ。


7-2

餃子がまた絶妙な味付けに具の感じに焼き具合も完璧で、THEラーメン屋の餃子といった感じ。ワンタンもトロトロで美味かったなー。この店は何食べても美味いことを確信したので、次回は炙りチャーシュー丼、ネギラーメンとか行ってみようかな。でもチャーハンは捨てがたい・・・








 

| | コメント (1)

2020年3月24日 (火)

イベント報告~脇田もなりのハイボールアワー2020@Time Out Cafe & Diner

脇田もなりのハイボールアワー2020/3/22(日)@Time Out Cafe & Diner[LIQUIDROOM 2F]

89298d70434ab0c6663370b303ada397_9891841

2月中旬以降からライブ・イベント開催が自粛の方向になり、3月に入ってからは自分が元々行く予定だったライブなどは軒並み延期か中止となり悶々とする中、厳戒態勢の中で決行されたのがこのハイボールアワー。


参加者はマスク着用で入場時には検温チェックとアルコール消毒。会場内は常時換気を行い、スタンディング形式でゆったりとした空間の中進行。通常ハイボールアワーだと、もなりちゃんがハイボールを作って一人一人お渡しするのだが、今回はハイボール自体はお店の方が作り、ハイボールオーダーした方はハイボールを持ったもなりちゃんと会話と撮影が可能というシステム。本日のもなりちゃんは青の柄のパーカーでラフスタイル。とにかく開催してくれたことに感謝を伝え何回かハイボールをお代わり。


1時間ほどDJタイムの中、ハイボールアワーが行われスペシャル・ゲストで宇佐蔵べにがDJブースに登場。おや、可愛らしい娘がDJやるのか?と思い近寄って観ることに。通常DJがサウンドチェックするときはヘッドフォンを片耳に当てる姿はよく見るが、この子は受話器を持ってサウンドチェックする、なんとも萌えな感じ。DJプレイをしつつ、歌も披露。元々所属していた、あヴぁんだんどの楽曲やソロ曲などあって盛り上がってきた。見た目は普通に可愛らしいアイドルって感じだがいろいろ多才な持ち主と見受けられた。


再度ハイボールアワーを挟み、いよいよもなりちゃん登場。高台のステージとかはなく、スタンディング形式だったので正直ちゃんと見えなかったが、とにかくもなりちゃんの歌が生で聴けることが嬉しい。この日、この時間を共有している全員が楽しくなる雰囲気でみんなマスク越しながら笑顔であるのがわかる感じ。3月に入ってから延期、中止が続き初のライブが今回でもなりちゃんも観客もこの空間を楽しみにしていたはず。1時間ないくらいのライブだったのでゴキゲンなナンバーを詰め込んであっという間のライブ。そして4/3に下北沢でライブの告知あり、開催できるか微妙な時期ではあるが、きっともなりちゃんは笑顔を届けてくれるに違いない。良識あるもならーは節度ある鑑賞ができるし。


ライブ後は、もなりちゃんもマスク着用でサイン会。いの一番でサインをいただき、とにかく今日の開催に感謝を述べまた来月お会いしましょう!



<LIVE>
脇田もなり

<DJ>
新井俊也
マイケルJフォクス

<Special Guest Live + DJ->
宇佐蔵べに

セットリスト:

01.IRONY
02.恋をするなら
03.ディッピン
04.風船
05.LOVE TIMELINE
06.Thinkin' about U
07.WINGSCAPE
08.エスパドリーユでつかまえて
09.passing by

EN.Callin' You







| | コメント (0)

2020年2月28日 (金)

LIVE鑑賞~脇田もなり/アマネトリル LIVE Light Mellow Vol.2.5@渋谷LOFT HEAVEN

LIVE Light Mellow Vol.2.52020/2/27(木)@渋谷LOFT HEAVEN


2e07446f8001a2b8395ef492ff8ce7ff_d44f984

音楽ライター金澤寿和が主宰するライブイベント「LIVE Light Mellow」の4回目となるVol.2.5に参戦。和モノAORを主体とした金澤氏のブランド<Light Mellow>に関連するアーティストを集めて大規模なライブを2回開催。その間に、これからを担う若手中心で行う小規模なライブを0.5換算してのこのVol.2.5とのことである。


前日以降のライブが次々と延期・中止になっていく最中、この日のイベントはどうなのかと思ったが観客が万全の対策を持って行われることで進行。渋谷の中心からちょっと外れた場所にある初見のライブハウスであったが中は小綺麗な感じで着席スタイルであり、整理番号10番台であったが最前列確保。この手のライブは音をちゃんと聴きたいので本来は音のバランスが良いもう少し後方が望ましかったが、もなりちゃんを最前で観る貴重な機会だし、ステージ低くて後ろだと観ずらいから思い切って最前へ。


開演時間となり主宰の金澤氏がご挨拶。自分も金澤氏の好きなAOR、FUSION、CITYPOPなどが大好きだから氏の著書は大体読んでるし、アルバムのライナーも見るし、ブログも拝読してるし、いろいろなライブ会場でお見受けするのでご存じな存在。特にブログでは反論OKなスタンスで思ったことを割と飾らないでそのまま述べることが多いので時折噛み合わない意見・感想もあるが、良質な音楽好きということはみんな一緒なので、これからもこのような企画はお願いします!


最初にアマネトリルが登場。今回初見であるが、この企画に登場するだけあって爽やかな楽曲にしっかりした歌に演奏と見ごたえあり。特にYujinの目の前に座っていたのでギターの細かい音がよく聴こえ華麗な足さばきによる音色チェンジも見事であった。後でプロフィール見返したら、バークリー音大でギターの学士を取得していたくらいだからそりゃ上手いわけ。


中盤でカバー曲を披露し、AOR系の「Whatcha Gonna Do For Me?」で2人の美しいハーモニーもあってこれは定番だなと。次に披露したのがまさかのインストで大村憲司の名曲「LEFT-HANDED WOMAN」。すいません、この曲が一番テンション上がってしまいました。Yujinのギターが素晴らしいのはもちろん、バックメンバーの演奏も井上薫のソロもキレッキレだし、ドラムの 伊吹文裕がまたキメが決まったタイトなドラミングで良かった。そういえば以前ブルー・ペパーズのライブでも叩いていて上手かったなと印象だった人だ。

91zcyvzutrl_ss500_


1時間ほどのアマネトリルの後、休憩を挟んでいよいよ脇田もなりパート。前回モーションブルーで着ていたジャケットにハーフパンツスタイルの衣装でもなりちゃん登場。バックに先ほどのアマネトリルバンドを従えて、初めて観るバンドセットに期待。間近で観るもなりちゃんはやっぱり美しくキラキラしてる。この日にこうしてライブが出来ていることの喜びも伝わってくる。やはり普段ライブで耳慣れしている曲も演者が変わり新鮮に聴こえる。「エスパドリーユでつかまえて」は同期なしのバンドセットでやるのは初めてで、分厚いシンセが特徴のこの曲がギターの厚みで新たなアレンジで秀逸。そして渋谷といえばこの曲「IN THE CITY」も疾走感あって良かった。アンコールは、吉田美奈子「夢で逢えたら」カバー。ここではアマネトリルの2人も歌割があり見事な3声ハーモニーもあってしっとり聴けた。


こうしてもなりちゃんが、いろいろな企画、他のアーティストとの共演を経てもっとステップアップしていく姿に今後も期待。次回は開催を願ってハイボールアワーでお会いしましょう!


【出演】
脇田もなり/アマネトリル<Masahiro(Vo.Gt),Yujin(Vo.Gt)>

サカモトノボル (Ba)
伊吹文裕 (Dr)
井上薫 (Key)

脇田もなりセットリスト:

01.Cloudless Night
02.Thinkin' about U
03.LED
04.エスパドリーユでつかまえて
05.TAKE IT LUCKY!!!!
06.夜明けのVIEW
07.IN THE CITY
08.Callin' You
09.passing by
EN.夢で逢えたら(吉田美奈子カバー)



| | コメント (0)

«イベント報告~脇田もなり「AHEAD!」LPリリース記念イベント@タワーレコード錦糸町