2018年2月19日 (月)

LIVE鑑賞~まねきケチャカーニバル!2018@Zepp Tokyo

まねきケチャカーニバル!東京』2018/2/18(日)@ZeppTokyo


1024x683


注:全国ツアー中につき、閲覧は個人の判断でお願いします。


2017年に注目していたアイドルの一つである、まねきケチャ。初ライブ観戦は2017年TIFでの短いステージで、この時はメジャーデビューでシングル発売した後で一気に駆け上がってくるかと思いきや、しばらくリリースがなくどうしたのかなと思いきや、2018年にレコード会社移籍で4月にシングル&メジャー1stアルバム同時リリースに、9/24に日本武道館公演が決定と、急に先々の大きな予定が決まりこちらが困惑。とにかく、その前哨戦とも言える、全国ツアーが始まるというのでその東京初日に急遽参戦。


開演前1Fスタンディングはすし詰め状態で、既に武道館公演決まっているだけに勢いを感じる。開演時間となり、ステージ奥のスクリーンに豪華にメンバー紹介が映し出され登場。5人5色のカラフルな新衣装でいかにもアイドルチックな感じである。が、曲が始まるとPOPな中に独特の世界が広がる。


昨年はメンバーが一人抜けて4人体制で活動していたこともあり、立ち位置的に4人がばらける感があったが、5人体制になり松下玲緒菜を真ん中に据えてグループが固まった見栄えである。そのザ・アイドル玲緒菜の脇を、絶対的歌姫・藤川千愛と、リーダーながら闇属性ということで常に引っ込みなスタンスのアニメ声・中川美優が居て、更に黒髪色白美少女・宮内凛と、新加入ながら既に可愛すぎる評判の深瀬美桜がサイドに固める布陣は強力。


ライブは、楽曲によって内輪受けになりがちなものもあれば、藤川千愛の唄を聴かせる壮大な楽曲もありバラエティに富んだ内容。個人的には「ありきたりな言葉で」「あたしの残りぜんぶあげる」といった複雑な転調を含んだ壮大な楽曲が好み。これには歌唱力の高い、千愛ヴォーカルがないと成り立たないのだが、他のメンバーも結構聴かせる歌声を持っていてふり幅広いなと実感。


1曲1曲が割と長めなので、もう終わり?という感じで本編ラストには代表曲「きみわずらい」。この1曲だけでも観に来る価値ありといった楽曲で、ファンのコールも絶頂を極める。アンコールを含め2時間強のライブはまだまだツアー序盤ということで、武道館公演までにはどれほど凄い内容を魅せてくれるのか楽しみである。


あとは、新メンバー深瀬美桜ちゃんがかなり気になってしまったので人気上乗せになる感じあり。

Dwumafyvoaehgre





セットリスト:

01.冗談じゃないね
02.妄想桜
03.キミに届け
04.ありきたりな言葉で

05.カクカクシカジカ
06.一刀両断
07.SPLASH

08.鏡の中から
09.ハリネズミの唄
10.あたしの残りぜんぶあげる

11.告白のススメ
12.愛言葉
13.青息吐息

14.君が笑えば
15.きみわずらい

EN1.タイムマシン
EN2.モンスターとケチャ

| | コメント (0)

2018年2月18日 (日)

イベント報告~フィロソフィーのダンス「ダンス・ファウンダー」リリースイベント@HMV 新宿ALTA&ニコニコ本社

フィロソフィーのダンス「ダンス・ファウンダー(7inchアナログ盤)」リリース記念ミニ・ライブ&特典会』2018/2/17(土)15:00-@HMV record shop 新宿ALTA店



Dtgbs_dvaaawfwb


2018年に入ってすっかりハマってしまったフィロのスであるが、この2月に「ダンスファウンダー」のシングル盤とアナログ盤が発売としうことでリリースイベントラッシュ中。既に何本も行われていたが、ようやく参戦できる時が来た!


まずはアナログ盤のリリイベで新宿ALTAに向かう。アナログは本来2/21発売であるがHMV盤が先行でリリースということでアナログイベントはHMVで先行開催のようである。早々にアナログ購入して時間あるので他の店をうろうろして14時過ぎに店に戻ったら既に行列ができており、時間間違えたーと思った次第。それでも左端ながら前方エリアを確保できたので良しとしよう。


15時を少し過ぎて、「FUNKY BUT CHIC」が流れメンバー登場。この日の衣装は2017年夏頃に着ていた白い衣装で可愛らしい印象。早速「アイムアフタータイム」から開始。前方エリアでも最前には大柄な男子が多いので全部は見渡しづらいが、狙い通りおとはすは良く見えるポジション。その後も、ステージ両端にお立ち台があるのでメンバーが代わる代わる昇って見えない後方客にもアピールで良い感じ。


それにしても、マリリは歌いながら狙いを定めて客をロックオンして釣り上げるテクニシャン。終始笑顔で惹きつけられる魅力あるから人気あるのもわかるわ。あと、肌の露出が少ない衣装であるが、ベルトというか紐を腰の高い位置で結んでいたのでマリリのマリリが強調され揺れまくってましたわ。


2曲終わってMCに入り、おとはすが「今日は夜もイベントあるので現場回してくださーい」と申し上げたので思わず「はーい」と返事。あの声で言われたら従っちゃうよね♪


残り2曲は盛り上がる展開で「すききらいアンチノミー」からの「ダンスファウンダー」。やはり「ダンスファウンダー」何度聴いてもアガる曲だわ。イントロから盛り上がるし、マリリ&ハルのW歌姫の歌声が素晴らしいのはもちろん、サビ前のおとはすヴォーカルが病みつき。


セットリスト:

1.アイムアフタータイム
2.ライクアゾンビ
3.すききらいアンチノミー
4.ダンスファウンダー


この後の特典会はアナログ1枚購入でメンバー一人と握手&サイン。遂におとはすとご対面で舞い上がりましたよ。


Hr7s085jk_2


フィロソフィーのダンス ニューシングル「ダンス・ファウンダー」リリース記念ミニ・ライブ&特典会』2018/2/17(土)19:00-@ニコニコ本社B2Fイベントスペース


91xyigsyul_sl1500_


そして、おとはすの言葉に従って次の現場の池袋に向かう。事前にCD購入後にこれまた入場待機列ができており並ぶが、これまた若干出遅れて18時過ぎで既に階段3フロアくらいまで並んでいたので今度はギリ左端前方エリアで全体は見渡せないくらい。


19時を少し過ぎて、新宿と同じ白の衣装でメンバー登場。このイベントはニコ生配信もされるということでステージ奥の巨大スクリーンにコメント付き映像が流れる。たまに見るコメントで面白いものもあり、これはこれで面白いかなと。


1曲目から、まだ音源化してない新曲(ライブでは披露済)から始まり、「オール・ニード~」では衣装に合った可愛らしい振付もありアイドルらしさを見せた後に「ドグマ」からの「ダンスファウンダー」でイケイケな展開。

場所がニコニコ本社ということで、おとはすはテンション上がって「聖地!」と言ってたし、「ニコニコというよりゴリゴリだねー」と言ったのが秀逸。その後のゴリゴリなハルの歌声にネット民が反応しまくりでコメントで「ゴリゴリ」が連発。あとは汗が美しかったあんぬに惹きつけられたかな。


セットリスト:

1.ロジック・ジャンプ
2.オール・ウィ・ニード・イズ・ラブストーリー
3.ドグマティック・ドラマティック
4.ダンスファウンダー


特典会は1枚購入で全員と握手。その後に3枚購入で囲みチェキ。2枚購入でメンバー一人と2ショットチェキ。ステージが明るすぎて初のチェキはドギマギしながら撮影。実際会うとみんな小柄で可愛らしいし、改めてアイドルなんだなと実感。それにしても、おとはす可愛かったー。

Dwpuo_du8aawmxj

| | コメント (0)

2018年2月 2日 (金)

LIVE鑑賞~けやき坂46「日本武道館 3Days」2018最終日

けやき坂46(ひらがなけやき)「日本武道館 3Days」』2018/2/1(木)@日本武道館


Th

2018年年明けに、「欅坂46日本武道館3DAYS」公演が発表され真っ先にチケット申し込んだが後日、平手友梨奈怪我などによる事情により、当初初日のみ公演だったけやき坂46だったが、「けやき坂46日本武道館3DAYS」公演に変更。

ちなみに最終日の欅坂公演に先行で申し込んでいたが落選。しかし、けやき坂に変更になったことで新たな先行申し込みでチケット確保となり、結果千秋楽公演に参戦できることとなった。

世間一般的には、平手友梨奈有する欅坂のライブが観たいということで、人気メンバー長濱ねるが抜けたひらがなで3日間大丈夫か?と思う輩も多かったと思われるが、3日間とも満員御礼でその人気は心配するどころかうなぎ上りである。


2階スタンド席からの観戦であったが、前方エリアということもありステージが思ったより近く観やすい。やっぱり武道館は良いハコだなと実感。ステージは何やらサーカスをモチーフとしたセット組みになっており、若干数年前の東京ドームでのAKB48公演を彷彿させ不安がよぎった。。。


開演前の影ナレは、2期生の渡邉美穂、金村美玖、小坂菜緒。2期生の中でも既に人気メンバーの組み合わせとあって大歓声が起こる。そして開演となりメンバー一人一人がダンスパフォーマンスで登場。全員集合であいさつ代わりの「ひらがなけやき」から開始。続く「二人セゾン」で、最初はネタな要素もあったと思われる井口真緒のソロダンスも昨年の全国ツアーを経て様になっておりモノにした感あり。


ユニットコーナーとなり、冒頭2曲は各回楽曲を変えてきたらしくこの日は「AM1:27」「青空が違う」を披露。特に「青空が違う」本家欅坂でも人気の高い青空とMARRY楽曲だけに会場も大いに盛り上がる。そして、りまちゃんちっくによる「沈黙した恋人よ」は杉山勝彦楽曲で切な系名曲。加藤史帆と齊藤京子の絡みも良く、ライブで観るのは初めてだったがメンバーの組み合わせも良く惹きつけられる楽曲で良かったわー。「100年待てば」はけやき兼任解除となった長濱ねるソロ楽曲であるが、メンバー全員で明るく歌唱。観客も紫のねるカラーにペンライト揃えて鑑賞。


中盤に入り、2期生登場。一人一人がダンスパフォーマンスで登場し、この日は乃木坂46「制服のマネキン」を披露。各回で乃木坂楽曲をフォーメーションを変えて披露していたが、渡辺美穂センターに脇を小坂、河田が固めるフロントは共通のようだ。その後も2期生のみでMCを進行したが、漢字欅よりも、ひらがな1期よりも明るくトークがしっかりしていて早くも単独公演が期待できる逸材揃いかと。初のひらがな1期2期全員楽曲「NO WAR in the future」は中盤ながら最高潮の盛り上がりを見せるパフォーマンスであった。

個人的には、何かとすぐ泣いてしまうという河田陽菜に注目していこうかと。

0_0_10240011





終盤に向けてひらがなキラーチューンの連発で、80年代アイドル歌謡要素満載な「永遠の白線」は観てるだけで笑顔になれる良曲。そして「誰よりも高く跳べ!」は会場全員がテンションMAXになれるアゲアゲソング。毎回一人高く跳ぶ演出があったがこの日は佐々木久美が宙高く跳んで会場を更にアゲアゲに煽る。


あっという間の2時間本編が終了してアンコール前にVTRが流れる。「けやき坂46」結成からこの武道館公演に至るまでの軌跡の映像。漢字欅が瞬く間にブレイクして坂を駆け登った後に続くことができるのか?メンバーの葛藤や悩みも公開され涙する場面もあり。その流れで披露された新曲が「イマニミテイロ」。タイトルだけ見ると反骨精神を歌った曲かと思いきや、イロ≒色とかけており、最後にセンターの佐々木美玲の笑顔でなるほどと。

昨年のツアーではまだ楽曲も少なかったので欅坂楽曲をほどカバーする内容であったが、今回はひらがなカラーとは異なる「サイマジョ」や「不協和音」は披露しなかったことは正解であろう。その分、「二人セゾン」や「セカアイ」といった比較的笑顔になれる楽曲をひらがなイロでうまく披露していた感じ。世間一般ではあまり評価されていない「セカアイ」はライブで盛り上がるし名曲とずっと思っている。

「W-KEYAKIZAKAの詩」で会場が一体となり終了と思いきや、ダブルアンコールありで2度目の「誰跳べ」でみんな跳びまくり。会場がハッピーオーラに包まれて2時間半あまりのライブはみんな笑顔で終演。途中サプライズで、「けやき坂46」単独アルバム発売決定の発表でメンバー感激の涙もあったし、ひらがな飛躍の年になるかなと。





セットリスト:

00.Overture
01.ひらがなけやき
02.二人セゾン
03.僕たちは付き合っている
 
04.語るなら未来を…
05.東京タワーはどこから見える?
 
06.AM1:27(柿崎、東村、佐々木美、影山)
07.青空が違う(影山、井口、佐々木美、東村、潮、高瀬)
08.猫の名前(柿崎、加藤、佐々木久、高瀬)
09.沈黙した恋人よ(潮、加藤、齊藤、佐々木久、高本)
10.100年待てば
    
11.制服のマネキン(2期生)
   
12.NO WAR in the future
 
13.それでも歩いてる
14.永遠の白線
15.手を繋いで帰ろうか
16.誰よりも高く跳べ!
17.太陽は見上げる人を選ばない
 
 
EN1.イマニミテイロ
 
EN2.世界には愛しかない
EN3.W-KEYAKIZAKAの詩
 
EN4.誰よりも高く跳べ!

| | コメント (0)

2018年1月29日 (月)

LIVE鑑賞~脇田もなりBirthday Live2018@下北沢BASEMENTBar

『Up and Coming “脇田もなりBirthday Live”』2018/1/28(日)@下北沢BASEMENTBar


0afb1a8c0435cca418f1a1610ba321f9_bf

Vocal:脇田もなり
Guitar: しまだん(Healthy Dynamite Club)
Bass:越智俊介(Shunske G & The Peas / CICADA)
Keyboards:KAYO-CHAAAN(Healthy Dynemite Club)
Drums:山下賢(Mop of Head / Alaska Jam)

DJ:yuka


1月28日は脇田もなり23回目の誕生日ということで、生誕ライブ開催。昨年の生誕イベントには参加できなかったが今年はライブ発表前から予定を空けて臨んでいた次第。


場所は不慣れな下北沢の駅から少々歩くライブハウスBASEMENTBar。初めて行く場所かと思いきや、餃子の王将を横切っていく通りに懐かしさを覚え、もしかしたら10年以上前に来たことあるかも?


そんなことはどうでもいいとして、開場時間になり事前整理番号順に入場。この整理番号呼び出しも割と大雑把な感じで20番ずつ呼び出しで60番台だったので気づいたら入場できた感じ。この順番だと既に最前付近は埋まっているのでまずは特典会目的で物販コーナーへ。今回新グッズでサイン帳とバンダナが各1200円で発売。普段はCDやグッズにサインをしてきたが遂にサイン帳に思い出を記すことができる!ということでお買い上げ。


会場のキャパは1本柱もあり150人くらいが限界か?という広さ。会場間もないこともあり中央付近で待機していると開演時には満杯状態になっていて、結構当日券入場もあったのかなという賑わい。


開場時DJ yuka による選曲でノリよく温まっておりそろそろ開演かという頃に、もなりちゃんが大好きなYUKI「JOY」がかかりバンドメンバー登場。そしていよいよ開演でもなりちゃん登場。赤いミニワンピースに後ろには白い飾りがありこれがまた天使のようでキャワいい。前日に「湯会」でもなりちゃんのステージを見たばかりであるが、今日は今日でバンドセットで歌い上げるもなりちゃんに見惚れるわけ。


出だしはキュートな様が堪能できる曲の流れで、観客を徐々に惹きつける。そして越智ベースがブイブイ鳴る「Cloudless Night」で気持ちを高揚させられたところで、ドラムの聴きなれたイントロであれ?これって達郎じゃね?そう、1曲カバー曲を入れてきてそれが山下達郎「LOVE SPACE」。確かに原曲も男性ながらキーが高い曲だから、もなりちゃんが歌っても違和感なし。難易度高いこの曲を見事歌い上げベテランファンは大盛り上がり。ご本人は相当緊張して歌ったみたいだが、バンドにもあってるし良かったですよ。


あと、「湯会」で初披露した新曲「TAKE IT LUCKY!!!!」をバンドセットで初披露。これまた初期山下達郎を彷彿させるテイストが堪らないノリよい楽曲。越智くんが伊藤広規に見えて仕方なかったですわ。


「IN THE CITY」以降は、観客ももうヒートアップしてきてフリやコールが飛び交う状況。楽曲はアーティスティックなんだけどアイドルノリも忘れないもなりちゃんの雰囲気がコールを呼び起こす非常に楽しい状況を生み出していい感じ。


アンコールでは曲に行くと見せかけてバンドメンバーから「ハッピーバースデー」の演奏へ。そしてVIVIDSOUND社長から花束贈呈でもなりちゃん感激!この23歳の年は勝負の年!と言い切ったもなりちゃん。是非ステップアップしてもらいたいところである。


2時間ほどのライブ終演後、観客はほぼ帰ることなく特典会に臨み、物販列と特典会列とドリンク交換と行列がカオスな状態に!早めに特典券確保していたのであまり待たされることなく特典会にたどり着き、ライブ終わりでまだテンション高めなもなりちゃんと出会うことができた。しばらく、もなりちゃんに会うイベントの予定がないので春くらいまでにはまた成長したもなりちゃんに会えることを待ち望んでおりますよ。



セットリスト:

01.ディッピン
02.IRONY
03.泣き虫レボリューション

04.Cloudless Night
05.LOVE SPACE(山下達郎カバー)
06.EST! EST!! EST!!!

07.祈りの言葉
08.あのね、、、
09.TAKE IT LUCKY!!!!

10.夜明けのVIEW
11.LED
12.IN THE CITY

13.赤いスカート
14.Boy Friend

EN1.I'm with you
EN2.WINGSCAPE

| | コメント (0)

2018年1月28日 (日)

イベント報告~湯会20180127@東京天然温泉 古代の湯

『湯会(Negicco/脇田もなり/etc)@東京天然温泉 古代の湯』2018/1/27(土)@東京天然温泉 古代の湯


25659786_1566242983460930_410247850

【出演アーティスト】
Main Floor
【LIVE】
Negicco
sora tob sakana
amiinA
脇田もなり

【DJ】
ゆけむりDJs
( DJ CARP/J.A.G.U.A.R./Nachu )


東京で温泉入り放題で大広間で飲食しながらライブが楽しめるという「湯会」。これに行った誰しもが神イベントと振り返るこの「湯会」が昨年末開催発表。Negicco、sora tob sakanaが出演発表され、最後に脇田もなり出演が決まり一旦はチケット完売。その後、キャンセル発生などあってなんとかチケット確保でき、初の「湯会」参戦となった。


今回、完売御礼でギリギリに入場するとロッカーが与えられないかもしれない?情報があり、早めの入場目指して朝9時に最寄りの新小岩駅到着。そこから10分おきに運行の無料送迎バスに乗りほどなくして古代の湯に到着。若干、チケット引き換え行列があったが5分ほどで引き換えし、外で入場待機。ちなみにチケット引き換え待ちのときにamiinAの2人がキャリーバッグを転がしながら同じ入口から会場入り。面識なかったが普通に可愛らしい子供が入ってきたなーという印象であったが、この後この2人が会場を大いに盛り上げることになるとはこの時は思いもしなかった。


既に30人ほど先に待機していたがこの時まだ9時半前でここから10時までの入場まで寒空の中待たされて全身冷え切った状態でようやく入場。そこからすぐ入浴もできるのだが、待機室で30分ほど更に待機。10時半になって4階の大宴会場へ入場。人によっては最前場所の確保に走るが、落ち着いて飲食できる後方のテーブルスペースを確保。そしてようやく温泉へ。


通常の入浴料は2634円とまずまずなお値段であるが、露天風呂を含む5種類ほどの浴場やサウナが充実。別フロアに休憩所が多数あり朝まで営業しているので半日以上くつろげる空間なのでこの料金でしょう。これが、ライブ料金含んで4000円なのでお得感ありあり。

Dujfmcgv4aasbzn




とりあえず、冷え切った体を温泉で温めていくつかの浴槽を巡り30分ほどで宴会場へ戻る。まずは生ビールにおつまみで午前中からカンパーイ!その頃、既にステージではゆけむりDJコーナーが始まっており、ナイスな選曲を聴きながらくつろぐ。


既にドリンクはハイボール(缶)に切り替わり、最初のアイドルamiinAが登場。朝一に出会った女の子ではないか。基本は着席鑑賞スタイルであったが最初から前方エリアが総立ち状態になり、こちらも前方へ移動。エレクトロサウンドでちょっとスペーシーな衣装もあり可愛い中に激しいダンスとサウンドが入り混じり冒頭から観客も異様なテンションで大盛り上がり。最後はステージから降りて観客エリアに入りそこを観客が囲むように大円壇が完成。最初からこのテンションで、最後まで持つのか?


Img_83471


そして再びテーブルに戻りゆけむりDJプレイを聴きながら飲食を嗜む。この時間はDJ Nachuのプレイだったが選曲が近年のアイドル楽曲メドレー。前方エリアではその楽曲にノリノリでコールやらフリを付けて盛り上がる集団が出来上がる。乃木坂、欅坂楽曲が結構盛り上がるのでみんななんだかんだで好きなんだーとか思ったりして。


そうこうしてるうちに続いて脇田もなり登場。今度は最前エリアに移動して間近でもなりちゃん鑑賞。今日のもなりちゃんも赤い衣装にサラサラなボブヘアがキャワいい。先ほどのDJ Nachu選曲で3つのパートにmixしてスペシャルなセットにしていっぱい楽曲を詰め込んだセンスある素晴らしい内容。ステージを左右駆け巡り多くの観客に語りかける感じで堂々のステージだったもなりちゃんはこの日も素晴らしかった。WEBのみ公開の新曲「TAKE IT LUCKY!!!!」は現状リリース予定はなしとか。これまた良曲なのでなんらかの形で出してほしいなーと。


脇田もなりセットリスト:

01.泣き虫レボリューション
02.赤いスカート
03.WINGSCAPE

04.あのね、、、
05.LED
06.EST! EST!! EST!!!
07.夜明けのVIEW
08.TAKE IT LUCKY!!!!

09.IRONY
10.IN THE CITY
11.I'm with you
12.Boy Friend(September Remix)


24991309_513104179071300_1662499026


その後、程なくしてもなりちゃんの特典会開催。事前発表がなくどういうレートなの?と疑問が飛び交ったが、CDやグッズ1500円で握手。3000円で握手+サインということ。急な案内にも拘わらず特にトラブルなく進行したのは良識あるもなりファンならではでしょうか。比較的早めにもなりちゃんに辿り着きガッチリ握手で今日の湯会が楽しい旨、明日の生誕ライブに向けての話をじっくりさせてもらいました。剥がしのない握手会って素晴らしいなー。


そして、ライブ鑑賞で汗ばんだので2回目の入浴へ。今度は客も少なくゆったりと露天風呂やサウナを堪能。温まり過ぎて却ってまた汗だくになるという。。。


宴会場に戻ると既に次のライブが始まっていたが、まずは火照った体を冷やすべくキンキンに冷えたウォッカトニック(缶)でクールダウン。今度は全員着席でsora tob sakanaを鑑賞。基本は着席スタイルなのでこれが望ましいのでしょう。これまたエレクトロサウンドで透明感ある4人が繰り広げるステージに観客から熱いコールが繰り広げられる。今度中野サンプラザ公演も控えているということで勢いあるのでしょう。

Hp


ゆけむりDJを挟み、ライブ大トリであるNegiccoがいよいよ登場。先日の横浜ベイホールライブで観たグレー系新衣装で登場。これが一層大人っぽい雰囲気(実際、普通に大人だけど)で今回のメンバーでは貫録を感じた。「湯会」も何回か出演しているベテランだけに落ち着いたステージを繰り広げる。1曲目はこの時期ならではの「私をネギーに連れてって」から。その後新曲「カリプソ娘に花束を」で「結婚式で使ってね」といった宣伝も含み披露。終盤は盛り上がり定番曲を続け、最後は着席スタイルから全員立ち上がり「圧倒的なスタイル」でお座敷ラインダンスを成立。そういえば、この日はNao☆ちゃんからほとんどギャグが出なかったなー。あっという間の30分のステージであった。


Negiccoセットリスト:

01.私をネギーに連れてって
02.フェスティバルで会いましょう
03.パーティーについて。

04.カリプソ娘に花束を
05.トリプル!WONDERLAND
06.さよならMusic
07.圧倒的なスタイル


201712281905_28867


ライブはNegiccoで終了であるが、その後もゆけむりDJは続き18時くらいまで宴会は行われるようで、温泉にもまだまだ入れるが、30分ほど余韻に浸ったのちに着替えて退出。最後精算や送迎バスに行列ができるので帰るタイミングをうまく計らないと割と待たされるので注意。


以上、初めての「湯会」は充実した内容でした。

| | コメント (0)

«LIVE鑑賞~水樹奈々LIVE GATE 2018@日本武道館